2014-10-31(Fri)

スケアメ2014 YLE解説概要&感想④ 男子FS 町田樹

スケアメ2014YLE解説概要&感想、町田樹のFSです。
全部訳したかったニダが、まだ最後の方が訳せてません。
後で追記したいと思います。

実況:イェレ・ヌルミネン(YLEスポーツキャスター)
解説:スザンナ・ポイキオ(元女子シングル選手、2005年ユーロ銀メダリスト)

いつものように青字がイェレさん、ピンク字がポイキオ姐さんの解説です。
黒い字はウリの説明や感想です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【町田樹】

20141031001.jpg
(演技前)
「今大会男子競技と今日の放送は日本のタチュキ・マチダで終わります。
彼はSP終了後、男子シングルで大差を付けてトップに立っています。
先ほど見たジェレミー・アボットより11点上、
そして現在試合をリードするジェイソン・ブラウンとの点差は更にそれ以上だよ。
ですから、かなり安全に感じられる得点差からマチダはこのフリープログラムに臨みます。

全てが全て最高のものを見せる必要はないのは明らかだけど、
この場においても、マチダはそんなことなんてほとんど考えないだろうね。
彼はこれまでに3回グランプリ大会で勝って来ました。
今、望遠鏡の先にはキャリア4度目のグランプリ大会勝利があるでしょう。
卓越した表現者として知られるマチダは
フリープログラムにベートーヴェンの曲を選びました。」

20141030001.jpg
(演技開始)
「ただただ素晴らしい4Tを、この彼のFS冒頭に。」

「そして2つ目の4Tは2Tとのコンビネーション。」

おお~!彼は技術レベルを全く下げないのね。
(エレメンツのレベルを下げ、力を抜くことなく)
ただ凄く難しい3A-3T連続でプログラムを続けたわ。」

「難しく技術を要す冒頭の後、プログラムの中盤は彼にとっては、
技術的にちょっと簡単なエレメンツ。
ちょうど今さっき見たのが3S。」

「ステップシークエンスの終わりに3Lo。
そしてそこからフライング・シット・スピン」

「3Fは氷に少し手の接触がありました。GOE減点は多分、-1~-2ね。」

「そして最後にまだ素晴らしい3Lz。」

(演技後、ポンポンポンという音が・・・w イェレさんが手を叩いてるニカ?)
「ここにこの大会の勝者がいます。二言はありません。
タチュキ・マチダ、昨年のアメリカのグランプリ大会の勝利、
今シーズンもグランプリ・シリーズを勝利で始めました。
両脚は疲れきってるように見えます。

彼には(大きな)得点差があったし、安全策をとることもできたが
マチダはそれをしないんだ。ただ全力を尽くすだけ。

成功した2つの4回転ジャンプのうち2つ目は連続ジャンプで。
3A-3T、かなりの花火だよ。」

(凄いジャンプを入れた上で成功したプログラムを花火と形容することが多いニダ。
「素晴らしい出来」と訳してもいいかもしれませんぐ。)
20141031002.jpg
まっちーの腕を支えるミルズ先生。お気に入りの生徒って感じニダね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【参考リンク】

スケアメ2014 男子FSプロトコルリンク
スケアメ2014 男子FS得点詳細リンク
スケアメ2014 男子総合結果リンク

↓まっちーのFS動画リンク(ブリティッシュユーロ 解説訳なしの動画)
2014 SA Tatsuki Machida LP B.ESP

今回の解説は、いつも冷静なイェレさんの拍手がツボりましたw
ウリの演技の感想は過去記事にあるので省略します。
過去記事リンク→スケアメ2014 まっちー圧勝!おめ!

後で残りを追記しようと思ってますが、
その前に明日のスケカナの記事を書こうかと思ってますミダ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

Mansikka様ばんしお~!

ピンランド解説、カムサなんです。そうそう、勝ちが見えてても手を抜かないのは、作品をお届けするのが、まっちーの喜びだからと思いまスミダ。それに、力を出し切る経験は、とても有意義だと思うデヨ。

ところで、ミルズおばさんとのハグが長くて、キスクラでも、ひじょーに顔が近くて、ウリはいつもドチドチおりまスミダ。

Re: yuccalina様へ

yuccalina様、ばんしお~!

> ピンランド解説、カムサなんです。そうそう、勝ちが見えてても手を抜かないのは、作品をお届けするのが、まっちーの喜びだからと思いまスミダ。それに、力を出し切る経験は、とても有意義だと思うデヨ。
巻きますといい、まっちーといい、手抜きせず、常に自分の最高のものを出そうとするその姿勢が美しいニダなぁ。こういうソンスドルを見られるのは幸せニダ。力を出し切る経験は、きっと集中力も高めるでしょうね。

> ところで、ミルズおばさんとのハグが長くて、キスクラでも、ひじょーに顔が近くて、ウリはいつもドチドチおりまスミダ。
ウリもなんです!www ミルズ先生近すぎ!っていつもハラハラドチドチ。大西コーチの存在感がなくなってしまうニダw

ミルズ先生

おはようございます
わたしもミルズ先生のハグが長いのとささやきは気になってしょうがなかったですw
まっちーはきっと先生のミューズなんでしょうね

以前の表現スタイルのまっちーもわりと好きでしたが今はプログラムを一つの作品として考え外へ外へと放出していくようなそんな感じがしますね
まっちーも怪我に気をつけて身体は大事にしてくれなさい

Re: 睡蓮様へ

睡蓮様、こんにちは!

> わたしもミルズ先生のハグが長いのとささやきは気になってしょうがなかったですw
やっぱ気になりますねw

> まっちーはきっと先生のミューズなんでしょうね
あそこまで難度も高く、かつ表現も丁寧にこなされると振付師としては嬉しいでしょうねぇ。先生のミューズ的存在ってのはウリも同感ニダ。

> 以前の表現スタイルのまっちーもわりと好きでしたが今はプログラムを一つの作品として考え外へ外へと放出していくようなそんな感じがしますね
一つの作品として表現法をじっくり考える姿勢と丁寧な表現から、知性を感じますね。知性と感性と身体能力の融合が素晴らしいんです。

> まっちーも怪我に気をつけて身体は大事にしてくれなさい
ホント、これにつきますね。ハーニャも腰の具合が良くなってるといいニダが・・・
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR