2016-07-28(Thu)

ギリシャで見た観光客ワースト3


今日はギリシャで見かけた観光客の話を書きたいと思います。
参考までに地図も貼り貼り♪
20160721002.jpg
(メテオラの奇岩群はギリシャの北の街トリカラの更に北にあります)


【ザキントス島の中国人観光客】


ザキントス島観光の目玉というと、錆びた難破船のあるナヴァイオビーチ。
ジブリ映画「紅の豚」の隠れ家のある場所のモデルになった所とか。
切り立った白い石灰岩の崖と、遠浅の海の色が美しい場所です。
20160718001.jpg
(上の画像は崖の上のビューポイントから撮った写真を繋ぎ合わせたもの)

写真のナヴァイオビーチに行く手段はボートしかありませんが、
連日の強風のため、ボートツアーが軒並み中止に・・・orz

夏場の昼はボートで賑わう場所らしいんですけどねぇ。
崖の上から見下ろしても一隻も見えませんですた。

ボートツアー中止で崖の上のビューポイントは大混雑。
行列を作っていますた。
(下のビューポイントの画像はちょうど団体客が帰るところなんで空き始めてます)
20160718003.jpg
ここでうんざりしたのが、セルフィースティックを持った若い欧州人と
中国人観光客・・・
特に中国人観光客は中国の上流階級の人たちに見えるのに
行列を気にせず、パノラマビデオをゆ~~っくり撮ってましたわ。

後ろの欧州人カップルに「カモ~~~ン!!(怒)」と言われても
ツアーガイドさんに「並んでるから早くしてください!」と言われても
涼しい顔で撮影・・・(; ・`д・´)

(因みにこの直後、ガイドさんはウリ旦那に
「中国人観光客にはほとほと困らされることが多いのよねぇ。」と話してたらしさ。)

ウリも堪りかねて「すんまそん、ウリ達、様達を待ってるニダよ。」
中国人の耳元で言ったら、ようやく数秒後に撮影を止めますたわ。
後ろの欧州人カップルの男性が感謝したようにウリに会釈すると
「彼女が先だよ。」とガールフレンドを制し、スペースを開けてくれますた。

悪気はないと思うニダが、このツアーで中国人には少しばかりモーン。
ビーチの前に訪れたワイン工場(下の画像)でのテイスティングでも
別の中国人観光客に割り込まれたし・・・少しは周囲に注意して欲しいものです。
20160718004.jpg

下はおまけ。
ナヴァイオビーチを囲む崖っぷちに立つ観光客たち・・・(((( ;゚Д゚)))ガクブル
20160718002.jpg
後で、ホテルのバーでオーナーの奥さん(イギリス人)にこのことを話したら
「そういや、観光客がその崖から落ちた話を聞いたことがあるわ。」ですって。
いやもう、美しい景色ですが心臓に悪い場所ニダ・・・


【メテオラのフランス人観光客】


ギリシャ北部の観光名所、メテオラの奇岩群と崖の上の修道院にも
行ってまいりますた。
(下はメテオラ近くの街、カランパカのホテルの部屋からの眺め)
20160721001.jpg

下はメテオラの修道院。
修道院なんで、見学時には膝を覆う丈のズボン(男)かスカート(女)を着用。
ミニスカートやズボンの女性は修道院から巻きスカートを借り、
上に着用していました。
20160721003.jpg

ところががが!
聖ステファノス修道院で、ミニスカートのフランス人母娘3人が、
堂々とカウンターの修道女さんの横を足早に通り抜けますたわ!(;・∀・)

修道女さんに巻きスカートを着用するよう注意され、
「自前のがあるよ」という感じでビニール袋を上に掲げたものの、
修道女さんの方をろくに見もせず、ミニスカートのまま中に入って行ったんです。
修道院内でもやはり最後までミニスカートで闊歩・・・
そこまでミニスカートにこだわる理由が理解不能。

修道女さんや修道院の文化に敬意を払えないのに、
このフランス人母娘は修道院の何を見たかったニカね・・・


【アテネのアメリカ人観光客】


メテオラの1泊2日バスツアーを終えて、アテネに到着。
ガイドさんが一人一人のツアー客にそれぞれの宿泊先を聞き、
その近くにバスを止めてくれました。

このツアー参加者の中に大学生風の若いアメリカ人女性3人組がおり、
その中の一人は日本人と白人のハーフ風に見える華奢で可愛い女の子。
アメリカ人にしては大人しく、スリムな3人組。

その若い女性3人組が国立考古学博物館裏手、
エクサルヒア地区のアパートに泊まると言うんです・・・orz
20160722001_20160728041107a4d.jpg
(上の国立考古学博物館の画像はウィキより)

通常、アパートでも何も問題はないんですが、地区が悪い。
エクサルヒア地区はオモニア地区同様、麻薬の売人がウロウロしてると
言われるほか、アナキスト(過激派)の根城があるとも聞きます。

20160722002.jpg
(上は2015年4月7日エクサルヒア地区でのアナキスト70人の暴動。
Getty Images JPより)

女性のツアーガイドさんが心配そうに
「この辺は危ないので夜は出歩かないこと、
レストランで夕食食べたら、タクシーで帰り、アパートの真ん前で止めてもらうこと。
例え昼でも話しかけてくる通行人のために立ち止まっちゃダメですよ。
無視して下さいね。」

と注意してましたわ。

ウリたちも心配になり、ウリ旦那と一緒に
「夜は出歩かない方がいいよ。この近くのオモニア周辺も危なかったよ。」と話すと、
「タクシーは大丈夫ですよね?」と不安げ。
3人はウリたちにアドバイスのお礼を言い、他のツアー客にもにこやかに挨拶し、
バスを降りていきました。

その次に降りたのがアメリカ人母娘で、
こちらも危ないと言われるオモニア地区の辺りでしたが・・・
「ホテルはどこ?誰だって何もないとこで降ろされたくないわよっ!」と、不機嫌・・・
彼女のホテルはすぐそこなのに・・・(;´Д`)

結局、アメリカ人母娘はそこで降りず、
バスはその地区をグルッと一周して、ホテルの向かい側で彼女らを降ろしてました。

「“冒険”が好きじゃないようだね。典型的アメリカ人だな。」
と、近くの席のオーストラリア人男性も呆れて苦笑してますたわ。

ホテルの向かいの道でキョロキョロしてるアメリカ人母娘が
無事ホテルに辿り着けるか?www
このオーストラリア人男性とウリ夫婦の3人でついつい車窓から見ちゃったデヨw

若くて可愛い3人組とは別の意味で、この母娘が心配になっちゃったのであって!
---------------------------------------------------------------------------

マナーに疑問符がつく観光客3グループの例を挙げますたが、
ウリ的にワースト1はフランス人母娘3人ニダ。
運転手に迷惑をかけたアメリカ人母娘は旅の不安からの行動でしょうし、
中国人はウリが注意した時の反応から見て、悪気がなかったと思うんです。

でも、フランス人母娘3人は確信犯だし、短い見学時間内すら
そのスリムな脚を露出したい気持ちが理解できませぬ。
迷惑度は低いものの、修道女さんを蔑ろにする行為に同情の余地が少ないニダ。

因みにイルボンの観光客は評判が高いんじゃ?と
ガイドさんと話して感じました。
ウリも日本人の一人として、イルボンの評判を下げないよう、
今後も気を付けなくては!と思いますミダ。


スポンサーサイト
2016-07-25(Mon)

帰国報告&アテネの危険地区

23日(土)の夕方に帰国しました。
旅行の後半はネット接続が悪くて、お返事を書いても投稿できなかったり、
投稿しても反映されなかったり・・・(-_-;)
コメントのお返事が遅れてしまってすみませんでしたm(__)m
この記事をうp後に反映されなかったお返事を投稿しなおそうと思います。

今回の旅行先はギリシャで、アテネ→ザキントス島→メテオラを見て回りました。
美しい景色とギリシャ人のフレンドリーな国民性に疲れも癒される旅でしたが、
旅行中に欧州(&トルコ)で起った事件の多さにはモーン・・・

旅行中に下記の4つの事件が起こりました。
   7月14日 ニーストラックテロ事件(死者84人)
   7月15日 トルコクーデター未遂事件(死者290人)
   7月18日 ビュルツブルクでアフガン難民(17)が斧で暴れる(重症3人、軽傷1人)
   7月22日 ミュンヘンでイラン系ドイツ人(18)が銃乱射(死者9人)


ニースでは花火見学中の子供連れの家族が犠牲になりましたし、
ドイツの事件2つとも犯人が少年、銃乱射事件の犠牲者に若者多数で
悲しくなります。

今日(25日)も独南部アンスバッハ市で自爆テロ(犯人死亡、12人負傷)が
ありましたし、今年の欧州の混乱ぶりは凄いですね・・・

旅行中に出合った家族連れのオーストラリア人の男性は
元々ギリシャ&イスタンブール旅行の予定だったのを
6月28日のアタテュルク国際空港テロで、トルコ行きを取りやめたと話していました。


【アテネの危険地区】

さてさて、経済状況の悪化などから、治安が悪そうなギリシャですが、
旅行してみると、人々はフレンドリーですし、悪い印象はあまり受けません。

が、しかし!
アテネの中心部に怖い地区がありましたわ・・・
オモニア広場周辺の地区です。

20日の17時頃、アテネ駅から観光の中心部モナスティラキ駅までを
トリップアドバイザーでお薦めのレストランをいくつもチェックしながら
家族で歩いておりました。
20160725006.jpg
せいぜい2kmぐらいの距離ですが、オモニア周辺に近づいた辺りから
雰囲気がグッと悪化。

トリップアドバイザーお薦めのレストランも跡形もなく消えてたり、
レストランらしきものはあるものの、経営してる感じではなかったり。

「もっと街の中心で食べようか」と話してる際に大通りで逮捕劇が・・・(;´・ω・)
何があったのか知りませんが、40~50代くらいのギリシャ人風の男性が逮捕されますた。

その大通りを渡ったところの脇道に入ったら、
ゴミの山やら落書きが酷く、インド人風の老人の物乞いや、
うつろな目をした移民の若者がたむろ。

(下は昨年、2015年4月15日のオモニア広場)
20160725004.jpg
(上の画像はGetty Images UKより)

(下は2012年9月23日オモニア広場。米映画のムスリム描写を批判し、
デモをするパキスタン、アフガニスタン、バングラディシュ移民たち)

20160725005.jpg
(上の画像はGetty Images Finlandより)

こんな場所で首から一眼レフカメラをぶら下げてる子供たちと旦那・・・(;・∀・)
しかも、旦那はスマホ片手に地図とGPSを確認しながら歩いてたんです。

このわき道に入ると同時に移民風の若者2人が後ろにピッタリついてきました。
狙いは私のバッグだと思ったんで、即、斜めがけにし、バッグを前方にすると
2人組は不意を突かれたように顔を見合わせてた・・・やっぱ狙ってたんでしょうね。

と、そんな時に前方で立ち止まり、
バッグからアイパッドを取り出す旦那。
マジかよ・・・(;´Д`)
旦那はアイパッドでトリップアドバイザーをチェックし始めました・・・

後ろの2人組がニヤ付き始めたので、さっと旦那の前方に行って
旦那と子供たちの背中に手を回し、
2人組に『道を開けたんだから、さっさと通れ』
言わんばかりの冷たい目を向けたら、
2人組は躊躇しつつ、もの凄くゆっくりと私たちを追い越していきました。

この2人組は追い越した後もチラチラ、私たちを振り返りながら、ゆっくり歩き、
若者のたむろしてるところへ。
そこで、たむろしてる移民風の若者たちは全員目がうつろでしたわ。

通り過ぎた後に上の子が、
「何人かは堂々と麻薬やってたね。」と苦笑い。
「見なかったけど、カナビス?」と聞くと、
「うーん・・・コカインとかじゃないかな。」ですと。
どうやって入手するお金を捻出するのやら・・・

明るい日中でこれだから、夜間はかなりヤバいでしょうね。
中心部な上に安ホテルなどもあるため、
治安を調べずに気楽に泊まる旅行者も多いそうです。

オモニア広場周辺を危険地区と下調べで認識してた私たちですら
近くだと気付かずに通ってしまいましたし、要注意ですわ。

---------------------------------------------------------------------------
【お知らせ】

ぴよ様のブログ「ぴよぴよ党」(リンク)がブログ配信を停止することになりました。
現在、「ぴよぴよ党」に掲載されている挨拶文にもありますように
多忙のため、3月でやめる予定だと私も聞いておりましたし、
寂しいものの、ぴよ様の新しい門出を祝いたいと思います。

私もぴよ様のブログに出会い、冷静なぴよ様の緻密な検証と論理力から
多くのことを学びました。
また、ぴよ様を通して、良い出会いもたくさんありました。
ぴよ様の今後のご活躍とご多幸をお祈りいたします。

感傷的になってしまいますたががが!
これで永遠のお別れというわけじゃないですし、
ぴよ様、お時間のある時にでも、又こちらに遊びにいらしてくださいまし♪
ぴよ様ならいつでも大歓迎です!


2016-07-19(Tue)

ロイヤルファミリーの結婚式での白い服

*管理人はまだ旅行中で、これは予約投稿です。
23日(土)に帰国します。


結婚式で白い服を着た皇后陛下を批判する人がいらっしゃいますが・・・
西洋で白い服や白っぽい服で結婚式に参列するのは特に珍しいことではないんじゃ?
意外とよく見かけるので、画像を紹介したいと思います。

下のモナコ公妃シャルレーヌ妃の白っぽいグレーのロングドレスは
ウィリアム王子の結婚式前日の晩餐会でのもの。
その隣の白っぽいグレーのワンピは翌日のウィリアム王子の結婚式でのものです。
20160223001.jpg
シャルレーヌ妃ご自身の結婚式でも白や白っぽい服の多さにビックリ。

息子のトム・パーカー・ボウルズの結婚式に参列するカミラ公爵夫人の服装は
ヘッドドレス(帽子?)から足元まで青みがかった白ですね。
20160223003.jpg
チャールズ王太子の姪ザラ・フィリップスの結婚式で
カミラ公爵夫人は緑がかった白のワンピとベージュの靴。
カミラ公爵夫人の甥ベン・エリオットの結婚式ではややグレーっぽい白のワンピと帽子です。

チャールズ王太子の甥ピーター・フィリップスの結婚式や
カミラ公爵夫人の娘ローラ・パーカー・ボウルズの結婚式でも白っぽいワンピ姿ですね。
20160223002.jpg
そして、チャールズ王太子の結婚式ではエリザベス女王が白い服を着てらっしゃいます。

ローラ・パーカー・ボウルズの結婚式ではカミラ公爵夫人だけでなく、
キャサリン妃も白い服のようでした。
20160712004.jpg

他にも色々見かけたんですが、このぐらいで十分じゃないでしょうか?
皇后陛下の白い服を批判する方々は、こういう写真を目にしてないんでしょうね。

------------------------------------------------------------------------------
【画像出典元リンク】

モナコ公妃シャルレーヌ妃の写真
   2011年4月28日 ウィリアム王子の結婚式前日の晩餐会 → Netty Royalより
   2011年4月29日 ウィリアム王子の結婚式 → Peopleより      
   2011年7月1日 モナコ大公アルベール2世の結婚式 → Popsugarより

コーンウォール公爵夫人カミラの写真
   2005年9月10日 トム・パーカー・ボウルズの結婚式 → Gettyi magesより
   2011年7月30日 ザラ・フィリップスの結婚式 → Zimbioより
   2011年9月10日 ベン・エリオットの結婚式 → Zimbio

   2008年5月18日 ピーター・フィリップスの結婚式 → Dailymailより
   2006年5月6日 ローラ・パーカー・ボウルズの結婚式 → Getty imagesより
   2005年4月8日 チャールズ王太子の結婚式 → Popsugerより

ケンブリッジ公爵夫人キャサリンの写真
   2006年5月6日 ローラ・パーカー・ボウルズの結婚式 → Getty imagesより



2016-07-15(Fri)

巻きますとコスの過去の白衣装を振り返る


只今、家族旅行中です。
コメントを頂いてもお返事が出来なかったり、遅れたりするかと思いますが(ミアネよ~!)
衣装雑談記事を旅行前に予約投稿しますた。

【巻きますの白衣装♪】

巻きますの白(又は白っぽい衣装)を集めてみますた♪
ズニアの頃は脚の長さがかなり目立ちますミダ。2010年頃になると上品な色気がありますね。
20160416002.jpg
ジュニア時代の画像は2004-2005シーズンのFS「風変わりな店」、
残り2枚は2010年6月のメダリスト・オン・アイス群舞衣装。


やっぱどうしてもアラベスクスパイラルに目が行くニダ♪
清楚なバラード、天女の様なジュピター、ゴージャスな白鳥に
弾ける明るさのメリポピ。表現力ってこういうことを言うのよねぇ。
20160416001.jpg
上から2010-2011シーズンのEX「バラード」、2011-2012シーズンのEX「ジュピター」、
2012-2013シーズンのFS「白鳥」とEX「メアリー・ポピンズ」、最後はサ・アイス2015の「ベネディクトゥス」。


【コスの白衣装♪】

2008-2009シーズンのFS「黒鳥とジークフリート王子のグラン・パ・ド・ドゥ」衣装。
黒も素敵なんで載せちゃった。巻きますの新SPはこういうイミジの衣装も素敵じゃ?
20160712003.jpg
上の衣装は白黒どちらも好きニダ。
白は長そでに丸首なのに重くないし、黒はスカートの羽や上半身の羽模様が素敵♪

2009-2010シーズンのエキシプロ「Ain't No Sunshine」のつなぎ衣装は
コスだからこそ着こなせると思うニダ。
20160712002.jpg
下着風の衣装はアスリートの引き締まった体にしか似合わないと思うニダ。
着こなせるコス、さすがニダね。

↓新旧アヴェ・マリア、トリノシーズンのエキシプロとソチシーズンのSP。
20160712001.jpg
トリノシーズンはピギョから遠ざかっていて、よく覚えてないw
ウリ的にはソチのアヴェマリア衣装の方が好き。
青みがかった白っぽい色が上品で、コスの優雅さをひきたててると思います。

---------------------------------------------------------------------------
【画像出典元】

浅田真央
ジュニア時代→flickrリンク
韓国のMedallists on Ice(2010年6月6日)→fflickrリンク
幻想衣装→Art On Iceリンク
Dreams on Ice 2010(6/25~27)のバラード衣装→ユーラシアスポーツ
2012年1月5日撮影のジュピター衣装→毎日新聞写真特集リンク
最初の白鳥衣装→Europe On Ice - BLOG
タラソワ先生からもらった白鳥衣装→スポナビリンク
メリポピ衣装→flickrリンク
The Ice 2015→flickrリンク
ジャズ真央→ガールズ・チャンネルリンク
白地にストライプの幻想衣装→livedoor スポーツ リンク

カロリーナ・コストナー
2009年の衣装とつなぎ衣装→イタリア語ウィキ「Carolina Kostner」より
Opera on Ice 2012のランビとのペアプロ衣装→ tumblr.comより
Intimissimi On Iceの下着っぽい衣装→イタリアのメディアTGCOM24の2015年10月13日の記事より
新旧アヴェ・マリア衣装3着と黒鳥衣装→シーサー・ウィキより


2016-07-12(Tue)

今夜から旅行に行きます

今夜から夏の家族旅行に行ってまいります!

来週23日(土)に帰国しますので、
その間ブログはほとんど休止の予定ですが、
15日(18:00)に過去の衣装雑談記事を、
19日(18:00)に皇室関連記事を予約投稿しております。
コメントのお返事が遅れがちになりますことをご了承くださいm(__)m


ここ最近は、似非保守ブログにうんざりしておりましたが、
青山さん当選のニュースに元気が出ましたわ。
まだ、都知事選が心配ではありますが・・・(^-^;

都知事選は31日が投票日でしたっけ?
つくづく猪瀬さんのままが良かったのにと思うニダ。

旅行を終える頃には、どの候補が優勢か大体予想できる時期かな。
良いニュースが聞けますように。

ではでは、行ってきます!

2016-07-12(Tue)

保守について

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2016-07-10(Sun)

慈愛のダンスレッスン動画/LOVE ON THE FLOORのツイッター


水曜日からちょっと胃の調子が悪かったニダ。
でも、泊まりのお客様もいるし、普通に動いてたら、今頃疲れがどっと出ちゃったんです。
なので、今日は軽く雑談しますミダ。

ウリが来客でバラバタしてた時に
慈愛のダンスレッスン動画がうpされてたんですねぇ。

↓慈愛のダンスレッスン動画リンク
「ザ・アイス2016」フィナーレダンスレッスン

巻きますは相変わらず、すっぴんっぽいw
舞ちゃんも薄化粧だし、練習後すぐに撮影したニカね?
2人のこの飾りっ気のなさが好きなんです。

↓一応振付をじぇんぶキャプ取りますた♪
2016070904.jpg
2016070902.jpg
2016070903.jpg
動画見ながら練習すれば、バッチリかなぁ。
ウリは振付を覚えるのが苦手なんですがががw
いつか会場で一緒に踊りたいものニダ。

---------------------------------------------------------------------------
【LOVE ON THE FLOORのツイッター】


↓大ちゃんのダンスショーの呟きを見てたら、やっぱ彰生の呟きもあったw

2016070905.jpg
彰生のツイッターリンク

「あと皆様暖かいご声援ありがとうございましたwww」
ってのは、客席につく彰生に湧きおこった拍手のことニカね?www
噂には聞いてたけど、マジで拍手されたのかしら・・・
彰生の周囲は和やかでいいですねぇ。

一般人の方が撮った彰生のチャルはこちら→ツイッターリンク
彰生、元気そうで何よりなんです♪

↓家庭画報編集長さんも舞台を見に行かれたんですね!
2016070906.jpg
(家庭画報編集長 秋山和輝氏のツイッターリンク)

「すべてがポジティブなオーラに包まれていた!」
秋山編集長のこの一言で、ショーの大成功ぶりが凄く伝わってくるんです。
ダンサーたちのチームワークも、お客様の質も良かったんでしょうねぇ。

↓これは大ちゃんのインスタからの画像
2016070907.jpg
大ちゃんのインスタグラムリンク

Pチャンがlikeしてるって言われてたのはこの画像ニカね?
likeの数が多すぎて確認する気力がないw
ショーは大成功ですたね。

この会場がお客様で埋め尽くされたんですねぇ。
メリチャリ、クリスティ、大ちゃんとスケッタドルの新たな可能性に
ワクワクしますミダ♪

---------------------------------------------------------------------------
先日、うpした限定記事(やる夫まとめ)は、
常連読者様が状況を知ってることを前提に書いた記事だったんですが、
知らない方が多そうでしたんで、非公開状態に戻しました。
後で読もうと思ってた方々には申し訳ないニダ。

いつか、別の件でやる夫まとめに挑戦しようかと思いますデヨ。



2016-07-07(Thu)

信夫先生の言葉とハビの言葉


某所で紹介されてたSportivaの信夫先生のインタ内容が素晴らしいニダ。
6月17日のものなんですが、地に足のついたお人柄が伺えますデヨ。

コーチ歴50年。フィギュアスケート界の名伯楽が語る「私の指導法」
辛仁夏●構成 text by Synn Yinha 岸本勉●写真 photo by Kishimoto Tsutomu 2016.06.17
 

スポーツというのは自分で楽しんでいくものだと思います。だけど、競技生活は一人の人間の力だけでは成り立たない。大勢の人の力を借りて成り立つものです。われわれの時代はマンツーマンという言葉でひとくくりにしていましたけれど、今はもうマンツーマンではなく、一つのチームとして動かざるを得ません。
 そうやって時代が変わってきた中で、選手たちはどうしていくべきなのか。こういう言葉を使うのも、決めつけるのも好きじゃないですけれども、やはりいろいろなことに「感謝」することを忘れちゃならないでしょうね。フィギュアスケートのコーチはスケート技術を教えるだけではなく、「感謝」ができる人間を育てることも大きな仕事。そう思っているので、指導する上での苦労は言い始めたらきりがありません。

お互いへの感謝の気持ちを持つことで、良いチームワークが出来ますものね。
その良いチームワークが神演技に繋がるのでしょう。

下の部分も心に残りました。

 立てるようになったら、体重移動をすると進むんだ、ということを教えていきます。しっかりと段階を踏んで素直に学ぶことができれば、後々、とても楽ですよね。自分の力で移動するのではない。自分の体重移動によって勝手に動いていっちゃうんだよ、ということを教えることが大切になります。そこで、「あっ、こんな感じで氷の上を移動していくんだ」ということを知った子どもたちは幸せです。
 これが「スケーティング」というものです。

コーチ歴50年。フィギュアスケート界の名伯楽が語る「私の指導法」4ページ目より一部転載)

力まずに体重移動でスケッティングが楽にできると
滑ることが楽しくなるでしょうねぇ。
そしてスケッティングが美しいと演技も美しくなる。大事ですミダね。

信夫先生はホント、地に足のついた素敵なコーチデヨ。

お次は某所で紹介されてた現王者ハビの言葉。
宇野君を高く評価してくれてるニダ♪
20160707001.jpg
画像出典元:http://i.imgur.com/MxUbBhG.jpg
20160707002.jpg
画像出典元:http://i.imgur.com/008aLDo.jpg

こういう相手をリスペクトした発言が出来るハビもまた地に足のついたスケッタニダね。
今の謙虚さや周囲への感謝の気持ちを失わず、今後も滑りに磨きをかけて欲しいニダ。




2016-07-05(Tue)

巻きますの「PS純金」/大ちゃんの「LOVE ON THE FLOOR」


今回は巻きますお薦めのかき氷を動画で堪能したいと思いますミダ♪
動画をご紹介下さっためろでぃ様、ありがとうごじゃいます!

↓動画リンク
PS純金2016年7月1日

浅田姉妹が最初に案内したお店は「カフェ サブヒロ」。
元々は洋菓子を置いてるカフェで、かき氷も始めた模様。
アボカドやトマトのかき氷もあるんですねぇ。
20160705001.jpg
アボカドのかき氷はヨーグルトが爽やかな味の秘密だったんですねぇ。

「カフェ サブヒロ」の目玉は巻きます考案の和栗のかき氷、2500円。
金粉がキラキラして綺麗ですね。
和栗を粉チーズのように削って、全体にかけてますミダ。
20160705002.jpg
煮沸消毒した高純度の水を48時間凍らせると空気が入りにくいと。
その氷を使うとふわふわのかき氷が出来るんですねぇ。
中のほうじ茶のゼリーもふるふるして美味しそうなんです♪

チャラ男さんの浅田姉妹を羨ましげに見る目にウケたニダw
20160705003.jpg
せっかく、あーんとしてもらえそうなチャンスを棒に振るチャラ男さんw
大袈裟なリアクションにワロタんですw 

次のお店は吾妻茶寮(あづまさりょう)。
人気が凄くて行列ができるらしさ。3度目で入れたという巻きます。
20160705004.jpg
巻きますお気に入りの抹茶のかき氷は
泡立てた抹茶がたっぷりかかって濃厚そう!

で、進化した抹茶かき氷、抹茶のブリュレが凄い。
中にはわらび餅や小豆、抹茶などが入ってます。
20160705005.jpg
抹茶入りのメレンゲをのせたらバーナーで表面を焼いて仕上げ。
上にアイスクリームものせて美味しそうでした。
餡子好きのウリはこれが一番食べたいかも!
--------------------------------------------------------------------------------
【大ちゃんの「LOVE ON THE FLOOR」】


大ちゃんの「LOVE ON THE FLOOR」、大好評ですねぇ。
ウリも動画をチェックしますた。

↓動画リンク
2016/06/30 高橋大輔 初舞台「LOVE ON THE FLOOR」
LOVE ON THE FLOOR シブヤ経済新聞


上の動画2つからのキャプと共に感想を書きます。

下はフラメンコの「AGGRESSION」。
20160705006.jpg
情熱的で盛り上がりますねぇ。
踊りにくそうですが、ボリューミーなスカートも素敵♪

大ちゃんのソロダンス「CLOSING NATTATION」は静かで
切ない感じの曲調と振付ですた。
20160705007.jpg
バックのスクリーンの映像も素敵な演出ニダね。

これはエンディングっぽいですね。
女性陣のダンスの後、男性陣が踊ってます。
20160705008.jpg
中央にいるのが大ちゃんとチャーリー。
大ちゃんはリズム感がいいから、ノリノリの曲でもプロのダンサーに見劣りしないニダね。

最後は女性陣も加わって踊ってポーズ。
20160705009.jpg
メリルのコケティッシュな魅力とクリスティの若々しさに目を見張るニダ~!
引退したスケッタドルの活躍ぶりに嬉しくなりますね。


2016-07-05(Tue)

イミフな茶番劇

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR