2017-08-29(Tue)

フィンランドの二重国籍議員


細かい規定はあるにしろ、
フィンランドでは基本的に二重国籍が認められており、
参政権も普通にあります。

(注釈:フィンランドが二重国籍を認めたのは2003年6月1日から。)

2015年4月には二重国籍の国会議員が、私の知る限り4人誕生しました。
20170829001.jpg

(画像出典元:フィンランド語版ウィキAnne BernerAntero Vartia
Ozan YanarJuhana Vartiainen
項目より)

この4人の中で最も知名度が高いのはフィンランド中央党のアンネ・ベルネル。

今回はこのベルネルのバックグラウンドや議員になった経緯、
フィンランドでどう議論を呼んでるのか?を書きたいと思います。


1.アンネ・ベルネルの出自

アンネの祖父、オット・ベルネルはスイスからフィンランドに移住。
1935年にテキスタイルの会社を設立しました。
アンネ・ベルネルは生まれた時から、スイス国籍しか持っておらず、
家族間の言語はスイス訛りのドイツ語だそうです。

そしてアンネ・ベルネルは1989年に父の跡を継ぎ、テキスタイル会社社長に。
2012年には会長に就任。


2.アンネ・ベルネルと国民連合党の蜜月

資産家の令嬢で会社経営者のベルネルは
国民連合党に対し、何度か選挙資金を援助し、
同党に所属するストゥブ議員(元首相、下の画像)にも2度援助したそうです。

20170829002.jpg
(画像出典元:フィンランド語版ウィキAlexander Stubb項目より)

そして、2014年7月と9月上旬、当時の首相ストゥブと立候補について電話で話し合い。
同年9月19日には国民連合党の候補になる契約を交わしました。
「2015年の選挙において国民連合党のみから立候補する」という内容でした。

(但し、この時点でベルネルはフィンランド国籍がなかったため、
国会議員立候補の資格なし。契約は秘密だったそう。)



3.アンネ・ベルネルの契約違反

ベルネルは2015年1月18日にフィンランド中央党党首ユハ・シピラと会い、
立候補について話し合いました。
そして、翌19日にフィンランド国籍を取得
同日夜にはシピラにフィンランド中央党から立候補する意思を伝達。
早くも翌20日にフィンランド中央党から立候補する旨を発表。

当初契約を結んでた国民連合党所有のニュースサイト、
ヴェルッコウーティセットが同日午後、
「ベルネルは国民連合党から立候補することを既に約束していた」
と報道、スキャンダルに。

この状況からすると、ベルネルは
事前に国民連合党と合意に至ってなかったんじゃないでしょうか。

しかし、ベルネルはインタビューでこの件について具体的に答えず、
上手くはぐらかしていました。


3.初当選、大臣へ

立候補の党籍変更経緯で物議をかもしたベルネルは
国籍取得&立候補表明から3か月後の4月22日に国会議員になりました。
そして議員になって1カ月後には運輸・通信大臣に。

20170828001.jpg
(画像出典元:YLE国営放送

いくらフィンランド生まれ育ちとは言え、
フィンランド国籍を取った僅か3か月後に国会議員、
4か月後に大臣という地位を得て物議をかもしました。

大臣になった1か月半後、フィンランド国営放送YLEサイトの記事で、
ベルネルが国民連合党と大臣の椅子を交渉してたという話が出ます。

ベルネルはそれを否定したものの、
フィンランド中央党への急な鞍替えと大臣抜擢後のYLEの報道に
好感度駄々下がり。
契約を破ってまで、大臣の椅子を用意した政党に鞍替えした人として、
利己的な人のイメージがつく羽目に。

ブログやニュース記事のコメ欄には「YLEゲート」と呼ぶ人がいたり、
下記のような批判も多々見受けられました。

「議員になるために国籍を取った人」

「フィンランド政府のお金を盗むために大臣になった。
そのお金はスイス銀行にでも預けるんでしょ。」

「この冷血漢は小児病棟募金のお金を
いくら自分の懐に入れることが出来るんだ?」

(注釈:ベルネルは議員になる前の2012年から小児病棟建設募金団体の会長)

「最も嫌われてる大臣」と書いてるマイナーメディアも・・・


4.二重国籍者に対する職業の制限

ベルネルが支援してきた国民連合党は中道右派。
彼女が現在所属してるフィンランド中央党は中道と言われてます。
これを鑑みると、彼女の政治的立ち位置は右寄りの中道でしょうかね。
現在の与党は上記2つの政党+真のフィンランド人(右派政党)の3つ。

今年2月3日の報道によると、この右派色の強い現内閣が
公職に就く二重国籍者の権利を制限する法案の
準備に取り掛かったそうです。

内閣に二重国籍の大臣がいるのに制限するの?
という疑問も野党議員から出ていますが、
これは元々ロシアの脅威から出てきたもので
二重国籍者が軍隊や国境警備の職務に就くのを制限しようという話なのです。

今、現在はロシアとフィンランドの二重国籍者を対象に準備を進めてるそう。
果たして一部(ロシア国籍)だけを対象に出来るのか・・・
全国籍を対象にしたりして・・・(;^_^A


5.二重国籍議員事情に対する所感

ベルネルの国籍取得は利己的に見えますし、党鞍替えはモラルに反してました。
彼女の政策に対する反発から、
ベルネルが株を保有する会社の商品を不買するという人も出ました。

ロシアの脅威に対する警戒心が強まる中、
彼女のような大臣が誕生したことで、二重国籍者に対する嫌悪感も増大した気がします。

例えば、トルコとの二重国籍議員Ozan Yanar関連の報道記事、
「『衝撃的に』ヘイトメッセージを受け取った、高得票のOzan Yanar
『これは僕が移住した時のフィンランドではない』」

についた最初のコメントは「じゃあ、彼はトルコに帰るんだね。良かった。」でした。

(注釈:Ozan Yanarはトルコ生まれで、14歳の時にフィンランドに移住。
現在は緑の同盟に所属する国会議員。)


記事を読めば、彼がフィンランドを褒めつつも変化があると
言ってるだけだとわかるのですけども・・・

もちろん、彼をサポートするフィンランド人のコメもありますが、
この手の記事に排外的なコメが増えたなぁと痛感します。

このように、二重国籍が合法とされるフィンランドでも反発や批判があるのに、
基本的に合法とされてない日本で蓮舫議員に対する非難が噴出するのは当前でしょう。

更に発言が二転三転し、国籍離脱証明書の偽造疑惑まで浮上したのだから、
本来なら、議員辞職すべきだと思いますわ。


【参考サイト】

アンネ・ベルネルの会社の歴史(会社のHPより)
http://www.vallilainterior.fi/yhtio/historia

アンネ・ベルネル立候補の経緯(フィンランド国営放送のHPと経済新聞カウッパレヒティより)
https://yle.fi/uutiset/3-8142490
https://www.kauppalehti.fi/uutiset/bernerin-ehdokkuus-ratkesi-paivassa/evWjyn6v
https://www.kauppalehti.fi/uutiset/anne-berner-suututti-kokoomuksen/7zamihfh


国民連合党の寄付金公表に関する報道記事
https://www.uusisuomi.fi/kotimaa/107583-kokoomus-kertoi-rahoittajansa-katso-30-nimea

二重国籍者に対する制限に関する報道記事
https://www.uusisuomi.fi/kotimaa/213761-kansanedustaja-markus-mustajarvi-anne-bernerkin-kaksoiskansalainen-kieltaako-hallitus


スポンサーサイト
2017-08-19(Sat)

最悪な日


今週は泊りのお客様が2人滞在して、昨日帰国の予定でしたが・・・
お客様の1人が急病で救急車を呼ぶ羽目に・・・・(T_T)

夫が救急車に付き添い、私はもう一人のお客様と空港へ。
飛行機のキャンセルや料金払い戻しの交渉、家族への連絡などなど・・・
昨日は疲労困憊しますた。

お客様は入院中なんで、今日もこれから夫とお見舞いに行かなきゃいけませんぐ。
その前にちょっとだけ、状況を報告しときますね。


【嫌な救急隊員】


生まれて初めて救急車を呼んだ経験は、あまりいいものじゃありませんでした。

タクシーなら30分ぐらいで救急病院に行けるんですが、
長時間待たされるはず・・・
それなら救急車を呼んだ方が手当ても早くていいだろうと考えたんですけども
1時間10分待たなきゃいけませんでした。

痛みが酷いし、動くのは不味いかも?と救急車呼んだってのもあったんですががが!
病人は救急車まで歩かされましたし・・・
痛みで震えて泣いてるのに・・・

若くてガタイの良い男性3人がストレッチャーも持たずに来た時は
素手で運べそうだもんね~と思っちゃいましたがね。
運んでくれなかった・・・

良かった点は救助員の一人が脈や体温、血圧をチェックし、
もう一人がデータを受け入れ先の病院に送る、一連の作業がテキパキしてたこと。

最悪だったのが、それを傍観してた運転手・・・・

病人の検診中に病人を馬鹿にするジョークを言ったんですよ~~!(怒)
容姿又は病気を愚弄してるようにしか聞こえないことを
ジョークのように呟いてました。

お腹を触診中の若い女性に対し、好奇の目を向け、
酷いジョークを言う男性なんて最悪じゃ!(怒)

聞いた時は病人を心配する気持ちが大きくて腹も立たなかったけども、
落ち着いた今となっては、何か言ってやりゃ良かった!と思ってしまうニダ。

しかも出ていく際に我が家のキッチンを好奇の目で覗いてましたし!
こんな気持ちの悪い救急隊員がいるんだなぁとガッカリしました。

まぁ、このニヤニヤ笑いの薄気味悪い運転手は
残り二人の救急隊員から無視されていましたし、きっと職場でも嫌われてるんでしょう。


【嫌なニュースばかり】


金曜日はホント、嫌な1日でしたねぇ。

木曜はお客様のフィンランド滞在最後の夜ということで、遅く就寝しました。
寝たのは日も変わった夜中の2時で、時間をチェックするためにスマホを開けたら、
バルセロナでテロの見出しが目に入ってモーン・・・

私たち家族は2014年の夏の家族旅行で、
テロ現場のすぐ真ん前に宿泊したんですよ。

そして、朝の5時過ぎにお客様の腹痛が始まり、そこからは病院やら空港やら大忙し。
夜10時ごろ、彼女の両親にスカイプで経過を報告後、
寝る前にスマホで時間を確認したら、
フィンランドでムスリムによる無差別殺人事件のニュースががが!

犯人はナイフを振り回してアッラーアクバルと叫んでたという話もあるようで・・・
今朝、ニュースをチェックすると、
2人死亡、3人(うち1人は犯人)が集中治療室、5人負傷。
「救急車の来るのが遅かった」と話す目撃者に大きく頷いてしまいました。

とまぁ、こんな感じで酷いニュースに挟まれた酷い1日でした・・・(-_-;)

ではでは、病院へ行ってまいります。

コメントのお返事がまだの方、遅れて申し訳ないニダ~m(__)m
メール等の返事も滞ってますが、落ち着き次第お返事いたしますね。



2017-08-07(Mon)

特亜人によるチャンネル桜の無断転載動画の悪用?


【特亜人の日本人保守叩き?】


↓先週、こんな珍しい事件の記事を見かけました。
ツアー客のドイツ人、信号待ちの男性の首をナイフで切りつけ逮捕 長崎
http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030052-n1.html


それで、英語報道もあるかな?とググったら、変なものを見つけたニダ・・・

↓変なものとはチャンネル桜から転載されたらしき下の2つの動画です。
Japanese nationalists threatened German tourist
https://www.youtube.com/watch?v=1D6iYZyC7po

A German was arrested by Japanese Right-wing in Yasukuni Shrine
https://www.youtube.com/watch?v=ui7jrQTEFGU



この2つは中国の動画サイト优酷からの転載で、
一番上の人は中国語(簡体字)のHNに中国国旗をサムネイルにしています。
201708904001.jpg

タイトルにGerman touristとありますが・・・
動画を最後まで見ると、田母神さんに失礼な言動をした白人男性が
カナダ人だとわかりますね。
201708904002.jpg

日本語の会話に英語字幕が付いてるのに
動画主は日本語も読めないの?


英語字幕を付けたのは誰かしら?と更にググると・・・
↓先の2本よりも古い2011年5月29日投稿の動画が見つかりました。
Irrational Japanese threatening a foreigner
https://www.youtube.com/watch?v=lZHwZhNUX50


この動画主はHNが韓国(or北朝鮮)人風・・・(;´・ω・)
この方はカナダ人と書いてますし、日本語がわかるのでしょうか。

この中国国旗のサムネイルの動画主は
動画の説明文でも間違った記載をしており、悪質です。

チャンネル桜さんはこの3つの動画に
著作権の侵害を申し立てた方が良いんじゃないでしょうかね。


【ドイツじゃ違憲???】


この動画ではカナダ人男性のお馬鹿な発言に
日本人男性たちがいきり立つように見え、
チャンネル桜さん側にもイメージ的に分の悪い面がありますが・・・

この無知なカナダ人男性の発言は言いがかりでしかなく、とても失礼です。
聞き取れる範囲内で冒頭部分を書きおこしました。

田母神さん:
・・・つくるために、えー立ち上がって、日本のために命をささげてくれた
あの日本の英霊の皆さんにです。
我々は心から感謝をする日がこの8月15日ではないかと思います。
ありがとうございました。


カナダ人男性:
あ、すみません。質問いいですか?
あなたがドイツ人だったら逮捕されますよ。知ってます?


日本人男性:
どこにいますか?

(「今、どこ(の国)にいますか?」かな?ちょっと聞き取れないです)

田母神さん:
え・・・

カナダ人男性:
ドイツだったらね。あなたは逮捕されますよね。
憲法違反なんで。


(この後は「何言ってんだ、おまえ!何で逮捕されるんだ!」の怒声が飛び交ってました。)


まず、このドイツの憲法違反が何のことやら。
ググってもさっぱり見当もつかないんですが・・・

ドイツの基本法(憲法)第26条で侵略戦争の準備を禁じてるようですが、
それじゃないでしょうしね。

田母神さんが政党に入ってた時期の話なら、第21条でしょうか。
戦争の美化=危ない政党みたいな考えかも?

しかし、第21条の国家の存続や民主主義を脅かす政党が違憲というのも、
その違憲性は憲法裁判所が判断するとありますから、
カナダ人男性が個人で判断できることじゃないですよね(苦笑)

第21条 [政党]

(1) 政党は、国民の政治的意思形成に協力する。その設立は自由である。政党の内部秩序は、民主主義の諸原則に適合していなければならない。政党は、その資金の出所および使途について、ならびにその財産について、公的に報告しなけれはならない。

(2) 政党で、その目的または党員の行動が自由で民主的な基本秩序を侵害もしくは除去し、または、ドイツ連邦共和国の存立を危くすることを目指すものは、違憲である。違憲の問題については、連邦憲法裁判所が決定する。

(3) 詳細は、連邦法で定める。

ドイツ連邦共和国基本法 三カ国語対訳サイトより)


ドイツは度々、基本法を改正してるんで、上の条文は少し古いかと思います。
↓ドイツ語ですが、最新の条文リンクを貼りますね。
https://www.gesetze-im-internet.de/gg/art_21.html
リンク先は連邦司法・消費者保護省(独:Bundesministerium der Justiz und für Verbraucherschutz)です。

最新の条文をググるフィン訳で読んでも、
21条2項の内容はほとんど変わらない感じです。
違憲性は裁判所が判断するという部分が21条4項になってる様ですが。

というわけで、このカナダ人男性は単に無知なだけですね(苦笑)
勝手に違憲性を判断するあなたの方が明らかに違憲ですよっとw


【政党の禁止は民主主義に反する?】


ドイツ基本法第21条国家の存続や民主主義を脅かす政党の禁止
は、若干民主主義に反するんじゃ?
判断基準が曖昧だと悪用されかねない危険性があるでそ?と思い、
ドイツではどう考えられてるかをググってみました。

下の()内の日本語はググる訳(独→英&フィン)から推測し、
日本語訳したものです。
(その程度の正確性ということでご了承ください)

ドイツ語ウィキParteiverbotsverfahren(政党閉鎖ケース)より

Grundlagen(基本)
Politische Parteien stellen das tragende Element der parlamentarischen Arbeit dar und sind maßgeblich an der politischen Willensbildung in der Demokratie beteiligt. Die besondere Bedeutung der Parteien wird verfassungsrechtlich durch das in Art. 21 Grundgesetz verankerte Parteienprivileg verdeutlicht. Aus diesen und vor allem auch aus historischen Gründen ist ein Parteiverbot ein politisch sensibles Thema und wird zum Teil als widersprüchlich zur Demokratie angesehen.
(政党は議会での職務を遂行し、民主主義において政策決定する重要な役目を負う。
政党が特別に重要な役割を担うのはドイツ基本法第21条においても示されている。
これらの理由から、歴史的理由による政党の禁止は一部民主主義に反するとみられる。


やっぱ民主主義の観点から、疑問があるわけですよねぇ。

ところで、ウィキのこの項目には英語がない件・・・
それなのにハングルはあるという・・・(;´・ω・)

旭日旗や戦争の美化を「ドイツじゃ違憲だ!」という韓国人もいるものね。
韓国人はドイツ基本法に興味が高いのかも・・・?

ググる和訳でウィキ(ハングル版)の内容を読むと、
ドイツ基本法の話じゃなかったんです。
大韓民国憲法第8条に違憲政党解散制度がある模様・・・


そんじゃ韓国人はドイツじゃ違憲だ!等と言わずに、
ウリナラじゃ違憲だ!と言えばよいのにw
多分、ドイツ基本法>>>>>韓国の憲法という認識なんでしょうかねwww

2017-08-03(Thu)

小池都知事の支持者たち


【ジャーナリスト水間政憲氏とBB氏】


水間氏と大手皇室ブロガーBB氏は
両者共に小池都知事支持ですよね。
ちょっと気になったので情報を整理します。


水間氏まとめ
①都知事選で小池さん支持

(ソース:https://www.yamatopress.com/social-issues/25009/

②二階堂ドットコムと共に小池さんを応援
(ソース:http://www.nikaidou.com/archives/84551

③水間氏はBB氏のブログのファン
(ソース:https://youtu.be/ljj_Zu8ks24?t=15m1s


BB氏まとめ
①二階堂ドットコムをブログで紹介

(記事リンク:情報拡散効果あり
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ed010851ac1025dfe4eaa1f60062f4be


②水間氏を高く評価してる
(記事リンク:ついに小和田家【出自】の秘密 《水間氏の意向により全文掲載条件でネット転載可》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/77810d5d792b9b41f51b837fb20648db


③都知事選で小池さんを応援
(記事リンク:小池百合子姐さん 当選確実
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/dbcd49140c25966e8927949cf9e6e20a


いざこざの多い二階堂ドットコムが表に立って応援するのは
小池さんにとって、ちょっと不味くないか?と思うんですが・・・(;´・ω・)


【石破茂氏と若狭勝氏】


小池さん支持の有名人と言えば、若狭勝氏(衆議院議員、元自民党石破派)。
20160724WM.jpg
(画像出典元:産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/160805/plt1608050037-n1.html


たまたま「小池百合子姐さん」でググったら、石破氏の記事が引っ掛かりますた。

石破茂「姉さん」と慕う小池百合子とともに次期総裁選に照準
社会・政治 2016.10.17 Smart Flash


~前略~

 2012年の自民党総裁選で、小池氏は石破氏を支援。7月の都知事選では、永田町内には「小池氏のバックに石破氏がいる」という噂が立った。

「小池氏の対立候補である増田寛也氏に、石破氏が出馬辞退を迫ったという噂が流れた」(自民党関係者)

 石破氏のほうが国会議員歴は長いが、年上ということから、石破氏は小池氏を「姉さん」と呼び慕っている。


~中略~

「石破氏に、小池氏や小泉進次郎氏らとの連携について問うと、『2人にはシンパシーを感じている』と否定しませんでした。非安倍の野田聖子氏を巻き込み党内リベラル派まで支持が広が
れば、総裁選で、石破氏が勝利する可能性は十分にあります」(鈴木氏)


~後略~

https://smart-flash.jp/sociopolitics/12716



うーん、このぉ・・・・石破さんの香ばしさは何とも言えませんぐ。
リオの小池さんの着物姿、素敵だったのに・・・

検事出身で元自民石破派だった若狭氏の政治思想も
ウィキ掲載の下の部分などはまったく賛成できませんぐ。

選択的夫婦別姓制度導入に賛成。「少子化対策として結婚への障害を取り除くという意味でも、また、DVの芽を摘み取るという意味でも、選択的夫婦別姓制を導入すべき」と述べる。また、この件は国連の女性差別撤廃委員会より導入を要求されているが、日本が「のれんに腕押し」で耳を傾けないと思われることは「国際的にはマイナス」とも述べる。


中国などに牛耳られ、悪名高い国連人権理事会が設置する女性差別撤廃委員会。
素直にそこの指示に従うことを提案するなんて政治家としてはどうかと。

日本は欧米と違って、妻が夫の名字を選んでも、
養子縁組で子が母方の名字を継ぐのも容易だ、
と説明すればいいじゃないの。法律家だから、その辺は得意でしょうし。

フィンランドじゃ、子供が3人生まれても3人とも同じ名字ですよ。
日本は養子縁組で、子供3人がバラバラの名字を名乗ることも可能ですしね。
「日本の制度は柔軟で福祉にかなってる」
と主張すりゃいいだけじゃなさ~~。

夫婦別姓にどうしてもこだわるなら、例外的夫婦別姓制度で十分ですしね。
選択的夫婦別姓制度導入に賛成する理由がウリにはまったくわからないニダw

国際的イメージなんて、メディア次第ですし・・・
国際的イメージ向上を望むなら、メディア対策(特に国内メディア)を強化すべきでしょう。



プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR