2014-11-23(Sun)

第二のヨン棒?ゴリ押し来る? ロステレコム杯2014 ソヨンSPの演技検証


【第二のヨン棒、ゴリ押し来る?】

いや~、ビックリしたニダ。
日曜日(日本時間だと今日ニダな)に放送される日テレの番組で、
安藤先生が第二のヨン棒を語るらしさ~。
こりゃソヨンのメディアゴリ押し来るニカねぇ・・・うへぁ・・・

Going! Sports&News
2014年11月23日(日) 24時25分~25時29分
▼2夜連続フィギュア特集!キムヨナに復帰待望論!?安藤美姫が「第二のキムヨナ」に驚き
日テレ番組表リンク

この流れに乗って、今日はウリも先週のソヨンSPの演技検証をすることにしますた。
安藤先生は何に驚いたんでしょうねぇ。
第二のヨン棒って、ヘジンかダビンかジンソ君だったらミアネ~www
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【ロステレコム杯2014 ソヨンSPの演技検証】

参考リンク
ロステレコム杯2014 女子SPプロトコルリンク
ロステレコム杯2014 女子SP結果詳細リンク
ロステレコム杯2014 女子総合結果リンク

下は3本ともブリティッシュユーロの訳なし動画です。
2014 COR So Youn Park SP B.ESP2

↓比較に使ったワグナーとメイテちゃんのエリックSPの演技動画
2014 TEB Ashley Wagner SP B.ESP2
2014 TEB Mae Berenice Meite SP B.ESP2

ソヨンのSPは冒頭のゾンプ3S-3Tのセカンドでお手つき。
今回は体勢を戻すのが若干遅かったです。動きが完璧に止まりましたわ。
20141121002.jpg
3S+3T<  < 7.20  -1.50  -2  -2  -3  -1  -3  -2  -2  -2  -2  5.70

フライングキャメルスピン。前回同様、軸ブレが酷いニダ。
20141121004.jpg
20141121003.jpg
FCSp3  2.80  -0.34  -1  -1  -1  0  -1  -1  -3  -1  -2  2.46
膝に手をつくポジションで楽かと思うニダが、軸足がずっと曲がってるニダ。

レイバックスピンの入りでウィンドミル。いつものように傾斜が浅いニダ。
20141121005.jpg
金曜日のエリック、女子SPのワグナーとメイテちゃんのスピンの入り(ウィンドミル)
と比較すると・・・
20141121021.jpg
メイテちゃんは傾斜はソヨンぐらいだけど、フリーレッグが曲がっちゃいましたね。
ワグナーは本人比で浅めの傾斜だけど、ソヨンよりは深めニダな。
やっぱ、スピンの入りでやるのは難しいから傾斜も浅くなるニカね。
ただ、ソヨンの場合はステップ中のウィンドミルも傾斜が浅いんですミダ。

レイバックスピンは前回同様、両足の太ももがくっつきそうですね。
股関節が開いてないデヨ。
20141121006.jpg
ワグナーもメイテちゃんも股関節がしっかり開いてますミダ。
20141121022.jpg

めろでぃ様のコメ欄でのご指摘どおり、かなり外側からフリーレッグを持ち上げていますミダ。
上のソヨンの連続キャプで見るように股関節の閉じたスピンから、
脚を横に開いて持ち上げているデヨ。
20141121007.jpg
金曜のメイテちゃんと比べると・・・
メイテちゃんは股関節を大きく開いたレイバックから、脚を持ち上げてるのですが
持ち上げる途中に脚が横から後の方へ移動し、そこから引っ張り上げてるニダね。
20141121011.jpg
金曜のワグナーもメイテちゃん同様、股関節を開いたレイバックから
ビールマンへ、脚を後から持ち上げてるニダ。
20141121010.jpg
ワグナーもメイテちゃんも脚を持ち上げきったところで
軸足が伸びています。対するソヨンは軸足が曲がってますミダ。
ソヨンはビールマンの最後の方でようやく、軸足が伸びていました。

下はおまけ。昨年12月のゴールデンスピン杯のヨン棒と安藤先生のレイバックスピン。
これはレイバックスピンの入り。
ヨン棒はレイバックの姿勢になると股関節がすぐ閉じてくるニダな。
07122013002.jpg
↓これは安藤先生。ヨン棒よりもソヨンよりも股関節が開いてますね。
20141121023.jpg
↓ヨン棒の股関節が閉じるにしたがって、カメラがアップにww
07122013005.jpg
ハッと!この中で一番ポジションが甘いのはソヨンじゃね?
腰も反らず股関節も開かずって・・・

しかも、ビールマンポジションを解いたら、
脚をボトッと落とすから、トゥが氷に刺さるじゃないの。
トゥが刺さって足がはねると、みっともないニダな。
20141121008.jpg
LSp4  2.70  0.36  1  1  1  1  2  0  1  0  0  3.06
こういう雑な所作に硬いレイバックポジションでも、レベル4で加点も付くニダな。

ヨン棒ですっかりお馴染みの蕎麦国キスクラ劇場w
20141121001.jpg
にこやかだったのに、得点が出た途端、無表情に・・・
一応頷いてたけど、どんな得点を期待してたニカね。

さてさて、日曜日、安藤先生は第二のヨン棒の何を驚いたと話すニカなぁ?

「レイバックでぇ、股関節を開かないところとかぁ、個性があると思いますぅ。
ビールマン解いたあと、フリーレッグのつま先をリンクに当てたのは
バレエ的だなぁって印象に残りました。
あと、自分が跳んでた3Lz-3Loが一番難しい3-3なんですけどぉ、
3S-3Tを武器にここまで戦えるんだなぁって。
3Loなんてまともに跳べなくてもいいんだぁって驚きました!」


こんな感じのことをしゃべるニカね?(棒
ま、どうせ見ないデヨ。
キモリミナルに耐えられる強者のレポ待ちするニダw
----------------------------------------------------------------------------------------------------
今、女子の結果が出ましたわ。
遥ちゃん、順位そのまま8位でした。
もうちょっと上に行けるポテンシャルはあると思うデヨ。
次回、頑張れ~!

エリック・ボンパール杯2014 女子総合結果
20141121024.jpg
エリック・ボンパール杯2014 女子総合結果リンク

先週の本郷さんの点だと3位にしかなれないニダな。
ラジ子やリプもいて厳しい中、8位は健闘した方かもしれませんぐ。
お疲れ様でした!

後でYLE放送見て感想をまとめるニダ。
女子SP遥ちゃんの放送はなし、上位3人とメイテちゃん、
全部で6人ぐらい放送があったと思うけど、ちゃんと見れてないニダ。
男子SPはハンヤン、コフトゥン、テン君、まっちーの4人だけ。
テン君とまっちーはべた褒めされてましたデヨ。






スポンサーサイト
2014-11-20(Thu)

ロステレコム杯2014エキシの感想

【ロステレコム杯2014エキシの感想】

中国杯とロステレコム杯はフィンランドYLEでもエキシの放送がありました。
ロステレコムのエキシ放送は79分もあるんで、大半は早送りで内容チェックしたデヨ。

男子5位のジェイソン君、4位のミーシャ・ゲーは放送があったけど
女子5位のソヨンや4位の未来ちゃんの放送はなかったんです。
ま、ゾンプは2A&3S、スケッティングも下手なソヨンは見たくないからいいニダ。

男子4位ミーシャ・ゲーのエキシを見るのは初めてなんで、これも印象に残りました。
冒頭に3Tかな?一度ゾンプを跳ぶくらいで、フィギュアスケートの技はほとんど出てきませんぐ。
そういう意味ではちと物足りないけど、ダンスメインのエキシもたまにはいいかもニダね。
20141120004.jpg
YLEのポイキオ姐さんは、こういうタイプの曲で踊るミーシャを
初めて見た、表現力のある選手だけど、ダンス力もあることがわかった

褒めてましたわ。
音楽にも衣装にも意外性があってポイキオ姐さんは驚いたそうです。
ウリ的にはもうちょっと足の動きが見たかったニダ。

男子3位チェコのミハルも印象に残った一人です。
テレビ放送でミハルのエキシを見るってのが久々な気がしますデヨ。
20141120005.jpg
ゾンプもスピンも3回ずつで、冒頭に3Aもありましたし、見応えがありましたわ。
脚捌きが素敵でやっぱ上位陣はこうでなきゃ!と思いましたね。
YLEのポイキオ姐さんは、ミハルがジュニアのころはもっとリラックスして滑っていたと
話していて、試合だけでなく、このエキシでも表情がかたい
とコメント。
ポイキオ姐さんとミハルは現役時代が重なってるし、欧州勢同士お互いを
よく知ってるのかもしれませんぐ。

女子3位のポゴちゃん。
スケカナで既に見たエキシですが、ポゴちゃん好きだからまた見ちゃった。
黒髪のカツラがよく似合っていて、思わずキャプをとっちゃったんです♪
20141116002.jpg
20141116001.jpg
よく見ると、最初のポーズの時と比べて、衣装の襟元が崩れてきてますミダ。
早替え仕様だから、崩れやすいんでしょうね。
ポゴちゃんはエキシでもゾンプが不調な印象でしたわ。
YLE解説もシーズン初戦は調子がよかったが、今は技術力に課題がある旨話してました。
エキシプロはカツラや衣装などの演出を褒めてました。

↓おまけ
2chに貼られてたポゴちゃん&長身のお兄さんのチャルリンク

男子2位のヴォロはウリの好きなヴラジーミル・ヴィソツキーの曲で滑っていてビックリ!
ヴィソツキーはソビエト時代の反体制派歌手デヨ。
そういう歌手の曲を選ぶとは思ってなかったニダ。
20141120006.jpg
最後にTシャツ引き裂いてたんです!
この反体制派の曲に合わせた演出ニカね。
この選曲と演出のせいか、イェレさんもポイキオ姐さんも男っぽいプロとか、
元々男っぽい表現が得意だとか、そんな解説をしてました。

女子1位の本郷さんは昨シーズンのSP「ドン・キホーテ」をエキシに。
扇を使って華やかに滑ってましたが、やっぱせっかくの綺麗な動きも猫背で
台無しになるところがあって惜しいなぁと思っちゃいますミダ。
20141120007.jpg
冒頭の3T-3Tが両方とも抜けちゃって、脚に力が入れない印象。
ポイキオ姐さんも、FS演技の後だから疲れて脚に力が入れられない
解説してました。でも、残り2つのジャンプはちゃんと跳べて良かったデヨ。

男子1位のハビのエキシはしっとりした曲。
イェレさんは、観客が拍手してますね、どこの大会に出ても、
どこのショーに出ても観客の人気者だ
と紹介。
20141120008.jpg
でも、ゾンプの流れは綺麗だし、足元の動きも良く、男子上位3人は
見応えのあるエキシだったと思います。
ところで衣装のチェックシャツは安藤先生とツーショット撮られたときの
シャツと同じものかしら・・・?
(当時のチャルは2chまとめサイトにあるニダ→NEWSまとめもりーリンク

ま、シャツの事はさておき、来年初頭のユーロのライバルはコフトゥンかも
というような話の後、オーサーのところにはヨン棒、ハーニャ、ハビと
国籍の違うトップスケーターが集まる
みたいなコメをイェレさんが・・・
ヨン棒への言及はいらないニダ。
ヨン棒はイーグルからの2Aも直ちに跳ぶ事が出来ないレベルの選手だもの。

見る時間がなくて、ペアやダンスのエキシは飛ばしてしまいました。
放送最後、フィナーレが少し流れ、ここでソヨンがチラ映り・・・
ソト子ちゃんの金メダルに疑問を呈するようなソヨンの映像はいらねーニダ。
20141120009.jpg
20141120010.jpg
顔のアップはチャートランドと未来ちゃんだけだったけど、
スピンでソヨンが映ってたデヨ・・・
平昌までこのソヨンのゴリ押しを見るはめになるのかしら・・・
うんざりニダなぁ。




2014-11-18(Tue)

ロステレコム杯2014 女子FS YLE解説訳② 本郷理華(追記終了)

昨日、訳したポゴちゃんのFSに続いて、本郷さんも途中まで訳しました。
チャートランドの訳もやりたいとこだけど、本郷さんのSP訳をやってないので
無理かな・・・
----------------------------------------------------------------------------------------------------
実況:イェレ・ヌルミネン(フィンランド国営放送YLEの若手スポーツキャスター)
解説:スザンナ・ポイキオ(元女子シングルスケーター)

【本郷理華】
.
(演技前)
「女子のフリープログラムでは、クリーンでカッコいい、
ミス無しの演技をまだ見れてません。
でも、まだ2人のスケーターが残っています。どちらも18歳。
彼女たちの最初の一人がここにいます。
フィンランディア杯にも出場してました、リカ・ホンゴー、母国のジュニアチャンピオン。
今、(競技)キャリア初のグランプリの勝利に向けて、素晴らしい位置にいるね。
ショートプログラムを終えて大会をリードするアレイン・チャートランドとの差は
たったの2点未満です。」

20141115008.jpg

(演技開始)
「このカルメンの音楽でスタイリッシュに
クリーンな3F-3T連続で、リカはフリープログラムをスタート。」

「まだ3Lzを繰り出します。
これもまたお手本のようにスムーズに。
ただし、最後の瞬間にインに変わったので、離氷エッジの(エラー)マークがつくでしょうね。」

「3Lo。素晴らしいスタート。」

「スタイリッシュに構成されたステップシークエンス後、
フライングキャメルスピンでプログラムを続けます。」

「3Sもまたクリーンに。」

「2A-1Lo-3S。エキサイティングな女子の大会で、最初のクリーンなフリープログラムを
成し遂げるでしょうか。」

「美しい3F。」

「それは2A-2Tでした。」

「そして最後にまだコレオシークエンスが。」

20141115009.jpg
(コレオシークエンス後のシットスピンでちょっと止まりかけました・・・)
20141115010.jpg
(でも、残りは会心の演技!ガッツポーズに長久保コーチも拍手)

(演技終了後)
「リカ・ホンゴーは最後のシットスピンで、小さなトラブルがありましたね。
でも、それ(トラブル)を合わせても彼女は幸せだね。
素晴らしいフリープログラムをやり遂げました。
演技前にクリーンなフリープログラムをまだ見てないと話しましたが
リカ・ホンゴーはそれを見せることが出来ました。
かなり頻繁に使われてきたカルメンの曲、視聴者の皆様も
多くの試合の放送で聞き、ご覧になってきたことでしょう。」

-----------------------ここから下は追記分-----------------------
「しかし、ええ、本郷の表現(解釈)はまたそのようなもの(使い古された)だったけど、
特にこのような技術的レベルだと、見るのがとても楽しめます。ええ、そうですね。」


「ええ、実は私自身も選曲のことを考えたんだけど、その考えに耽らないわ。
彼女が選び、プログラムをとても素晴らしく、お手本のように滑りきったことは
それ以上に評価されるべき事です。
この日のフリープログラムで一番の強みはもちろん成功したクリーンな技術、
ジャンプの技術ね。
ええっと、彼女に若干改善すべきところがあるなら、そのスピンのところだわ。
特に最後のフライングシットスピン。
でも、彼女は最後までクリーンにこのプログラムをまとめることが出来ました。
疑いなく、ここで今日の最高点が出るわよ。」


「多くの面で、とても典型的な日本人のテクニックだね。
僅かに間違った方に倒れるフリップやルッツのエッジ使いとか。
一方で深い膝の屈伸から跳ぶアクセル。
大分、マオ・アサダのテクニックを思い出しますね。」


「はい。特にちょうどそのアクセルのところは。
私たちはマオ・アサダがもう一回転多く跳ぶのを見慣れてて、
彼女の場合、それで(回転数の多さで)深い膝の角度が説明できますが・・・」


「ホンゴーの得点は118.15!
これは彼女の新しい自己最高得点です。
これで、アンナ・ポゴリラヤを抜いて現時点でトップになりました。
総合点は178。
本郷は競技キャリア初のグランプリ優勝をほぼ手中にしました。」

20141115011.jpg
(キスクラで得点みて驚く理華ちゃん。素朴なリアクションが可愛かったニダ。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
スケカナ無良君のSP解説でも、
レピたんがカルメンという選曲に首をかしげてましたね。
本郷さんも無良君も編曲が王道だし、衣装&振り付けも正統派な感じで
新鮮味に欠けるのかもしれませんぐ。
それと、ジュニアがよく使うので、ジュニアっぽいイメージもあるかもニダ。

.↓参考までに無良君解説を載せた過去記事のリンク貼りますね。
スケカナ2014 YLE解説訳 男子SP② 無良崇人

最後の方のイェレさんのエッジの話は正直言ってムッと来ますが、
それだけ、日本人は厳しくエッジエラーを取られてるってことでもあるニダね。
だって、完璧に跳び分けてると思える人を、ウリは見たことがないんだもの。
ポイキオ姐さんがその部分をスルーしたのは、元選手として、
その辺の不公平さに気がついてるからかもしれないニダ。

膝の深い屈伸なら、昨季のヨン棒に負けるニダww
今季のジンソにもw ジンソはお腹と太ももがくっつきそうデヨ。

まぁ、とにかくYLE解説は理華ちゃんの2Aを跳ぶ姿勢が気になるのかもしれませんね。
そこは課題の一つだとウリも思います。






2014-11-17(Mon)

ロステレコム杯2014 女子FS YLE解説訳 アンナ・ポゴリラヤ(追記終了)


フィンランドYLE放送、女子FSはポゴちゃん、本郷さん、チャートランドの3人
しかありませんでした。今回はポゴちゃんの解説をご紹介します。
キャプはユロスポの動画からとりました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
実況:イェレ・ヌルミネン(フィンランド国営放送YLEの若手スポーツキャスター)
解説:スザンナ・ポイキオ(元女子シングルスケーター)

【アンナ・ポゴリラヤ】

土曜日は出かけてたので、録画もせず、YLEのサイトで番組を見ました。
今回はいきなりポゴちゃんの演技で始まったのでビックリ。
TVもそうだったニカね?選手紹介なし、いきなり3Lzの助走から始まりました。

20141115001.jpg
(冒頭のルッツは2度手をついてしまいました。回転は足りてたと思います。)

「あらあら。アンナの今週末の小さな不安定が続きますね。
3Lzはあのようなステップアウトになり、予定してた3Tを繋げられませんでした。」


「その代わり、ループ、ウォーレイ、サルコーはスムーズに
申し分なく。これも価値の高い連続ジャンプです。」


「カナダの大会では7つのジャンプエレメンツを成功させてましたよ。」

20141115002.jpg
(上は3Lo-1Lo-3Sの後の足換えコンビネーションスピン。
ウィンドミルの傾斜の深さはいつものことニダね。軸ブレはありましたが・・・)

「このステップシークエンスは
とても巧みに音楽に合わせて用意されてるわ。」

20141115003.jpg
(ステップは良かったとおもうんですが、ポゴちゃんには珍しく、
得意のウィンドミルでフリーレッグが曲がってました。やっぱ不調ニカ?)

「2つ目の3フリップ。少し手をつくのが見えましたね。」

「今、セカンドが必要でしたが3Lz(単独に)。
スケーターは2つの3回転を続ける事ができず、
セカンドを跳べないままに終えましたので、スコアに出ますね。」

20141115004.jpg

「技術的にかなり苦労しています。2A。
2-3(2A-3T)の予定だったけど。」

20141115005.jpg
(最初の2AはUR判定されちゃったニダ・・・)

「3Lo-2T。」
20141115006.jpg
(上はセカンド2Tのタノ。ポゴちゃんの3Lo-2Tは見ごたえありますねぇ。)

「フライングキャメルスピン。難しいバリエーションとエッジチェンジ。」

「コレオシークエンスの後、回転の速いとても見事なレイバックスピン。」

20141115007.jpg
(ポゴちゃんのフィニッシュポーズ。
ミス多発で憂いを帯びた表情なのに華があるニダなぁ。)

(演技終了後)
「イーゴリ・ストラヴィンスキーの火の鳥の曲は
アンナ・ポゴリラヤの最後のポジションによく合っていましたが、
表情はかなり深刻に見えますね。
ポゴリラヤはこのプログラムに多くのミスがあったことを知っています。
(コーチの)アンナ・ツァレヴァも明るい表情ではありません。
16歳の教え子はもっと上手くやることが出来た。
多くのミスがありました。
そして、連続ジャンプにならないまま終えるのを繰り返したことへの
代償があるでしょうね。
そういうわけで減点があるでしょう。
他にもアンナはかなり多くのジャンプが
(着氷で)アウトエッジに弧を描きすぎて、転びそうでした。
これが典型的な技術ミスなのか、わかりませんが。
今日の悲しい出来事ですね。
とにかく、かなり期待度の高かったグランプリファイナルの出場は
難しくなりました。」

---------------------------ここから下は追記分---------------------------
「ええ、興味深いわね。
これまで、彼女の強みは技術力でした。
彼女はホントに長身で、とにかく背の高いスケーターのお嬢さんだわ。」

(ここは技術的問題が成長期特有のものかどうか、考えてるんだと思います。)
「でも、とにかくこの音楽の解釈と演技の深みは
まだ少しばかり表面的なものに留まってるわ。
ええ、彼女は今日、クリーンな技術力が必要でした。」


(スロー再生がスタート)
「ショートプログラムでもあった問題がここにもありましたね。
ルッツ、トーループ連続にならなかったため、ループ、トーループを跳ぶことになりました。
冒頭のミスに続き、二番目も・・・ああ、これは同じですね。ええ、もちろん。
別のアングルから(撮影された冒頭のルッツ)。」


「この3Lo-1Lo-3Sは(この演技の)ベストの一つね。
このプログラムで最も基礎点の高いエレメンツでもあります。
はい、そこで明らかなお手つきがありましたね。
それから、僅かに回転不足もありました。」


「昨季の世界選手権4位、オリンピックはポゴリラヤは
(ロシアの代表)チームに入れませんでした。
ミライ・ナガスを抜いてトップに立つには106点ちょいが必要です。
その時は(106点以上取れたら、表彰台の)3人に入れるのは確実だよ。
114!114、11点。演技構成点が58点でナガスの演技構成点を4点上回ります。
技術点は相応な55点ですから、ええ、ポゴリラヤがトップになりました。
少なくとも今大会3位にはなれます。」

----------------------------------------------------------------------------------------------------
出来ればチャートランドまでやりたいとこだけど、本郷さんまでしか出来ないかも。
YLE解説はチャートランドがポゴちゃんの上に行くと思ってる印象でしたね。
チャートランドと本郷さんを比べたコメントもありました。





2014-11-15(Sat)

ロステレコム杯2014 女子SP 本郷理華ちゃん2位おめ!

ロシアでまさかのポゴちゃん、3位!どしたニカ~!
本郷さん2位偉い!おめ!
雅ちゃん、まだ見てないけど、プロトコル見ると、
ジャンプの転倒が1回と、他にも転倒が1回あったニカね?
フリーで挽回できると思うデヨ~!雅ちゃん頑張れ~!
20141114006.jpg
女子SP結果詳細リンク
参考→女子SPプロトコルリンク

1位 アレイン・チャートランド TES:33.50 PCS:27.68 合計:61.18
20141114011.jpg
うーん・・・本郷さん、未来ちゃんの次にチャートランドの動画見たら
少し期待はずれだったニダ。
冒頭の3Lz-3T、同じカナダのデールマンちゃんの3T-3Tのような迫力を
期待してたら違ったニダ。セカンドが低空で詰まり気味。

フライング・シットスピンもトラベリング酷す。
(下のキャプは回りはじめとポジション変更前の2枚を重ねたものニダ。
ポジション変更後は軸ブレなし。)
20141114009.jpg
下はキャプを重ねずに並べたもの。
20141114010.jpg
FSSp3  2.60  -0.09  -1  0  -2  0  0  0  -1  0  0  2.51
レベル3で、一応マイナス評価なんですけどね。

冒頭で2A→続いて3Lz-3T→フライングシットスピン→後半入ってすぐに3Lo
というジャンプを跳び急ぐ構成からして、体力が無いのかしら・・・?
女子SPでは普通2Aを後半に持ってくるけど、もしかして2Aが苦手ニカ?
でも、苦手に見えなかったニダが・・・それとも個性を出したかったニカね?

もしかして3A跳べるようにって構成ニカ?
みどりさんリスペクトって英語記事をスケカナの時に読んだ記憶があるんです。
今季、主要大会で3A挑戦が見れるのかしら・・・ワクワク♪

スケカナEXで見せたバレエジャンプも良かったし、
明日のフリーはもっと豪快な演技を期待してますニダ。

2位 本郷理華 TES:32.48  PCS:27.37 合計:59.85
20141114005.jpg
終わったときの笑顔が演技内容の良さを物語ってますね!
3FのGOEにマイナス付けてるジャッジがいるけど、何が悪かったニカね?
高画質の映像で見たらわかるニカな。
1位のチャートランドは3Lz-3Tで、本郷さんは3T-3Tだから、
その辺で差がついちゃったニダね。でも、1~3位は僅差デヨ。
FSは接戦ニダな。

3位 アンナ・ポゴリラヤ TES:30.12 PCS:29.20 合計:59.32
20141114004_20141115043635b73.jpg
演技後の顔が冴えないニダね・・・
冒頭の3Lz-3Tが3Lzの着氷でバランスを崩し、セカンド付けられず。
3Lzは画質が悪くて見えにくかったのですが、両足着氷だと思うデヨ。

3Lzのあとはフライング・キャメル。
下はスピンの最初と最後の辺りのキャプ2枚を重ねたものです。
20141114002_20141115040303aac.jpg
↓トラベリング中のキャプ5枚を並べてみますた。
20141114001_20141115040302fc0.jpg
FCSp4  3.20  0.36  1  0  1  1  1  0  1  0  2  3.56
ポゴちゃんのキャッチフットは美ポジですが、今回はちとトラベリングしすぎと思うニダ。
キャッチフットの前のドーナツは美ポジだし、トラベリングもなし。

この次のコンビネーションスピンはバッチリ。
3Loに2Tをつけてリカバリーしましたが、3Loの着氷後に
クルクル回ってしまいました。

最後のレイバックスピンのトラベリングも酷かったニダ。
今回は調子が出ないニカね。
20141114003_201411150430136c7.jpg
LSp4  2.70  1.07  2  2  2  3  2  2  2  3  2  3.77
ヘアカッターとビールマンは美ポジだし、トラベリングなし。
でも、その前のレイバックスピン中に結構トラベリングしますたわ。
ビールマンの横のキャプは5枚重ねです。

ポゴちゃんはロシアナショナルも調子が悪かったニダな。
地元で緊張するのかしら・・・

4位 長洲未来 TES:30.64  PCS:28.26 合計:58.90
20141114007.jpg
未来ちゃんの美ポジは眼福なんです♪
このスパイロルの後に3Loを跳んでました。なじぇか加点がつかなかったんです・・・

軸ブレのない足換えコンビネーションスピン。バリエーションも豊かですたわ。
20141114008.jpg
CCoSp3p4  3.50  0.64  1  2  2  1  1  1  2  1  1  4.14

これはイーグルからの2A。
20141114012.jpg
2A  3.63 x  0.50  1  2  1  1  1  1  1  1  1  4.13

ヨン棒だったら、イーグルの後、蟹イーグルで長いこと
前かがみに構えてから跳ぶところですねw
ヨン棒ペンに言わせると、イーグルじゃなくて、
インサイドエッジ・イナバウアーらしいけどw

しかし、冒頭の3F-3Tで2つともURなのは驚いたニダ。
ファースト足りてると思ったニダが・・・
あのファーストが足りないなら、チャートランドのセカンドも足りない気が・・・
これも高画質で見ると印象が違うかもしれませんぐ。

5位 アシュリー・ケイン TES:30.86 PCS:26.32 合計:57.18
20141114005_201411150459585ba.jpg
終わったときの笑顔とガッツポーズ♪
「ミッション・インポッシブル」の曲に合わせた黒のパンツ衣装も
背中の大きな空きがセクシーで良いと思うニダ。

スピンが上手ニダな。軸ブレがなくて美ポジ。
パッと見て大きなミスや欠点がなかったんです。
先週の中国杯では10位でしたが、連戦でよく頑張ったニダな。
今後の更なる成長に期待♪
----------------------------------------------------------------------------------------------------
参考動画リンク(ロシア語、翻訳なし)
1位 2014 Rostelecom Cup. Ladies - Short Program. Alaine CHARTRAND
2位 2014 Rostelecom Cup. Ladies - Short Program. Rika HONGO
3位 2014 Rostelecom Cup. Ladies - Short Program. Anna POGORILAYA
4位 2014 Rostelecom Cup. Ladies - Short Program. Mirai NAGASU
5位 2014 Rostelecom Cup. Ladies - Short Program. Ashley CAIN







プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR