2014-04-05(Sat)

ケイトリン・オズモンド&村上佳菜子FS解説概要

女子フリーのYLE放送はカナダのオズモンドから始まりますた。
オズモンドはジャンプミスが多く、佳菜ちゃんも大きなミスはないものの、
少し精彩に欠けるしで、訳してて楽しくはなかったニダ。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ケイトリン・オズモンド】

登場から演技冒頭まで、番組始めの挨拶。
演技が始まって、イェレさんが「華やかなスケーター。SPで8位。」と紹介。
20140403008.jpg
「音楽はクレオパトラ。」(アヌリーサ)3F-2Tは難なく降りる。
2A-3Tの助走を見ながら、「スピードがある。」(イエレ)
後続の3Tでバランスを崩し、「少し苦労してるわ。」(アヌリーサ)
次のジャンプは決まり、「素晴らしい3Lz。」(アヌリーサ)
因みにエッジエラーでGOE-0.50点。エッジは割とフラットに見えたんですが。
エラーの基準がまちまちニダなぁ。スピードがあって良いジャンプですた。

続くコンビネーションスピンでは、「オズモンドは時計回りにスピンを回る」少数派だと
アヌリーサさんが説明。キャッチフットのポジションが綺麗。
3Sで尻餅。「離氷が遅かったわね。」(アヌリーサ)
3Fもステップアウト。「同じようなタイプのミスね。」(アヌリーサ)
2T-2Tー2T。最初のジャンプが2Tに。低空ながらスピードと幅は意外とある感じ。

レイバックスピンは綺麗、2Aはステップアウト。「これも離氷ミスだわ。」(アヌリーサ)
ステップは本人比で精彩に欠ける感じ。演技終了後、
「今回はちょっと問題が多かったね。フリーで順位を上げる事は無理でしょう。」(イェレ)
「最初のジャンプは良かったわよ。続くジャンプからちょっと急ぎすぎたわね。
3つのスピンはどれも良かった。姿勢も良くバリエーションも豊か。
オズモンドの表現力には魅惑的な持ち味がある。」(アヌリーサ)

「技術点で韓国のパク・ソヨンを10点下回っている。韓国のパク・ソヨンがトップをキープしました。」(イェレ)
20140404005.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------
【村上佳菜子】

演技前と演技中はほぼ全訳(一文だけ省いた)、演技後の解説は、
もうほとんど端折りますた。
山田コーチの顔見ても、本人の顔見ても会心の出来じゃない印象だし、
点も渋くて翻訳がしんどくなったデヨ・・・

201404040061.jpg
(演技前)
イェレ
「このフリープログラムは(スケート強国である)日本人らしい(攻めの)スタイルで
刺激的なポジションにいます。
日本のマオ・アサダがリードしており、彼女は最終グループで滑りますが、
今大会に出場してる全員がいい位置にいます。
つまりアサダがトップで、スズキが4位、ここにいますカナコ・ムラカミ、19歳のスケーターは
・・・んんっ(痰が絡んだ様子)すみません。フリー演技前の順位は10位。」


アヌリーサ
「ケイトリン・オズモンドの話に戻りますが・・・キーラ・コルピが秋のスポーツ週間で
時々飾りのせいで衣装が本当に重いと語ってましたね。
クレオパトラテーマのオズモンドの衣装には凄い量のストーンがあったわ。
もし、その飾りがプラスチックじゃないなら、その衣装は当然物凄く重いわよ。
今目にしてるカナコ・ムラカミの衣装にあるビジューも驚くほど重いでしょう。
例えこんなに小さくてもこんなにたくさん付いてますから、(演技がスタート)衣装が重くなります。」


(アヌリーサが言及した、キーラコルピが衣装について語ってたのはこの番組↓
ウリのブルログ記事リンク→GPF2013女子FS前後のトーク番組
コルピの後ろ、ソファの背にかかってる緑の衣装を持ってみた男性レポーターさんが
「重い!」と驚いてました。)

08122013005.jpg
イェレ
「カナコ・ムラカミはスキルのあるジャンパーです。
今、そのスキルの全てを見せる必要があります。」


アヌリーサ
「3Tコンビネーションへの良いスピードの離氷。2つの3T。
多くの場合、回転不足が見られますが、目で見た感じ、今日のところそれは見られません。
(アヌリーサさん、解説が慎重ニダな。で、目で見てURに見えないのにプロトコルはUR・・・)
3Lz。両足で降りました。(微かに掠ったニカね)
そして離氷のエッジエラーも。そこでエッジチェンジをする時、
特にこの角度から簡単に気付くのですが、アウトサイドエッジで跳ばなきゃいけないところを
インサイドエッジで跳んでいます。」

(チモッミ酷いプロトコルなんです。フリーレッグが掠った程度なのに-3を付けたジャッジが2人も!
エッジエラーもあるからと言うなら、オズモンドのLzもエラー判定ニダがそこまで引かれてないデヨ。
しかもURまで取られてる!なんじゃこりゃ。)


アヌリーサ
「ループはアウトサイドエッジで跳んで、良い三回転。」
(3LoもUR取られてるデヨ・・・うへぁ)
アヌリーサ
「ムラカミのコンビネーションスピンはSPと全く同じです。」
(アヌリーサさん、ヨン棒は2期連続SPもFSも全く同じスピンでスミダよ?)

アヌリーサ
「3F-2T。回転を満たし、クリーンなジャンプを跳ぶため、
明らかに注意深く集中して準備しました。」

(うーん・・・何か少し違和感のある解説ニダねぇ。因みに3FでUR取られますた・・・)
アヌリーサ
「2回目の3F、単独で。(ルッツと言ってるように聞こえる)
2種類のトリプルジャンプをそれぞれ2回跳べます。その中の1回が連続ジャンプならね。」

(ルールについて語るのはよくあることニダが・・・ゾンプが良いか悪いか、明言を避け始めたニカ?)
アヌリーサ
「2A。問題あり。(着氷が少し沈み込んでる)
3Sの後に2つの2Lo。」

20140405002.jpg
(演技終了)
イェレ
「はい、この反面(ジャンプに精彩を欠く)また再び質の高い滑りがありました。
もちろん、明らかに審判はムラカミのジャンプのクリーンさを検証し続けています。
多分ジャンプの他にも、僕には目に付いた。このムラカミの・・・多分、精細さを欠いてたこと。
精彩を欠いた共感の解釈。」

20140405003.jpg
アヌリーサ
「彼女がジュニア・ワールド・チャンピオンのレベルに達した時、
私自身もその場にいたの。練習の時、スピードが彼女の長所だった。
それは今も続いてる。」

20140404007.jpg
(山田コーチの表情がちと「やっちゃったなぁ」って感じだったニダ。)

------------------------------------------------------------------------------------------
【ウリの感想】

「爆下げじゃね?」と思う反面、
ジャンプ前に指を掴んじゃったりするところがズニアっぽくて
佳菜ちゃんはそこを直さないと、今後点が伸びないだろう
という気もしますた。

SPで良い演技の割に点が出なくて、慎重になってしまったニカね。
どこか元気がなくてチモッミ残念。佳菜ちゃん、お疲れ様ですた。
次回、パイティーン!

オズモンドも元気がなかったデヨ。それでも腕の動きにチモッミ華があるニダなぁ。
元々全体の動きも華やかなソンスだし、ゾンプもスピードがあって良いし、
次回に期待したいニダ♪

続けて女子を訳そうと思ったのに、気分が萎えるニダねぇ・・・



スポンサーサイト
2014-04-04(Fri)

埼玉ワールド2014 浅田真央FS YLE解説訳 (追記完了)

お待たせしますた!追記完了ニダ!
ウリ的には過去最高のYLE解説なんです!もうべた褒めながらも適切な解説で嬉しいデヨ。
------------------------------------------------------------------------------------------
【浅田真央ワールドFS YLE解説】

実況:イェレ・ヌルミネン
解説:アヌリーサ・ウオティラ

イェレ
「その上更にマオ・アサダが滑ります。
そう、今はエキサイティングな場面です。
マオ・アサダ、オリンピックでは上手くいきませんでしたが、
今、自身3度目の世界女王を取ろうという瞬間です。
もちろん、アサダのトレードマーク、3Aがプログラム冒頭に予定されてます。
そこで彼女は・・・」

アヌリーサ
「そこで彼女はアウトエッジで前に跳ぶ準備
(真央ちゃんがアウトエッジでコーナー回ってる)、イメージをしています。
名前を呼ばれた後、彼女が演技を開始するまで1分の時間があります。
じゃないと(遅れると)失格になるわ。
(準備時間が長いから心配になったニカ?ここは呟くように話してますた。)
でもこれで失格になる人はまだ一度も見たことないし。
勿論今日だって。準備ができました。最初のエレメンツは3A。」

20140404001.jpg

(演技スタート直前から2人黙り込むw そして3A成功)

アヌリーサ
「ショートプログラムでも上手くいき、フリープログラムでもこのように上手くいきました。
ふんわりと男前の3A。だから、私たちはこれ以上検証しないわよ。
私達には認定ものだわ。そうじゃない、イェレ?」

イェレ
「(力強く)はい。ラフマニノフの素晴らしい音楽に応えるプログラムになるでしょう。
プログラムの最後まで良い調子でいくことを願ってます。」


アヌリーサ
「素晴らしい!3F-3Lo連続ジャンプ!
これで彼女は(気持ちが)楽になったわ。彼女は3-3の後続(ジャンプ)にこんな難しいものを跳んだのよ。」


アヌリーサ
「これは3Lz。」

アヌリーサ
「おっとっと。2A。背骨が簡単に回りすぎたわ。
(勢いが付き過ぎた感じだったニダね。3A跳ぶかと思ったデヨw)

アヌリーサ
「そして3S。」

アヌリーサ
「3Lo、2つの2Loの連続ジャンプ。何にも(問題)無いわ。
素晴らしかった。男前に強く、次から次へと浅田は続けています。
観客だけでなく審判なんかも納得させる演技で。」


(演技終了)
20140404003.jpg

イェレ
「2008年と2010年の世界チャンピオン、
今、2014年の世界チャンピオンの座も手に届こうとしています。
この場面でマオ・アサダはノーミスに近い演技をしたと言えるでしょう。
沢山議論されてきた3Aを打ち出し、オリンピックでは3Aを跳ぶべきか、
跳ばないべきか、総理大臣まで声明出してなかったっけ?
(ジョークです。ここでアヌリーサが笑ってます。)
アサダは氷上に(コケて)終わるか、
壁に激突して終わるかどっちかみたいに、凄くシビアに。
(イェレさん、3A成功が嬉しいようで饒舌w)
そして今、どちらでもそれを成功させました。ショートプログラムでも、フリー・プログラムでも。
しかし・・・ワーオ、何てムードなんだ!何てここは熱気があるんだろう!
アサダの演技で、彼女は最後まで激しさを増す事に成功しました。」

アヌリーサ
「このプログラムのちょうど最後のところはホイップクリームって言えるわね。
(アヌリーサさんはクリーム好きニカw)
ジャンプ後の切れ目ない流れ、まったく驚くべきレベルの表現の濃厚さ。」


(再生ビデオが流れ始める)
アヌリーサ
「 実際に理論上できる事以上のことを、彼女の才能と能力でもって出来るという、
そんな証だわ。(ビデオで3A着氷)素晴らしいアクセル。
ゴージャス、まったくクリーンで。クリーン中のクリーン。
(ビデオは3A着氷時の足元)ほら着氷。イエス!とってもクリーンよ。」

イェレ
「両足着氷は取られない。」
(ここはアヌリーサさんと声が被っている)
アヌリーサ
「(3A)ふんわりと。このプロにはこの3Aに加え、3-3連続ジャンプがあるわ。
難しいフリップ、ループで、私たちは今のところ、他では見たことがない。
そしてまだこの・・・
(2A着氷でバランスを崩す映像を見ながら、2Aの説明はスルーw)
何らかの、ちょうど小麦を籾殻から分離するような表現力の強さ。
小麦はチャンピオン達ね。ここにその一人がいるわ。
マオ・アサダの抑制の効いた本質。
(拍手するフラワーガール達を見ながら)
彼女はどんな時でも拍手を釣ろうとは(引き出そうとは)しないわ。
それ(自然に拍手が起こる事)は、ただ彼女の持つ技能と芸術性に基づいていて
それが(観衆に)賞賛の気持ちを呼び起こし、易々と拍手させてしまうの。
素晴らしい。本質的に魅力的で、女子スケート最高の技能者の一人よ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから下は追記分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イェレ
「まったくその通り。アサダもスズキ同様、今シーズンで引退します。
このような(熱気に包まれた)観客の前で世界選手権金メダルで
(競技)キャリアを終える事になったら、なんという集大成になることでしょうか。
浅田がプログラムを終えたときの日本人観客のリアクションをご覧になってますね。」

アヌリーサ
「あの最後のステップシークエンスは凄く驚異的だった。
ラウラ・レピストのステップ・シークエンスを思い起こしたわ。
完璧に心から、魂から滑る域に達した時、どのようなムードを感じたか、
ラウラが何度かその事を語ってくれたの。」

イェレ
「さぁ、カロリーナ・コストナーの得点と比較しましょうか。
コストナーの総合得点は203点で・・・(真央ちゃんの得点が出る)
破りました、ええ。アサダ、216.69点。フリーの得点138点を上乗せました。
これまでのところ、フリーでもまた彼女が圧倒的トップに立ちました。
世界選手権金メダルが確定するまで残すところ3人です。」

20140404002.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------

2A後のアヌリーサさんのコメントを「あばばば」から「おっとっと」に修正いたしました。
「あばば」はチモッミ酷いかと思って。ミアネ~!


【YLE解説の感想】

過去にも「私にとっては3Aだわ」とコメントしたこともあるアヌリーサさんですが、
今回はもっと突っ込んだ感じで、イェレさんにまで同意を求めてるところが
微笑ましくて、ほっこりしますた!

それから、3F-3Lo、セカンド・ループの難しさはタピオさんが何度か語ってくれてますが
その時は構成自体が2Loですた。今回はセカンドの3Loで、難しいから「他で見たことがない」
と語って下さってて、嬉しかったデヨ。

森元総理大臣の「大事な時に必ず転ぶ」発言は、ここでも報道された記憶があります。
こんなこと報道すんな!と思ったニダが、ここの報道の中身も、国内報道と同じ論調だった覚えが・・・
やっぱ、一番悪いのは日本国内の反日メディアニダなぁ。
まぁ、イェレさんは軽いジョークを言っただけなんで、ウリは笑いますたけど。

アヌリーサさんのレピたんのエピソードは興味深く聞かせていただきますた。
レピたんも「完璧なステップを、魂から、心から、滑れた」と感じた瞬間があったニダね♪
さぞかし鳥肌が立つような爽快感を、レピたんは抱いた事でしょう。
巻きますの凄さは、観衆をグイグイ引き込み、見てる人にも魂の滑りだってのが
ハッキリわかることニダね!

ウリが一番好きな所は、ステップ終盤、珍判の前でファンスパイロルのポジションを取るとこです。
思い切りぬこジャッジを蹴っ飛ばしちゃいな♪と思ってしまうカッコ良さ!
その後の濃いステップ!なじぇ早い!神業!と感嘆するんです。
あれぞ芸術ニダ。

YLE解説のアヌリーサさんとイェレさん、素敵な解説をありがとうございました!

4月8日追記
あちこちに微修正を加えました。
それから、動画もうpしましたデヨ♪ 前回同様、超カクカク・・・ミアネ~~!
動画リンク↓

【フィンランド国営放送】浅田真央2014埼玉ワールドFS【翻訳付き】






2014-04-02(Wed)

ヨン棒のショー新プロ決定の感想/YLE解説真央ちゃんFSの感想少し/バンケのお写真

【ヨン棒のショー新プロ決定の感想】

ボッチがショーでジャコモ・ブッチーニの曲をやると聞いて、楽しみなウリ。
しかも痛乱ビッチ姫をやるって・・・崖から飛び降りるくらいの勇気があるデヨ!

自国開催四大陸に、バンケにGPSぶっち、じゃ次はジャ慰安ショーでぶっち♪
ってのもあるニカね?と期待が高まるんです♪ 
あ、自分のショーでそれは無いか☆テヘペロ♪

斬首される王子様がいなくて、まずジンソが生贄になるニカね・・・
ウリ的には、ジンソにイシマタラお面を被ってもらって3A跳んでもらうのも
いいんじゃなさ?と思うデヨw

宮廷の3大臣ピン、ポン、パンは舎弟カク、パク、キムに演じてもらいなさい♪
「All of me」みたいに囲んでもらって誤魔化すといいデヨ。
こ~んな感じで↓
201404020081.jpg
ゾラ素敵♪ナムシングがw
------------------------------------------------------------------------------------------
【YLE解説真央ちゃんFSの感想少し】

実はYLE解説でフリーはまだだーーれも演技最後まで見てませんぐ。
巻きますを見てる最中に、演技終盤で動画が動かなくなってしまったデヨ。

待たせてる方々には申し訳ないニダね。明日にでも解説訳上げられるといいニダが、
無理なら週末、金土には時間が取れそうなんで、巻きますの訳と動画(画質悪いの)
うpに挑戦します。

フリー解説の途中経過を語りまスミダ。
演技冒頭、解説2人とも3A成功を期待しつつ、静かに固唾を飲んで見守る中
3A成功!2人とも興奮!アヌリーサさんは3Aを積極的に認定してますた。

3F-3Lo成功も、こんなに難しい連続ジャンプを!と興奮。
2A-3T失敗は少し驚いた感じ。ミスの原因を語ってましたが
演技に魅入っていて、ミスがあまり気にならないようですたわ。

3F-2Lo-2Loも成功と言ってますた!
これ、じぇーーーんぶぬこに聞かせたいんです!フフング♪
20140402007.jpg
(上の画像は演技冒頭のキャプです)
------------------------------------------------------------------------------------------
【バンケのお写真】

中国のweiboやら、インスタグラム、ツイッターなどに、
バンケチャルがたくさん上がってたらしさ。
ウリ嫁を中心に集めたんです♪
ハンヤン、カッコいいニダ♪2人とも映画スターみたい。アレックスはビジネスマン風のカッコ良さ。
右上はアイスダンスのルカ・ラノッテさんニカね?カルーザ君、巻きますと一緒で満面の笑み♪
20140402003.jpg
ポリーナちゃん、編みこみがきゃわわ!左上のチャル、赤いドレスは名前が思い出せないニダ。
中国ペア、スイハン組と一緒のチャルは穏やかな雰囲気。ケビンはイルボンヨシングに混じっても違和感なしw
20140402004.jpg
右の女性は見覚えがあるニダが・・・ううっ思い出せない!
左は巻きますいないけど、金髪美少女3人が可愛いのでうp♪
20140402005.jpg
羽生君とリプも可愛く撮れてるのぉ♪
20140401007.jpg


ではでは、今日はこの辺で!


2014-04-02(Wed)

真央ちゃんSPフィンランドの反応(4件だけ)/エキシを見たウリ旦那

【フィンランドのコメ4件】

(下の写真は毎日新聞より)
20140401003.jpg
フィンランドはトゥルッキラちゃんがフリーに進めず、フィギュアスケートは
盛り上がらない感じニダ。
元々そんな感じだけど、どのピギョニュースのコメ欄も閑散としてるデヨ。

そんな中で、巻きますSP後の報道記事に4件コメがついてたんでご紹介しまスミダ♪
最後のコメが素敵なのを♪

(山犬の凸がイヤなんで、原文のURLは貼りませんぐ。
記事見出しにはちゃんと「歴代最高点」が入ってますた。)


「オリンピックではメンタルにやられた。」
  ↑(下の2人が最初のコメにレス)
「他の点はホントに良いわよ。」
「オリンピックでメンタルに裏切られたのが珍しいくらい、
マオ・アサダは経験豊かなベテランだよ。」

  ↑(上のコメにレス)
「2度の世界チャンピオン、バンクーバー・オリンピックの銀メダリスト。
女性で唯一人、超難しい3Aを跳び、絶頂期にはフリーに2回入れ、ほとんど上手くいった、
最も見事(ラブリー)で最も熟練したアイスバレリーナの一人
だわ。
私は本当に心から彼女にオリンピック金メダルをあげたかった。
でもそんな風に(願いどおりに上手くは)いかないものね。
ほとんど全てのトップアスリートにすら重要大会で悪い日がある。
悲しい事に、マオ・アサダにはそれがオリンピックショートのプログラムに来ちゃった!
なぜだかわからないけど少女(真央)は、あの時凄く動揺してた。
フリープログラムはファンタスティック以上のものだったわよ!」


因みに同日のフリーに進めなかったトゥルッキラちゃんの記事には
かなり厳しいコメントも!ほとんど賛同を得てませんでしたが。
一番賛同を得てたのは怪我に理解を示し、次回はもっと上手くいくとコメントした方でした。

その厳しいコメがこれなんです↓

「3Lo、『ビックリ-ビックリ』は全くやらずじまい。(3Loはすっぽ抜けますた)
「次回はもっと上手くいく」さんへ:トゥルッキラは既に4シーズン、
主要大会のフィンランド代表になったけど、一度たりとも3S以上の難しいジャンプを跳べなかったわよ。
3Lo、フリップ、ルッツは全く跳ばずじまい。これからも。
こんなお上ぼりさんを世界中の主要大会へ送るために、経費を出し続けるなんて本当に理解できない!」
(訳注:『ビックリ-ビックリ』は大したことじゃないのに大げさに語る時などに使い、皮肉な言い方です)

(下のお写真は2014年ユーロのSP結果を伝えるMSNフィンランドの記事より)
20140401005.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------
【エキシを見たウリ旦那】
(ウリ旦那が羽生君の衣装に駄目出ししてまスミダ。羽生ファンはご注意を)

さてさてエキシ放送ですが、ウリ家では日曜日の夜、ウリ旦那がリビングで仕事をしながら
一人でチラチラと見てました。無音声でw

ウリが夕食の支度を終えると同時に放送が終わり、食卓についたウリ旦那。
開口一番、エキシの話を切り出しますた。

旦那「あの羽生って人は、ま~た女みたいな衣装をつけてた!あれは駄目だと思う。」
ウリ「見てないからどのプロかわかんないけど、白シャツに少しフリルがついたやつなら、
ナムシングでもま~~~ったく普通デヨ。」


旦那「つべとかで見たの?しかし、羽生は凄い真面目だよね。」
ウリ「いや、見てないと言いますたよ?羽生は真面目に全力投球するタイプだけど・・・
なじぇそんなことを?」

旦那「羽生は演技後にゼーゼーしてた。オリンピックもゼーゼーしてたし。」
ウリ「羽生は喘息なんです。」
旦那「えー喘息!そっかぁ・・・凄いねぇ。でももう一人の日本人と羽生、めちゃ真面目で
凄かったんだよ。」


旦那「そういや、Mansikkaがワールドって言ってたよね?でも今日は一番上手い人が出てなかった・・・
ほら、羽生の他にも上手い人がいたでしょ?」

ウリ「あ、Pチャン?Pチャンなら今回出てないよ。」
旦那「うんうん、Pチャンもいなかったね・・・ってPチャンじゃなくてさぁ、
一番上手い人だよぉ。」

ウリ「大ちゃん?」
旦那「そう、大輔!え、足怪我してるの?引退するかもしれない?
・・・あの人の代わりになる人はもう出てこないと思う。」


ウリ旦那はもうすっかり大ちゃんがお気に入りらしさ。
夕食後、2人で少し録画を見たニダが、まっちー登場時に
「この人だよ。もう一人の日本人。これは高校生を演じてるんだよね?」
なんてウリ旦那が言うから、「え?高校生?」と2人でワイワイ盛り上がって
まっちーが何を演じたか、曲が記憶に残ってない・・・orz

とにかく、まっちーと羽生君をフィンランド解説がべた褒めだったこと、
巻きます解説は静かで、多分アヌリーサさんが泣いていたらしいことが
印象に残りますた。

羽生君は2年前のロミオでウリはビックリ!
旦那にこの衣装が西洋の若い女の子にも人気が高い事を話しときますた。

エキシの解説は時間があるときにでも訳しまスミダ。
今日は時間がないのでここまでにします。

リプの頭をなでる羽生君のキャプはDailymotionの動画「0331SPニュース」より。
20140401006.jpg
ハーニャもリプもきゃわわ♪とキャプを取りますた。


2014-04-01(Tue)

埼玉ワールド2014 女子SP YLE解説ほぼ全訳 浅田真央

ニコ動の投コメ作業終了しました!真央ちゃんの翻訳付き動画はこちら↓
【フィンランド国営放送】浅田真央2014埼玉ワールドSP【翻訳付き】

訳はあちこち加筆修正してあります。
赤字部分は元は「降ってきます。」だったのを直しました。
うpした動画はなじぇか真央ちゃんの次がカロになっていまスミダ。変ニダなぁ。
------------------------------------------------------------------------------------------
フィンランドの解説陣は真央ちゃんが今季で引退だと思っているようでスミダ。
エキシでもそのような解説をしていますた。

訳はほぼ全訳なんですが、この訳文をブログなどに利用する場合、
リンクを貼って下さいましまし。
2回見ただけなので、訳に少し抜けなどがあると思いますから。
あとで微修正を入れる可能性がありますデヨ~~。

------------------------------------------------------------------------------------------
実況 イェレ・ヌルミネン
解説 アヌリーサ・ウオティラ

浅田真央
イェレ
「23歳、2度の世界チャンピオン、マオ・アサダが氷上に現れると同時に
埼玉アリーナの空気にスイッチがはいりました。母国で大スター、18000人の観衆が
マオ・アサダがショートプログラムをどう滑りきるか、熱い視線で見ています。
私達は彼女がソチオリンピックのショートプログラムで崩れたのを覚えています。
素晴らしいロングプログラムで順位を上げ、最終的に6位となりました。
アサダは今季で引退する事を発表しています。
よって、今大会は重要な引退試合となります。」


アヌリーサ
「今回も世界で唯一の3Aジャンパーとして3Aを跳びます。
不屈に跳んでいますが、同じ戦術でしょうか。(3A成功を見て)やったわ!」

イェレ
「ワーオ。」
アヌリーサ
「素晴らしく見事だわ!今シーズン努力してきた甲斐があったってものよ。
あの3Aがそこに!競技で3Aを跳ぶ世界でたった一人の女性よ。」

イェレ
「質も高かった。あの日(ソチSP)には無かったが、
今のは質が高いものだった。」

アヌリーサ
「3回転ジャンプはフリップを跳んできました。
彼女はフリップ、ルッツのエッジ問題があるけど、今はその問題を話さないわ。」
(アヌリーサさん、ほとんど皆さんどちらかに問題がありますニダよ~~!)
連続ジャンプ!美しい3Lo-2Lo!後続でループを跳ぶのは珍しいの。」

イェレ
「(ステップ見ながら)ええ、そして今は笑みを浮かべ
(ジャンプの緊張から)開放されました。」

20140331011.jpg

(演技後)
イェレ
「ええ、マオ・アサダにとってこの成功は、ソチのSPでの失敗後のこの成功は
この(ような凄い)人にとってもソチのプレッシャーがすごく大きかった事を物語っています。
この観衆を見て下さい。
この観衆の海が数百もの様々な花束やぬいぐるみを氷上へ投げています。
彼らの英雄が完璧なショートプログラムをやり遂げました。
アサダは今シーズン素晴らしい成績でスタートしました。
秋は最高で、GPS全試合とファイナルで優勝。全日本で不調になり、たったの3位に。
そしてソチでどうだったか覚えてますね。
そこのフリーでは多分、競技人生で最高の演技を見せました。
よって、この大会に出るに当たって自信を持ってたはずですが、
トップアスリートにとって容易な事ではありません。」

アヌリーサ
「(歓喜で)歌えるわね。何百万、何百万ものバラが氷上へ飛び交ってるわ。
どこもかもに花々がある。
シーズン後半に、SPで3A跳ぶリスクを犯す価値があるのか、疑念を抱く事もあったけど、
ええ、今なら言うのは勿論簡単よ。価値がありますとも。
それに、この回復力は表彰ものだわ。
ええ、スポーツにはゴールに向かう価値があるわ。
勇敢に歴史をも作り、ショートプログラムで3Aを跳ぶ。
(ビデオを見ながら)ここに来るわ。美しく空中で3回点半回る。
それはトリプルとクワッドの中間のジャンプよ。
半回転は前向きに跳び、後ろ向きに下りることで生じます。
そしてフリップ。見ましたか。離氷のエッジはクリーンよ。
この軽さ、要素間のある種のシームレスなものが雰囲気をかもし出してるの。
そして素晴らしい音楽、全く完璧。アサダの完璧な演技よ。
この(3Aへの)固執は価値があったわよ。」

イェレ
「はい。」
アヌリーサ
「彼女には簡単な連続ジャンプ、3Lo-2Lo。
(彼女には)難しくないわ。彼女はジュニアでこれの3-3を跳んでたもの。そのループ、ループで。
ただ息を呑むばかりよ。
このような(ビデオの演技のような)きらめきが氷上にあった。」

20140331012.jpg
イェレ
「はい。その2Aと3Aの基礎点の間には5点差あります。
5点より僅かに上、5,20点。様々な戦術を練るのは価値があるね。
このプログラムにより難しい3-3を入れるのもありでしょうが、
母国観衆の前でこの(3Aを跳ぶ)不動の意志は賞賛に値するよ。」

アヌリーサ
「彼女の国のミドリ・イトーが現役時代3Aを跳び、
トーニャ・ハーディングなども跳びました。でも、女子のプログラムでは珍しいものです。」

イェレ
「アサダのSPの自己最高得点は75点、今来ました!
今来ました最高得点!78、66点。アサダのキャリアで最高の得点です。
圧倒的トップに立ちました。
アサダに80点近い凄い点が出たね。ユナ・キムの得点を見なきゃいけないけど
(画面に佳菜ちゃんが写ってるので)今は止めておきます。」

20140331013.jpg

この後、佳菜ちゃん、あっこちゃんの演技が終わってから、
イェレさんが「アサダの得点が歴代最高得点だ」と発表してました。




プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR