2017-10-07(Sat)

カズオ・イシグロのノーベル賞受賞 ~フィンランドの反応~


カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞に湧いた我が家。
随分前から、義父母や夫、姪っ子などの間で、評価の高い作家だったんですよねぇ。

そのイシグロ氏の受賞に、フィンランド人はどんな反応をしてるのか?
ちょっと翻訳しました。

20171006001.jpg
(出典元:https://www.is.fi/viihde/art-2000005396283.html

「キヴィ、リンナ、テルヴォ又は 『カレワラ』の代わりに学生に読ませりゃ読書熱も湧くだろう。
これら国内の傑作は読書熱に眠気を催させてしまう。
良い選択だ。村上にはまだ機が熟してない。」
 賛同58件

  (注釈:フィンランド国民文学の父と称されるアレクシス・キヴィ
  『ここ北極星の下で』がノーベル文学賞候補作となったヴァイノ・リンナ
  テルヴォは多分、詩人で作家のヤリ・テルヴォかな?
  『カレワラ』はフィンランドの民族抒情詩で、どれも義務教育で課題に出されそうな作品です。)

  村上春樹の受賞は・・・機が熟さなくてもいいやw

「賞は正しいところに与えられたね!」 賛同61件

「素晴らしい!正当な受賞者だよ。」 賛同32件

「ボブ・ディランはタフな男だよ。
ノーベル賞イベントを大ごとにするのも望まなかった。
聡明で賢い男だ。多分彼は受賞のタイトルを評価してないね!!」
 賛同4件


「日本人は『今年は村上の受賞なるか・・・』と毎年待ってる・・・
まぁ、受賞かなわなかったね。」
 賛同5件


  毎年、まさか受賞しないよなぁ・・・と戦々恐々としておりますwww
  村上氏の受賞スピーチを聞くのが怖くて・・・w

「そうだね。村上は読者をそこから帰りたくなくなるような旅に連れて行ってくれる。
教材を昔ながらの国内の書物から変更するのは時間がかかるだろう。」
 賛同12件


  上のコメは学校の課題図書などを、イシグロ氏や村上春樹の本など
  近年の人気作品に変えて欲しいという意見ですね。

「全てのイシグロ作品を読んだわけじゃないけど、読んだものは大好きだった。賞に値するよ!」 賛同21件

「賞金の受け取りすら気にかけなかったボブ・ディランの受賞に、スウェーデンのノーベル委員会は多くのことを述べてきた。
今、元の慣習に戻ったね。つまり、ほとんどの人は聞いたこともなく、確実にストックホルムに来る人間を選ぶことに。」
 賛同7件


  上のコメには反論が多くついてました。5件だけ翻訳します。

「多くの人がイシグロを知ってるのは確実だよ。」 賛同17件

「『ほとんど』って何?彼は世界でよく知られた作家だよ。
もし、フィンランド人が彼を知らないとしても、何も今さら驚くことじゃないけどね。」
 賛同16件


「もちろん、イシグロなら知ってる。フィンランド語に訳された作品が『黄色い図書館』に多数あるし。もし、自分自身が聞いたことないなら、評価を下すに値しないよ。」 賛同19件
  (注釈:『黄色い図書館』は大手出版社タンミの翻訳本シリーズ。)

「もし、イシグロの名前を聞いたことがないのなら、自分に責任があるだろうね。タンミ社の『黄色い図書館』から彼の本が6冊出ていて(新しいノーベル賞受賞者が加わったタンミ社にもおめでとう)、その中の最新作は昨年のもの。全体で多分、数十冊の本がフィンランド語訳されてるわ。」 賛同12件
  (注釈:『黄色い図書館』シリーズとして出版された後、その作家がノーベル賞受賞することも度々ある模様。
  それ故に、『黄色い図書館』シリーズは選び抜かれた優良本のみ出版という高い評判があります。
  また、シリーズ全体だと出版されたのは数十ではなく、400冊超えています。)

「文学は科学ではなく芸術だ。科学と芸術を 同じ物差しで評価することはできない。 ノーベル平和賞と同レベルの議論の余地は科学にはない。」 賛同3件

  最後のレスはちょっと言葉足らずですね。
  多分、科学>芸術(文学)>>>>平和賞と言いたいんでしょう。
  そして文学賞を平和賞同様に馬鹿にすべきではないということかと思います。


【コメを訳しての感想】

村上春樹の本は売れてるんで、やっぱコメ欄でも話題に上りますねぇ。
まぁ、ネガティブな評価されてなくてホッとしました。
私の周囲じゃ、「村上春樹は好きだけど文学者というより、
流行作家」というフィンランド人が多いんですが・・・

(私の影響かもしれません・・・ボソボソッ)

いや、しかし、マジで村上春樹氏の受賞は勘弁してほしい。
「われわれ日本人は戦争でぇ~~南京では40万人がぁ~~」などと
受賞スピーチで言いかねないから怖いですわ・・・





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

貴重な翻訳をありがとうございます。
日本以外での評価を聞くのは新鮮で面白いです。
村上氏に関しては、もう秋の季語にすれば?の声が聞かれるほど
毎年の話題に上がるだけのものになってるイメージです。
ファンが楽しくワイワイするネタみたいです。

日本ではハヤカワ書房が大忙しの大喜びのようで、他の出版社が羨ましがってるツイートが回ってきました。
今年のノーベル賞は日本人の受賞がなさそうなので、マスコミは大騒ぎでイシグロ氏の受賞を報道しています。
まあ、ドラマ化された作品だけでなく他の本ももっと書店に並ぶといいなあと思うのでそれなりにいいかなとは思いますけれど。

イシグロさん、おめでとう!

カズオ・イシグロさんのノーベル文学賞受賞、おめでたいですね。

フィンランドの人々のご意見の翻訳、ありがとうございます。

日本のメディアも、日系人と言うことで大々的に報道していますね。

村上春樹になっていたらと思うと、恐ろしいですよね。
日本を極悪国の様に言うでしょうから。

Re: あちゆた様へ

あちゆた様、ばんしお~~!

> 貴重な翻訳をありがとうございます。
> 日本以外での評価を聞くのは新鮮で面白いです。

あはw こんな風に言って下さると訳してよかった!と思いますミダ♪
ありがとうごじゃいますm(__)m

> 村上氏に関しては、もう秋の季語にすれば?の声が聞かれるほど
> 毎年の話題に上がるだけのものになってるイメージです。
> ファンが楽しくワイワイするネタみたいです。

もう、韓国のコ・ウン先生同様のネタでいいよと思いますねw
当人たちにとっては「そっとして欲しい」かもしれませんが、ファンが多い以上、意思表示しながらも騒ぎが収まるのを辛抱強く待つしかないんじゃ?と思います。

> 日本ではハヤカワ書房が大忙しの大喜びのようで、他の出版社が羨ましがってるツイートが回ってきました。
お、日本はハヤカワ書房でしたか。ホクホクでしょうねぇ。

> 今年のノーベル賞は日本人の受賞がなさそうなので、マスコミは大騒ぎでイシグロ氏の受賞を報道しています。
ここ近年は毎年のように受賞してますから、「今年はない」が特別視されるような感じですね。多くの国にとって、受賞がないのが普通なんですけども。

> まあ、ドラマ化された作品だけでなく他の本ももっと書店に並ぶといいなあと思うのでそれなりにいいかなとは思いますけれど。
良い作家が脚光を浴び、読書熱が上がるならいいことニダよねぇ。

ウリ旦那は早速イシグロ氏の本を注文してました・・・図書館にw 
昔はイシグロ氏の本を買ってましたけど、ここは図書館のシステムも蔵書も充実してるから、ウリ旦那はすっかり図書館の常連ですミダ。

Re: 快ちゃん様へ

> カズオ・イシグロさんのノーベル文学賞受賞、おめでたいですね。
毎年、あまり知らない作家が受賞するでそ?
それで未知の良い作家を知ることもあるから、それはそれで良いと思ってるんですね。
でも、じぇひノーベル賞に!と思ってる作家が受賞すると嬉しさも一際ニダ♪

> フィンランドの人々のご意見の翻訳、ありがとうございます。
いえいえ、こちらこそコメントkmsなんです!

> 日本のメディアも、日系人と言うことで大々的に報道していますね。
日系人ということでメディアが騒ぐのは節度を守れば別にいいんだけども、「日本人じゃないのに騒ぐのはおかしい」とTVで言った方もいるようで(苦笑)

メディアは大袈裟すぎやしないか?偏向し過ぎじゃないか?などを批判するのは有りですが、メディアの騒ぎを一般人の騒ぎにスライドして一般人を批判するのはおかしいニダよね。

> 村上春樹になっていたらと思うと、恐ろしいですよね。
> 日本を極悪国の様に言うでしょうから。

もう、村上春樹にはそういう印象しかないニダ。
せっかく海外で良いイメージをキープしてるんだから、政治発言で晩節を汚さないで欲しいと思いますね。

No title

こんばんは。

やっとだーとひとり家で喜んでおりましたよ。

テレビで「日の名残り」とか放送しますかね?


フィンランドの意見が伺えてうれしいですだ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはしお(ノ^^)ノ

翻訳ありがとうございます。
恥ずかしながら、お名前だけは知っていても、作品を読んだことがありません。せっかくの機会ですから、読んでみようと思います。ウリも、村上春樹が受賞しなくて一安心。ウリは、数ページで挫折するくらい苦手な作家ですし。大江健三郎はもっとひどくて数行で挫折しています。平和賞よりましとも言えますが、文学賞も受賞者に疑問を感じる人がときどきいますから、村上春樹が受賞しないか毎年ハラハラしないといけないのも嫌ですよね。

翻訳にあった『カレワラ』、どこかで聞いたと思っていたら、世界名作劇場の『牧場の少女カトリ』でした。たしか、カトリがいろいろな家に奉公に行く話でした。フィンランドといえば、『ムーミン』とこの作品しかわからないウリの無知(T^T)ごめんなさい(>_<) 

そういえば、信夫先生と久美子先生のインタビュー記事があり、読みごたえありました。ピギョの指導をして半世紀の先生からも偉大な選手と言わしめた巻きますの話もあります。

おひさしぶりでーす

Mansikka様

お久しぶりです!
私は村上氏についてはノーベル文学賞受賞に値しないと思っているので、毎年「ハルキスト」なる人たちが落ち込む姿をテレビの前でほくそえんで見ておりますよ。

イシグロ氏の作品は、最初に「私を離さないで」の映画をみました。この時主演したキャリー・マリガンがとても良かったので、綾瀬はるかちゃんバージョンのドラマはちょっと・・・うーん、でも読者層が広がる一環にはなりますよね。いいきっかけというか。

フィンランドでの評価がみられて面白かったです。


日本橋高島屋の真央展、最高でございました!!!

Re: kiki様へ

kiki様、おはようごじゃいます!

> やっとだーとひとり家で喜んでおりましたよ。
ウリ家は例年、イシグロもいいけどまだ若いかな~?と話してたんですミダ。
でも、今年は「誰がとるだろうね?」「イシグロがいいと思う」なんて会話を夏にしたばかりだったんで、「本当に今年とった!」と大喜びですたわ。

> テレビで「日の名残り」とか放送しますかね?
あの映画は良かったニダよねぇ。俳優たちの演技も良かったですし。

> フィンランドの意見が伺えてうれしいですだ。
日本と似たような反応ですが、微妙にお国柄が出るニダね。
ウリも訳しながら、その違いが面白いなぁと思いますた。

No title

お久しぶりです。日本は栗や蓮根が美味しい季節になりました。フィンランドはもうだいぶ寒いのでしょうか?
フィギュアスケートのシーズンに入ってもさっぱり観戦欲が無く、編み物ばかりしていましたが読書も良いですね。
イシグロ氏の本、ドラマはイマイチだったけど本は面白かったと家のものが言っていたので読んでみたいと思っていた矢先の受賞でした。
図書館の予約が凄いことになるので買って読むか待つか難しいところです。
村上氏の本中学生くらいの頃は読んでました。小説よりエッセイのほうが好きでした。小説は鼻につく表現が多くて少し気持ち悪かった気がします。
文章も内容もわりと単純で子供でも読みやすかった覚えがあります。たしかにノーベル賞っぽくないかも。

No title

Mansikka様こんにちは。

フィンランドの反応をありがとうございます。
恥ずかしながらイシグロ氏のことを知らなかったです。
でも作品のタイトルはいくつか聞いたことがあったので、これから買って読みたいと思います。
 
そういえばコ・ウン先生は今年こそ受賞すると思い込んでいて、今年は国外逃亡もせず、ノリノリで始球式とかしていたらしいですよ。
根拠は「ロウソクデモに積極的に参加していたから」とか…。
おそるべし!認知バイアス。

Re: ミケの友達様へ

ミケの友達様、こんしお!

> 翻訳ありがとうございます。
> 恥ずかしながら、お名前だけは知っていても、作品を読んだことがありません。せっかくの機会ですから、読んでみようと思います。

映画の「日の名残り」を見るだけでも良さがわかるかも。でも、良い作家は本を読むのが一番ニダよね。

ウリも、村上春樹が受賞しなくて一安心。ウリは、数ページで挫折するくらい苦手な作家ですし。
ウリは若い頃に結構読みましたわ。
ベストセラーを出来るだけ読もうとしてた時期があって、その頃は村上龍なんかも結構読みますた。

で、5~6年で「もうベストセラーはお腹いっぱい・・・」となりましたw それからはまったく村上作品を読んでませんぐ。

大江健三郎はもっとひどくて数行で挫折しています。
大江健三郎は受賞した年に1冊だけ読みました。そして、2冊目を読む気にはなりませんでしたw
村上春樹よりはノーベル賞に相応しいかも?という感想で、特に好きな作家さんではないニダ。

平和賞よりましとも言えますが、文学賞も受賞者に疑問を感じる人がときどきいますから、村上春樹が受賞しないか毎年ハラハラしないといけないのも嫌ですよね。
もう、嫌で嫌でたまらないw
どんな反日スピーチをするんだ?と戦々恐々ですもの。

> 翻訳にあった『カレワラ』、どこかで聞いたと思っていたら、世界名作劇場の『牧場の少女カトリ』でした。たしか、カトリがいろいろな家に奉公に行く話でした。フィンランドといえば、『ムーミン』とこの作品しかわからないウリの無知(T^T)ごめんなさい(>_<) 
いやいや、ウリなんてカトリのストーリーをすっかり忘れてるニダよw 元々TVをあまり見ない家でしたが、世界名作劇場と日本昔話は見てたんです。それがカトリからはTVの視聴時間が更に減って見なくなったんですミダ。

> そういえば、信夫先生と久美子先生のインタビュー記事があり、読みごたえありました。ピギョの指導をして半世紀の先生からも偉大な選手と言わしめた巻きますの話もあります。
あ、ウリは巻きますの部分は読んだはず!
信夫先生と久美子先生は良いご夫婦ですね。2人のやり取りを読むと穏やかな気持ちになります♪

Re: グレー猫様へ

グレー猫様、お久しお~~!

> 私は村上氏についてはノーベル文学賞受賞に値しないと思っているので、毎年「ハルキスト」なる人たちが落ち込む姿をテレビの前でほくそえんで見ておりますよ。
ウリの義母も「ムラカミは人気作家だけど、ムーミンマグカップが好きすぎるのよね(皮肉)やたらムーミンマグカップが登場するのはどうかしら。ノーベル賞には値しないでしょう。」と話してますた。

ウリ、最近の作品を読んでないから知らなかったけど、ムーミンマグカップの登場回数が多いのかしらww

> イシグロ氏の作品は、最初に「私を離さないで」の映画をみました。この時主演したキャリー・マリガンがとても良かったので、綾瀬はるかちゃんバージョンのドラマはちょっと・・・うーん、でも読者層が広がる一環にはなりますよね。いいきっかけというか。
綾瀬はるかちゃんバージョンがあるというのを、ノーベル賞受賞以降に知りますた。
三浦春馬が相手役だったんですね。配役自体は悪くなさそうですが・・・

映画を見た後だから、イマイチに感じられたのかもしれませんね。

> フィンランドでの評価がみられて面白かったです。
誰も知らない作家がとるという批判があったせいか、一番最悪な受賞はオバマのノーベル平和賞というコメントもありましたわ。
フィンランド唯一の受賞が平和賞のマルッティ・アハティサーリ元大統領なんですが、彼の受賞時も平和賞は政治的過ぎる云々とネガティブコメがありましたデヨ。
やっぱどこの国の人も平和賞の評価が低いなぁと思いますた。

> 日本橋高島屋の真央展、最高でございました!!!
さすが高島屋さん♪ 巻きパの期待を裏切らない内容だったんですねぇ。
2014年に大々的な展示をしたから、また新たな工夫を凝らしてるようで良い印象を受けますたわ。

Re: かるまめ様へ

> お久しぶりです。日本は栗や蓮根が美味しい季節になりました。フィンランドはもうだいぶ寒いのでしょうか?
かるまめ様もお久しお~~!
栗や蓮根の話を聞くと食べたくなってきますねぇ。
フィンランドは例年より少し暖かい感じがしますが、少し寒くなって来ますたよ。

> フィギュアスケートのシーズンに入ってもさっぱり観戦欲が無く、編み物ばかりしていましたが読書も良いですね。
フィン杯にコスとソツコワちゃんが出てたでそ?ウリの好きなソンスドルですががが!
イルボンメディアやイルスケの人間と同じ会場に居たくない気持ちが強くて、拒絶反応・・・全く見てませんぐ。
観戦でストレスためるより、編み物でもしてる方がいいニダよねぇ。

> イシグロ氏の本、ドラマはイマイチだったけど本は面白かったと家のものが言っていたので読んでみたいと思っていた矢先の受賞でした。
グレー猫様もおっしゃってたけど、やっぱドラマは評判がイマイチなんニカね。

> 図書館の予約が凄いことになるので買って読むか待つか難しいところです。
でしょうねぇ。ウリ旦那は図書館の予約を早く入れられたみたいですが、それでも数週間待つんじゃないかしら。

> 村上氏の本中学生くらいの頃は読んでました。小説よりエッセイのほうが好きでした。小説は鼻につく表現が多くて少し気持ち悪かった気がします。
小説は少しばかり自分の好みの押し付けに感じるニダ。キャラの書き分けも上手くないと感じます。

> 文章も内容もわりと単純で子供でも読みやすかった覚えがあります。たしかにノーベル賞っぽくないかも。
彼の世界観が好きな人には読みやすく、心地よい本だと思うんですが、文学としては弱いなぁと思っちゃいます、はい。

Re: めろでぃ様へ

めろでぃ様、おはようごじゃいます!

> フィンランドの反応をありがとうございます。
> 恥ずかしながらイシグロ氏のことを知らなかったです。
> でも作品のタイトルはいくつか聞いたことがあったので、これから買って読みたいと思います。

映画化され、ヒットした作品もあるとはいえ、同じ欧州のピンランドでも知らない人がいるぐらいですからね。
知らないことは恥じゃなさ。
 
> そういえばコ・ウン先生は今年こそ受賞すると思い込んでいて、今年は国外逃亡もせず、ノリノリで始球式とかしていたらしいですよ。
マジかぁwwww
騒がれ過ぎるコ・ウン先生には少し同情してたのにw

> 根拠は「ロウソクデモに積極的に参加していたから」とか…。
> おそるべし!認知バイアス。

コ・ウン先生はもしかして孔子平和賞と勘違いしてるニカね?wwww
ロウソクデモ参加で文学賞取れるなら、世界中で作家のデモが増えるんじゃなさ?www

まぁ、コ・ウン先生が笑えるネタを提供して下さったことには感謝したいと思います、はいw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 非公開コメへのお返事

鍵コメさまお久しお~~!

映画「わたしを離さないで」は胸がキューンとなる作品
イギリス映画やドラマは脚本と演技が良いことが多いニダよねぇ。
イシグロ作品は繊細な印象があるニダ。

「イシグロ氏は村上春樹の親友」とか言うて、尚も村上ゴリ押し報道
そんなゴリ押し報道をすると村上氏が惨めになるだけじゃ?
メディアは村上氏をほっときゃいいのにねぇ。

巻きますの新しいDVDが、密林さんから届くのを待ってる
お、いいですねぇ。

ピギョ以外でのニュースが多いのも、何気に嬉しい
巻きパが「巻きますは今後ピギョは趣味!でいいんじゃ?」と思ってしまう腐ったピギョ界だから、ピギョ以外のニュースは嬉しいニダなぁ。

巻きますの今後のチャレンジ
巻きますのことだから、前向きに楽しく色んなことにチャレンジしそうニダね。
でも、ピギョからは離れられないんだろうなぁ。
何をするにしろ、今後も巻きますが幸せに過ごせますように♪
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR