2014-11-07(Fri)

スケカナ2014 YLE解説訳 男子SP② 無良崇人

YLE放送男子SPは
キャリエール→小塚→メンショフ→アーロン→ミハル→無良→ハビ
の順番で7人ありました。今回は無良君の解説訳ニダ。

実況:アヌリーサ・ウォティラ
解説:ラウラ・レピスト


(演技前)
「そして、昨季の四大陸選手権で優勝した日本のタカヒト・ムラ。
あまりGP大会に出ない選手です。4回出場しました。
日本のナショナルチームにはボーダーラインのようなもの
(ワールドの出場枠)がありますからね。
タカヒト・ムラは1年前に世界選手権で8位でした。
(4T成功を見て)今、プログラムが調子よくスタート。」

20141107001.jpg

(演技中)
「日常茶飯事のように(安定した)4Tでスタートしたタカヒト。」

「そして3Aも男前に。」

「タカヒトもプログラム後半に連続ジャンプを入れてきました。3Lz-3T。
着氷に小さなミスが見られましたね。」

(セカンドの3Tで、ステップアウトしました。)

(演技後)
「素晴らしいプログラム!タカヒト・ムラ。
ジャンプ技術に卓越し、3-3、4-3連続ジャンプなどを跳ぶ能力があります。
この(GP)シリーズには世界ランキングの得点で参加しています。
このようにトップクラスの選手です。」

(無良君は春のワールドに出てないので、
ワールドの順位でGPS2枠を獲得したわけではありません。
ワールド出なくとも、2枠ゲット出来るランキングや成績の高さだと
言いたいのかもニダ。)
「これらのGP大会には主要大会(ワールドやオリンピック等)のように
国の割り当て(出場枠)がないの。
だから、世界の最高クラスの選手達と良い観衆がここ、私達の前にいます。
これらのGP大会はファイナルまでYLEで放送されます。
6大会とファイナルですね。
音楽はカルメンでした。(ラウラ笑う)ラウラ、どうしたの?」


「まぁ、ここで注意を引くのが音楽だわ。
技術は本当に良いコンディションで、何も(欠点が)見つからないけど。
とにかく、ボーカル入りの曲も出来るし、
音楽の選択肢は考えられないほど幅広いのに・・・
今日、彼はカルメンに決めたわ。でも・・・」

(無良君の今季SPはメンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」もあるので、
「なぜ、よく使われる曲『カルメン』にしたんだろう?」と思ったのかもニダ。)
「ええ、音楽ね。他は素晴らしく、ゴージャスだったわ。全ての人に愛されるような。
でも、振り付けは、振付師(アヌリーサさん自身のこと)としては
まだ(改善できる)可能性が見えるわ。
一人のスケーター(の演技)を残して、ムラが1位になりました。82.57。
相応しい滑りで彼はメンショフを2点、たっぷりと2点引き離しました。
この卓越した日本人に点が出ましたね。」

(アヌリーサさんはコーチの他に振付師もやっています。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
アーロン君の『フットルース』にアヌリーサさんはノリノリな感じでしたし、
その次のミハルも『ゲーム・オブ・スローンズ』と今風な曲選び。
で、ミハルの後にカルメンだったので、余計にベタな選曲だと思ったのかもニダね。
フィン杯でシザーリオと本郷さんのカルメンを見てるってのもあるでしょう。

ミハルの振り付けにラウラはガッカリしたようでしたが・・・
曲が今風だと振り付けも何か目新し物を期待してしまうニダな。
その辺が難しいところニダね。

今回、スローも見て、4Tの着氷でフリーレッグのつま先が微かに掠ったかも?と
思いました。-GOEをつけたジャッジがいたのはそのせいかもニダね。

無良君みたいな選手がワールドに中々出れない状況に
同情してる感じなのは、嬉しく思いますた。

解説でランキングの話題が出たので、ランキングのリンクを貼っておきますデヨ♪
世界ランキングリンク
今シーズンのランキングリンク












スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR