2014-10-20(Mon)

フィンランド杯2014 エリザベータ・トゥクタミシェワYLE解説訳


とりあえず、タクタミFSのフィンランド国営放送解説訳を先に上げますね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
実況:イェレ・ヌルミネン(YLEスポーツ・キャスター)
解説:アヌリーサ・ウォティラ(元女子シングルスケーター、ベテラン解説者)

20141011015.jpg
(演技前)
イェレ「あと一人のスケーターがまだ残ってます。
ロシアのエリザベータ・トゥクタミーシェワがフィンランディア杯の女子の勝負を終わらせに来ます。
圧倒的リード、11点以上の差のリードでフリースケーティングをスタートしに来ました。
昨年のフィンランディア杯3位から、今年の勝利を祝う準備は全て出来ています。
でも、まずは滑らなきゃね。」


20141011016.jpg
(演技開始)
アヌリーサ「彼女は昨シーズンからの詰めなきゃいけない歯の穴がたくさんあった。
(技術的に磨くべきところが多かった、又は怪我など治療に当たらなければならないことが多かった
どちらの意味にも取れそうで、ハッキリどちらを言いたいのかはわからないニダ。)
今シーズンはネーベルホルン杯で勝ち、輝かしいスタートを切りました。
このプログラムを(3Lzで)結構カッコよく始めました。」

20141011017.jpg
(上のキャプは冒頭のジャンプ、3Lz-2T-2Loの入り。アウトエッジです。)

アヌリーサ「3ルッツの他に2つのコンビネーションを確実に跳びます。
2つ目の3ルッツを単独で。」

20141011018.jpg
(これもアウトエッジなのがハッキリわかります。)

イェレ「そのトゥクタミーシェワのルッツはカッコいいね。」

アヌリーサ「こんなにも正しく技術を学んでます。
3フリップが来ます。多分、若干トゥが滑ったかしら。(エッジエラーでは?)
でも、トゥクタミーシェワはどんなやり方でも滑らないわ。」

20141011019.jpg
(トゥをついたところで、軸足のエッジがアウトに倒れてるような・・・。)

アヌリーサ(スピン見ながら、例外的という意味で)構成が少し変わってますね。
2つのジャンプの後で、もう既にスピンが2つ続けて来たのに気がつきましたね。
これは難しい構成です。スピンの後、ジャンプのバランスが簡単に崩れやすいですし。」

20141011020.jpg

アヌリーサ「7回のジャンプのうち、プログラム後半に来るジャンプはもっと点数が得られます。
3T-2T連続ジャンプ。」


アヌリーサ「ループはこんなに器用にジャンプ。ミーシンの学校の基礎的な学習内容を学んだ3ループ。
これ(ループ)を基礎に(ミーシンの学校では)他の(ジャンプの)回転を学んでます。」
そこのジャンプには3サルコーと2アクセルが含まれてました。」


アヌリーサ「高い2アクセル。難しい空中姿勢。」
(難しい空中姿勢→片手タノでした。)

(演技終了後)
20141011022.jpg

イェレ「今季2度目の勝利に向けてこのように滑りました、エリザベータ・トゥクタミーシェワ。
もう既にそのように言えるでしょう。
ネーベルホルン杯の勝利に加えて、今季2度目の勝利を祝いに来ました。
2年前のユーロ銅メダリスト、2年前のロシアのチャンピオン。
しかし、昨季はベンチの下だった。オリンピック代表は夢に終わった。
しかし、それに比べて今季は(これから迎える)主要大会のためにこの名前を覚えておいたほうがいい、
そんなスタートを切った。
1月にストックホルムで欧州選手権が、3月には中国で世界選手権が開かれます。」


アヌリーサ「2011年のジュニア世界選手権で銀メダル。
その時はソチオリンピック金メダリストのアデリナ・ソトニコワが勝者でした。
この2人の間の戦いはユーロやロシア選手権で続けられるでしょう。
でも、ここにはトゥクタミーシェワに挑戦者(ライバル)がいなかった。
これはハッキリしてるわ。
このような成熟、この4分間で見た強力な技術のコントロールはうっとりするものでした。
物凄い物凄い練習の鍛錬の成果。素晴らしいジャンプ技術。
(この試合の)全ての場面で(それが)見えた。」


イェレ「この場面で興奮するのは唯一自己最高得点が出るかどうかですが、
トゥクタミーシェワは今季更新しています。
新しい自己最高得点が出ました。
総合得点193点はネーベルホルン杯で作った自己最高得点を更新します。
エリザベータ・トゥクタミーシェワはフィンランディア杯の勝者です。得点は193.31点。」

20141011023.jpg

【参考リンク】
フィンランディア杯2014 女子FSプロトコル
フィンランディア杯2014 女子FS結果詳細
Elizaveta Tuktamysheva Finlandia Trophy 2014 FS (解説無しの動画)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【解説を聞いた感想】

3フリップの解説でアヌリーサさんが慌てたように
変なことを言うから、逆に注意して見ちゃったんです。
インエッジで滑ってきてるけど、トゥをつく瞬間に
若干、アウトに倒れてますミダ。
「!」か「e」相当ではないニカ?

ソンスによって匙加減が違うのはいい加減にして欲しいデヨ。
エッジエラールールを止めるか、機械導入で正しく計測した上で
エラー判定して欲しいものなんです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

Mansikka様こんしお~!

タクタミちゃんぐ、雰囲気も大人っぽくなりますたね。トルコ系が混じってそうな美人さんニダな。

ロシア語自習室さんの記事で、インタビューを読んだのですが、昨シーズンの不調、体形変化や故障を乗り越えて、精神的に一つ大人になったらしさ。

トゥクタミシェワ<もう恐れるものは何もない>
https://akoako.at.webry.info/201410/article_2.html

> ほかの女の子たちと競争せず、ただ自分のために滑っています。だから以前よりも解放されて、自信があるように見えるのかもしれません。

ピギョの本質を知ったと言えるニカ?周りに気を取られて、自分を見失うパタンは、皆通ってきた道ニダな。
また、イルボンのアイスショーにも来てもらいたいでスミダ。

さらにロシア語自習室さんの話になりますが、最新記事がプル様のインタで、『雪の王』のお話。将来的には、巻きます、ランビなぞともやりたいとおっさってますたわ。キャーー。

タクタミちゃん

こんしお〜♪

タクタミちゃん一層綺麗になりましたね。
綺麗になったけど…トップかつ苦労した選手特有の憂いが顔に…
巻きます大ちゃん大先生コス系の憂い美人顔。

エッジエラーはね〜そうですよね〜。
結局軌道は重視してないみたいだし、ジャッジの見てる映像が公開されない限りこのモヤモヤが解消することはないですね。


そうだ。
先日BSで流鏑馬の小笠原流の密着をやっていて見入ってしまいました。
次期家元の33歳の方の苦悩と克服を中心に、日々の鍛錬の様子や寺社での神事の裏側など、とても興味深い番組でした。
Mansikka様は実際に観に行かれたんですよね〜羨ましい。
しかも観覧席ってかなり至近距離なんですね、びっくり。

Mansikka様へ

こんにちは。記事とは関係ない話ですみません。
先日のスポケンの動画を見つけました。
前半は大庭雅ちゃんの既出の映像ですが、後半、初めてのJGPにウキウキの横井ゆは菜ちゃんのエビソードが可愛いので、ぜびMansikka様にお見せしたいと思って……。
とりあえずお連絡です(^ ^;)

spoken 141020
http://www.youtube.com/watch?v=y7bBtouWKsg

Re: yuccalina様へ

yuccalina様、こんしお!

> タクタミちゃんぐ、雰囲気も大人っぽくなりますたね。トルコ系が混じってそうな美人さんニダな。
黒髪に青い目がエキゾチックで素敵ニダ。Wikiによるとロシア連邦ウドムルト共和国の出身らしさ。地図を見るとカザフスタンに近いところニダね。

> ロシア語自習室さんの記事で、インタビューを読んだのですが、昨シーズンの不調、体形変化や故障を乗り越えて、精神的に一つ大人になったらしさ。
もう一つの翻訳ブログ、ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァさんも訳してたと思うニダ。そこで読んだ覚えが・・・昨シーズンは本当に大変だったでしょうねぇ。母国でのオリンピックがあって、しかも数年前までソト子かタクタミが金メダルを取るかもと言われてましたし。

> ピギョの本質を知ったと言えるニカ?
巻きますと同じニダな。巻きますは自分との戦いをしながら、ピギョペンのためにも滑っていましたね。ウリは本当に巻きますに引退して欲しいです。もう十分ピギョペンのために頑張り、最高に美しい演技を見せてくれたデヨ。これ以上、競技に残って酷い仕打ちを受けるのを見たくないニダ。
タクタミはオリンピックに出られない苦境を乗り越え、大きく成長した気がします。

周りに気を取られて、自分を見失うパタンは、皆通ってきた道ニダな。
> また、イルボンのアイスショーにも来てもらいたいでスミダ。

ウリ、思うんですけど、ヨン棒なんてシニアデビュー2年目辺りから、ずーっと自分を見失うピギョ人生だったと思うニダ。

> さらにロシア語自習室さんの話になりますが、最新記事がプル様のインタで、『雪の王』のお話。将来的には、巻きます、ランビなぞともやりたいとおっさってますたわ。キャーー。
あ、それそれ!最高のショーは最高のメンバーでなきゃってことで挙げた名前が巻きます、コス、大ちゃん、ランビ。さすがプル様わかってらっさる!と思いますたわ。

Re: ふわふわ麦茶様へ

ふわふわ麦茶様、こんしお~~!

> タクタミちゃん一層綺麗になりましたね。
顔が締まった感じがしまスミダ。

> 綺麗になったけど…トップかつ苦労した選手特有の憂いが顔に…
> 巻きます大ちゃん大先生コス系の憂い美人顔。

そこに大先生も入るニカwww ま、確かに大先生にも色々あったし、若いころのヤンキー風味は若干影を潜めて大人っぽい顔になったかもしれませんぐ。つくづく2011年で引退してれば、と思うデヨ。巻きます、大ちゃん、コス、3人とも表情が大人っぽく穏やかになった気が・・・人柄が顔に出て来た気がします。

> エッジエラーはね〜そうですよね〜。
そうなの。巻きますの解説で何度イライラした事か。
どの選手も大概跳ぶ瞬間インかアウトに倒れる癖があって、そんなことを問題にするより、軌道が大事じゃ?と思うニダ。それにエッジを問題にするなら角度を機械測定して欲しいんです。

> 結局軌道は重視してないみたいだし、ジャッジの見てる映像が公開されない限りこのモヤモヤが解消することはないですね。
軌道って大事な筈なのにね。ルッツってわかりにくい軌道から跳ぶソンスドルが以外に多くて、軌道がおろそかにされてるなぁと痛感するニダ。

> 先日BSで流鏑馬の小笠原流の密着をやっていて見入ってしまいました。
> 次期家元の33歳の方の苦悩と克服を中心に、日々の鍛錬の様子や寺社での神事の裏側など、とても興味深い番組でした。

おお~!見てみたいニダ。最近はぴよ様やBBの覚醒、お姐様のブルログの影響で神事に興味が出て来たんでごじゃいます。

> Mansikka様は実際に観に行かれたんですよね〜羨ましい。
> しかも観覧席ってかなり至近距離なんですね、びっくり。

見晴らしがよくて、じぇーんぶハッキリ見えたニダ♪ホルホル♪ ピンランドで見れてつくづくラッキーだったと思いますデヨ。見る機会があったらじぇひじぇひ見て欲しい行事なんです。

Re: めろでぃ様へ

めろでぃ様、こんしお!

> こんにちは。記事とは関係ない話ですみません。
> 先日のスポケンの動画を見つけました。

関係ない話でじぇんじぇん構わないニダw

> 前半は大庭雅ちゃんの既出の映像ですが、
確かに既出なんですがね・・・まーた貰い泣きしちゃったニダwww

後半、初めてのJGPにウキウキの横井ゆは菜ちゃんのエビソードが可愛いので、ぜびMansikka様にお見せしたいと思って……。
> とりあえずお連絡です(^ ^;)

ゆは菜ちゃんがきゃあ~って感じで謝ってるところと、長久保コーチと外国人男性が笑ってるところが微笑ましかったニダ♪ ゆは菜ちゃんって3Lz-3T跳べるニダねぇ。体型変化を上手く乗り越えられれば、大きく伸びそうで楽しみニダ。

再びこんばんは!

再びこんばんは!
リーザのルッツわたしもかっこいいと思う!
エキゾチックなリーザちゃんはタタール系だとかいう話も聞いたことあります
何年か前にJoでみたんだけどぽんぽんジャンプ跳んでて印象に残りました
その当時もすごい美少女でした
エッジエラーの話は各試合のコーラーによって基準がちがったりしますから選手はたいへんですね
これは判定でも試合によってばらつきあるなと思ったりします
某審判だか関係者の人がカメラのうつりにくいとこで跳ぶ選手がいるとかなんとかいってたようなw
主観が入らない機械判定がわたしも一番いいかなって思いますね
こづくんあたりが将来開発してくれるといいな
色んな研究してるんですよね





ピンクの鳥が!

Mansikka様、ばんしお〜!
タクタミちゃん、貫禄あったなぁと思い出しながら読み進みましたら、背後に映るステラ!
きっとウリ達にコピ吹かせようとするMansikka様の陰謀に違いなくてwふ〜危ないトコだったデヨ^o^
それともウリへのサービスショットだったニカ?有り難く頂戴いたしますミダww

アングリーバード公式サイトを見たら、ステラ「素晴らしい時間をありがとうございました。また来年も会おうね!」だって!!
お、おうww

Re: 睡蓮様へ

睡蓮様、いつでも歓迎なんです!いらっさいましまし!

> リーザのルッツわたしもかっこいいと思う!
踏み切る瞬間の脚の角度なんかが見本になりそうニダね。簡単そうに跳んでしまうのも魅力的なんです♪

> エキゾチックなリーザちゃんはタタール系だとかいう話も聞いたことあります
白人にしては落ち窪んだ目をしてないところがアジア的ですねぇ。タタール系と聞いても違和感がないんです。

> 何年か前にJoでみたんだけどぽんぽんジャンプ跳んでて印象に残りました
> その当時もすごい美少女でした

ホント、ジャンプをポンポンと跳ぶニダなぁ。昨年のフィン杯もそんな感じで、かなり盛り上がりましたデヨ。

> エッジエラーの話は各試合のコーラーによって基準がちがったりしますから選手はたいへんですね
> これは判定でも試合によってばらつきあるなと思ったりします

試合によってもバラつきがありますねぇ。出来るだけ公平にとってほしいけど、機械測定じゃなきゃ難しいニダなぁ。

> 某審判だか関係者の人がカメラのうつりにくいとこで跳ぶ選手がいるとかなんとかいってたようなw
今季、ヘジンのSPがヨン棒と同じ場所で、しかも似たジャンプ構成で跳んでたはずww そこは「映りにくいニカ?」と思ったんですw

> 主観が入らない機械判定がわたしも一番いいかなって思いますね
> こづくんあたりが将来開発してくれるといいな
> 色んな研究してるんですよね

コヅはPCで編曲したり、ブレード開発に携わったり、マシーンに強そうニダね。でも、イルボンの大学が既に開発してた覚えがあるニダ。ISUは使う気ないかもしれないニダな・・・

Re: スノードーム様へ

スノードーム様、ばんしお!

> タクタミちゃん、貫禄あったなぁと思い出しながら読み進みましたら、背後に映るステラ!
一人だけ別次元な感じでしたわ。全てのエレメンツを自信を持ってこなしている。その自信とゆとりで、表現にも力を注げる、そんな感じでした。

> きっとウリ達にコピ吹かせようとするMansikka様の陰謀に違いなくてwふ〜危ないトコだったデヨ^o^
> それともウリへのサービスショットだったニカ?有り難く頂戴いたしますミダww

あ、ウリ、純粋に「ステラときゃわわに2ショット♪」としか考えてなかったニダwww ウリ、単細胞なんです!w

> アングリーバード公式サイトを見たら、ステラ「素晴らしい時間をありがとうございました。また来年も会おうね!」だって!!
> お、おうww

来年も出る気だったニカ!ステラめ!こいちゅww
どうせ出るなら、オープニングでアングリーバードショーでもやって欲しさwww
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR