2013-11-08(Fri)

中国杯2013EX YLE解説訳概要 日本勢一人も放送なし

なんとFSに続いて、EXでも日本人選手の放送がなかったデヨ・・・
放送があったのは以下です。

オープニング・セレモニー(子供たちが旗持って滑ってるところのみ)
男子2位ロシアのマキシム・コフトゥン
女子3位イタリアのカロリーナ・コストナー
中国ジュニアのボヤン・ジン
ペア5位アメリカのアレクサ・シメカ&クリス・クニエリム
男子6位フランスのアモディオ
ダンス2位ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
女子2位ロシアのアデリナ・ソトニコワ
ペア2位中国の龐清&佟健(パントン)
男子4位カザフスタンのデニス・テン
ダンス1位フランスのナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ
女子1位ロシアのポゴリラヤ
ペア1位ドイツのアリオナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコーヴィ
男子1位中国のハン・ヤン
フィナーレ(女子4位の佳菜子も映る)


フィナーレの曲がサイのジェントルマン?・・・(;´Д`)ウウッ…
小塚選手は全然映らなくてガッカリだったニダ。
それでも、諸外国のメディアの放送事情を知るのも悪くないと思いますので、
一応簡単なレポートしまスミダ。

実況はイェレさん一人だったデヨ。

*ロシアのマキシム・コフトゥン、若い男性18歳。今回の男子はとてもレベルの高い争いだった。
エキシの後の方で出てくるハンヤンと接戦を繰り広げたが、今回は中国人に分があった。
サマータイム、夏のムードへ。
コフトゥンは現在GPS全体の成績が6位だから、日本のGPFに行ける可能性は高い。
(ジャンプの軸が細っ。ジャンプのたびに観客が凄く沸いていたデヨ。)

*カロリーナ・コストナーはGPS初戦になるこの中国杯で、まだ本領を発揮できてなかった。
さぁ、この最高にクールなスケーターのショーナンバーを堪能しよう。
カロリーナ・コストナーは最初のオリンピック、2006年トリノで母国観客のプレッシャーの前で滑り
9位、2度目はバンクーバーで16位、コストナーは3度目のオリンピックで表彰台を狙ってるだろう。
(小さく弧を描くスパイラルが美しい。真央ちゃんの「愛の夢」を思い出すデヨ。)

*中国男子ジュニア、ボヤン・ジンは開催地の才能あるジュニアがこういうシニアの晴れの場で
舞台慣れするチャンスを与えられるのはよくあること。中国のハンヤンは昨年ジュニアワールドで
優勝したし、中国には才能ある選手がいる。
(フィンランドもフィン杯をGPSにしたいだろうな~との印象を受けたニダ。)

*アレクサ・シメカ&クリス・クニエリムは中国杯5位。
グリース(映画)曲で試合では見せられない芸術性をたっぷり見せた。
昨シーズンのワールドでいきなり9位、アメリカはオリンピック・ペア出場枠が2つあるから、
彼らの目標はその枠を取ることだろう。

*期待が高まるね。フランスのフローラン・アモディオが氷上にいるんだから。
アモディオは素晴らしいエンターテイナーだよ。男子6位。満足の行く結果じゃないのは確かだね。
ブラジル生まれのアモディオは中国の観客を熱狂させたね。(終わった後まで顔の表情作ってるのを見て)彼は最後までショーマンだ。彼は最近コーチを変え、それでまだ試合への準備が出来てなかったようだね。3回のユーロメダリスト。
(今年の2月フィンランドで初めて開催されたArt on Iceにアモディオも出て盛り上がってたデヨ。
イェレさんもそのショーを見たのかもニダな。)


*次はアイスダンスのペア。明るい表情を見せてるのはロシアのエカテリーナ・ボブロワ&
ドミトリー・ソロビエフ。ショートで1位だったが、フリーでフランスのナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザに追い抜かれた。コーチをアレクサンドル・ズーリンに変えてから凄く成功してるよ。
昨季はユーロ優勝、ロシア・ナショナル優勝、ワールド3位だった。
コーチ変更は彼らにとって成功以上のものだったね。
2人は子供の時から、エカテリーナ10歳、ドミトリー11歳の時から13年もペアを組んでる

*女子2位のアデリナ・ソトニコワのショーナンバーはとても繊細。彼女は多才で違うタイプの
音楽でも上手に表現できる。ユーロ銀メダリスト、この中国杯の競技プロでも見せたように
技術的にもとても力がある。
(イェレさん、べた褒め。ソト子ちゃんの演技は好みみたい。ウリもソト子ちゃんが好きデヨ!)
08112013003.jpg

*(パントン組)ペアを組んで20年、大会以外でもショーに出たりするし、よく知られてる。
レ・ミゼラブル、フリーと同じ曲だが、エキシの方は歌が入ってる。
競技の曲には歌が入れられないからね。

*デニス・テン、男子4位、ワールド2位、スケアメは病気(怪我?)で休んだが、彼が競技に
出れる体調に戻ったのは嬉しい。彼の滑りはスピードもあり、見ていて心地よい。
彼はカザフスタンの選手だが、韓国の血が入ってる。
韓国で有名な大将ミンキョンホン?(ちょっと正確な名前が分かりません)の子孫だ。

*台が現れました。(ペシャラたん、台に横たわっている)今回の患者はナタリー・ペシャラ。
台のそばにいるのはファビアン・ブルザ。
People Are Strange(エキシの曲名)。彼らもアレクサンドル・ズーリンに師事してたことがある。
08112013004.jpg
お知りに尻尾、猫に扮したポゴリラヤちゃん、きゃわわ♪ 台に横たわるペシャラたん。レクサスが目立つ目立つ。

*アンナ・ポゴリラヤは僕にとって全くのニューフェイスだ。
ポゴリラヤは今年の4月に15歳の誕生日を迎えたから、7月1日以前に15歳という年齢制限を
満たしている。ソチでオリンピックに参加可能だ。

ポゴリラヤ15歳とハンヤン17歳と若い二人が優勝したのは印象深い。


後半はちょっと動画の調子が悪くて、途切れ途切れ、ちゃんと見れなかったニダ。

08112013005.jpg
端っこに佳菜ちゃんが!フィナーレの女子群舞で佳菜ちゃん見れたのは良かったデヨ。

----------------------------------------ーーーーー------------------------
今日はキムチの記事を上げるつもりが、キムチ話は筆が止まらず、まとめ切れないニダ←どんだけキムチが嫌いなんだ・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR