2014-06-04(Wed)

流鏑馬(やぶさめ) in Helsinki

お待たせしてミアネ~!

6月1日(日)に北欧初の流鏑馬がヘルシンキで執り行われますた。
3年前に鶴岡八幡宮で流鏑馬を見学したフィンランド公使が、
感銘を受けて「フィンランドでも見れないか」と話を持ちかけたそう。
(詳しくはこちら→産経新聞記事リンク

ウリ達は義母&友人家族と13時からの儀式を見学に。(13時と18時の2回予定されてました)
友人家族もウリの家族もウリ以外全員、自転車で会場へ。
ウリは義母に自転車を貸したんで、電車とバスを乗り継いで行きました。

バスは日曜日だと言うのに、混雑してる通勤時並みで、
バスに乗れないベビーカー持ちの若い家族が続出。
いつもわりとすいてるから、日曜日にこの混雑を予想できなかったんでしょうね。
で、予想通り、会場前で下車する方がほとんどでした。

写真は神事が始まる合図の太鼓を叩く神主さん。
巫女さんなどが入場しているところです。
入場中の写真で、太鼓のそばに白い簾のようなものが見えまスミダね。
その後にフィンランドのもみの木があって、降神の儀では
このもみの木に神様が降りて下さるよう儀式を執り行ってました。
YabusameHelsinki20140601007.jpg
白い袴を着た方の中に笙(しょう)などの楽器を持ってる方もいますね。
巫女さんの踊りの際などに演奏してらっしゃいますた。
見やすいようにチャルを拡大しまスミダ。
YabusameHelsinki20140601010.jpg

フィンランド人の方もいますデヨ。
鎧を纏った白髪の男性はフィンランド馬術連盟の会長さんだと紹介されてた覚えが。
神事の際、日本語で「祓い給え、清め給え、」と祝詞を読み上げてらっしゃいました。
射手の方もいらっしゃいますね。
YabusameHelsinki20140601008.jpg

巫女さんの髪をまとめてる白い紙を見て、近くに立ってた8~9歳ぐらいの
金髪の女の子達が「あれ紙だよ。可笑しい!」と話してたんで、
チラっと見ると恥ずかしそうにしてますた。
YabusameHelsinki20140601019.jpg

巫女さんの踊りや、神酒拝載式(しんしゅはいたいしき)なども写真撮影したんですが、
なじぇかPCにまだ取り込めないので、今回紹介するのは諦めまスミダ・・・
下は神事のあと、道具を身につけるのを手伝ってるところニダ。
YabusameHelsinki20140601009.jpg

神事として流鏑馬を行うのは通常3人だそうで、鎌倉時代の装束を纏うらしさ。
ソースのリンク
ヘルシンキの神酒拝載式で神酒を飲んだのも3人でした。
下のチャルで夏鹿毛の行縢(なつかげのむかばき)を纏った黒い烏帽子のお二人が
鎌倉時代の装束ニダ。
YabusameHelsinki20140601018.jpg
この時、近くに立ってたフィンランド人女性2人が「エレガントねぇ。」「美しいわ。」と
魅入ってましたわ。

流鏑馬中の写真は全部遠くから撮影したので、他の方の近影の写真をご紹介。
これはフィンランド・タイムズの記事から転載したチャル。(Finland Times 記事リンク
YabusameHelsinki20140601020.jpg

Jukka Passinenさんという方が、流鏑馬中の良い写真を34枚もうpして下さってますデヨ。
Jukka Passinen FBリンク
写真上に矢印があるのでクリックすると次の写真が見れるニダ。
矢を放つ瞬間や、的が飛び散る瞬間もあり、秀逸な写真多数デヨ。

また小笠原流のFBには前日にスオメンリンナで行われた大的式の様子や
荷物を搬入してる様子、練習中の様子なども写真で見れまスミダ♪
弓馬術礼法小笠原教場(小笠原流)FBリンク


それから、小笠原清基(おがさわらきよもと)氏のブログによると、練習中に負傷なさったらしさ。

また、気難しそうな馬もいて、本番でどなたかが一人落馬するハプニングもありました。
フィンランド人の司会者は「大丈夫なようです」と話してましたが、どうなんでしょう。
疾走直前に馬が急に左に曲がっての落馬なので、トップスピードじゃない分、
軽い怪我で済んでると思うのですが・・・

イベント中は、鞍は木を曲げたのではなく、木が鞍の形になるよう育てるし、
その形に育つまで時間がかかるとか、道具や衣装が鎌倉時代のものを
忠実に再現してることなどを、司会者が英語とフィンランド語で説明して下さいました。

難しい馬がいたのも、つけ慣れない馬具をつけられたせいかもしれないニダね。
海外遠征となると馬まで運ぶのは大変だし、現地調達の馬だと慣れなくて
射手の方もゾラ大変でしょう。

最大手紙ヘルシンギンサノマットは土曜日の紙面2ページに渡って、
特集記事を載せてましたが、そこでも道具の説明などがありました。
Samurait saapuvat Helsinkiin ヘルシンギンサノマット記事リンク
記事の中から2枚だけ、チャルと説明文の訳を載せまスミダ。
1YabusameHelsinki20140601021.jpg
金属の鐙(あぶみ)のモデルは600年以上の歴史がある。
YabusameHelsinki20140601022.jpg
流鏑馬サムライの鞍は1300~1600代からのものである。
それゆえ、まるで高級バイオリンのように肌身離さず持ち運ぶ。


このヘルシンギンサノマットに載ってる写真はじぇーんぶ、本番前のカンガスアラでの
様子ニダ。そこでの練習も一般公開したため、見学者がたくさんいらっさいますデヨ。

とまぁ、こんな感じでフィンランドとは思えない、本格的な流鏑馬を見ることが出来ますた。
ウリの義母は「来年もまた見に来たいわぁ。これから毎年やるのよね?」と、
流鏑馬がいたく気に入った様子。
「特別な行事だから、今回限りでそ。」と答えたら、ガッカリしてましたわ。

フィンランド人の司会者は熱心に説明して下さってたし、もしかして武道を嗜む方だったニカね。
柔道のオリンピック代表選手なども、ツイに写真を上げたりしてましたし。
武道を嗜む方が多数いらしたと思うデヨ。

的を外しても、「この馬は一番難しい馬なんですよ。射手を讃えましょう。」と話したり、
司会者の気配りと熱意が伝わり、ほっこりしますた。
会場も射手が3つの的を全部射抜くと拍手&足踏みで讃えたりと盛り上がり、
大いに楽しんだんです。

関係者の皆様、素晴らしい流鏑馬をありがとうごじゃいましたm(__)m







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

はじめまして。

いつもこっそり拝見させて頂いておりました。

フィギュアスケート好きなのに、初コメが流鏑馬の話というのも変ですが(笑)、

流鏑馬を、フィンランドの現地の馬でやったなんて!!とビックリしまして…

馬をただただ真っ直ぐに思いっきり走らせるだけでもスゴく大変な事ですよね??

しかもいつもと全く違う状況、違う鞍、重くてかさばる見慣れない格好の人間(苦笑)。

調教師さんと射手さんにスタオベです!!

でもやっぱり日本の流鏑馬用?の馬とは重厚感が違う…かな??

子供は正直ですね。
髪を紙で束ねているなんて確かに可笑しい~と思いますよね(ダジャレで無くて。)日本の子供でも儀式用の正装をしてる巫女さんを見たら、あれって紙じゃない?って言うと思いますし(笑)。

また機会があったら文化交流の一つとしてやって欲しいですね♪

神事ですから気軽には出来ないでしょうけれど。

日本の流鏑馬にも外国の方が射手として参加されているのを見た事があります。
あの人どこの国の人だったかなぁ?あんまり上手くは無くて、的外しまくってたんですけど(笑)。

おっと!長々とだらだらととりとめの無い話で失礼しましたf^_^;

またこっそり読ませて頂きます!!
それではおイトマします
(^-^ゞ

代理で再投稿

真央ちゃん応援者の一人で、いつもリンクや情報がたくさんで、表現も楽しく、更新も頻繁で、毎日楽しく拝見させていただいてます。
今回の流鏑馬のお話は読んでいて、日本人として、とてもうれしい気持ちになりました。また、なぜかフィンランドが親しみ深くもなりました。(私は京都在住です。下賀茂神社の流鏑馬を見に行った折、鶴岡八幡宮の方がいらしていたような、と、あらためて思い出しました。)
これからもスケートの話題やフィンランドのお話、楽しみにしています。
ありがとうございました。

2014-06-04 22:10 uniko 様のコメントをウリが代理で再投稿

Re: uniko様へ

uniko様、いらっさいましまし♪
お名前のところにメアドが入ってたので、勝手ながらウリが代理で再投稿いたしました!メアドを悪用するような輩はそんなに来ないと思うニダが・・・一応念のため、メアドに気付いたら、コメントを消して代理投稿させていただいてまスミダ。いきなり代理投稿で驚かせてミアネ~!

> 真央ちゃん応援者の一人で、いつもリンクや情報がたくさんで、表現も楽しく、更新も頻繁で、毎日楽しく拝見させていただいてます。
巻きますペンは大歓迎なんです♪たくさんリンク貼るのはウザいかな~と思いつつ、ソース元があると、もっと画質のいいものが見れたりするので、貼っておりまスミダ。

> 今回の流鏑馬のお話は読んでいて、日本人として、とてもうれしい気持ちになりました。また、なぜかフィンランドが親しみ深くもなりました。
司会の方が熱心に色々と説明しましたし、流鏑馬の儀式も装束もとても格式高いものですからねぇ。観衆の皆様方はとても凄いものを見てるのだと理解してるようで、ウリもとても嬉しかったんです♪

(私は京都在住です。下賀茂神社の流鏑馬を見に行った折、鶴岡八幡宮の方がいらしていたような、と、あらためて思い出しました。)
おお、京都の方でしたか!良いところにお住まいですねぇ。今回の流鏑馬記事のためにあちこちのサイト見て、ウリも気がついたんですが、鶴岡八幡宮の方が他の神社に赴くこともあるようですね。何もかもがウリには目新しくて新鮮ニダ。そうそう、小笠原流の方々はイギリスでも流鏑馬をご披露したことがあるらしさ~。何年前だか、天皇皇后両陛下が訪英なさった際、皇后陛下の優雅さに魅せられた英国人が大勢いらっしゃっる印象を受けたニダ。(当時、ウリは英字新聞の一般人へのインタとか読んで、そう思いますた。)流鏑馬もそんな交流に役立つ魅力が溢れてまスミダねぇ。歴史と文化を守ってる方々に感謝の気持ちでいっぱいニダ。

> これからもスケートの話題やフィンランドのお話、楽しみにしています。
> ありがとうございました。

ウリの方こそ、よろしこ♪ 京都は2回しか行ったことがないけど、美しいところなので、いつか家族で行きたいなぁと思ってます。

Re: カミナリむすめ様へ

カミナリむすめ様、初めまして♪

> いつもこっそり拝見させて頂いておりました。
色物ブルログだからして、こっそり見るのがいいニダw しお語は一応、本国山犬除けのつもりなんですw

> フィギュアスケート好きなのに、初コメが流鏑馬の話というのも変ですが(笑)、
ウリ、流鏑馬のことを書くの、ドチドチしたんですw ピギョ以外の話題が初めてだったもので。初のカテゴリーで初コメ貰うのも新鮮な気持ちになりまスミダ♪

> 流鏑馬を、フィンランドの現地の馬でやったなんて!!とビックリしまして…
多分、品種によっても体系が凄く違うでしょうし、流鏑馬中は脚だけで馬をコントロールするので、慣れない馬でやるのはご苦労が多いでしょうねぇ。

> 馬をただただ真っ直ぐに思いっきり走らせるだけでもスゴく大変な事ですよね??
両手を馬から離した状態なのに、結構なスピードを出してたニダ。どうやってあんなことが出来るのかと驚きますデヨ。

> しかもいつもと全く違う状況、違う鞍、重くてかさばる見慣れない格好の人間(苦笑)。
> 調教師さんと射手さんにスタオベです!!

調教師さんは流鏑馬の行事中もずっと控えていて、本番前の馬を宥めたりしてたようです。司会者も「射手と調教師さんに拍手を!」と呼びかけてました。

> でもやっぱり日本の流鏑馬用?の馬とは重厚感が違う…かな??
日本だと神社とか、景色がぴったりマッチするので、全てが荘厳に見えるでしょうねぇ。一度くらいは日本で流鏑馬を見てみたいニダ♪

> 子供は正直ですね。
> 髪を紙で束ねているなんて確かに可笑しい~と思いますよね(ダジャレで無くて。)日本の子供でも儀式用の正装をしてる巫女さんを見たら、あれって紙じゃない?って言うと思いますし(笑)。

ウリも子供の頃、初めて見たときは「紙だ!」と思ったのw 日本はつくづく紙の文化が豊かニダねぇ。

> また機会があったら文化交流の一つとしてやって欲しいですね♪
そうですねぇ。安倍さんに政権が変わってから、国際交流も流れが変わって来た気がしまスミダ。麻生さんからぽっぽに変わった時も、風向きが変わりましたが、あの時は悪い方に変わりましたからね。ウリはつくづくミンスが嫌いニダ。

> 神事ですから気軽には出来ないでしょうけれど。
負傷も気になったニダ。時差で疲れ、慣れない土地と慣れない馬で疲れ、怪我をしやすいコンディションなんじゃないかと。少しゆったりしたスケジュールを組めるといいニダね。

> 日本の流鏑馬にも外国の方が射手として参加されているのを見た事があります。
> あの人どこの国の人だったかなぁ?あんまり上手くは無くて、的外しまくってたんですけど(笑)。

ブルログ書くときに、色々ググッたら、外国人の射手の方の写真も見かけますた!時々、外国人を参加させる事もあるニカね。

> またこっそり読ませて頂きます!!
> それではおイトマします
> (^-^ゞ

ドゾドゾ、またじぇひいらして下さいね♪

No title

おおお、まさかフィンランド発の流鏑馬記事をイタリアで勉強しようとは!
色々と興味深かったです、Grazieee.
しかしこのフィンランド公使、お目が高こうございますな。
本物が本物に惹かれるこの本能・・・
どっかで悔しがってる民族ガガガ・・ヤブシャメはウリ国発祥ニダ!!

カッコイイ

やったー‼︎早速の流鏑馬お写真ありがとうございます‼︎
キャーー‼︎カッコイイイイイイイ‼︎

ダルメシアン柄みたいな馬の和装姿が新鮮。
流鏑馬って日本の古式馬術でやるのかと思ってましたが、外国の馬でも乗りこなすなんて流石だわ。
馬たちもいい子!賢い子!
鞍の木を育てる話、知らなかったです。面白い!

きちんと神事から執り行って下さったフィンランドの方々の他文化への敬意、胸が熱くなりました。
なんて知的で文化的で懐の深い国民なのかしら。ありがとうございます。

あぁぁ、朝からいいもの見させてもらったわーー♪
ありがとうございました‼︎

No title

Mansikka様おはしお~!

流鏑馬のチャル&リポートカムサです。

ウリが浅草で見たのよりも本格的で、衣装も格好良くてビックリニダ。
現地調達のお馬さんでは、色々と大変だったと思うニダが、落馬された方、大事に至ってないことをお祈りいたしますスミダ。

紙の髪留めが変!と思ってるお子ちゃまには、イルボンの紙文化の凄さを知って欲しいニダね。紙製の雨傘とかバッグとか、世界に広まって欲しいデヨ。そおいえば、むかーし、欧米人は「日本の家は木と紙だけで出来てる」と驚いたニカ?

それにしても、イルボンの武道はエウロパで大人気ニダね。サムライヲタクが沢山いるニカ?

はじめまして

真央ちゃんファンなので、いつも拝見しておりますが、コメントを入れるのは初めてです。

フィンランドでの流鏑馬の記事、とっても素敵です!
私は弓道を少しやっていましたが、制止した状態で矢を的に当てるのも難しいのに、
的までの距離が近いとはいえ、不安定な馬の上って・・・。
走ってる馬の上で矢を弓にかけることも大変だと思います。

日本の文化を海外のかたたちが見て、喜んで興奮してくれて、とても誇らしいです。
衣装ひとつ、所作ひとつ、本当に美しいものは国境を超えるんですね。
フィンランドのみなさんが日本に興味を持ってくれたらうれしいです。

今日から横浜でタカシマオが始まります。
日本橋も2回行きましたが、横浜も、そして新宿も行きます!
ザ・アイスも行ってきます!
これからも真央ちゃんの記事、楽しみにしてますね。

ステキ

大変本格的な流鏑馬だったんですね。素晴らしいです。
後ろにいらっしゃる、フィンランド人の方の烏帽子姿も素敵・・・・。
地元のとある神社でもお祭りのとき、流鏑馬があるそうですが、まだ見に行ったことがないです。
そこも今は全く名残はないですが、小さな山城の跡があり、古戦場跡もあるそうです。
霊感の強い人は、感じるらしい・・・・。

話変わって、
ジョニ子のインスタを見ていたら、来日にあたって、ネイルに日の丸をあしらってくれたらしいです。
さすがオネエ、心配りがこまやかー。

No title

流鏑馬レポありがとうございます!
すごく本格的ですねぇ〜(感嘆)
津和野で流鏑馬神事を見た事があったのですが、ここまで本格的じゃなかったですよ。
フィンランドの方々が羨ましい〜〜〜。

それにしても現地の馬で射るのは大変でしたでしょうね。
馬は乗りこなすのも大変。馬に乗って射るのはもっと大変。
慣れない馬…馬にとっては慣れない人間と馬具……。
よく的に当たったものだと思います。

女の子の「あれ紙だよ。可笑しい!」は、ちょっと淋しかったけれど、目からウロコでした。
私は子供の頃に書道を習っていて、無意識のうちに紙は神聖なものだと感じていたのでしょうね。神社で巫女さんを見ても、紙で髪を束ねるのはふさわしいと思っていました。
でもそういう文化のない所では不思議ですよね。
子供の正直な言葉に気づかされました。

流鏑馬~!

とても良いお話を読ませていただきました。ありがとうございます♪
フィンランドの皆様にも日本の文化の良さを感じていただけたら、こんなにうれしいことはないですね。

フィンランドの司会の方がたいへん詳しく説明してくれたみたいですが
こちらの記事によると、YEL放送が日本で取材して、いっぱい勉強してくれたみたいです。

フィンランド国営放送が取材/美多彌神社の流鏑馬
http://www.community2525.com/news/2014/04/10095138.php

こうやって、他国の文化に敬意をはらい、学ぼうとしてくださる姿勢が素晴らしいです。
フィンランドの皆様、ありがとう~~~(^^)

Re:お茶の間様へ

お茶の間様、いらっさいまし!お体の調子はもう大丈夫ニカ?

> おおお、まさかフィンランド発の流鏑馬記事をイタリアで勉強しようとは!
数年前、ローマに旅行した時に、コロシアムのところで昔の兵士の格好をした男性たちがいて、「キャアアアック!ローマだわ~~」と盛り上がったんですね。流鏑馬も日本の神社で見た方が一番いいのでしょうが、それでもあの厳かな儀式と豪華な装束の醸しだす雰囲気に圧倒されますた!

> 色々と興味深かったです、Grazieee.
ウリも今回の件で初めて、流鏑馬をイギリスでもやったことがあるとわかりましたし、フィンランド人司会者が歴史的価値を理解して下さってるのが伝わって、良い経験になりましたわ~。

> しかしこのフィンランド公使、お目が高こうございますな。
> 本物が本物に惹かれるこの本能・・・

フィンランドって結構、日本の武道を習ってる方が多いんでスミダ。武士道とかサムライって言葉に魅かれる方も多い気がしますデヨ。

> どっかで悔しがってる民族ガガガ・・ヤブシャメはウリ国発祥ニダ!!
にゃはwww ウリも同じことを考えてたニダw まだ、起源を主張してなかったニダなぁとw サムライの起源も主張してたものねぇ。広まらなかったけどw

Re: ふわふわ様へ

> やったー‼︎早速の流鏑馬お写真ありがとうございます‼︎
> キャーー‼︎カッコイイイイイイイ‼︎

ホント、カッコいいニダねぇ。夏鹿毛の行縢って名前を初めて知ったニダが、あの毛皮もカッコいい。日本の古い装束って色合いが素敵ニダなぁ。もう、惚れ惚れしますた。

> ダルメシアン柄みたいな馬の和装姿が新鮮。
こげ茶の馬のイミジが強くかったんで、ウリにも新鮮でしたわ。

> 流鏑馬って日本の古式馬術でやるのかと思ってましたが、外国の馬でも乗りこなすなんて流石だわ。
> 馬たちもいい子!賢い子!

ヘルシンギンサノマットを見ると、射手の方々は馬と仲良くなる努力をしてるんですねぇ。それに馬の悪口を言わない。ストイックだなぁと感心しました。

> 鞍の木を育てる話、知らなかったです。面白い!
こういう話も下調べしたんでしょうねぇ。ウリもこんな話が聞けて、ありがたく思いました。

> きちんと神事から執り行って下さったフィンランドの方々の他文化への敬意、胸が熱くなりました。
> なんて知的で文化的で懐の深い国民なのかしら。ありがとうございます。

参加したフィンランド人諸役の方々は着慣れない衣装と儀式で疲れたことでしょうね。たどたどしい日本語で読み上げる祝詞が微笑ましく感じますた。

> あぁぁ、朝からいいもの見させてもらったわーー♪
> ありがとうございました‼︎

いえいえ、ふわふわ様をはじめ、皆様がウリと幸福感をシェアして下さるので、ウリも感動が増幅されまする♪
コメントありがとうごじゃいました!

Re: yuccalina様へ

yuccalina様、ばんしお~!

> 流鏑馬のチャル&リポートカムサです。
どういたしまして♪ ウリは流鏑馬中の写真も近くで撮れば良かったと後悔してまスミダ・・・

> ウリが浅草で見たのよりも本格的で、衣装も格好良くてビックリニダ。
浅草だと雰囲気が盛り上がりそうニダね。人も大勢集まりそうで見学も大変だったことでしょう。衣装のカッコ良さにはウリもビックリなんです!初めて流鏑馬をやるとわかったのは博物館の武道展がきっかけなんですが、そこのフィンランド人男性係員に「本当にこの格好で、日本人がやるんですか?」と聞いたぐらいニダw

> 現地調達のお馬さんでは、色々と大変だったと思うニダが、落馬された方、大事に至ってないことをお祈りいたしますスミダ。
司会の方が、落馬直後に自分で立って歩いてるので大丈夫そうだと話してますた。ウリのところから、落馬の様子がハッキリ見えたんですけど、上半身が先に地面に落ちたんで心配しますたわ。打撲なり、何らかの負傷は間違いないと思うニダ。軽い怪我であることをウリも願ってますデヨ。

> 紙の髪留めが変!と思ってるお子ちゃまには、イルボンの紙文化の凄さを知って欲しいニダね。紙製の雨傘とかバッグとか、世界に広まって欲しいデヨ。そおいえば、むかーし、欧米人は「日本の家は木と紙だけで出来てる」と驚いたニカ?
ウリも紙文化の奥深さを理解して欲しいと願ってるニダ。
それで、昨年、ボランティアで中学生に折り紙を教えたんです。パワーポイントで資料作って、紙文化の歴史や科学の話にも言及しますた。かなり好評で、数学の先生が「授業の参考になりそう」と見に来たデヨ♪ 

> それにしても、イルボンの武道はエウロパで大人気ニダね。サムライヲタクが沢山いるニカ?
わりとマイナーな武道の試合の中継があることも。ウリは見ないニダが、YLEの番組欄で見たことがあるニダ。タピオさんも日本の歴史に興味があると話してたし、サムライオタクは多そうニダよ。

Re: グレー猫様へ

グレー猫様、初めまして♪

> 真央ちゃんファンなので、いつも拝見しておりますが、コメントを入れるのは初めてです。
巻きますペンには優しい方が多くて、巻きますペンがこちらにいらっさると嬉しく感じまスミダ♪

> 私は弓道を少しやっていましたが、制止した状態で矢を的に当てるのも難しいのに、
> 的までの距離が近いとはいえ、不安定な馬の上って・・・。
> 走ってる馬の上で矢を弓にかけることも大変だと思います。

ウリもむか~し、弓道をちょこっとやってますた!(*^-^)/\(^-^*)ナカマ
集中力を要す競技ニダが、疾走する馬に揺られて、どう弓を構えるニカ?と腕の動きばかり見てますたわ。あっという間に3つの的を射るので、魅入っちゃいましたねぇ。

> 日本の文化を海外のかたたちが見て、喜んで興奮してくれて、とても誇らしいです。
> 衣装ひとつ、所作ひとつ、本当に美しいものは国境を超えるんですね。
> フィンランドのみなさんが日本に興味を持ってくれたらうれしいです。

あの真剣かつ厳かな所作と表情も大きな魅力の一つでしょうね。歴史と文化を守る神社と関係者各位に感謝ですわ♪

> 今日から横浜でタカシマオが始まります。
> 日本橋も2回行きましたが、横浜も、そして新宿も行きます!
> ザ・アイスも行ってきます!
> これからも真央ちゃんの記事、楽しみにしてますね。

おお~~~羨・ま・し・い!!! 巻きますの衣装は作り手の愛が篭った素敵なものばかりですもの。何度見てもいいニダねぇ。秋からの真央不足に備えてたっぷり堪能して下さいましまし♪

代理で再投稿

タイトル:素敵なニュースをありがとうございます。

はじめまして。真央ちゃんの記事を楽しませてもらってた者です。
今回の流鏑馬の記事もすてきですね。海外で披露されたのですね。
日本の文化が広まるのは良い事です。
日本の文化はすべて神事につながるから、世界を清めていける力があると思います。
きちんと樅の木に神を下ろす神事をなさってることもすばらしい。
もちろんお帰り頂く神事もあるのでしょう。
お帰り頂く神事は大切で、今安易に神楽を習う人が多いそうですが、そういうことがきちんと出来ないといけないと聞いた事があります。
巫女さんの和紙の髪飾りですが、あれは神様の寄り代になるそうです。和紙または麻の紐を髪に巻くそうですね。その辺も紹介してくれたらよかったですね。でも1つ1つに意味があるから、それを全部説明するのはむずかしいでしょう。
これからも素敵な記事を楽しみにしてます。ありがとうございました。

2014-06-05 12:01 | アズキナ様のコメントをウリが代理で再投稿しますた。

Re: アズキナ様へ

> はじめまして。真央ちゃんの記事を楽しませてもらってた者です。
アズキナ様、初めまして。ウリのブルログはソチ後まで圧倒的にヨン棒の記事に偏ってましたが、最近はようやく落ち着いて巻きますの記事を書けるようになりますた。

> 今回の流鏑馬の記事もすてきですね。海外で披露されたのですね。
> 日本の文化が広まるのは良い事です。

日本って歴史を大事にしまスミダね。日本のそういう面が海外にもっと広まって欲しいなぁと思うんです。歴史捏造国家とは違うんだぞってことを知ってもらいたいニダ。今まで、散々プロパガンダの犠牲になってきたんですもの。

> 日本の文化はすべて神事につながるから、世界を清めていける力があると思います。
> きちんと樅の木に神を下ろす神事をなさってることもすばらしい。

日本の神事は国籍や宗教の違いで差別をしませんね。そういう点でも浄化能力が高いと思うニダ。

> もちろんお帰り頂く神事もあるのでしょう。
> お帰り頂く神事は大切で、今安易に神楽を習う人が多いそうですが、そういうことがきちんと出来ないといけないと聞いた事があります。

多分、2度目の流鏑馬の後にその神事を行ったと思うニダ。ウリ旦那は「きちんと始まりの儀式をしたからには、終わりの儀式もあるはず。日本はそういうところをなおざりにしない。途中で帰るのは失礼だから、最後まで見るべき。」と主張してたんですね。でも、遠方に住む義母が帰宅するってことで、仕方なくウリ達も帰宅しました。ウリ旦那の発言はウリにとって嬉しいものでしたわ。

> 巫女さんの和紙の髪飾りですが、あれは神様の寄り代になるそうです。和紙または麻の紐を髪に巻くそうですね。その辺も紹介してくれたらよかったですね。でも1つ1つに意味があるから、それを全部説明するのはむずかしいでしょう。
にゃるほど!神様の寄り代ですか!髪、紙、神をかけてるニカね。紙の折り方の作法を武家の教養の一つとして大事にしてましたし、日本文化の中で紙の果たす役割は大きいですねぇ。

> これからも素敵な記事を楽しみにしてます。ありがとうございました。
アズキナ様も興味深いコメントをありがとうごじゃいましたm(__)m
名前欄にメアドが入ってたので、コメを代理で再投稿しましたことをご了承下さいましまし。
メアドを悪用する方はいないと思うのですが、ウリも一度だけ、スパムコメを貰った事があるので念のため、メアド入りのコメは再投稿させていただいてまスミダ。

No title

Mansikka しゃま

体調は戻りましたニダ。
20年ほど前にフィレンツェでも大掛かりなヤブシャメご披露があったんですって。
友人が見に行った、と今日言ってました。ウリ知らなかったニダね・・

帰宅nyt

ばんしお~

流鏑馬の記事、kiitos~
カッコ良すぎるニダ~惚れてしまうニダ~
近くで見られたら、きっと凄い迫力デヨ~
世界中でこういう素晴らしいイルボンの文化を披露してほしいニダ。
でも流鏑馬は大変そう。現地の?お馬さん達との呼吸を合わせるのが難しそう…
ウマが合うか…馬だけに…

そういえば今年は午年!
真央ちゃんも年女!
小塚くんはサラブレッド!
ぴよソンセンニムは競馬好き!

愛しのケイティニムへ

せっかくケイティニムがメッセージ募集してくださったのに、書きたいことが多すぎて、文章力もなく…
でも、どうかウリのメッセージ届けて下さ~い!

「真央ちゃんが幸せなら、あなたのいない冬がどんなに厳しくても、私も笑顔になれます!」

きゃ~ありきたりで恥ずかしい!
ケイティニム、車に気をつけて、行ってらっしゃいませ~

アロエニムへ

Moi♪

メッセージ確かにお預かりしました♪

いざ書くとなると何を書いていいか悩みますよね…。
(しかも、コメント欄に書いてというのがそもそも無謀だったかも?www)

でも、アロエニムの熱い想いを込めて、しっかり書き込んできます♪
(メッセージボードが万が一なかったら、ファンレターとして渡してきまね!)

そういう私もこれから考えないと!
また報告しますね~!!

そうそう、アロエニム、飲み会今日ですよね!楽しんで来て下さいね♪

Mansikka様へ

ばんしお~♪

流鏑馬のレポありがとうございました~。
やっぱり流鏑馬はかっこいいですねぇ。私も一回しか見たことがありません。感動しますよね~。
遠いフィンランドの地で執り行われ、観衆の方々も喜んでいらっしゃったとのこと、何よりです。
しかも結構本格的で、こういう文化交流は素晴らしいですよねぇ。
私、馬も連れて行くのだと思っていましたが、フィンランドの馬で…というのに驚きました。
お義母様も大変気に入られたご様子、本当に嬉しいです。


さて、流鏑馬で盛り上がっているところに恐縮ですが、真央ちゃん展は、明日(日付的には今日)行くことになりました。
私が勝手に締切を設けてしまったので、焦らせてしまって申し訳なかったですが、
れれれさんとアロエニムの分のメッセージを、スノードーム様の気持ちをお預かりしました。
午前中、というか行く前にもう一度、チェックしますので、「期限過ぎちゃったわ!」と言う場合があれば、どうぞお書き下さいまし。
私はこれから自分のメッセージを考えます!!

Re: ケイティ様へ

ケイティ様、ミアネ~!
取り急ぎ、ボードに書くメッセージだけ。

「真央ちゃんはフィギュア界の女神!Mansikka」

と書いていただけますか?

書くスペースがなかった、時間が足りなかった、ウリのメッセージが遅すぎて見逃したwなどの理由で書けなくても、じぇんじぇん気にしませんぐ。ケイティ様、無理しないで下さいね!
因みにジュピターの衣装が追加されるとか!羨ましさ~~!

Re: りか様へ

> 大変本格的な流鏑馬だったんですね。素晴らしいです。
> 後ろにいらっしゃる、フィンランド人の方の烏帽子姿も素敵・・・・。

着付けがしっかりしてると、西洋人でも和装が似合いまスミダね。違和感がないニダ。

> 地元のとある神社でもお祭りのとき、流鏑馬があるそうですが、まだ見に行ったことがないです。
地元でもあるとは羨ましさ~~!

> そこも今は全く名残はないですが、小さな山城の跡があり、古戦場跡もあるそうです。
> 霊感の強い人は、感じるらしい・・・・。

ウリ、霊を見たことはないけど、変な予感は結構当たるし、変な場所は寒気がするデヨ。怖い場所には行きたくないニダ・・・

> ジョニ子のインスタを見ていたら、来日にあたって、ネイルに日の丸をあしらってくれたらしいです。
見てきました~!全部の指じゃなくて1本だけってのが、アクセントになってお洒落ニダ♪

> さすがオネエ、心配りがこまやかー。
デーデー、りか様のコメでジョニ子のインスタ見に行って良かったニダ♪ 大ちゃんやあっこちゃんとのチャルも見れたし♪ kmsなんです!

Mansikka様へ

ばんしお~♪

メッセージお預かりしました! また御報告します~♪

Re:めろでぃ様へ

> 流鏑馬レポありがとうございます!
> すごく本格的ですねぇ〜(感嘆)

練習風景が報道された時、「射手が結構いらっしゃる!」と驚きますた!想像以上の本格的な流鏑馬で感動!

> 津和野で流鏑馬神事を見た事があったのですが、ここまで本格的じゃなかったですよ。
> フィンランドの方々が羨ましい〜〜〜。

馬具も歴史的価値が高いでしょうし、本格的な流鏑馬は経費もかかるんでしょうねぇ。ウリ達はラッキーなんです。

> それにしても現地の馬で射るのは大変でしたでしょうね。
> 馬は乗りこなすのも大変。馬に乗って射るのはもっと大変。

この流鏑馬一行を率いる小笠原さんは一番難しい馬に乗ってらっしゃったのね。で、練習中に負傷されたようで、本番でも不調なのがわかりました。でも、言い訳しないニダねぇ。サムライニダなぁと思いますた!

> 慣れない馬…馬にとっては慣れない人間と馬具……。
> よく的に当たったものだと思います。

本当に感心しまスミダ。生で見ると馬のスピードにも圧倒されます。あんな速さで弓を構えるなんて・・・

> 女の子の「あれ紙だよ。可笑しい!」は、ちょっと淋しかったけれど、目からウロコでした。
ウリも子供の頃、初めて見たときは「紙だ!」と思ったものの、「可笑しい!」とは思わなかったデヨ。だから女の子の発言にチモッミ驚いたニダ。

> 私は子供の頃に書道を習っていて、無意識のうちに紙は神聖なものだと感じていたのでしょうね。神社で巫女さんを見ても、紙で髪を束ねるのはふさわしいと思っていました。
神社の中にも紙が多いニダね。ウリ達の場合、それを見てるから、紙で髪を束ねるのも自然なことに思えたりするのかも・・・

> でもそういう文化のない所では不思議ですよね。
> 子供の正直な言葉に気づかされました。

ウリも考えさせられたニダ。ウリが見たときに恥ずかしそうにしてたので、女の子達も「失礼だった」と思ったかも。

Re: ぴよ様へ

> とても良いお話を読ませていただきました。ありがとうございます♪
> フィンランドの皆様にも日本の文化の良さを感じていただけたら、こんなにうれしいことはないですね。

ぴよ様のところで、皇后陛下の記事を読むと、毎回日本っていいなぁと思うんでスミダ。でも、「フィンランドにいると日本文化を目にすることはほとんどない」と思っていただけに、今回の流鏑馬は嬉しかったです。

> フィンランドの司会の方がたいへん詳しく説明してくれたみたいですが
> こちらの記事によると、YEL放送が日本で取材して、いっぱい勉強してくれたみたいです。

URLまでご丁寧にありがとうごじゃいますm(__)m 日本のニュースがあまり引っかからなかったニダが、多少は報道があったと知って嬉しいニダ♪

> こうやって、他国の文化に敬意をはらい、学ぼうとしてくださる姿勢が素晴らしいです。
> フィンランドの皆様、ありがとう~~~(^^)

フィンランドは長~い属国の歴史で、日本や英国のような独立国として独自文化を育んだ歴史に対する憧れがあると思うニダ。でも、「憧れるから盗む」ではなく、「憧れるから尊重する」のは素晴らしいニダね。フィンランドは自国の文化も大事にしてるんでスミダ。
蕎麦国と違い自力で独立したフィンランドは、自国文化を守り育てることが出来るし、他国の文化も尊重できるニダね。

Re: お茶の間様へ

お茶の間様、おはしお!

> 体調は戻りましたニダ。
良かったニダ。病み上がりで体調はどうだろうと気になってたデヨ。

> 20年ほど前にフィレンツェでも大掛かりなヤブシャメご披露があったんですって。
> 友人が見に行った、と今日言ってました。ウリ知らなかったニダね・・

へぇ~~、そんな昔から海外でお披露目してたニカ! イタリアは歴史遺産も多い国だけに盛り上がったことでしょうねぇ。フィレンツェは4年前に旅行しました。ローマとはまた違う魅力がありますたわ。大聖堂から周囲を見下ろした時に、街ごと文化遺産に出来る!と思いましたデヨ。

Re: アロエニムへ

アロエニム、こんしお!

> 流鏑馬の記事、kiitos~
> カッコ良すぎるニダ~惚れてしまうニダ~

ウリ、初めて明治神宮に行った時、神主さんや巫女さんたちの本格的な装束と所作にうっとりしたニダ。今回は歴史ある華やかな流鏑馬装束と儀式が見れて、もう幸せ~~!

> 近くで見られたら、きっと凄い迫力デヨ~
> 世界中でこういう素晴らしいイルボンの文化を披露してほしいニダ。

ウリは少し離れた、全体を見渡せるところから見学してましたが、それでも迫力満点でしたわ。

> でも流鏑馬は大変そう。現地の?お馬さん達との呼吸を合わせるのが難しそう…
> ウマが合うか…馬だけに…

にゃは~油断してたニダwww ここで駄洒落が来るとは!アロエニムワールド全開ニダw

> そういえば今年は午年!
> 真央ちゃんも年女!
> 小塚くんはサラブレッド!
> ぴよソンセンニムは競馬好き!

そういえば、巻きますは今年24歳ニダなぁ・・・良いお年頃だし、大学も早く卒業したいでしょうね。静かなキャンパスライフを送らせてあげたいニダなぁ。

No title

素敵な記事UPありがとう御座います。(´∇`)

フィンランドで ☆流鏑馬☆ 何て、素晴らしい ! !

白人の方でも違和感なく、とても似合っていて美しいので、二度ビックリです !

【憧れるから、尊重する。】そうですね。


反日 K&C国 も、政府や悪徳商業勢力等が、

国民を洗脳し、工作員・テロリスト化してる事に、皆さんが気付いて、

暗闇にまみれるのではなく、

早く (陽の当たる方向へ)、動いて行って欲しいなぁと思います…。

(*^o^)/\(^-^*) 希望

わちにんこ&わんばんこ

mansikkaさん、いつもご返事をありがとうございます。コメント欄をお借りしている事もありがとうございます。

流鏑馬の儀式を知らなかったわたくしは一つ勉強になり嬉しゅうございます。戦国時代のドラマで馬が走る場面を観てもドキドキしてしまうんだもの、目の前であのような装束の方々を拝見できたら……いいなぁ。素敵な記事でした。


そうだ。わたくしには娘はおりません。我が娘(真央ちゃん)へのメッセージをケイティさんに託しますと書きたかったんです。

そしてすみません、またこの場をお借り致します(汗)
ケイティさん!今朝メッセージを読み返し長文になっているのに気づいた馬鹿なれれれです……ご免なさい、ご面倒をおかけしました!でも、ケイティさんのお気持ちに感謝しております。どうもありがとうございます!


mansikkaさん、スケート以外のご記事も知的でドラマティック且つ勉強になりカムサ!でございます。


真央切手の申込み日は近いです 。
そう言えば、アロエ様は今夜がデートでしたか。ドキドキ。

いつも楽しく拝見しております。

私の生まれ故郷でも秋のお祭りに流鏑馬があり、子供の時から見ていました。
偶然にも嫁ぎ先に流鏑馬をする秋のお祭りがあります。今迄仕事などでお祭りに行けなかったので、今年は幼い娘に初めて流鏑馬を見せようとMansikkaさんの記事を読んで思いました。
紙についてですが、伊達政宗の家来である支倉常長がヨーロッパに行った時、和紙があまりにも素晴らしいものであったために、鼻をかんで捨てたもの迄現地の人々が拾っていた、という話を思い出しました。
日本の古き良き伝統、文化を改めて気づかせてくれてありがとうございます。

Mansikka様へ

再しお~♪

女の子の発言面白いですね!
日本だと紙って古来から神聖なものとして何となく肌で感じているところがあるので、
そういう違和感って言われないとわからないですよね。とっても新鮮♪
東大寺のお水取り(修二会)で修行僧が紙衣着たりしますし、
歌舞伎なんかでも紙衣譲りなんて行事もありますし、紙って和事でよく見ますよね。
和紙ってパピルスとか羊皮紙とかと全然違いますものね~。しみじみ…。
和傘なんかきっと海外の方たちに受けると思うわ~。

そういえば、知人が昔弓道をやっていて、なんちゃって流鏑馬に参加させて貰ったことがありました。
弓はできるけれども、馬は乗れないので…、大人しい馬に乗せて貰って、
馬をゆっくり引いて歩いてもらって、弓を射るのです…。
それでも、一応、(弓の)上級者で一部のみが参加できる行事だったらしくて、そんなものでも大興奮していました。

海外で執り行われる流鏑馬って、イベント的な要素が強くて、前半は真面目な儀式、
後半は体験イベントみたいなものかと勝手に想像してました。大変失礼しました。
とっても本格的で、感動することしきり!!私も見たかったわ~♪
新聞記事やFBなども拝見しました。とっても素敵なお写真がたくさんあって、嬉しかったです。
こういう文化交流は、どんどんやってもらいたいですよね。

れれれさんへ

わんばんこ♪

いえいえいえ、全然長文じゃなかったですよ!
私としてはMansikka 様とアロエニムが一言だったので、言い出してから〆までに時間がなくて申し訳なかったな、と思った位でした。

そしてバッチリ書いてきましたよ~!
今回はメッセージボードが展示会場のラスト(ほぼ外に近い)の場所にあったので、外からメッセージだけ書いている人もいて、
時間の割にはメッセージが多く、一瞬「う…」と思ったのですが、スペース見つけて全員分しっかり書きました!
れれれさんに申し訳なかったのは、最初は(出来るだけ)流麗な文字(大袈裟)で書き始めたんですが、
姿勢が辛くて、(メッセージボードが全体的に前回よりも低い位置にありました)
途中から段々と文字が乱れてしまってきたことです…。www

私はれれれさんよりももっと長文(3倍くらい)のメッセージと短いメッセージの2通りを用意していったのですが、
流石に長すぎるな、と思って、短い方を書いてきました。

帰り際にご年輩の女性が前回の私のように延々と書いていらっしゃいましたよ。
一旦筆をとめては考え、また書き足す、という感じで、本当にファンなのだな、と微笑ましかったです。
全体を見てももちろん一言コメントも多かったですが、れれれさんの分は、決して長文ではなかったのでご安心を!

前回日本橋の高島屋に行った時から、横浜に何とか行こう、出来れば皆様のメッセージを書きたい、とずっと思ってましたので、
なんかほっとしました~(*^▽^*)♪
取り急ぎ、御報告まで。あとでレポ書きますね~!

Mansikka様 皆様へ (横浜高島屋真央ちゃん展レポ)

こんしお~♪
昨日、横浜高島屋の真央ちゃん衣装展に行って来たので御報告します。

新宿高島屋での追加も決定したようですね。行きたいけど、日程も厳しいし、新宿は行けるかなぁ…?

今回追加されていたのは、ジュピターとギネス認定証でした。
ジュピターは、袖の青の部分が思っていたよりも淡い色で、ウエスト部分の銀色のキラキラが綺麗でした。
(氷の上では、袖口は真っ青に見えません?で、段々と淡い水色になっていくイメージだったのですが。そんなに濃くなかったです。)
やはり、鐘とかFS仮面、SP仮面、につい吸い寄せられてしまって、
後から、ジュピターもっとよく見てくればよかった!と後悔しました。う~ん、もう一度行けるか…???

あいにく一昨日から関東は梅雨入り、昨日は、時々小雨になるものの、バケツをひっくり返したような大雨だったので、
(特に昨日は東京より横浜の方が雨がひどく、全域で大雨警報が出て、交通機関も乱れまくりでした)
外のショーウィンドーはチェック出来ず。日本橋のような素敵な写真&映像コーナーがあったのかは不明。
外壁の巨大パネルも気づかず…。こちらは後日、横浜駅を通る時にチェック出来そうです。

タッソーの人形は、7日(今日)から展示だそうで、残念…。
(ちゃんと調べておけばよかった…。とはいえ、この間日本橋で見たのですけどねww)
1F正面入り口に日本橋と同じく映像が流れていたのですが、ちょっとスペースが狭いのと、
雨宿りしている人でエントランス付近が溢れていて、落ち着いて視聴できず残念でした。

横浜高島屋の8階は結構広いので、どのスペースを使うのかな~と思っていたら、予想していた中で一番小さい場所でした…。
お中元ギフトコーナーも併設されていたので、思っていたよりも会場が狭かったです。
日本橋の方がゆっくり見られました。

日本橋では展示の最後の方、ソチFS演技視聴コーナーの手前に、
メッセージボードと真央ちゃん等身大パネルとの写真撮影コーナーがあり、
メッセージを書くにも、写真を撮るにも、長蛇の列だったのですが、
今回は会場外に写真撮影コーナーがあり、会場に入らなくても写真撮影が出来ました。
人が並んでいる時もあり、全然人がいないこともあり…、
会場近くをふらふら観察していたら、何度も「真央ちゃんと撮影しませんか」と声をかけられました。
何度も撮ってもねぇ、と辞退しましたが、もったいなかったかなぁ?
日本橋では、3種類の花束が用意されていて、好きな色の物を選び、
真央ちゃんに渡す風にしたり、花束を持って並んだりして撮影していましたが、(真央ちゃんパネルが花束持っているので)
今回は花束はなし…。並んで撮影するのみでした。

メッセージボードは、展示→スポンサーコーナー→お買い物コーナー→ソチFS試聴コーナーのあと、最後にあり、
ほとんど外だったので、展示をみないで外からメッセージだけ書き込む稀な人も見かけました。

ソチFS試聴コーナーは日本橋より広かったかな?やはり盛り上がりますよね…。
また涙が…。(何回泣いてるんだ!)

お預かりしたメッセージですが、ちゃんと書いてきましたよ~。
アロエニムのメッセージはハートマークで囲んで、Mansikka様のメッセージには苺の絵を(勝手に)添えて、
れれれさんのメッセージは、最初は頑張って(私の中でできるだけ)美しい文字で書いたのですが、途中から姿勢がつらくなり、
段々と文字が乱れてしまって…申し訳なかったです。
私は「真央ちゃんの幸せが私の幸せ」と書こうと思ったのですが、勝手にスノードーム様の思いを加えて、
「私たちの幸せ」と書いてきました。あと「真央ちゃんは世界一」とか。

(雨の影響でちょっと出遅れましたが、書くスペースも確保出来、(メッセージの合間合間にですが、)
 それほど並ぶこともなく書けましたので、ご心配なく。
 メッセージの証拠(記念?)写真は撮りましたが…UPするすべなく。でも別にいりませんよね…ww)

展示衣装は同じだったと思いますが(白バラの代わりにジュピター展示?)、会場のスペースの関係か、
日本橋では、写真パネルと衣装が(基本的に)時系列に、組み合わせて展示されていたのに対し、
今回は写真パネルコーナー→衣装展示コーナー→写真パネルコーナー、と別展示で、(EXの衣装は衣装とパネルがセット展示)
日本橋の方が、真央ちゃんの時間を順に追いかけている感じで感情が盛り上がったのに対し、
今回はそういう盛り上がりには欠けるものの、
月の光から鐘までだったかな?同じケースにずら~っと横に並んでいるのを見るのは壮観でした。

前回も展示されていたものの書きませんでしたが、傷だらけのスケート靴に泣けましたし、
おそらく子供の頃のものかなぁ?スケート靴入れの袋、一足ずつ入れる手提げタイプで「MAO」と刺繍してあるの、
お母様の手作りかなぁ?舞ちゃんのもあるのだろうなぁ?と微笑ましかったです。
(幼い頃の映像でよく見かけるのは、スケート靴を裸で、両足の紐の部分を一つに結んで持ち歩いていますよね。
だから、TVの密着取材などが入る前の頃のものかなぁと、勝手に妄想。)

展示スペースは日本橋の方がゆとりがあるような気がしましたが、会場によって当然違いますよね、
横浜はちょっとこじんまりした印象でした。名古屋とかは地元だから盛大だったのかなぁ???

スポンサースペースも、こじんまり。日本橋ではここで皆さんいろいろ撮影してましたけど、今回はダメなようでした。
というか写真を撮ってる人が全然いなかったので、「撮影していい?」と聞いてみたところ「ダメ」といわれたので、
もともと日本橋でもダメだったのが見逃してもらっていたのか、
(横浜でも)聞けば当然ダメと言われるけれど、(実際に撮ってしまえば)黙認されるのかは不明。
ネピアさんの真央姫のパネル、前回は写真を撮る人が殺到していたので撮らず、
今回撮ろうと思っていたのに撮りそこねました、残念。

DVDや書籍販売コーナーも小さめ。でも、書籍の種類は潤沢なようでした。
但し、ぴろの健在。写真集は「奇跡の軌跡」はなく、「夢の軌跡」のみでした。(たまたま在庫の関係かも)
写真集をくまなくチェックしようと思っていたのに出来ず、これも残念。
(れれれさん、夢の軌跡はチェックしました。それはまた後日)

そうそう、日本橋ではデジタル朝日のラストダンス、放送していたんですよね…。それが今回なかった(と思います)。

新聞報道などを大きなパネルにしたものは、
日本橋では写真撮影とメッセージの行列やソチFS試聴コーナーの付近にあったので、少し見づらかったのですが、
今回は、グッズ販売コーナーからメッセージボードに至るまでが通路っぽくなっていて、そこに掲示してあったので、
とても見やすかったです。

メッセージボードがない場合、書くスペースがない場合に備えて、ファンレター形式のものを持参しました。
(便箋の)大きさの関係で勝手に割り振ったのですが、
れれれさんは紫陽花、アロエニムは四つ葉のクローバーの花飾り、Mansikka様は金魚の模様の便箋に、
真央ちゃんの好きなラベンダー色の封筒に入れて「ファン一同」としたためたものです。
メッセージはちゃんと書けたけど、せっかく作ったから預けようか…と思ったところ、
日本橋ではたくさん見かけた関係者っぽい人々(展覧会の企画とか?協賛?)が全くおらず…、
どう見ても展示会スタッフという感じの人ばかり…、聞いてみたところ、やはりスタッフばかりで、
「ファンレターなどはお預かりできません…」とのこと。あ~、ボードに書けて良かった!!
(せっかく作ったので、ファンレター、皆様がよければ、IMGに送っちゃおうかな~?と思ったり…。
 でもメッセージボードに書いた内容と全く一緒なんですよね、苦笑)

昨日は比較的空いていて、客層も女性ばかり…、でも、大雨の影響もあると思います。
日本橋では、時間帯が違ったのもあると思いますが、男性も結構多く、スーツ姿の男性一人…とか、
職場のみんなで来ました…という感じの男女入り交じった集団や、親子連れ、様々でしたが、
今回は、圧倒的に女性が多かったです。
昨日は比較的空いていて(私としては)見やすかったのですが、
今日からタッソーの人形も来ますし、土日に入り、大混雑するのでしょうねぇ…と思いつつ、大雨が心配。

そうそう、会場外のちょっと離れたところの壁の上方にモニターが2つついていて、映像が流れており、
「なぜここに??」と思ったのですが、帰宅してから気づきました!
昨日は大雨のため、またタッソー展示が今日からなので、それほどの混雑ではなかったためモニターが浮いていましたが、
土日や大変混雑した状況で入場するまで並ぶ場合、行列をつくるスペースを考えてあり、
並んでいる時に見られるように設置したモニターなんだろうと思います。だからモニターが上方に設置してある…。
気配り!だなぁと感心しました。(もしくは商魂!←DVD販売の為)

1FのMAOMAOグッズ販売所、日本橋より小さく、エアーウィーブさんなどは来ていませんでした。
(展示会のスポンサーコーナーにはありましたけど。イメージキャラクターが代わったのもあるのでしょうか?)
日本橋ではマットレスが展示されていて、実際に寝心地を確かめたり出来たし、
真央ちゃんブランドのフィットネスウェア、バッグ、財布などグッズが盛り沢山だったんですけど、
今回は一部のみ。
前回、お財布がとっても人気みたいで買っている人が多かったのですが、
混雑していたのと興味がなかった(というよりデザインが若い?と思った)ので私はあまり見なかったんですね…。
でも、この2ヶ月の間にちょっとお財布がくたびれてきて、「今日いいのがあったら買っちゃおう!」と思って意気込んでいたところ、
お財布(もバッグも)、置いていなくてがっかり…。
(ネットで買えるといえばそうなのですが、会場(の関連グッズ売り場)で買うことに私にとっては意味があり…。)
高島屋の方のお話では、「日本橋は初回だったこともあり、気合いが入っていて、場所も広く、
品揃えが豊富でしたが…毎回そういう訳にはいかず」ということで、まぁわかりますけど…、
日本橋のグッズ販売所の混雑に、「横浜も行くし!」とさらっと流してしまって、映像ばかり見ていたのがちょっと悔やまれます。
反動で、前回「可愛すぎる」と回避したスケート靴のネックレスを買っちゃいました♪

会場の雰囲気の違いなどを延々書いてしまいましたが、衣装の展示は何度見ても見飽きることなく素晴らしく、
本当に入場料を取ってもいい好企画(良企画?)だと思います。
入場料を払っても、きっと2回以上は行ったでしょう。
でも、やはり無料というのが有難いですよね…。
行ける限り何度も足を運ぼうと思えますし。(なかなか行けないというのがネックなんですけど。出来ることなら日参したい!!)
スポンサーコーナー、会場のグッズ販売コーナー、1階の関連グッズコーナー、に、
商魂たくましいな~とか、真央ちゃん一人で巨大ビジネスなんだなぁと思いますし、
展示が無料でも、グッズ販売などで元がとれればいいと思ってるんでしょうけど、
真央ちゃんがよく言う「恩返し」の意味もあるのかなぁ、と思います。
今回は頑張って時間を作って気合いを入れて行きましたけど、
もし、期間中に横浜駅に行くことがあれば、ふらっと立ち寄ろうかな~と思える気軽さも良い。本当に有難いです。

最初に衣装展に行った時、「引退」の決意は固いと思いました…。まぁ周囲がそのつもりで準備してきたんでしょうけど。
それほど素晴らしく感動的でした。ソチ・ワールド直後ということもあり、「集大成」「軌跡」という言葉がぴったりな展覧会でした。
日本橋高島屋としても、消費税値上げ直後だし、衣装展のスタートということで気合いも入っていたと思います。
2週間の開催期間中、隣で「全国名産物産展」「京都物産展」(1週ずつ、どちらが先か忘れました)という看板企画を開催していましたし。
真央ちゃんの去就が決まっていないこともあり、来場者も熱気に満ちていました。
がしかし!何よりすごいのは、やっぱり真央ちゃんの人気ですよね!

衣装は好みがあるので、何回行っても、やはり目を惹くのは同じものだったりするのですが、
幻想即興曲のお姫様、SP仮面の華やかさには先ず目が行きますし、
大好きなFS仮面の衣装もやはり素敵。
鐘とピアコンは存在感がありますし、新ノクターンは美しいです。
あと、目立つのはシェヘラ(パンツ)ですね~。鮮やかな青ですからね。ビジューもとっても素敵。
白鳥は、タラソワ先生モフモフバージョンじゃないのが残念ですけど…。シンプルで美しいです。
(タラソワ先生バージョンのが展示された会場もあったようですね。羨ましいなぁ。)
愛の夢のストーンきらきらも目立ちます。

『Smile浅田真央23年の軌跡展』という名称なので、入り口にSmileの衣装が展示してあるのはどこの会場も同じだと思います。
滑っているとき、キラキラ光るので、小さいストーンが散りばめられているのかと思っていたのですが、
そういう訳ではなく、反射する素材を使っていて、ライトがあたるとキラキラするんだ…と毎回感心します。

基本的にどの衣装もウエスト細くて驚きますが、特にシェヘラの時が格別に目立って細いんですよね…。
つらい時期でしたし、真央ちゃんがガリガリに痩せてしまってとても心配していた時期でした。
シェへラの衣装を見ると、衣装の華やかさに圧倒されつつ、素晴らしい演技を思い浮かべつつ、
胸が締め付けられるような気持ちになります。

鐘の衣装は、真央ちゃんの居並ぶ衣装の中ではちょっと異質ですけど、やっぱり美しいです。
今回も、シンプルだなぁと思いました。演技の時の存在感、炎が燃えさかる感じは、
タラソワ先生の計算され尽くしたデザインと、真央ちゃんの表現力の賜だと今回も思いました。

気に入った衣装の間を行ったり来たりしてばかりだったり、一つの衣装の前に居座ったり、不審者だったかも…??

あ、そうそう、アナイのワンピース着てる人見かけるかなぁ?と思ってましたが、昨日は気がつきませんでした…。
あああ、アナイのワンピース欲しくて仕方がない!BBAなのに…。でも着られそうな気がするんですよね~。(無理だって!)

真央ちゃん展が開催された後、日本橋高島屋に行くことが何度かありましたが、普通の高島屋に戻っていて…、
あんなに日本橋高島屋1Fに人が溢れたのは初めて見ました。(←真央ちゃん展の時)
(私が行った時は両日とも大丈夫でしたが、入場制限があった日もあるとか。)
横浜高島屋1Fはいつも混雑していて、特にエントランスは人だかりなので、昨日は雨やどりしている人も多くさらにごった返していて、
それに対し、真央ちゃん展はこじんまりとしていて、(もちろん普通には混雑してはいるものの、)
1Fの関連グッズ売り場もこじんまり、ちょっと淋しいような気もしましたが、
展示の仕方が違うと印象も違い、単に会場スペースの問題かもしれませんが、
前の展示方法の方が良かったり、今回の方が見やすかったり、会場の雰囲気も全く違いました。
両方行けて良かったです。
できれば全会場を行脚したいくらいですが…。
横浜会期中に、もしタイミングが合い、少しでも時間があれば、ジュピターの衣装だけでも再度見に行きたいなぁ。(無理かも)
もし行けそうなことがあっても、晴天で混雑していて入れないかもしれませんしね…。あとは運を天に任せます。

(※高島屋の日本橋と横浜の全体の集客などは知りません。1F正面入り口に関しては、
 エントランス付近の構造と売り場の配置により、日本橋はすっきり、横浜は混雑という個人的な印象を持っています。)


ともかく、私の今回の一番の目的、メッセージを書く!というのは無事果たせました!
Mansikka様、コメント欄でのやりとりを許してくださって有難うございました♪感謝感謝♪
言い出してから(勝手に作った)〆まで時間がなく、大変申し訳ありませんでしたが、
お預かりしたメッセージは、魂を込めて書きました(←大袈裟www)!

また、長々とレポを書いてしまって申し訳ありません。読んで下さった方、ありがとうございました♪


(流鏑馬記事(初スケート以外の記事)のコメント欄じゃない方がいいかなぁとも思いましたが、
 既にメッセージのやりとりなどもしており(すいません)、今更前の記事につけるのも…というのと、
 そろそろ次の記事が更新されるかな~?と思い、ここに載せさせていただきます。)

Re: お名前がない方へ

> 素敵な記事UPありがとう御座います。(´∇`)
いえいえ、どういたしまして♪ こちらこそコメントありがとうじゃいます!

> フィンランドで ☆流鏑馬☆ 何て、素晴らしい ! !
ホント、ビックリですねぇ。北欧初の流鏑馬がフィンランドで行われるとは思いもしませんでした!

> 白人の方でも違和感なく、とても似合っていて美しいので、二度ビックリです !
着付けが上手いのかしら。全く違和感ないですね!

【憧れるから、尊重する。】そうですね。
蕎麦国のように憧れが嫉妬になるとどうしようもないニダねぇ。

> 反日 K&C国 も、政府や悪徳商業勢力等が、
> 国民を洗脳し、工作員・テロリスト化してる事に、皆さんが気付いて、
> 暗闇にまみれるのではなく、
> 早く (陽の当たる方向へ)、動いて行って欲しいなぁと思います…。

テレビ離れが進んでるし、若者が騙されないってのが、明るい兆候ニダね。
ウリも早く健全な社会になるよう願ってまスミダ。

Re: れれれ様へ

> mansikkaさん、いつもご返事をありがとうございます。コメント欄をお借りしている事もありがとうございます。
いえいえ、れれれ様もいつもご丁寧なコメントありがとね!

> 流鏑馬の儀式を知らなかったわたくしは一つ勉強になり嬉しゅうございます。戦国時代のドラマで馬が走る場面を観てもドキドキしてしまうんだもの、目の前であのような装束の方々を拝見できたら……いいなぁ。素敵な記事でした。
ウリも「カッコいいなぁ~見たいなあ~」と思いつつ、無知だったので見学できて勉強になったデヨ。

> そうだ。わたくしには娘はおりません。我が娘(真央ちゃん)へのメッセージをケイティさんに託しますと書きたかったんです。
そっか!勘違いしてミアネ~!

> mansikkaさん、スケート以外のご記事も知的でドラマティック且つ勉強になりカムサ!でございます。
キャアアック!褒められると恐縮しちゃうニダ。今回の記事は神事の見学経験を書いたので、恐る恐る書きますた。何か、神様を冒涜するような事を書いてないかしらとドチドチ・・・

> 真央切手の申込み日は近いです 。
郵便局のサイトにも出てましたね!

> そう言えば、アロエ様は今夜がデートでしたか。ドキドキ。
ウリも昨日同じことを考えてたニダw 皆でワイワイ楽しいひと時を過ごせたことを願ってまスミダ♪

Re: たかさな様へ

たかさな様いらっさいましまし!
前にもこちらにいらっさいましたニダね♪

> 私の生まれ故郷でも秋のお祭りに流鏑馬があり、子供の時から見ていました。
おお、いいですねぇ。幼少期からこんな神事を身近に見てきたってのは羨ましいニダ♪

> 偶然にも嫁ぎ先に流鏑馬をする秋のお祭りがあります。今迄仕事などでお祭りに行けなかったので、今年は幼い娘に初めて流鏑馬を見せようとMansikkaさんの記事を読んで思いました。
日本は人ごみが多くて大変ですよねぇ。娘さんと良い場所で見れることを願ってまスミダ♪

> 紙についてですが、伊達政宗の家来である支倉常長がヨーロッパに行った時、和紙があまりにも素晴らしいものであったために、鼻をかんで捨てたもの迄現地の人々が拾っていた、という話を思い出しました。
> 日本の古き良き伝統、文化を改めて気づかせてくれてありがとうございます。

おお!この話は初耳!そうそう、西洋人って今でもハンカチで洟をかむ人がたまにいるニダ。考えてみると、紙で洟をかむ歴史が日本より浅いニダねぇ。たかさな様、興味深いお話をありがとうごじゃいました!

Re: ケイティ様へ

ケイティ様、ばんしお~!

> 女の子の発言面白いですね!
聞いた時は一瞬、「えっ?」と思ったニダが、子供の無邪気な感想ニダな。チモッミ新鮮ですた。

> 日本だと紙って古来から神聖なものとして何となく肌で感じているところがあるので、
> そういう違和感って言われないとわからないですよね。とっても新鮮♪

紙の髪飾りは神社の雰囲気ともピッタリで違和感がないけど、こちらで初めて目にすると驚くでしょうねぇ。

にゃは!ちと外出の時間が来てしまったニダ!
時間が出来次第、返事の続きを書きまスミダ~!(高島屋展レポもありがとね!)

ばんしお〜!
流鏑馬の話題、想像以上の盛り上がりですね!あまり身近な行事ではないので、改めて興味深く読みました。そしてMansikka様と皆様の知識と経験の豊かさに感心する事しきりです。小笠原清基さんの怪我はブログに、ちょい本気負傷って書いてありましたから心配です。

ケィティ様、丁寧なレポありがとうございます😃雨で大変でしたね。
ウリ(達)の気持ちも込めてもらえて感謝です!真央ちゃんにみんなの想いが届きますように♪
会場によって違いがあるなんて、行った人じゃないとわからないですよね。ぜひ新宿でもマオマオして下さい!



ケイティさ~~ん!

お疲れ様でございましたっ!感激でございます!わたくしのメッセージをファンレターにして持って行って下さった事で目頭が熱くなり、詳細なご報告を読み終わる前に涙したれれれです。ケイティさんの真央ちゃんへの愛、わたくしたちへの愛(優しさ)、ご報告内容が相まって涙が………
間近で傷だらけのスケート靴や鐘、仮面、幻想、ピアコンの衣裳を見たら……ピュアな笑顔のお写真を見たら………涙腺崩壊かも(涙)
真央ちゃんが痩せ細った時は顔も変わってしまい消えてしまいそうでした。衣裳のお直しが必要な時もあったとか(また涙が…)。


ケイティさんありがとうございます。ご報告を読みながら、わたくしも会場で真央ちゃんに感動しているような気持ちになりました。
何度も読み返しては涙してしまいそうなレポートでございます。

真央ちゃん万歳、ケイティさん万歳!!

れれれニムへ

わんばんこ∪・ω・∪

きゃ~ドチドチさせてしまって申し訳ありません~!
ウリは必死にデートにお誘いしたデヨ。でも彼には全く伝わってなかったみたいでw
結局、男女7人の飲み会になってしまったニダ~
そしてずーっと二日酔い…
パボなウリ…

Mansikkaソンセンニムも、れれれニムも、ケイティニムも、皆様リア充ニダなぁ…( -_-)

れれれニムの真央ちゃんへのメッセージ素晴らしい文章で、Mansikkaソンセンニムのメッセージはシャレてるし、いいなあ~

ウリもきっと、真央ちゃん展行ったら、泣いてしまうニダ……

ケイティニムへ

Moi!

メッセージ届けて下さってありがとうございます!
自分が行って見てきたみたいで、幸せニダ!
天気悪かったでそ? 風邪とか……大丈夫ニカ?

素敵なお手紙にもして下さって……ケイティニムさえよろしければ、ぜひ真央ちゃんに送ってほしいと思いまスミダ。
お願いばかりで、ミアネ……
ケイティニムには何もお返しできないウリ…
せめて感謝のチッスを…(^з^)-☆Chu!!

スケートのネックレス、きっと似合うニダよ。ウリにはわかる!
アナイのワンピースもぜひ着て下さいニダ!

シェヘラのパンツスタイル、札幌でのNHK杯で実際に見たニダが、あまりの真央ちゃんの細さと、凛とした美しさに、息が止まりそうになったニダ……
真央ちゃん展で見たら、やっぱり泣いてしまうかも…

ウリのメッセージはハートできゃわわ~で、Mansikkaソンセンニムのは、名前どおりの苺ちゃん?

センスいいニダね(ゝω・)

うわ~~っアロエ様!

ご無沙汰致してしております!喉の渇きに目覚めましたらアロエ様からのメッセージがっ。


れれれは思いますの。彼はアロエ様のお誘いを理解していらっしゃるのではと。シャイな方なのではないかと。
物事には段階がございます。
ご友人を交えての飲み会や外出 も有りでございます。実際わたくしも経験致しました(二日酔いも)。
楽しんで下さいまし。素敵な笑顔で彼とお仲間を魅了して下さいまし。うふ。


ケイティさん託したメッセージが真央ちゃんに届くのだわと思いますと………嬉しいですわねっキャッ

いやん

まあ、紙は、北欧はパルプ紙が作られるまでは、革で書いてた文化けん?
だもんねぇ。
仕方がないべ。日本は楮から作ってたもんね。
しかも、紙は高級品で、戦前までは。
戦争中なんて紙すらまともに製品化されなかったもんね。
石油がなかったもんだから。
トイレの紙も、金持ちは昔の和紙の使い古しを使えたけど。
普通の百姓は草でおけつを吹いてたと、驚愕の告白を母から聞いて。
紙のありがたさを感じておりますだ。
北欧の子供たちに伝えてくだされ。

スノードーム様

おはようございます。

「(メッセージ)いいって言ったのに~」とご不快に思われたらどうしよう…と思っていたので良かったです♪
こうなったら新宿も頑張って行かないと!ですね。その前にマオマオ切手だ~!!

アロエニムへ

Moi♪

御心配ありがとうございます~。
午前中は所用があって、何度か出たり入ったり、用事がすんだので衣装展に行けたのですが、
まぁタイミングの難しいこと…、小雨になった!と思った瞬間に飛び出したら途中でバッシャーと大雨になったり、
変なところに人混み(雨を避けたりする人々)が出来ていたりで変な疲労感はありましたが、
風邪などは大丈夫です~!カムサなんです!

アロエニムこそ、北海道はこの間、5月に大雪が降ったと思ったら、つい先日は沖縄より暑かったりして大変ですね!
天気予報見てびっくらこいたデヨ。6月史上最高の猛暑日とか、真夏日とか…。90年ぶりの暑さとか。
病み上がりなのでお身体大事にしてくださいね!

アロエニムはOKなんですね!では、Mansikka様とれれれさんの許可をいただいたら、IMGに送っちゃいましょう(^^)♪

きゃ~キッスもらっちゃった♪(*^o^*)ぽっ♪
では私もお返しのキッスを~☆⌒ヾ(^・^*)(*^・^)ノ⌒☆ナゲキッチュ♪

アアアアアアアナイのワンピースも買っちゃう…???ドキドキ。((o(б_б;)o))

アロエニムはシェヘラの実際の演技を御覧になったんですね~。羨ましい!!
痛々しさと美しさと凛々しさと…そして素晴らしいプログラムでしたよねぇ…。

そして(実は結構)気になっていた飲み会…!
男女七人夏物語だぁ!とニヤニヤしてしまった私は古い女…古すぎる…☆(゚◇゚)~☆

私もれれれさんの「物事には段階が」あるとのお言葉(カッコイイ~♪)に同感いたします。
まぁ、もともと慎重派なんですけどwww。
お友達としてお仲間で楽しんで、しばらくしたら進展するかもしれないし、しないかもしれませんけど、
楽しく過ごしているうちにきっと良いことがありますよ♪
良いお友達を得るのだってとっても素敵なこと♪そういう中からまた次のステップが生まれてくると思います。
ゆったり構えて、仲良く楽しく過ごして、楽しい気持ちから幸せが生まれてきますよ、きっと!!

れれれさんへ

わちにんこ♪

メッセージは書くことができて本当にほっといたしました…。
でもきっと真央ちゃんの手許に届くのはずっと先ね…。でも、届くと思うと嬉しいですよね~♪

今日、実は午後イチで、横浜の、高島屋から横浜駅のターミナルの反対側で一件、所用があり、
その後市内別所へ…という予定でした。

朝、れれれさんやスノードーム様やアロエニムのコメントを読ませていただいてほっこり♪し、お返事を書いている途中、
ビビビッとヒラメキが!
大雨警報は相変わらず出ているものの、幸い小雨だったのもあり、
がんばって早く行って高島屋の方を回って行けば、取り敢えずタッソーの人形や高島屋外壁の大看板は見られる?
と思い、大急ぎで用意して出掛けました!(焦ったおかげで着る洋服まちがえてしまいました(๑´ڡ`๑)てへぺろ♪)
そして、やはり足は8階展示会会場へ…。(足が勝手に向かってしまう…。)
といってもゆっくり展示を見る時間がなく、先日のつけたしになりますが、補足&訂正レポ書きます~♪
(というか、今日は大行列でした!やっぱり土日&お天気効果ね!!先日と打って変わって熱気に溢れてました~!)

流鏑馬のコメント欄がドンドン長くなっていっているのにちょっと(いや、かなり)気が引けますが…。

横浜高島屋真央ちゃん展レポ♪ 補足&訂正

こんにちは♪
今日、実は午後イチで、横浜の高島屋とは反対側(ターミナルを超えるの結構遠い)で一件、所用があり、
その後市内別所へ行って別の用事…という予定でした。

大雨警報は相変わらず出ているものの、朝は幸い小雨だったのもあり、ビビビッとヒラメキが!
がんばって早く行って高島屋の方を回って行けば、
取り敢えずタッソーの人形や高島屋外壁の大看板は見られる?
この間(大雨で)見られなかったショーウィンドーの確認もできる?
と急に思い立ち、大急ぎで用意して出掛けました!

横浜駅に到着したのが10時ちょうど頃、大看板やタッソーを確認しました。
何度見てもタッソーの人形、良くできています…。動きがあるので、衣装の後ろの部分なども細かく見られて嬉しい♪
高島屋の周囲を回ってみましたが、日本橋のような素敵なショーウィンドーはなく、残念。(でも確認出来て良かった!)

そして、やはり足は8階展示会会場へ…。(足が勝手に向かってしまう…。)
会場に到着したのは、10時10分頃?まだ早いのに、既に大行列になっていてびっくり!
この間はスペースとして空いていた(行列を作る場所と予想した)場所にやはり行列がありました。
しかし、皆会場に意識が向かっており、せっかく設置した上方の2つのモニターを見ている人はあまりいませんでした…。
(せっかくのアイデアなのに残念!)
しかも、その場所だけでは足りずに、階段下まで大行列が…。

入場は諦め、真央ちゃんとのツーショット写真を撮ることに。しかし、そこもかなりの行列。がんばって並んで撮って貰いました♪

メッセージボードは入場しなくても書けることは先日発見していたので、まだあまり書かれていないボードに書くことに。
皆さんのメッセージまた書いちゃいました!真央ちゃんがいずれ見たら「これ、同じじゃ…?」と思われちゃうかも。
やばっΣ( ̄Д ̄;)と思いつつも、この手が勝手に…。
でも、今度はメッセージとメッセージの合間を縫うようにしてではなく、結構良い場所にしっかりと!
私も相変わらず「世界一」と「We Love You」とか、「幸せに」「ありがとう」「世界女王のままプロになって」とか書き散らかしてきました!
(自由すぎる…?)
ソチFS試聴コーナーで何度も演技を見、新聞記事の掲示もじっくり読み、またグッズ販売コーナーをウロウロ、
スポンサーコーナーさんまでは行けるので、アルソアさんのCM集を見たり、ネピアさんの真央姫パネルにうっとりしたり、
他、スポンサーコーナーをじっくり見て、またソチ試聴コーナーへ(何回行くんだ!)、また涙…。

そろそろ帰る(移動する)か…と思ったら、なんと、一時的に行列が短くなっている!
ラッキー♪と思い、何とか入場。
(早めの昼食タイムだったのかも?
 帰り際にちょっと観察していたら、絶え間なく入場者が途切れることなくいるものの、混んだり空いたりを繰り返しているようでした。
 朝の大行列は、高島屋のオープン前から待っていた人がたくさんいたってことですよね。すごい!
 別の日はどうかわかりませんし、今後、別会場でどうかもわかりませんが、
 あまりにも混んでいるときは、(時間があれば)別の所で時間を潰したり先に用事をすませたりして再訪するのも一つの手かも!?)

先日とは打って変わって熱気に溢れてました~!
(日本橋も含め)今までは、一人で来ている姿も多く見かけたものの、(今日も)もちろん一人の人もいましたが、
今日は、カップル、夫婦、親子連れ、ファミリー総出、お友達同士、お友達グループ、と、一組一組の人数がちょっと多い感じでした。

あと、先日、デジタル朝日のラストダンスがない!と書きましたが、あるのを発見しました!
真央ちゃんとの撮影ブースと会場入り口の間の柱にモニターがかかっていて、そこで放送されていました!
そこしか場所がなかったのね…。みんな通過するのみ…。悲しいというか可哀想というか…。゚・(>Д<)・゚。

あと、1Fのマオマオグッズ売り場にエアーウィーブさんが来ていなかったと言いましたが、
ちゃんと寝具売り場にはあったようです。
途中階のエスカレーターで細々と、「浅田真央さんが宣伝に出ているエアーウィーブあります~」とチラシを配っていました。
もっと目立つところで目立つようにやらないと…。残念。(ってえらそうですね。)

せっかく入場できたものの、展示をゆっくり見ている時間がなく、
ジュピターと、この間ちょっと曖昧だったところのみ、(いやでもやっぱり仮面と鐘は外せないけど…)見てきました。

展示衣装・横浜 (おなじショーケースに入っているもの毎にまとめました。番号は私が勝手に振りました)
1) カルメン、くるみ割人形
2) 旧ノクターン、チャルダッシュ、幻想即興曲(白)、幻想即興曲(赤)
3) ヴァイオリン、FS仮面、月の光、SP仮面(ピンク)、SP仮面(赤)、鐘
4) シェヘラ(パンツ)、愛の夢、シェヘラ(スカート)、白鳥
5) アイガット、新ノクターン(花)
EX(ケースなし) オズ、ハバネラ、虹の彼方に、So Deep、ポル・ウナ、カプリース、黒バラ、ジュピター、メリーポピンズ
6) みどりさんのおさがり
7) 新ノクターン(ハート)、ピアコン(ソチ)

この間、「月の光から鐘まで」が一緒のケースにと書いてしまいましたが、「ヴァイオリンから鐘まで」が正解ですので、訂正しますね。
(メモの時が汚くて合っているかわからない…。けど、記憶よりは正確な筈。)


今日の私のツボ♪

◇ 月の光の衣装の襟の所に、髪飾りがつけてあったのが可愛らしかったです。

◇ ジュピターの腰の銀色の部分、この間も綺麗だな~と思いましたが、今日よく見たら、
  銀色の糸で編み目のように刺繍がしてあって、交差するところにストーンが配置されていて、
  よく見るとそのストーンが銀一色ではなく、青みがかっていたりオレンジがかっていたりと、色々な色がついていました。
  もしかしたら照明の加減でそう見えただけかもしれませんけど…ガン見して、どうもそのように感じました。
  とっても丁寧で繊細な心配りとお仕事だと思いました。

◇ メリーポピンズの衣装、よくみるとフリルとか刺繍とかとってもとっても凝っていて、
  気づかないところにストーンもたくさんあって、とっても手の込んだ作りでした。

◇ オズの魔法使いのところのコメントが微笑ましかったです。
   「エアロと一緒に滑ったのが思い出になっています。エアロ、かわいかった!」
   「あれは真央のアイデアでした。でも、もうエアロと一緒には滑らないと決めたんです。すごく怖がっていたから、かわいそうになっちゃって。
   だからあの時1回きりなんですよ」
  (実際に何かで聞いたことあるような覚えがありますが、改めて読んで、可笑しくなりました。)


新聞記事も全部くまなく読んだわけではないんですが、読んだ中で印象に残ったところ。
やっぱりタラソワ先生好きの私は、2008年のタラソワ先生がコーチについた時の記事に感銘を受けました。

真央ちゃん
「コーチは絶対に必要です。自分をプッシュしてもらいたいからです。気合いが入るじゃないですか。
 一人で練習していると、疲れた時にはどうしても気を抜いてしまう。
 自分では気づかない部分に、指示や見極めもしてくれますからね」
「どちらかというと、コーチにはいつも見ていてほしい。でも、大丈夫です。
 10月には私がモスクワに行きますから。試合になってしまえば、もう自分一人だから」

タラソワコーチからは「挑戦」というテーマを与えられた。
タラソワ先生
「世界選手権に優勝すれば一生チャンピオン、というわけではない。
 毎年毎年大会があり、みなさんに女王であることを確認してもらわないといけない」
真央ちゃん
「いい考えですね。
 昨シーズンでは世界選手権で優勝できたけど、新しいシーズンは新しい選手がチャンピオンになるかもしれない。
 もう一回、一から新たな気持ちで臨みたい」

真央ちゃん展のレポにかの人たちの名前を出すのは憚られるのですが…、
「試合になってしまえば自分一人」という決意のようなもの、ずっと変わらずに真央ちゃんは持っていましたよね…、
それに、「世界選手権に優勝すれば一生チャンピオンというわけではない」というタラソワ先生と真央ちゃんの厳しい考え、
乱心先生やいつまでもクイーンを名乗り続ける偽女王とか、聞かせてあげたい。でも通じないだろうけど…。

1Fのマオマオ関連売り場も盛況のようでした。良かった良かった♪

そうそうそう、皆様のメッセージ、ファンレターのようにして、ラベンダーの封筒に入れたと報告しましたが、
封筒にエアロちゃんっぽい犬の写真のシールと周りにお花のシールをつけた封筒にしたのでした。
ま、結局渡していないんですけど。すっかり忘れていて、今日封筒の実物を見て、あ~書き忘れた!と…。
一応御報告です。

と、駆け足の強行鑑賞でしたが、補足&訂正レポでした♪

Re: ケイティ様へ

ケイティ様、皆様、お返事が大分遅くなりました!ミアネ!

> 東大寺のお水取り(修二会)で修行僧が紙衣着たりしますし、
> 歌舞伎なんかでも紙衣譲りなんて行事もありますし、紙って和事

ウリ、紙衣譲りは初耳で、ググッたら芸を引き継ぐものに紙衣を譲るんですね!興味深い話をkmsなんです!

> 和傘なんかきっと海外の方たちに受けると思うわ~。
和傘もいいけど、普通の傘でもいいと思うニダ。日本製は安くても丈夫で壊れにくいから、ウリは里帰りしたら、必ず傘を購入するんです。

> そういえば、知人が昔弓道をやっていて、なんちゃって流鏑馬に参加させて貰ったことがありました。
> 弓はできるけれども、馬は乗れないので…、大人しい馬に乗せて貰って、
> 馬をゆっくり引いて歩いてもらって、弓を射るのです…。

子供の頃、おとなしい馬に乗せてもらったことがあるけど、馬って歩くだけでも結構揺れるニダな。

> それでも、一応、(弓の)上級者で一部のみが参加できる行事だったらしくて、そんなものでも大興奮していました。
いやぁ、興奮すると思うニダ。カッコいいことの真似事が出来るんだもの~!

> 海外で執り行われる流鏑馬って、イベント的な要素が強くて、前半は真面目な儀式、
> 後半は体験イベントみたいなものかと勝手に想像してました。大変失礼しました。

ウリもね、まさか本格的なのはやらないだろうと思ってたデヨw しつこく、本当にこの衣装で日本人がやるんですか?とか、事前にフィンランド人の武道関係者に聞きますたデヨw 初めて聞いた時は、フィンランド人が日本人の指導を受けて、流鏑馬の真似事するニカ?と思ってました。

> とっても本格的で、感動することしきり!!私も見たかったわ~♪
> 新聞記事やFBなども拝見しました。とっても素敵なお写真がたくさんあって、嬉しかったです。
> こういう文化交流は、どんどんやってもらいたいですよね。

そうなの。クールジャパンの会議で安藤先生に日当払うぐらいなら、こういう文化事業への補助金を少しでも増やしたほうがいいと思うニダ。

Re: ケイティ様へ

>お預かりしたメッセージは、魂を込めて書きました(←大袈裟www)!
おお~、ケイティ様、どうもありがとうごじゃいます!

アロエニムのメッセージはハートマークで囲んで、Mansikka様のメッセージには苺の絵を(勝手に)添えて、
何という気配り!苺の絵まで描いてくださったとはありがたいニダ♪ アロエニムのハートは何か特別な意味があるニカ?その?w

れれれさんのメッセージは、最初は頑張って(私の中でできるだけ)美しい文字で書いたのですが、途中から姿勢がつらくなり、段々と文字が乱れてしまって…申し訳なかったです。
週末だし、かなり混んでたでそ? 混雑の中でスペース探したり、メモ見ながら、4人分のメッセージを書くのは大変ニダね。ケイティ様のおかげでウリ達も高島屋に行った気分に浸れたデヨ~!kmsなんです!

あと、目立つのはシェヘラ(パンツ)ですね~。鮮やかな青ですからね。ビジューもとっても素敵。
シェヘラのパンツ衣装でのステプが大好物なウリ♪ やっぱシェヘラはいいニダねぇ。

今回追加されていたのは、ジュピターとギネス認定証でした。
ギネス認定証もあったニカ!少しづつ、展示物を変えるところが商売上手ニダなw

DVDや書籍販売コーナーも小さめ。でも、書籍の種類は潤沢なようでした。
但し、ぴろの健在。

うへぁ、ぴろのは要りませんぐ。巻きますペンの敵と言えば、イルボンじゃぴろのと岩○徹(エゴサーチしてるらしいから伏字ニダw)この2人の発言はピギョペンには需要がなさ~。

反動で、前回「可愛すぎる」と回避したスケート靴のネックレスを買っちゃいました♪
ウリの持ってるスケート靴のペンダントトップ(別ブランド)は、もう売られてなくて、さっさと買っておいてよかったと思ったんです。中々ないデザインだものね。希少価値があるニダ♪ 多分w

あ、そうそう、アナイのワンピース着てる人見かけるかなぁ?と思ってましたが、昨日は気がつきませんでした…。
さすがに真央展で着けるのは勇気が要るニカねw 

ケイティ様の細かいレポで、デパート内の雰囲気やグッズ販売の様子まで鮮明にイメージできたんです。
書くの大変だった事でしょう。どうもありがとうごじゃいましたm(__)m

Re: スノードーム様へ

スノードーム様、ばんしお〜!

> 流鏑馬の話題、想像以上の盛り上がりですね!あまり身近な行事ではないので、改めて興味深く読みました。
皆様、クールジャパン会議での安藤先生にウンザリしてたと思うデヨ。「VANKの会議に参加してるニカ?ディスカウントジャパンキャンペーンの会議ニカ?」と思うような発言内容だったしねぇ。その後に、日本文化の国際交流に頑張ってる方々の話題が出たんで、気分が晴れたってのもあるかもニダ。

そしてMansikka様と皆様の知識と経験の豊かさに感心する事しきりです。小笠原清基さんの怪我はブログに、ちょい本気負傷って書いてありましたから心配です。
今後の活動に大きな影響を与える怪我でなければいいんですけどねぇ。
そしてウリも皆様の博識ぶりに驚くと同時に、良い刺激を受けたんです♪

Re: アロエニムへ

↓横レスはやめようと思いつつ、この挨拶が可愛くてw
> わんばんこ∪・ω・∪
れれれ様語録にきゃわわな犬のAAがついて、パワーアップニダね♪

> 結局、男女7人の飲み会になってしまったニダ~
「男女7人夏物語」思い出してもうた!ってウリのオモニがががw

> そしてずーっと二日酔い…
> パボなウリ…

ウリは飲みすぎるとすぐ気分が悪くなって寝ちゃうせいか、二日酔いの経験がないニダ。ウリ旦那見てると、二日酔いで気分悪くても、しっかり食べると回復が早い印象。ゆっくりして下さいまし。

Re: れれれ様へ

↓横レスニダが、この部分にまるっと同意なんです。
> れれれは思いますの。彼はアロエ様のお誘いを理解していらっしゃるのではと。シャイな方なのではないかと。
彼はシャイだから、お見舞いに行くまで何もそぶりを見せなかったと思うニダ♪

> 実際わたくしも経験致しました(二日酔いも)。
にゃは!ウリ、全く飲めない人より少しは飲める人が好きニダね。ま、ウリはお酒強くないニダがw でも、一緒に飲んで和気藹々と楽しめる人が好きニダ。アロエニムもきっと皆さんと飲み会を通して親交を深めたことでしょう・・・うふ(はぁとw

Re: 羅門様へ

> まあ、紙は、北欧はパルプ紙が作られるまでは、革で書いてた文化けん?
> だもんねぇ。

ヨーロッパは羊皮紙使ってたニダねぇ。フィンランド最古の紙の書類は1350年のものらしさ。

> 仕方がないべ。日本は楮から作ってたもんね。
楮の樹皮からだもんね。紙の製法がスペインには12世紀、他の欧州地方は大体14世紀頃に伝わったらしさ。しかし、樹皮で作るようになった歴史は浅いみたいデヨ。

> しかも、紙は高級品で、戦前までは。
江戸時代とか、結構リサイクルしてたみたいニダね。

> 戦争中なんて紙すらまともに製品化されなかったもんね。
> 石油がなかったもんだから。

あの時代は大変だったでしょうねぇ。

> トイレの紙も、金持ちは昔の和紙の使い古しを使えたけど。
> 普通の百姓は草でおけつを吹いてたと、驚愕の告白を母から聞いて。
> 紙のありがたさを感じておりますだ。

ひぇ~~~。都会の人間はほどよい草も手に入れにくかったかもニダなぁ・・・

> 北欧の子供たちに伝えてくだされ。
また、教える機会があったら、紙の歴史の色々をじぇひ教えたいニダ。

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。遠い北欧の地でこんなに本格的な流鏑馬が行われたのですね。サムライの形だけでなく、鎌倉武士の大切な神事として理解して下さってるのがとても伝わって来ました。素敵な記事ありがとうございました。

いやん

神聖な流鏑馬を吸い込もうとしたら、バチが当たって、違うところにコメがはいってしまったよー。
シクシクシク(;_;)

神様もう二度としません。
(;_;)

Re: 夜想曲様へ

夜想曲様、いらっさいまし♪

> 遠い北欧の地でこんなに本格的な流鏑馬が行われたのですね。サムライの形だけでなく、鎌倉武士の大切な神事として理解して下さってるのがとても伝わって来ました。素敵な記事ありがとうございました。
話はちょっとズレますが、最近、蕎麦国の大学教授がヘルシンキ大学で講演したみたいニダね。で、朝鮮半島の「フィンランド化」懸念なんて話をしたらしさ。フィンランドと蕎麦国の状況を重ねるなんてパボニダな。
フィンランドはスウェーデンやロシアに支配された属国の歴史があるけれど、蕎麦国と違って歴史を大事にしてますデヨ。国立博物館に行くと古い地図があって領土の変遷がわかるし、お金の代わりにリスの毛皮で取引してた時代とか、そういうことを粉飾しませんからね。やはり、自力で独立を勝ち取った国は、その価値を忘れまいとするのでしょうね。そこが他国文化を尊重する姿勢に繋がってると思うニダ。
お返事が長くなってしまったニダ~(^_^;)
夜想曲様、コメント、ありがとうごじゃいました!

Re: 羅門様へ

> 神聖な流鏑馬を吸い込もうとしたら、バチが当たって、違うところにコメがはいってしまったよー。
> シクシクシク(;_;)
>
> 神様もう二度としません。
> (;_;)

にゃは!ウリは管理画面からコメント見てるから、どの記事にコメが入ったかってのが見えないニダw こんなんだから気にしなくていいニダよ~!ウリも安藤先生の記事を間違えて流鏑馬の前にしちゃったし・・・(^_^;)

ケイティさ~~んっ

二度もメッセージを書いて下さったニカ!?うわ~~感激でございます。細やかなお気遣いも本当にありがとうございます(封筒や可愛いシール!)!

真央衣裳ステキでしょうねぇ。幻想 仮面 鐘 ピアコンは勿論アイガットや愛の夢の衣裳も素敵でしょうねぇ……うっとり。
今日久しぶりに仮面FSを鑑賞したのですが……素敵な衣裳に超高難度なプログラム、そしてタラソワ先生に「死ぬ気でやれ(滑ろ?)」と言われたあのステップ!涙腺崩壊でございました。茶番前の真央ちゃんの鑑賞も胸が苦しくなってしまうのですが神演技でございました……


ケイティさん、わたくし達のメッセージをファンレターとして送って下さるんですの!?れれれはとっても嬉しいっ。甘えっぱなしではございますが、どうぞ宜しくお願い致します!わ~いわ~い。


二度目のレポートも再度じ~っくり読ませて頂きますわね。
ケイティさんに感謝でございます!!




れれれさんへ

わんばんこ♪

同じメッセージを2回書くのはどうかと思ったのですが…、なにせ唐突に衝動的に出かけてしまったので…。
1回目はメッセージとメッセージの間に書いたけれど、2回目は真ん中にどどーんと書けたので、
1回目よりは目立つと思います♪
れれれさんのメッセージもちゃんと可愛いとオシャレの中間ぐらいの枠で(どんなんだ!?)囲んでありますよ♪

IMGに送ると同じメッセージを3回届けることになりますが…、
アロエニムもれれれ様も希望されるとのこと、
「展覧会でメッセージを書けなかった時のために用意した」とか「せっかくみんなで作ったので」などと書いて、
送っておきます~♪ 送ったらまた報告します♪

今回好評だったので、また別の(百貨店などが)真央ちゃん展を企画するかもしれませんし、
(私は後から知ったのですが)以前に何人かのスケーターの代表衣装の展示イベントがあったようですし、
衣装を見られる機会はあると思います。
れれれさん、今回は残念でしたが、いつか見られると良いですね♪
いずれ真央ちゃん記念館が出来るかもしれませんし!!

FS仮面素敵ですよねぇ。あの鬼ステップ初めて見た時は衝撃を受けました!
私も胸が苦しくなるので、ずっと見ていなかった鐘を先日来何度も見ているのですが…、素晴らしい!!
早く『20歳になった氷上の妖精』を見たいのですが、…今週末は見られるかな??

いつもれれれさんのメッセージを読むとほっこりします♪ カ ム サ なんです♪
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR