2017-04-05(Wed)

ヘルシンキ世界選手権 三原舞依FSの解説


実況:イェレ・ヌルミネン(フィンランド国営放送YLEのリポーター)
解説:キーラ・コルピ(2012年欧州選手権女子シングル銀メダリスト)
20170401012.jpg

(女子FSは11番滑走、米国のマライア・ベルの演技から実況スタート。
続いて12番滑走の舞依ちゃん登場。)

20170402003.jpg

「世界選手権で日本人選手がメダル争いする姿に私たちは慣れてきましたが、
今日は状況が違います。
最終グループに日本女子はいません。
3人出場しており、その中の最初の滑走者はマイ・ミハラ。」


20170402004.jpg

「画面にありますようにショートで15位。」

20170402005.jpg

「速いスピードから!3Lz-3T。」

「そして3F。」


(その後、2Aを跳びますが解説無し。)

「速いスピードから跳んだ3つのジャンプを終え、今、観衆を巻き込み、このステップシークエンスへ。」
20170402006.jpg
(ステップ後は足換えコンビネーションスピン、解説無し。)

(下の画像は2A-3Tの着氷)
20170402007.jpg

「三原はプログラムを素晴らしく続けます。2A-3T。」

「このプログラムには多くのリズムの変化があります。
スピードが落ちません。」
(3Lz-2T-2Loの助走中)
20170402008.jpg

「3Lz-2T-2Lo」

(下は3Lo着氷後の画面キャプ)
20170402009.jpg
「3Lo、確実にこなします。」

20170402010.jpg
「3Sも無問題!素晴らしいわ。」


(このビールマンスピン後、最後のポーズ。)
20170402011.jpg

「よし!」
「よ~し!今、現四大陸選手権チャンピオンのマイ・ミハラから、
(今後の)まったく華麗な演技の前触れが少し見えました!

彼女はまるでショートプログラムでのアクシデントがなかったかのように見えましたね。
その(ショートの)最後のジャンプ要素のアクシデントでは
(フィンランド代表の)エンミ・ペルトネンと少し同じことが起こりました。
つまり、単独ジャンプ1本がノーカンになったんだよ。

そのせいでこのフリープログラムの前、ミハラはたったの16位。失礼、15位でした。
しかし、この完璧なフリープログラムで(ショートのミスを)ひっくり返したよ。
日本人(三原ちゃんを指します)のスピードが全てのハイライトですね。」


「はい。」
20170402013.jpg
「滑るスピードはただもうクレイジーだよ。」

「そう、この難しいプログラムの遂行中、ええ、それはまったく衰えなかった。
それに、ジャンプで緊張する必要がないわ。自然に易々とこなすもの。
リンクでジャンプへ移行するのにとても特別な解決法を持ってるわ。
いくつかのジャンプはピシッと決まって・・・」

(コルピが話してる最中にイエレさんが後を継ぐ)

「例えば最後のループは非常に小さい弧からとんだね。」
「そう。」

「僕はどうなることかと思ったけれど、無駄な心配でした(笑)」
「ええ。」

(ここで演技動画の再生がスタート)
20170402014.jpg
「ここでジャンプの祭典だ。
ここで今大会の日本にとって難しい状況を言っておく必要があるでしょうね。
この三原の結果も良い順位を取ることが非常に重要です。」


「その通りよ。」

「もしこの女子の試合から女子の試合(五輪)のための3枠が取れなきゃ、
日本にとって災難でしょう。」


20170402015.jpg

「本当です。
ええ、少なくともマイ・ミハラは自分の責任を果たしたわ。
もし、このプログラムから何か改善すべき点を見つけるなら、
多分、繋ぎがとても簡単で、少しジュニアっぽいやり方だったことかしら。」


「はい。」

「両足での進行など、十分に全てを注意してないわね。
でも、良いスピードが保たれたし、もちろんこれらの見事な技術要素があるわ。」


「多分、繋ぎでリンクを回る簡単な方法で
最後までスピードが良く保たれるのでしょうね。
しかしながら、三原とコーチらが幸せいっぱいになる理由はあるよ。
最後の要素の間、画面上の技術点が立て続けに上がりましたね。」

(技術点の高さが幸せいっぱいの理由ということでしょうね)

20170402016.jpg

「日本のフィギュアスケートは・・・日本人フィギュアスケーターは演技ごとに
虫眼鏡の下、確認されます。
そして今、ミハラの得点へ。

このフリープログラムの前、マライア・ベルが確固たるリードをしてましたが
この完璧なプログラムで2人の順位が入れ替わるのは間違いないでしょう。」


20170402017.jpg

「138.29点!新しい自己最高得点がミハラに出ました!
2グループを残し、1位です!」


------------------------------------------------------

繋ぎの少なさを指摘するところなど、
ちょっと、モーンとするところもあるかもしれませんが、
他の選手と比べて、解説者たちの言葉が弾む感じで
悪い印象は全くありませんでした。

6分間練習を挟んで三原ちゃんの次がダビンちゃんで、
スケートの遅さを指摘され、少しお気の毒な気も・・・
ダビンちゃんはただでさえ遅いのに、三原ちゃんの後じゃ目立ちますよね・・・(;^_^A

まぁ、ダビンちゃんはあんなに上げられてるから、同情することもないかw




スポンサーサイト
2017-04-03(Mon)

ヘルシンキ世界選手権 女子FS前の解説とミーシンのインタビュー


女子FSの放送は2時間29分。
冒頭はフィンランド代表FS進出できなかったペルトネンのインタビュー、
そして「ジャンプスクール・コーナー」でフリップの紹介。
前記事に紹介しております)

今回はその続きの部分をご紹介します。
(注意:内容はメドベちゃんマンセー解説+ミーシンのふかし&ホルホルインタですw)

※この記事の翻訳は全部概要です。
試合放送前の部分で17分ぐらいあるので、一語一句訳した全訳ではありません。


----------以下、前記事の続きです----------

番組はその後、女子SPの結果を見ながら、アヌリーサさんが状況を解説。
20170401016_20170403062749739.jpg
「メドベージェワが断トツトップですが、
ガブリエル・デールマンとケイトリン・オズモンドも昨日素晴らしい演技をし、
すぐ後ろにつけています。
まだ色んなことが起こる可能性があります。」


以下、司会の女性解説者アヌリーサさんの会話の概要です。

「FSではどんなもの、能力などが特に強調されるのですか?」

「技術面での確実性です。それによって点が出ますから。
ジャンプを完璧に決める必要があります。

もちろん、メドベージェワがそういう点で頭抜けていますよ。
今までのところ、技術面でメドベージェワは挑戦者たちより確実性が高いわ。

しかし、これは言わなきゃいけないわね。
プログラムの世界観づくりにおいて、
誰が上手く観衆を巻き込めるか?まだわからないのです。

これはPCSにも影響を与える要因の一つですので、
そこにPCS向上の解決策があるでしょう。」


「1年半向かうところ敵なしのメドベージェワの君臨は
どう終わると予想しますか?」


「そのような兆しがあるとは思えないわ。
彼女は本当に良いコンディションだし、スケーターとしても表現者としても
年々シーズンごとに更に向上してるので、否定的な未来が予想できません。」


「彼女は凄い能力の持ち主ですね。
彼女の弱いところ・・・
その強い彼女のレベル比で弱いところというのは何かありますか?」


「ん・・・言うことができないわ。弱点のようなものはないわ。
ただ、そういうのものはないのよ(笑)
まだ彼女の弱いところが見えないのです。」


(その間、画面にはメドベちゃんのSP映像が流れてました)
20170401017.jpg

「(以前の)放送でアヌリーサが話したように、
彼女は練習で試合以上のことをやっています。
FSで必要のない3-3-3を今日も練習で跳んでましたね。

試合で最高のものを見せられないことを知ってるというのは
スケーターにとってどういう状況なんでしょうか。」


「これは練習のやり方の一つです。
練習で試合より難しいことをやり、
試合で練習より簡単なことをやれば、楽にこなせます。

でも、もし彼女が試合で余分な要素をやれば問題が生じます。
ラッキーなことに余分に跳んだ分の点数が引かれるだけで、
評価に影響はないのですが・・・

プログラムの構想を混乱させてしまいます。
ジャンプの回数は既定の数だけあるべきなのです。」


「え~、例え試合で余分に3-3-3を跳ぼうとも、
エフゲニア・メドベージェワにメリットはありません。

レジェンドコーチ、ロシア人のアレクセイ・ミーシンの考えでは
ルールは技術向上に沿うべきであり、技術向上は近年中に起こると。

アレクセイ・ミーシンはこういうことをよく知っています。
エフゲニー・プルシェンコなどを教えましたし、
現在はカロリーナ・コストナーのコーチをしています。」


ミーシンのインタ冒頭は彼の日常を語ってるので省略。
話してる最中にハビの演技映像が流れます。

「男女共に、特に男子は技術が向上し続けている。
もちろん芸術的表現も忘れてはいけない。」

20170403004.jpg

「とはいえ、フィギュアスケートの基本は技術とジャンプの回転数だ。
今後、男子ではクワド全種が見れることになるだろう。
女子は2、3種類のクワドが。
女子でトリプルアクセル、5年後は男子のクワドアクセルが。」

20170403003.jpg

「ルールは非常に大事だ。ルールは競技発展に影響を与える。
『なぜプルシェンコは4回転ジャンプを跳ぶのか?我々は繋ぎで勝てるだろう。』と
ある選手がバンクーバーで言ったのを思い出すよ。」

20170403001.jpg
(上のフィンランド語字幕はステップシークエンスとなってますが、
実際にはミーシンは英語で『Transitions(繋ぎ)』と話してます。)

「しかし、真実はすぐに明らかになったよ。
ジャンプはフィギュアスケートの王様だ。」
ミーシン、ホルホルw
20170403002.jpg
(上の字幕ではミーシンの言葉『crown(王冠)』を『perusta(基本)』と意訳してますが、
私は『王様』と意訳しました。)

ここで画面は司会者とアヌリーサさんのいるリンク脇の特設スタジオに戻ります。

「ミーシンからのとても強い意見でした。
アヌリーサ、ご自身はどうお考えですか?
ルールは競技発展を制限してるでしょうか?」


「制限してるように見えますね。
だって、ここにはより難しいジャンプを跳ぶ能力を持った選手らがいるのよ。
なぜ、ルールで抑えなきゃいけないの?
私たちは氷上で実際に行われるところを見たいわ。」


オダるという言葉を競技発展の意味に使うなら、
このメドベマンセーを評価してもいい
気がするニダ!kkkkk)

「ジャンプの繋ぎもとても大事ですね。
実況ブースのイェレとキーラと一緒に事例を見てみましょう。」

20170401018.jpg
イェレ
「ここで様々な観点からメドベージェワの素晴らしさを既に見てきましたが
まだ少し、SPの事例から見てみましょう。キーラ。」


コルピ
「単独3Loへ、ここでイーグル、素晴らしい繋ぎ。
このように来て・・・片足で移動、カウンター(ステップの種類です)からそのままループ。
完璧な空中姿勢もそこに。着氷後、右足で片足ステップを続けます。
(これを上手く)コントロールし続けるのは物凄く難しいわ。」


イェレ
「ステップから3Loを跳び、着氷後も片足で続けるのは凄く難しく
これがPCSを挙げる要因の一つとなるわけですね。
では、試合中継に続きます。」

20170401019.jpg

ここでリンクに入った11番滑走の米国のマライア・ベルちゃんが映ります。
12番滑走の三原ちゃんは2番目に登場。
後で翻訳して別記事にしたいと思います。






2017-04-01(Sat)

フィンランド国営放送女子FS番組冒頭のジャンプスクールで再び宇野君登場♪


【3月31日のジャンプスクールはフリップ】


昨日の女子FS番組の冒頭は、フリーに進めなかったフィンランド代表
エンミ・ペルトネンちゃんへのインタビュー。
そして、インタの後に「ジャンプスクール」コーナーがスタート。

フリップの字幕と共に蝶々衣装のソツコワちゃん登場!
真央ちゃんの跳び方そっくりなソツコワちゃん♪
良いチョイスに期待が高まるニダ~(*^-^*)
20170401007.jpg
1930年代にこのジャンプが広まったようですが、
誰がいつ最初に跳んだのか?歴史はハッキリしないそうです。

アクセル、サルコー、ループはエッジ系ジャンプ、
ルッツ、フリップ、トーループはトウ系ジャンプとの説明後・・・
メドベちゃん登場・・・(;・∀・)
エッジはあってるけど、構えは美しくないのに・・・
20170401008_20170401222415cef.jpg

あ、あれ???
エッジの見分けはジャッジにも難しいとの説明後に
メドベちゃんのルッツががが!wwwwwwwww
20170401009.jpg
メドベちゃん、インエッジ(エラー)じゃーーーんw

フリップ(ちょっと誰だかわかりませんが、多分フィンランド人選手)も
ややアウトエッジ(「!」レベル)に見えるし・・・(;・∀・)

ジャンプスクール最後は宇野君の画像が出て、
2016年に最初の4Fを跳んだと紹介されてました♪

その後、陸上ジャンプでレピたん登場w
20170401010.jpg
フリップはあなたにとってどんなジャンプですか?と聞かれて
少し躊躇しながら「嫌いなもの」と正直な答えw

「プログラムに入れたことがない」など、
正直なレピたんに好感度うp!でしたわ~(*^-^*)



2017-03-31(Fri)

フィンランド国営放送YLE:女子SP開始前のチラ真央/エミリア・シモネンちゃんの過去のポルウナ風衣装♪


【フィンランド国営放送YLE:女子SP開始前のチラ真央】


29日のフィンランド国営放送・女子シングルSP試合前のチラ真央をご紹介♪

番組はフィンランドのアイスダンス選手
セシリア・トルン&ユッシヴィレ・パルタネン君の映像で始まり、
リンクサイドでキーラ・コルピとアヌリーサさんがご挨拶。
20170330005.jpg

これで五輪枠が決まるから、通常より特別なワールド等の会話の後、
音楽と共に選手達のイメージ映像が出ます。
最初に出たのが、真央ちゃん♪

その後、スケート靴のアップが出て、アイスダンスのカッぺちゃん♪
氷の浮かぶヘルシンキの港が写り、選手達のイメージ映像が出ます。
20170330002.jpg

選手のイメージ映像は転倒する選手たちの下半身だったり、
キャメルスピンのアップだったりで誰だかよくわからない映像も多かったです。
顔の知ってる選手だけ、キャプを取りました。

フランスのペア、ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ→
ドイツペアのアリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ→
フランスのパパダキス&シゼロン→再びサフチェンコ→
スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン→再びパパシゼでイメージ映像終了。
20170330003.jpg

女子シングルは真央ちゃんとヨシちゃんしか判別できなかった・・・w

【エミリア・シモネンちゃんの過去のポルウナ風衣装♪】


今大会ペアで出てる1996年1月12日生まれ、21歳のエミリアちゃん。
5年ちょっと前、2011年11月20日のフィンランド・ナショナルでは
女子シングル選手としてジュニア部門に出場
していました。

その時のFSの衣装がこれw 真央ちゃんのポルウナ風ですね!
20170330006.jpg
↓上の画像は下の動画からのキャプです。
https://www.youtube.com/watch?v=cF2I9zMplmU

15歳のエミリアちゃん可愛いですね。
フィンランドでペアが見つからないので、
彼女はトロントでカナダ人のマシュー君(現在28歳)を見つけ
ペアを組みました。

カナダのスケート界とフィンランドスケート界の繋がりは
以前から強い印象なんですよねぇ。
ちょっとモヤモヤ・・・

残念ながら、今のところフィンランド勢は誰もフリーに進めなかったんじゃないかしら。
31日のアイスダンスがフリーに進めるといいですね。



2017-03-29(Wed)

28日のYLE番組の内容/真央ちゃんのカプリースに似た衣装


ツイッターで紹介したYLEのコルピ出演番組をもう少し詳しくご紹介します。

YLEサイト → http://yle.fi/urheilu/3-9530569
ウリの該当ツイッター → リンク


相変わらず美人なコルピたん♪
フィンランド勢の実力や展望を話す番組で、
背後のエンミちゃんのポーズが赤リチュっぽいですね。
20170329004.jpg

エンミちゃんのSPはリベルタンゴ。
演技冒頭と最後のポーズは腕を顔の前に持ってきます。
赤リチュと同じポーズは演技中盤の繋ぎでやってましたわ。
20170329002a.jpg
(エンミちゃんの画像は動画、真央ちゃんの画像は全日本FS動画より)

世界中から熱心なスケートファンも来てるのでは?と話を振られた男性が、
27日の朝6時に日本人ファンが練習見学のチケット入手のために
文字通り走ってたと語ってましたw
20170329005.jpg

それを聞いた司会の男女が「素晴らしい」と喜んで番組終了でした。
盛り下がるより盛り上がった方がいいですもんね。
前向きに受け止めてもらえてホッとしました。

ここで気になることが一つ・・・
ヘルシンキ世界選手権2017事務局長のヘンリさんはテコンドーを嗜んでるみたいですわ・・・
(ソース:ヘンリさんのテコンドー動画リンク

一昔前まではテコンドーなんて無名だったのになぁ・・・
ダビンにアゲアゲな得点も出てるし、マルハンやアコムもスポンサーですし
会場はプーチン大統領の友人達のものだし、少しモーンとしますわ。


------------------------------------------------------------
【真央ちゃんのカプリースに似た衣装】


中国のシァンニン・リーちゃん(16歳)のSP衣装がカプリースに少し似てますね♪
演技を見たら、片手ビールマンにバレエ的なきゃわわ振付が
くるみ割り人形の真央ちゃんを髣髴させる演技でしたわ。

20170329008.jpg

上の画像は下の動画のキャプです。
↓シャンニンちゃんのワールドSP動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=FC8w8ncZ6h4
↓真央ちゃんのカプリース動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=zrNSnI3_tYU


このきゃわわな子は真央ちゃんリスペクトなのかしら~?とウィキを見たら・・・

2015年ジュニアワールドの衣装が真央ちゃんのくるみ割り人形に似てますた!
20170329009.jpg

↓真央ちゃんの画像は2005年GP中国杯FS動画のキャプです。
https://www.youtube.com/watch?v=i7iCeIs0rjg

バレエ的な動きといい、衣装といい、マオミーの匂いがして和むんです♪

------------------------------------------------------------
【参考リンク】

ISU女子SP結果リンク



プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR