2015-06-16(Tue)

史上初の3-3ジャンパー2人のカルガリーオリンピック

ピギョ史上初の3-3ジャンパーはポーランドのフィリポフスキさん(1966年7月28日生まれ)ですが、
Wikiによると、彼は1980年の世界ジュニア選手権で初成功させたらしさ。
僅か13歳という若さですた。

その時の演技動画は探せなかったニダが、1981年のドキュメンタリーらしき動画はありますた。
短い動画ですが、14~15歳頃のフィリポフスキ君の自宅で寛ぐ姿もあるデヨ。
ポーランドではきっとヒーローだった事でしょうね。
(1981年で白黒!とちょっとビックリしたニダw)
20150615001.jpg
(上はつべの動画からのキャプです)

そして13歳のフィリポフスキ君がピギョ史上初の偉業を成し遂げた僅か2年後、
みどりさん(1969年8月13日 生まれ)がヨシング史上初の3-3を
1982年の世界ジュニア選手権で初成功させていますミダ。
1982年3月というと、まだ12歳だったニダよね。

その1982年世界ジュニアの演技全体の動画は探せないのですが
2002年(ニカね?)の米NBCの3T-3T初成功のリプレイ動画がありますた。
冒頭に村主さんと信夫先生の姿が映るし、最後に映るみどりさんのバックに
五輪マークが見えるので、2002年のソルトレイクシティーの動画ニカね?
20150615002.jpg
(上はつべ動画からのキャプです)
12年前とか、1981年と解説者が話してるんで混乱しちゃうニダが、
言い間違いニカな。
画面にみどりさんが映った時に会場が沸くんですけど、みどりさんを見て沸いたニカね。
現役時代の人気は凄まじかったからなぁ。

さて、フィリポフスキさんはほとんど記憶にないソンスなので、演技動画を探してみますた。
カルガリーの演技動画があったんですけど、カルガリーで奇しくもヨシングはみどりさんが、
ナムシングはフィリポフスキさんが5位で同じ順位だったんですねぇ。
20150615005.jpg
(上はつべ動画からのキャプです)
上のキャプはフライングシットスピンで、空中で足換えするアクセルシットスピンですた。
(上の動画の3:04辺りです)
一方、みどりさんはアクセルではなく、カルガリーでは普通のフライングシットスピンをしてますたわ。

因みにこの時のフィリポフスキさんのゾンプ構成が下記です。(間違いがあればご指摘下さいまし)
前半:3Lz 3A 3Lo 3T-3T 3A(ステップアウト)
後半:3T 3S 2A 2F-2ASEQ


カルガリー後のワールドでカートがナムシング初の4回転を成功させますミダ。
カルガリーはちょうど4回転時代に入るか入らないかの過渡期だったニダな。
というわけで、3A2回構成はカルガリーでトップクラスの構成だったと思われます。

そして当時のみどりさんのロングプログラムのゾンプ構成はこちら。
前半:3Lz 2F(予定は3F) 2A-1Lo-3S 2T
後半:3Lo(ステップアウト) 3T-3T(セカンドがステップアウト) 3S 2A


イーグルからの3Loに、左右に開脚するバレエゾンプからの3S、
そして普通に前後に開脚するバレエゾンプ2連発後の2Aと、カッコいいみどりさん。
20150615004.jpg
(キャプはつべ動画より)
後半ゾンプ3本でこの工夫。素晴らしいニダなぁ。

と、みどりさんのチャルを見てたら、これを並べたくなったw
20150616003.jpg
一人だけ欽ちゃん走りのソンスががが!これがシシ・クリックのいう芸術性ってやつですね(棒

因みにこの時のナムシング銀メダリスト、ブライアン・オーサーは3A-2Tと単独3Aを跳んでおりますデヨ。
もう一つのコンビネーションは3S-2Loで、3-3無しだったはず・・・
奇しくも巻きますのバンクーバーFSのゾンプ構成と似てるニダね。 
巻きますは3S-2Loより難度の高い3F-2Loだったけどw

オーサーはどういう思いでバンクーバーの結果を見てたニカねぇ・・・
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
カルガリーはボイタノも4Tに挑戦したし、4回転時代幕開けの予兆を感じる
ワクワクするオリンピックだったニダね。
もしかするとみどりさんの高難度構成がナムシングにも影響を与えたのかしら?など
色々と考えさせられたニダ。

しかし、3-3無しの3Aには意味が無いと力説する人たちはこのナムシングの試合を
どう見るニカね?

時間が出来た時に、当時のナムシング&ヨシングトップのゾンプ構成を調べてみたいと
思いますミダ。

とりあえず今は巻きラジオとルール改正のガイドラインを読みたいと思います!




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

Mansikka様

こんにちは 昨日は一日2015-2016シーズンのアサイン情報とルールの変更について調べておりました
ルール変更については 色々と解説して下さるブログ等を読みましたが
実際に試合でどのように運用されるかをみてみないとはっきりしないと思います
まあ TESでどうなろうとPCSで調整は可能ですしね
(ここまで書いた時点で新しい記事がアップされていることに気づきました コメントはそちらにします)

ガルガリーOPでの二人の演技について

残念ながら フィリポフスキさんの演技をみましたが覚えていませんでした
当時 みどりのことで頭が一杯でしたし 男子は ボイタノとオーサーの「ブライアン対決」に
メディアは終始盛り上っていた記憶があります(日本での注目度は低かったかと)
で フィリポフスキさんの演技ですが 悪くないです 大柄な選手のようですが特徴を生かして
ゆったり大きな表現 手足も長いので優雅にもみえると思います 3T-3Tもきれいにきまっています
ただ ポーランドの選手ということで 政治的に上手くアピールできなかったのかも
といいますか やはりあの時の男子シングルの主流は北米だったのかな

みどりの演技について
この頃は 苦手のコンパルソリーがありましたので 私はメダルのことは考えていませんでした
SP LPでみどりらしい演技ができればいいと思っていましたし ケガのないように祈っていました
演技に関しては ジャンプで上手くいかないところもありましたが
観客の方々に十分アピールできたと思いますし 本人納得の演技ができたようなので
(ガッツポーズ出ました!)安心した記憶があります
2A-1Lo-3Sの直後のフライングシットスピンも高さがあり見所だと思います

ここからアルベールビルOPへと みどりは世界中のスケートファンを虜にしていきます
輝いていく様をリアルタイムでみられて幸せに思っています
あの頃の熱狂は熱いものでしたよねMansikka様♪

最後に
オーサーをみていてふとハビを思い出しました 体型も似てる!
そういえば オーサーの衣装を借りたこともあったんだっけ。










No title

あああああああああああ!
mansikka様たら、まあた芸術品に汚物混ぜ込んでくれましたのねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
これはきっとパンツがキツすぎて脚が開かねーニダ!!( ̄△ ̄)
前回も思ったですが、みどりさんて跳ばないと死んでしまうのでは?てくらい、跳びますンデスネ♪
これは観客もワクワクしますよー!
前回御紹介頂いたアクセルシットなんて何度リピしたことか・・・。
当時の男子はビビっただろうな。マツコが言うように、今思い出そうとしてもビットてどんなだっけな?て何とも思わないんですよね。それより、ビールマンとか、子供心に感動したもんです。
やっぱり先駆者というのは人の記憶に残るものですね♪

笑ってもいいですか

Mansikka様、ばんしお!
出た!鉄板ネタ、ヨンのバレエジャンプw
一流の皆さんは土の字なのに、一人だけ大の字!
あれならウリにも出来そうなんですけどww

一連のヨンの検証、カムサです。いったい本人はどういう気持ちでいたんでしょうね。
ちゃんとトレーニングすればもっと身体を楽に動かせただろうに。

巻きますの試合が決まりましたが、どんな目に遭うか心配です。
監視と記録ですね!

Re: 真澄様へ

真澄様、ばんしお~~!

> 昨日は一日2015-2016シーズンのアサイン情報とルールの変更について調べておりました
> ルール変更については 色々と解説して下さるブログ等を読みましたが
> 実際に試合でどのように運用されるかをみてみないとはっきりしないと思います

そうなのよねぇ。実際の運用を見てみるまでは何とも言えないニダね。でも、あれこれ文句を言って、ちょっとスッキリしたニダw

> まあ TESでどうなろうとPCSで調整は可能ですしね
ホント、PCSを無くして欲しさ。シニアデビュー後から一貫してヨン棒のPCSが巻きますより高いって悪いジョークなんです。

> (ここまで書いた時点で新しい記事がアップされていることに気づきました コメントはそちらにします)
了解しますた!

> 残念ながら フィリポフスキさんの演技をみましたが覚えていませんでした
ウリは当時はヨシングしか見てなかったはず・・・でも、もしナムシングを見ても忘れてたかも・・・ウリの記憶力だものw

> 当時 みどりのことで頭が一杯でしたし 男子は ボイタノとオーサーの「ブライアン対決」に
> メディアは終始盛り上っていた記憶があります(日本での注目度は低かったかと)

ブライアン対決、確かボイタノは4T挑戦して失敗したニダよねぇ。

> で フィリポフスキさんの演技ですが 悪くないです 大柄な選手のようですが特徴を生かして
> ゆったり大きな表現 手足も長いので優雅にもみえると思います 3T-3Tもきれいにきまっています

28歳頃ニカね?引退後のプロの大会の動画を見たら、スピンとかステプとか個性のある表現力が魅力的で、この人はゾンプだけの人じゃない、本当にピギョを愛してるソンスなんだなぁと思ったんですミダ。

> ただ ポーランドの選手ということで 政治的に上手くアピールできなかったのかも
> といいますか やはりあの時の男子シングルの主流は北米だったのかな

まぁ、オーサーはほぼ完璧なフリーの演技だったし、ボイタノは4T挑戦があったし・・・とは思いつつ、ポーランドのソンスだから政治的に上に行きにくかったかも?とも思うニダ。TV放送の無い規定で下位発進というみどりさんと同じタイプのソンスでもありますた。ウリは当時から「規定って密室ニダなぁ」と疑ってたニダが、ちゃんと正当に評価してたニカねぇ?かなり疑問なんです。

> みどりの演技について
> この頃は 苦手のコンパルソリーがありましたので 私はメダルのことは考えていませんでした
> SP LPでみどりらしい演技ができればいいと思っていましたし ケガのないように祈っていました

ウリは「あわよくば・・・」という一縷の望みは持ってたニダw でも、まだまだ芸術性(藁)重視だったし、メダルは無理だろうなぁとも。

> 演技に関しては ジャンプで上手くいかないところもありましたが
> 観客の方々に十分アピールできたと思いますし 本人納得の演技ができたようなので
> (ガッツポーズ出ました!)安心した記憶があります

ルッツでしたっけw さりげなくガッチュポージュしてて、ニヤニヤしちゃったニダ。観客人気は凄かったニダな。

> 2A-1Lo-3Sの直後のフライングシットスピンも高さがあり見所だと思います
そうそう、あの高難度の後にあの高さのあるフライングシットスピンだもの。しびれちゃうニダ♪

> ここからアルベールビルOPへと みどりは世界中のスケートファンを虜にしていきます
> 輝いていく様をリアルタイムでみられて幸せに思っています
> あの頃の熱狂は熱いものでしたよねMansikka様♪

デーデー、あれは作り物じゃない、本物の人気でしたね!北米やドイツでもピギョ人気全盛で、その北米やドイツで高い人気を誇っていたデヨ。観客を熱狂させるみどりさん。あの時代をリアルタイムで見れたのはピギョパ冥利に尽きるニダなぁ。

> 最後に
> オーサーをみていてふとハビを思い出しました 体型も似てる!
> そういえば オーサーの衣装を借りたこともあったんだっけ。

にゃはw ウリは実はナム君を思い出したニダw 胸の高さで両手をパッと開く振り付けが2回ぐらいあって、何となくナム君の「道」を思い出したニダ。オーサーは細かったニダねぇ。パッと見た感じの印象がハビに似てるかもしれませんぐ。まぁ、ナム君の「道」はハビの「チャップリン」に似てるからなぁw

Re: フギオ様へ

> あああああああああああ!
> mansikka様たら、まあた芸術品に汚物混ぜ込んでくれましたのねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
> これはきっとパンツがキツすぎて脚が開かねーニダ!!( ̄△ ̄)

これでも今までで一番足が開いて見えるチャルだと思うニダw パンツ衣装だとゾンプ出来ないヨン棒だものねぇ。スカート衣装にしときゃ良かったのにぃw

> 前回も思ったですが、みどりさんて跳ばないと死んでしまうのでは?てくらい、跳びますンデスネ♪
> これは観客もワクワクしますよー!

しかも明るいニダよねぇ。あの笑顔を見てるとスポチュの喜びに満ち溢れていて、こっちまで幸せになるデヨ。逆にヨン棒は毎度恨めしそうな顔してるから、こっちまで辛気臭くなるニダ。

> 前回御紹介頂いたアクセルシットなんて何度リピしたことか・・・。
> 当時の男子はビビっただろうな。

カルガリーのオリジナルプログラムだったか、ロングプログラムだったか、ウリ覚えなんですが、アメの解説者がボイタノより高いとゾンプを褒めてたデヨ。普通のゾンプも高いし、フライングシットスピンのゾンプも高い。ナムシングとしては「何じゃこりゃ~~~!」だったでしょうねw

マツコが言うように、今思い出そうとしてもビットてどんなだっけな?て何とも思わないんですよね。
リンクに寝転がってたニダよねw 確か、現在はあの終わり方が出来ないルルでそ? あれってビットの印象が薄くなるからじゃ?とずっと前から思ってるニダwwww

それより、ビールマンとか、子供心に感動したもんです。
そうよねぇ。氷の上でスケート靴を履いて、あんな事ができるんだ~~!という驚きがあったニダよねぇ。

> やっぱり先駆者というのは人の記憶に残るものですね♪
そうそう、ケリガンとかねぇ。ケリガンは性格はちと悪評高かったニダが、ケリガンスパイロルの美しさは当時、脅威ですたわ。柔軟性で凄く目立っていて、ケリガン以降、柔軟性の高いスケッタが増えたものね。

Re: スノードーム様へ

スノードーム様、おはしお~~!

> 出た!鉄板ネタ、ヨンのバレエジャンプw
だってぇ・・・ヨン棒より下手な人を見ないんだものw 並べたくなるニダよ。
思いっきり笑って下さいましまし♪

> 一流の皆さんは土の字なのに、一人だけ大の字!
> あれならウリにも出来そうなんですけどww

このチャルは片足曲がってるから、いつもの大の字でも無さwww

> 一連のヨンの検証、カムサです。いったい本人はどういう気持ちでいたんでしょうね。
> ちゃんとトレーニングすればもっと身体を楽に動かせただろうに。

やっぱ、付け焼刃的に美味しいとこ取りなソンス育成じゃ、基礎のしっかりしたソンスは育たないニダなぁ。

> 巻きますの試合が決まりましたが、どんな目に遭うか心配です。
> 監視と記録ですね!

巻きますは色んな覚悟が出来てると思うけど、人間だからね。誰しも気が弱くなったりすることもあるデヨ。しっかりサポートせねば!
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR