2016-10-11(Tue)

スターは作れない


【スターは作れない】


土曜日のブログ記事(リンク)で「スターは作れない」と書きました。
その時、ウリの念頭にあったのはロシアっ子なんデヨ。

今の一押しはメドベで安定してるようニダが、2015年シーズンはリーザだったし、
ソチシーズンはリプとソト子ちゃんだった。

こんなにコロコロと一押しソンスを変えてちゃ、スターは作れないんじゃ?と。
ずっと一人のソンスを無理やり上げるのも良くないニダが、
コロコロ変えるのもなぁ・・・

まぁ、要は公正な採点をしないと選手は育たないと思うんです。
そして実力が伴わないと、スターにもなれないと思うニダ。

★メドベちゃんとサハ子ちゃんのマイム★

メドベちゃんとサハ子ちゃん、どちらも才能あふれる若手選手ですね。
しかし、2年前のジュニアの2強時代から今まで、
メドベちゃんはジャンプ後半固めとタノで細かく点を稼ぐ方式。

このままじゃ、メドベちゃんは技術も大きな成長は見込めそうにないし、
表現力の幅を広げられないんじゃ?と思っちゃいますミダ。

特に昨季から今季にかけて、2人の選曲には映画音楽が多く、
悲しい曲調が目立ちますね。
EXで色々な曲調にもチャレンジしてるけど、競技プロのマンネリ感があります。

特に今季のフリーは2人とも止まってマイムが目立ち、
レオノワの評判の悪かったパイレーツプロを思い出しましたわ。

例えば2人のFS冒頭のマイム。(サハ子ちゃんの1枚は冒頭、もう1枚はスピン後のマイムです)
20161011002.jpg
サハ子ちゃんは曲が映画「ウエスタン」と映画「アメリ」の曲使用。
自殺しようとするけど、思いとどまるという感じのマイムでしょうか。

メドベちゃんのは彼氏を見送るシーンらしいんですが、口を開けて見送るニカね?
真ん中の笑顔で手を振るのは理解できるけど、
階段を下りる音のようなBGMで驚愕の表情ってのも理解できないニダ。

メドベちゃんの最後の止まってマイムと
サハ子ちゃんのスピン後のマイムに受話器を取るのがあるのもなぁ。
20161011001.jpg
2人とも死のイメージと、電話で大事なメッセージを聞くというマイムで
安直に観衆の気をひく表現が何とも言えないニダ。

サハ子ちゃんのマイムは本人に似合ってると思ってるんですけどねw
幼く可愛らしい風貌と子供のメンタルの危うさみたいな振付の雰囲気が
似合ってはいますデヨ。

でも、競技プロの途中で止まってマイムは休憩タイムという感じで
印象が悪いニダ。
この手の止まってマイムはもうお腹いっぱいなんデヨ。

冒頭やラストではなく、演技中の止まってマイムは、
例えば3秒以内などの秒数規制した方がいいんじゃなさ?と思いました。
(サハ子ちゃんのマイムは6秒ぐらいあったデヨ)

★メドベちゃんとサハ子ちゃんのジャンプ★

成長期でジャンプが不安定なせいか、伸び悩んでるサハ子ちゃん。
でも、ジャンプは以前より難しいものに挑戦してるニダ。

三連が二年前の3S-3T-2T→昨季3F-1Lo-3S→今季は3F-1Lo-3F
にグレードアップしてます。
昨季はルッツにエラーがついてるのに3Lz-3T跳んでましたしね。
フィン杯ではエッジが巻きますレベルのルッツを跳んでいますた。

↓因みにメドベちゃんのフリーの連続ジャンプの構成はこんな感じニダ。
2014-2015  3F-3T 3Lo-2T-2T 3S-3T     
2015-2016  3F-3T 2A-2T-2T 3S-3T
2016-2017  3F-3T 2A-2T-2T 3S-3T


昨季はメドベのシニアデビューに合わせるかのように
3Tと3Sの基礎点が上がりましたね。

2種の3-3を入れ続けるのは大変だと思うし、頑張ってるとも思うニダが、
上げられ続けると、チャレンジがなくなるんだなぁと思いましたわ。

どなたかが今のヨシングトップはFSで3Lz2本構成で7トリプルが当たり前と
ツイッターで書いてますたけど、メドベちゃんは3F&3T2本構成デヨ。

それでも、3Lz&3T2本構成の知子ちゃんや、3Lz&3Lo2本構成のポゴちゃんに
10点以上の差をつけて、ボストンヲルドで勝ってるニダ。パボらしくなるんです。

(参考:ボストン世界選手権FS女子プロトコルリンク
画像出典元:メドベちゃんの動画リンクサハ子ちゃんの動画リンク
---------------------------------------------------------------------------
【ファビョる山犬】


フィン杯のネイサン君たちがピギョパにどう評価されてるか?
ちょっと興味があって、昨日、久々にハーニャペンドルのオチスレを見に行ったら、
「マオタがーーーー」と山犬がファビョってたwwww (一例:2chレスリンク

スケ板が荒らされて過疎ってるから、総合スレ化してるそこに見に行ったんですけど・・・
男子オタのオチスレで「マオタがーーーー」
ってパボじゃねwww

「世界中で愛され~ってマスコミがやり過ぎた」って、いつの話してるニカね?
ソチの時、SNS見て盛り上がってたピギョパに便乗して
マスコミが世界中で人気と報道しただけじゃないの?

それ以外に「世界中で大人気」って報道あったっけ???

で、ふと気が付いたニダ。
もしかして、ウリたち巻きパがフィン杯の観客見て
「巻きます愛されてるねぇ」と和んでたから、
ファビョってるニカ?男子オタオチスレで!www
ヨン棒&ハーニャペン、自己紹介乙ニダw

これを見る前は、ハーニャペンが喜びそうなことも後で書こうと思ってたけど、
もう、書かないことにしたデヨw 






スポンサーサイト
2015-10-13(Tue)

フィンランド杯女子結果と感想


遅ればせながら、フィン杯女子の結果ですミダ。
理華ちゃん、優勝おめでとうごじゃいます!
20151012001.jpg

↓男女表彰式
20151011018.jpg
IFS Magazine ツイッターリンク①IFS Magazine ツイッターリンク②
----------------------------------------------------------------------------
【フィンランド杯女子FSの感想】

今回は技術的な面のチェックメインで感想を書きたいと思いますミダ。

総合1位 FS1位 本郷理華
3本目のゾンプエレメンツ、3Lz-2Tの3Lzのエッジを見てみますた。
後ろに振り上げて、振り下ろす途中のエッジがアウト。
これはもう、認定されて当然だと思いますミダ。
Rika5.jpg

後半の単独3Lzも見てみますた。
Rika2.jpg
キャプでわかりにくいニダが、赤丸のところで
靴のところがアウトにカクッと傾いた感じですた。これもOKかと思うニダ。

ルッツが矯正できた代わりに、フリップが駄目になってないかチェ~~ック!
あ、SPもFSもカメラアングルがサイドですた・・・
でも、フリップもOKそうでしたわ。
昨季はルッツが完璧にエラーだったと思うけど、良く直せたニダな。

5種7トリプル構成ですたが、3Loが抜けて4種6トリプルに。
課題は3F-3TのセカンドがURになりやすいことぐらいニカね。

総合2位 FS2位 ユリア・リプニツカヤ
昨季からゾンプ不調のリプ。
ルッツの「e」が取れた!と思いきや、リプは元々フリップで「e」がついてたニダなw
しかし、ルッツが怪しく見えたんでキャプを取ったところ・・・
Lip4.jpg
赤丸で囲んだあたりのエッジを見ると思うニダが、ややアウト気味って感じニカね。
ぎりぎりOKというところかしら。
でも、これを認めるなら、巻きますのジャパン・オープンのルッツもOKだと思うニダが・・・

じゃ、矯正した方のフリップのエッジはどうニカね?
1本目の3Fは横からの映像だったんで、2度目の3Fの方をキャプ取りますた。
Lip3.jpg
ルッツとほとんど一緒ニダな。
ややイン気味ってところでしょうか。これもぎりぎりOKって感じニカね。
なんで、ジャッジは巻きますだけに厳しいニカなぁ。

3Sが抜けて2Sになったこともあり、3種4トリプル構成に・・・
それでも、GOEもPCSも理華ちゃんより多く貰ってるニダ・・・

総合4位 FS3位 パク・ソヨン
ソヨンで気になったのはフライングシットスピンなんです。
SPもFSもVが付いちゃったニダ。
バタフライの形が出来てないニカね?とキャプを取ってみますたわ。
Soyon1.jpg
ソチのヨン棒よりはマシですががが・・・茶番クーバーのヨン棒みたいなバタフライニダな。
着氷時にガクッと頭と脚が垂れ下がる。
シットスピンのポジションを取るのが遅いからVが付いちゃったニカね?

SPもFSもVが付くようじゃ、フライングシットは止めてフライングキャメルにするか、
シットポジのフライングにしてはどうニカ?と思いますたわ。

演技に関しては、ヨン棒のコピーみたいですた。
顔の周りに手を当てて、色気を出す。そういうあざとい仕草が多すぎデヨ。

また、4種5トリプルのソヨンが、4種6トリプルのヘルゲソンを上回るPCSを貰ってますたわ。
SPではPCSがヘルゲソンを下回ってたのになぁ。

【動画リンク】
女子SP(フィンランド語解説訳無し)
Rika HONGO Short Program Finlandia Trophy 2015
Julia LIPNITSKAYA Short Program Finlandia Trophy 2015
Joshi HELGESSON Short Program Finlandia Trophy 2015
So Youn PARK Short Program Finlandia Trophy 2015


女子FS(フィンランド語解説の訳無し動画。ソヨンだけは解説無し動画。)
Rika HONGO Free Skate Finlandia Trophy 2015
Julia LIPNITSKAYA Free Skate Finlandia Trophy 2015
Joshi HELGESSON Free Skate Finlandia Trophy 2015
So Youn Park (Корея), ПП, 4-место


【参考リンク】
フィンランド杯女子シングル総合結果リンク
フィンランド杯女子シングルSP結果詳細リンク
フィンランド杯女子シングルSPプロトコルリンク
フィンランド杯女子シングルFS結果詳細リンク
フィンランド杯女子シングルFSプロトコルリンク
2015-10-12(Mon)

フィンランド杯男子総合結果と簡単な感想

FSで4T-3Tと4Sを決めたメンショフさんが優勝!
2種の4回転を成功させたメンショフさん、素晴らしいニダ!
2位はリッポン。3位はヴォロノフ。
20151011016.jpg

下のチャルはSP後 → FS後。
20151011017.jpg
IFS Magazine ツイッターリンク①IFS Magazine ツイッターリンク②
ヴォロは調子が良くなかったニカね?
SPもFSも昨年に比べてスケートが滑ってない感じだったニダ。
3年連続でヴォロを見て、今年が一番良くなかったデヨ。
次戦で頑張ってほしさ。
-------------------------------------------------------------------------------------------
【男子FSの感想】

総合1位 FS2位 コンスタンチン・メンショフ
20151011013.jpg
メンショフさんはなんでFS2位やねん!と言いたくなるニダ。
冒頭の4T-3Tと4Sを成功させて、最後まで勢いに乗った感じだったのに。

総合2位 FS1位 アダム・リッポン
20151011011.jpg
SPで4Lz失敗、精彩を欠いた演技になってしまったリッポン。
FSは安全策を取り、生き生きと滑ってますた。
でもなぁ。セカンドトリプルもなく、4回転もなく、FS1位ってのがスッキリしないなぁ。
ただ、リッポンのスケートや所作などがSPよりも格段と良くなってたんですね。
やっぱ、高難度ゾンプを入れるってのは、プログラムの他の所にも負担と影響が出るものニダなぁ。

総合3位 FS7位 セルゲイ・ヴォロノフ
20151011014.jpg
ヴォロ・・・SPもFSもいつもの観客を引き込むオーラがなかったニダ。
SPは昨季と同じ衣装だし、プロを仕上げる時間が足りなかったニカね?
大好きなソンスだけに、GPSで頑張ってほしいものニダ。

総合5位 FS4位 ミハル・ブレジナ
20151011015.jpg
ミハルはなぁ・・・やっぱゾンプが決まらないと演技もノリノリにはならないニダよね。
3本目のゾンプ、3Sは元々4Sのつもりが抜けたニカね?
その後、また4S挑戦して、回ってるように見えたけど、転倒しちゃったのが惜しい。
今季から4回転の転倒はGOE-4デヨ。きついニダなぁ。

総合6位 FS6位 日野龍樹
20151011012.jpg
冒頭の4Tは転倒。回転が怪しいと思ったら、やっぱDGを取られちゃいますた。
それでも、日野君にとっては良い出来だったんじゃなさ?
3Aと3Lz-3Tを成功させたし、スピン&ステップ全てレベル3だもの。
日野君はスピンとステップでレベル4取れるよう、基礎を強化してほしさ。
SSが良くなれば、4回転の成功率も上がりそうな気がしますデヨ。

【参考リンク】
フィンランド杯男子シングル総合結果リンク
フィンランド杯男子シングルSP結果詳細リンク
フィンランド杯男子シングルSPプロトコルリンク
フィンランド杯男子シングルFS結果詳細リンク
フィンランド杯男子シングルFSプロトコルリンク
2014-10-22(Wed)

フィンランド杯2014 観戦記②

観戦2日目、この日はウリ旦那も一緒。
会場に向う途中、ハーニャがゲイかどうかって話になったんでスミダ。
(ハーニャペンには不快な話で、申し訳ないニダ)

ウリが「ハーニャは割と男っぽいデヨ。そっちの方じゃないニダ。」と言ったら、
ウリ旦那「あ、じゃあ女役じゃなくて男役の方?」ってwww
ウリ旦那ときたら、ソチのフリーを見て以来、
あの衣装でハーニャにゲイ疑惑を持ち続けてるようです。

この日はダンスのSDからスタート。
クリスとキャシーの妹で、イスラエル代表のアリソン・リードも出てましたし、
マエカワ・モレノって日系のような名字のメキシコのペアも出てました。

ウリの目当てはドイツのジガガジ組とロシアのアレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン組
ステパノワ&ブキン組はシットスピンのようにツイヅルしてたのが、凄くカッコよかったニダ。
20141011001_201410190559035e8.jpg
ステパノワ19歳、ブキン21歳とは思えない素晴らしいペアデヨ~!

ドイツのジガガジ組、やっぱガジさんの衣装は変わらずw
20141011002_20141019055905954.jpg
ウリのイミジ通り個性的で、自分の世界を持ってるジガガジ組。
昨季のコミカル路線とは打って変わって、マッチョな昼下がりの情事って感じですた。
YLE国営放送も、この個性で有名になったと解説してましたね。

因みにウリ旦那は競技でアイスダンスを見るのは初めて。
そんなわけで、ウリは観戦中、乏しい知識を搾り出して、
ずっとウリ旦那に解説してたニダ。

アイスダンスSDの後、30分の休憩を挟んで
男子のSP、第一グループの6分間練習が始まりますた。
ウリ旦那がパシャパシャとチャルを撮ってたので、覗き込むと
もったいぶって
「見たい?じゃ、ハイ、どうぞ。」と。
渡されたデジカメの画面には、下のような腰のアップががが!
20141011004_20141019064239007.jpg
背中の中央、ベルト近くのビーズを指して
「(ミーシャ・)ゲッ。ムフフww」
よっぽど、男子のキラキラ衣装が苦手みたいニダ・・・

ミーシャのアベ・マリア。胸元の赤は血のイミジかしら。
地味な衣装の多い第一グループの中では、ちょっと目立つ衣装ですた。
20141011006_201410190655012b0.jpg

第一グループにはアメリカのリッポンも。
ウリ旦那は一目見るなり、
「凄いハンサムだねぇ。衣装もOK。
全員こんな感じの衣装で滑ればいいのに。」

20141011005_20141019065336fac.jpg
↓ウリ旦那にはカザフのアブザル選手のはじっけっぷりをじぇひ見ていただきたいニダ♪
20141011007_20141019222426a36.jpg
(上のアブザル選手のチャルはabcニュースより

リッポンは4回転にも挑んだニダが転倒、
ウリ旦那は「衣装以外はゲの方が良かった。ゲがいいよ。ゲが。ゲ!」
と煩い煩いw 

第二グループでは、デンマークのJustus Strid君が女性的ではないけど、
全身青紫の衣装で、ウリ旦那の美意識に合わなかったみたいニダ。
「これは今大会男子で一番最悪の衣装・・・
うわぁ・・・衣装だけじゃなく、演技まで・・・(ry」

と呟いてました。衣装がかなり大きなポイントのようニダねぇ。

ヴォロノフの衣装ですら、「うーん・・・まぁOK」と言うくらいだからなぁ。
ウリ旦那はレースのヒラヒラだけじゃなく、羽飾り風のヒラヒラも苦手のようニダ。
「ヴォロノフはハンサムだねぇ。表現力もあるし、今日一番良かった。」
と、一応演技は褒めてましたわ。
20141011024.jpg
ヴォロノフのSP「死の舞踏」は曲もいいし、
スピンが早くて軸も安定してて素晴らしかったんです。
4回転ジャンプがなかったのが残念ニダ。

15歳のペトロフ君の登場にはウリ旦那もビックリ!
20141011025.jpg
「あれ、子供が出てるよ?まだ子供でしょ?
うちの子と年変わらないんじゃ?15歳!ああ、やっぱり。」

と驚いてましたわ。

3F-3Tのセカンドで軸がかなり傾いたのに転倒しなかったのは凄いデヨ。
冒頭の3Aもカッコよかったし、ヴォロノフに次いで2位になったのも納得。
ウリ旦那は「表現力がまだまだじゃない?」と話してましたが、
ヴォロノフの後じゃ、そう見えても仕方がないニダね。

ロシアのジュニア、ペトロフのあとはフィンランドのヴィルタネンで
男子SP終了。得点が出る前に席を立つ人がチラホラ。

すると男子の試合中から、ずっとウリのメモをチラチラ横目で見ていた
フィンランド人女性が慌てたように話しかけてきました。
(ウリは滑走順のプリントに色々書いてますた。
「青レンジャー惨状!」とか・・・Strid君、ごめんちゃいw)

ウリはメモを見られるのが恥ずかしいので、プリントを隠しながら、
フィンランド人女性にニッコリ笑顔を向けますた。

女性 「オリンピックチャンピオンは?オリンピックチャンピオンはいつ滑るの?」
ウリ  「チャンピオン??」
旦那 「あ、ハニュウなら、出場キャンセルしましたよ。」
女性 「ええ?じゃあ男子はこれで終わり?」
ウリ  「(頷きながら)ハニュウは腰痛で
    医者からキャンセルするようアドバイスされたらしさ。」
女性 「(落胆した様子で)残念だわ。昨年、ここで彼を見て、4回転とか
    とてもゴージャスだったから、また彼を見たくてここに来たのよ。」


うーん・・・こういうフィンランド人観客って結構いたかもしれないニダな。
何せ、フィギュアスケート連盟のサイトに、ハーニャの名前がまだ書かれてたんだもの。
ちょっと良くないニダね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
この日は女子FSも見たんですね。
でも、あまりにも長くなったんで、この辺で一旦きります。
続きを書くかどうかは考え中ニダ。

実は随分遅いんですが、ソチオリンピックの羽生君のFS解説を翻訳したニダよ。
次の記事はその翻訳にするか、ピギョニュース関連をまとめるか、
先週末見た演技などの感想を書くか、そのどちらかにしようと思います。






2014-10-20(Mon)

フィンランド杯2014 エリザベータ・トゥクタミシェワYLE解説訳


とりあえず、タクタミFSのフィンランド国営放送解説訳を先に上げますね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
実況:イェレ・ヌルミネン(YLEスポーツ・キャスター)
解説:アヌリーサ・ウォティラ(元女子シングルスケーター、ベテラン解説者)

20141011015.jpg
(演技前)
イェレ「あと一人のスケーターがまだ残ってます。
ロシアのエリザベータ・トゥクタミーシェワがフィンランディア杯の女子の勝負を終わらせに来ます。
圧倒的リード、11点以上の差のリードでフリースケーティングをスタートしに来ました。
昨年のフィンランディア杯3位から、今年の勝利を祝う準備は全て出来ています。
でも、まずは滑らなきゃね。」


20141011016.jpg
(演技開始)
アヌリーサ「彼女は昨シーズンからの詰めなきゃいけない歯の穴がたくさんあった。
(技術的に磨くべきところが多かった、又は怪我など治療に当たらなければならないことが多かった
どちらの意味にも取れそうで、ハッキリどちらを言いたいのかはわからないニダ。)
今シーズンはネーベルホルン杯で勝ち、輝かしいスタートを切りました。
このプログラムを(3Lzで)結構カッコよく始めました。」

20141011017.jpg
(上のキャプは冒頭のジャンプ、3Lz-2T-2Loの入り。アウトエッジです。)

アヌリーサ「3ルッツの他に2つのコンビネーションを確実に跳びます。
2つ目の3ルッツを単独で。」

20141011018.jpg
(これもアウトエッジなのがハッキリわかります。)

イェレ「そのトゥクタミーシェワのルッツはカッコいいね。」

アヌリーサ「こんなにも正しく技術を学んでます。
3フリップが来ます。多分、若干トゥが滑ったかしら。(エッジエラーでは?)
でも、トゥクタミーシェワはどんなやり方でも滑らないわ。」

20141011019.jpg
(トゥをついたところで、軸足のエッジがアウトに倒れてるような・・・。)

アヌリーサ(スピン見ながら、例外的という意味で)構成が少し変わってますね。
2つのジャンプの後で、もう既にスピンが2つ続けて来たのに気がつきましたね。
これは難しい構成です。スピンの後、ジャンプのバランスが簡単に崩れやすいですし。」

20141011020.jpg

アヌリーサ「7回のジャンプのうち、プログラム後半に来るジャンプはもっと点数が得られます。
3T-2T連続ジャンプ。」


アヌリーサ「ループはこんなに器用にジャンプ。ミーシンの学校の基礎的な学習内容を学んだ3ループ。
これ(ループ)を基礎に(ミーシンの学校では)他の(ジャンプの)回転を学んでます。」
そこのジャンプには3サルコーと2アクセルが含まれてました。」


アヌリーサ「高い2アクセル。難しい空中姿勢。」
(難しい空中姿勢→片手タノでした。)

(演技終了後)
20141011022.jpg

イェレ「今季2度目の勝利に向けてこのように滑りました、エリザベータ・トゥクタミーシェワ。
もう既にそのように言えるでしょう。
ネーベルホルン杯の勝利に加えて、今季2度目の勝利を祝いに来ました。
2年前のユーロ銅メダリスト、2年前のロシアのチャンピオン。
しかし、昨季はベンチの下だった。オリンピック代表は夢に終わった。
しかし、それに比べて今季は(これから迎える)主要大会のためにこの名前を覚えておいたほうがいい、
そんなスタートを切った。
1月にストックホルムで欧州選手権が、3月には中国で世界選手権が開かれます。」


アヌリーサ「2011年のジュニア世界選手権で銀メダル。
その時はソチオリンピック金メダリストのアデリナ・ソトニコワが勝者でした。
この2人の間の戦いはユーロやロシア選手権で続けられるでしょう。
でも、ここにはトゥクタミーシェワに挑戦者(ライバル)がいなかった。
これはハッキリしてるわ。
このような成熟、この4分間で見た強力な技術のコントロールはうっとりするものでした。
物凄い物凄い練習の鍛錬の成果。素晴らしいジャンプ技術。
(この試合の)全ての場面で(それが)見えた。」


イェレ「この場面で興奮するのは唯一自己最高得点が出るかどうかですが、
トゥクタミーシェワは今季更新しています。
新しい自己最高得点が出ました。
総合得点193点はネーベルホルン杯で作った自己最高得点を更新します。
エリザベータ・トゥクタミーシェワはフィンランディア杯の勝者です。得点は193.31点。」

20141011023.jpg

【参考リンク】
フィンランディア杯2014 女子FSプロトコル
フィンランディア杯2014 女子FS結果詳細
Elizaveta Tuktamysheva Finlandia Trophy 2014 FS (解説無しの動画)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【解説を聞いた感想】

3フリップの解説でアヌリーサさんが慌てたように
変なことを言うから、逆に注意して見ちゃったんです。
インエッジで滑ってきてるけど、トゥをつく瞬間に
若干、アウトに倒れてますミダ。
「!」か「e」相当ではないニカ?

ソンスによって匙加減が違うのはいい加減にして欲しいデヨ。
エッジエラールールを止めるか、機械導入で正しく計測した上で
エラー判定して欲しいものなんです。





プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR