FC2ブログ
2017-09-13(Wed)

TBSさん、放送事故はデモ主催者への嫌がらせですか?


TBSがやらかしたようですね・・・(;´・ω・)

↓保守速報 2017年9月12日の記事
TBSのNスタ「イスラム国」家族に日本人?で
佳子内親王殿下の映像を流す


左がテレ朝のキャプ、右がTBSのキャプです。TBSさんはおかしいですね。
20170912005.jpg
(画像出典元:ANNのニュース動画2chにアップされたキャプ

保守速報にもあるように、
これはTBSデモに対する嫌がらせじゃないでしょうか?
しかし、なぜ佳子内親王殿下の映像なのか?
理由はこのデモの主催者が村田春樹氏だからだと思いますわ。
(主催者のソース:動画の3:15~

村田氏は度々、皇室をテーマにした講演をしています。
↓例えばこういうのとか。
【2017/7/15】皇室について改めて考える講演会in埼玉【村田春樹】

初めて動画を一部だけ見て、ごく常識的な見解だと思いましたが
TBSさんから見ると嫌味を言いたくなる内容なのかもしれませんね(苦笑)

TBSさんというと、北朝鮮と関係が深い印象があります。

北朝鮮と関係が深いと言うとデヴィ夫人もそうですね。
最近、関西TVでの「韓国に行くな」発言が話題になりました。
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/13590031/

面白いことに、パヨクの溜まり場的なまとめサイトでよく取り上げられてましたわ。
このデヴィ夫人も東宮家批判をよくしています。

デヴィ夫人を見てると、東宮批判派のコネクションが大分見えてくる気がしますが・・・
この件については又、後でまとめたいと思います。

(実はまとめてあるんですが長すぎて・・・w
ちょっと整理したいと思います)

2017-09-05(Tue)

イギリスのメイ首相の訪日を軽んじるマスコミ


先週末、イギリスのメイ首相が来日しましたが
日本メディアの報道の少なさに呆れてしまいました。
今回は英国の報道などから、メイ首相の来日の意味を考察したいと思います。


【メイ首相の日の丸色のファッションと日程の長さ】


日本到着時のメイ首相は赤いワンピースに白のジャケットを羽織り、
首元にはパールネックレスというお姿。
日の丸色で友好の意を示しました。

イギリスのニュースサイト多数が、
メイ首相の日の丸色のファッションに言及
しています。
なぜか日本じゃ日の丸色はスルーされてますけどね・・・
日本のメディアが国旗に言及しないのは、日の丸嫌いだからでしょうかね??

(イギリスの報道の一例が下)

Dressed in the red and white colours of the Japanese flag after her overnight flight from the UK, she met her counterpart Shinzo Abe at a teahouse in Kyoto, Japan’s historic former capital.

「英国からの一晩かけたフライトの後、日の丸色の紅白の衣装に身を包み、
日本の歴史的古都、京都の茶室にて、彼女は会談相手の安倍晋三と会いました。」


20170830001.jpg
メイ首相の不慣れなお辞儀に和むニダ(*^_^*)
(出典元:Express


メイ首相のファッションで思い出したのが、1986年5月のダイアナ妃の訪日です。
20170830002.jpg
(出典元:Getty Images

大きな赤い帽子と白地に大きな赤い水玉模様のワンピース、
足元は白地に爪先とヒールが赤い靴という
日の丸カラーの出で立ちが印象に残りました。

ダイアナ妃以来、久しぶりのイギリス要人の日の丸色のファッションかと思いきや・・・
今年4月28日の安倍総理の英国訪問時も、
メイ首相はジャケット以外同じファッションだったんですね。
20170904001.jpg
(画像出典元:Dailymail

パールネックレスと赤いワンピースで、さりげなく日の丸色を使ってますが、
この時も意識的に使ってたんじゃ?という気がします。

因みに上で紹介した英紙エクスプレスの他、イギリスでは
タイム紙Grazia UKスカイニュースサン紙デイリーメールなどで
日本の国旗の様だと言及。

Grazia UKなんて見出しで
「テレサ・メイ、日本向けの服の選択で強い政治メッセージを送る」
書いてるぐらいなんですけどねぇ。なぜか日本のメディアはスルー・・・

3日間という訪日日程も異例の長さです。
メイ首相が3日の日程で外国訪問したのは日本以外だと
昨年11月6~8日のインド訪問ぐらいでしょう。
G20参加のための中国訪問も、米国訪問も2日の日程でした。

長い日程といい、服装といい、メイ首相の訪日にかける意気込みが
強く感じられるというのに、日本のメディアって・・・


【メイ首相から安倍総理へのプレゼント】


英タブロイド紙サンの報道によると、安倍総理からメイ首相へのプレゼントは料理本。
メイ首相は料理好きでレシピ本を100冊持ってるというぐらいなんで、
それを考慮してプレゼントを決めたようですね。

一方のメイ首相から安倍総理へのプレゼントは
「長州五傑」がサインをした1000ポンドの銀行券
英国軍を助ける日本の艦船の額入りの絵(プリント)だそう。

(注釈:サン紙は歴史的な価値のある1000ポンド札と料理本は
価値がアンバランスなプレゼントだと報道してますが、
デイリーメールによると、この1000ポンド札もコピーの様です)



①「長州五傑」がサインをした1000ポンドの銀行券

長州五傑と言えば、初代総理伊藤博文を含む5名の長州藩士。
長州は現在の山口県で、安倍総理も本籍は山口県
2014年にはイギリスの長州ファイブ記念碑視察をしています。
(視察のソース:外務省

前述のデイリーメールの記事も安倍総理の本籍地に触れてますから、
イギリス政府がプレゼントを熟慮したことが伺われますね。
20170905002.jpg
(画像出典元:ウィキペディア「長州五傑」項目)

イギリスの銀行家に頼まれ、日英友好の記念にと
長州五傑がサインした1000ポンドの銀行券。
どんなものだろう?と思ったら、下のリンク先の一番下に画像がありました。
  画像はこちら→http://www.itsnicethat.com/articles/bank-vaults


②英国軍を助ける日本の艦船の額入りの絵

さて、もう一つのプレゼント額入りの絵のコピー
1917年にマルタで英国軍を助ける日本の艦船
どんな絵かわかりませんが、下の絵みたいなものでしょうかね?
20170904002.jpg
(画像出典元:the Imperial War Museums

1917年の交戦

1917年、同盟国であり第一次世界大戦に参戦していたイギリスの要請を受けて、僚艦ら8隻とともに榊はマルタに派遣された。現地では、イギリスの艦艇など788隻を護送。Uボートとの交戦は30回以上に及び、その過程で榊は被弾した。魚雷を受けて死亡した59人の遺体は、マルタのイギリス人墓地の一角に葬られており、2017年5月28日、主要国首脳会議(イタリア、タオルミーナ)の帰途、マルタを訪問した安倍首相が墓地で献花、黙祷を捧げている。


(出典元:ウィキペディア「榊 (樺型駆逐艦)」項目)

下の画像は1925年に旅順で撮影された樺です。
20170830003.jpg
(画像出典元:ウィキペディア「樺型駆逐艦」項目)



これらのプレゼントからは
日英友好と日英同盟の強いメッセージ性を感じます。

対する日本側も「いずも」視察にて、小野寺防衛大臣が
英国製初代「いずも」の日露戦争での活躍に言及。
また、「いずも」では日英両国の海軍兵にメイ首相が声掛けしました。
(参考写真リンク:Getty Images

Naval Todayによると、英艦船23型フリゲートが共同演習のため
来年12月に日本に行く
ことが発表された模様。

そして、昨日のデイリーメールの報道によると、
この23型フリゲートがスコットランド沿岸で、次世代短距離防空ミサイルの試射を行ったとか。
日本へ赴く前に更なる試射を予定してるそうです。

日英海軍の共同演習なんて、日英同盟以来じゃ?
日本でこの件の報道ってあったんでしょうかねぇ・・・?
こんな重要なことが、なぜ速やかに報道されないのか不思議でたまりません。


【安倍総理の英国での存在感】

安倍総理は昨年5月5日の英訪問で、
キャメロン首相から英首相公式別荘に招待されました。
そして今年の4月28にはメイ首相から英首相公式別荘に招待されました。
20170905001.jpg
(画像出典元:外務省リンク①外務省リンク②

下記は外務省からの引用です。

「なお,チェッカーズに招待されるのは日本の総理としては
田中角栄総理に続き安倍総理が2人目であり,昨年に続き2度目。
メイ首相が就任してから外国の首脳がチェッカーズに招待されるのは今回が初めてとなります。」


英首相公式別荘(チェッカーズ)に招待された田中角栄の写真はこちら → Getty Images


今回のメイ首相来日の英報道の多さなどからしても、
安倍さんの存在感の大きさを感じます。
日本のメディアがメイ首相来日をさほど報道しないのは
日本メディアの安倍さん嫌いのせいもあるのでしょうかねぇ・・・

英国じゃサンやデイリーメールのようなタブロイドを読む人が多い、
日本は一般紙の購読が多く、知的レベルが高いと
一昔前に日本の新聞社はホルホルしてましたよね。

今回、長州五傑のメンバーまで報じる英タブロイド紙を見て、
一体、どうすれば日本の新聞社はホルホルできるのか?と思いましたわ。


プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR