2014-10-01(Wed)

客席動画キャプで見るオペラオンアイス/巻きますの鼻セレブ


この記事は先週から昨日にかけて、少しづつ用意してたんですが、
昨日はとても落ち込んだ気分で、うpしそびれたニダ。
今日はあとで、息抜きに個人的な四方山話でも書こうと思ってますデヨ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【客席動画キャプで見るオペラオンアイス】

1週間ちょっと前にあったイタリアのオペラオンアイス。
つべに動画がたくさん上がってましたね。
どんな曲をどんな衣装や舞台装置で魅せてくれたのか、興味津々でチラッと見てみますた。

下のチャルの曲はオペラ「ラクメ」の第一幕から「花の二重唱」。
中国ペアのパントン組の演技ニダ。
このオペラの舞台はインドですが、衣装はインド風ではないニダな。
20140930005.jpg
20140930004.jpg
Opera pop on Ice 2014 - Love lace - Pang e Tong動画リンク
↓2人のオペラ歌手が纏う衣装のデザイン画はこれかしら・・・?
下のキャプの葉っぱのついたシースルーの衣装じゃなさ?
20140930008.jpg
バニティフェア記事&動画のリンク
スケーターの衣装だとばかり思ってたんです。
オペラ歌手もこんな難度の高い衣装を着こなさなきゃいけないなんて大変ニダね。
寒いリンク上で薄い衣装で、しかも身動きが取れない中、歌うのは大変だった事でしょう。

下のキャプの曲はプッチーニのオペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」。
椅子にはダンスのカッペちゃんが座ってるんじゃなさ?と期待感があるニダが、
動画では座ってる面々の顔がわかりませんぐ。じゃんねんニダ。

お立ち台に立って歌うオペラ歌手がトゥーランドット姫へ求婚したカラフ役で、
コスがトゥーランドット姫、ランビとジェフは・・・姫の取り巻きニカ?w
(教養がなくて分からないニダw すんません!)
20140930006.jpg
トゥーランドット動画リンク
ここで使われてる銀色のお立ち台はバニティフェア誌の練習動画にも出てきますた。
コスの衣装はその練習動画にデザイン画が出ましたね。
イラストで黄色い部分がゴールドになったニカな。
20140930007.jpg
バニティフェア記事&動画のリンク←前述のリンクと同じです)

しかし、豪華ニダなぁ。
上の2曲でオペラ歌手が3人も出て、更にバイオリニストのCatharina Chenさんも出てるニダ。
草を模した山車に乗って登場・・・こんな衣装も着こなすチェンさん。凄いデヨ!
お、いつの間にか、山車からストレリチア(極楽蝶花)の花弁のようなものが出てまスミダ。
20140930001.jpg
↓シンクロナイズドのスケッタドルが山車から帯状の布を引っ張り出します。
更に蝶を持った男性達が出てきて、幻想的ニダなぁ。
20140930002.jpg
OperaPOP, Intimissimi On Ice - Lo spettacolo finale 動画リンク
曲はコールドプレイの「Viva la Vida」。
ドンブーの今季FSでも使っていた曲ニダ。
↓女性達が帯状の布を持って退場すると、鳥や花を持った男性もやって来ます。
20140930003.jpg
もう、ゾラ美しさ・・・1度でいいから生で見てみたいって気持ちになりますデヨ。
「Viva la Vida」の日本語の曲名が「美しき生命」。蝶や花は生命の美しさの象徴ニカね。
で、ウリはこの美人バイオリニストのチェンさんが気になってしょうがないw
20140930009.jpg
演奏中の動画リンクフィナーレで登場する動画のリンク
チェンさんはノルウェーのオペラ・オーケストラでコンサート・マスターを務める
ノルウェー生まれ、中国系の若いバイオリニストさんらしさ。
ノルウェーではテレビにも出るセレブなようです。
(参考→チェンさんのホームページリンク
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【巻きますの鼻セレブ】

王子ネピアさんが 『My鼻セレブ 真央ちゃん体験篇』動画を
公開しております♪
20141001001.jpg
ネピアさんの動画リンクネピアさんのHPリンク

それから、ダイビング講習の様子もダイビングショップのブログに
新たな記事が上がってますた!巻きますの蛙の被り物姿もあるニダ♪
マリン実習☆浜名湖&プール編

てっきり、寒さ除けの被り物だと思っていたら、別の理由があったニダね。
ウリは湖で潜った事がないから、目からウロコでした。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

生で観たいな〜

ばんしお!

いやーん♡パン姐さんリアル妖精さん♡
森で出会ったら100%ついて行ってしまうわ。
トン兄もスタイル抜群!…でも妖精っていうより沼の妖精みたい(沼をdisってるわけじゃなさ。汗)
このペアからは"踊ってるのは二人"でも"魂は一つ"みたいな独特な雰囲気を感じるのでとても好きです。


それにしても凄いエンターテイメントですね。
スケーティング技術の高い人か、相当踊れる人じゃないと音楽負けしそう。
日本にも来て欲しいな〜。
チケットが高くても絶対即完売でしょう。


日本ではJOの観客が少なかったのは大マオ不在だから、ってマスコミが言ってましたわ。
出た、ネガティブな事は全部二人のせい。
そういうとこ!そういうとこやでー!(なぜか関西弁)

Re: ふわふわ麦茶様へ

ふわふわ麦茶様、ばんしお~~!

> いやーん♡パン姐さんリアル妖精さん♡
> 森で出会ったら100%ついて行ってしまうわ。

パン姐さんって美人な上にスタイルもいいニダなぁ。羨ましさ~。

> トン兄もスタイル抜群!…でも妖精っていうより沼の妖精みたい(沼をdisってるわけじゃなさ。汗)
トン兄は・・・あんな難しい衣装を着てるニダ!あんな難しい衣装は河童には無理であって!ハッと!沼の妖精だったニカ!トン兄、ごめんちゃい

> このペアからは"踊ってるのは二人"でも"魂は一つ"みたいな独特な雰囲気を感じるのでとても好きです。
何か、清涼感がありまスミダね。色んなショーに引っ張りだこなところをみると、人柄も良さ気で、ウリもお気に入りのペアなんです。

> それにしても凄いエンターテイメントですね。
> スケーティング技術の高い人か、相当踊れる人じゃないと音楽負けしそう

オペラ観劇でも豪華だというのに、有名なバイオリニストやスケッタドルの競演・・・ゴージャスだわ~。
スケッティングが駄目な人だと音楽に負けてしまうでしょうねぇ。

> 日本にも来て欲しいな〜。
> チケットが高くても絶対即完売でしょう。

舞台道具の移動で結構費用がかかりそうニダねぇ。でも、完売しそうではあるニダw

> 日本ではJOの観客が少なかったのは大マオ不在だから、ってマスコミが言ってましたわ。
> 出た、ネガティブな事は全部二人のせい。
> そういうとこ!そういうとこやでー!(なぜか関西弁)

人気者ハーニャもまっちーも不在だったからやで!とウリも関西弁しゃべてもうたwww 
そういや、ヨン棒アンチスレで、戦わない真央は美しくないって書いてる人がいたんです。やっぱJOの客入りが堪えたニカね?今頃って感じだわ。

再しお

度々すみませぬ

オペラのラクメについて勉強して(wikiですがw)再登場です。
インドのお嬢様とイギリス人将校の恋物語なのですね。
で、第一幕は『出会い』なのでトン兄は沼の妖精でも河童でもなくイケメン英国人将校ってことですね多分。
キャー失礼ぶっこきごめんねトン兄!

余談ですがラクメは最後に悲恋に胸を痛めて、
『チョウセンアサガオ』
を食べて命を断つストーリーだそうです。
思いがけない植物名に鼻水出ました。人の命が関係してるというのに。

なんだか色々と自分の無教養が恥ずかしいです。
これで完璧にストーリー覚えました。

Re: ふわふわ麦茶様へ

おはしお!どぞ、ご遠慮なくなのよ~!

> オペラのラクメについて勉強して(wikiですがw)再登場です。
実はウリもそれを読んで記事を書いたニダwww 

> インドのお嬢様とイギリス人将校の恋物語なのですね。
そうなんです。それで、チャルをググるとインド風の衣装の女性や軍服の男性が出てくるニダ・・・河童じゃなさw

> で、第一幕は『出会い』なのでトン兄は沼の妖精でも河童でもなくイケメン英国人将校ってことですね多分。
> キャー失礼ぶっこきごめんねトン兄!

緑の全身タイツの英国人将校にウリは戸惑ってしまったニダw 

> 余談ですがラクメは最後に悲恋に胸を痛めて、
> 『チョウセンアサガオ』
> を食べて命を断つストーリーだそうです。
> 思いがけない植物名に鼻水出ました。人の命が関係してるというのに。

そこ、笑うとこじゃなさ・・・ハッと!もしかして、トン兄はチョウセンアサガオを演じてたニカ?www 頭に葉っぱ巻いてるしwww

> なんだか色々と自分の無教養が恥ずかしいです。
> これで完璧にストーリー覚えました。

第三幕だったか、凄い難曲があって、歌いこなせる人が少ないらしさ。それであまり上演されないとか。ウリもこれを書くときに調べた事ばかりw ウリも無教養なのであって!でも一つ賢くなったからいいニダ♪
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR