2016-02-18(Thu)

皇太子殿下の写真撮影に関するデマ

今週、ぴよ様が面白い記事を書いてましたので、まずはご紹介♪

↓ぴよ様のブログ記事リンク
皇室「ヤフオク事件」 皇室ブロガーたちの捏造について

ヤフオク事件の検証まとめですが、
記事の後半が特に読みごたえがあります♪

ぴよ様が、東宮家に関するデマの検証をしましたので、
私も以前から気になってた東宮家にまつわる偽情報の一つを取り上げたいと思います。
---------------------------------------------------------------------------
【皇太子殿下の写真撮影に関するデマ】

今回は皇太子殿下に関するデマを検証したいと思います。

下でご紹介するブログ記事中の大文字は事実に反する部分で、
赤字はブログ主がBB氏のブログからの引用した部分です。

「ブラジルへは秋篠宮御夫妻派遣で大正解」
ブログ「白文鳥ピピme物語」2015年10月28日の記事より一部転載

スウェーデン王室の厳粛な結婚式会場で、デジカメ !!!
これにイラスト付きの現地記事で皮肉たっぷり・・・・・・ 情けなや・・・・ 

2010年6月19日スウェーデンのビクトリア王女結婚式当日、参列王侯貴族各国要人の中、いきなりオランダ・ベアトリクス女王の眼前にカメラを突き出すというあり得ない非礼と暴挙。呆れ返られて、早速現地ではからかいマンガの素材に。

皮肉たっぷり!
『大きく肥満したスウェーデン王室の結婚式での日本の徳仁(なるひと)皇太子』
20160217cp.jpg
日本のカメラ小僧は、この時も、ベルギーのアストリッド王女につきまとう。

(画像や記事借用先)
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c3e85a17edda1eee6ead8af49f108535
http://blog.goo.ne.jp/bluefox-hispeed/e/969da06f3a6fae789ea3e892d3d6d4a2

以下、上のブログ記事に関する私の検証です。


嘘① 厳粛な結婚式会場で、デジカメ !!!

    では、他の招待客は厳粛な場で談笑してるというわけですね(棒
    同じ結婚式で、同じくバルコニーで、
   他の王族も写真を撮影してましたよね。

    
    2010年6月19日のヴィクトリア王女の結婚式にて写真撮影するヨルダンのラーニア王妃。
    (正面からの写真→Zimbio①、横からの写真→Zimbio②より)
20160217CpRJ2.jpg
    上の画像はバルコニーに立つラーニア王妃、ウェセックス伯爵夫人ソフィー、
    デンマーク女王マルグレーテ2世。(Zimbio③より)


嘘② イラスト付きの現地記事

    この画像の出典元はスウェーデンの現地記事ではありませんよね?
    日本を拠点に活動するコーポレイト・コミュニケーション・ストラテジストで、
    20年以上アジア(中国と日本)に住むコミックライターのROBERTO氏の
    風刺コミックブログ「POLITICOMIX」
でしょ?


嘘③ 皇太子のカメラを突き出す非礼と暴挙に呆れかえって、
コミックのからかい素材に


    私程度の語学力で翻訳はあまりしたくないんですが、コミックの内容をザッと訳しました。

    ベルギーのフィリップ王「あれ(カメラ)を見てご覧なさい。」
    オランダのウィレム=アレクサンダー王「(カメラが)あんなに小さい!」
    オランダのベアトリクス前女王、

    「恐ろしいほど賢い日本人。彼が英語を話すとあなたは思わないわよね?」
    皇太子殿下(心の中で)『は英語をしゃべれますよ、親愛なるご婦人。』

    一体、どこが皇太子殿下の非礼と暴挙をからかってると言うのでしょうか?


誤解: 皮肉たっぷり!
『大きく肥満したスウェーデン王室の結婚式での日本の
徳仁(なるひと)皇太子』


    この風刺のタイトルは2002年のアメリカ映画「My Big Fat Greek Wedding」を
    もじったものにしか見えませんが・・・
    タイトルのGreek(ギリシャ式)をSwedish(Royal)(スウェーデン王室式)に
    変えただけですからね。
    オリジナルにないRoyalをカッコ書きにしたのもそのせいでしょう。

    この場合の「Big Fat 」はアメリカのスラングで「大げさな」等の意味です。
    ROBERTO氏のブログには、この画像に説明文を付け、
    欧州の王族達の装飾品の多さを皮肉ってるので
    タイトルの「Big Fat (大げさな)」は欧州の王族に対する風刺でしょう。


    ソースとして画像出典元のリンクと画像説明文(全文)を添付しておきます。

POLITICOMIX 2010年6月22日8:51
My Big Fat Swedish (Royal) Wedding

Japan's Crown Prince Naruhito showed the hinomaru Sunday in Stockholm, where he rubbed elbows with hundreds of extremely minor European royals who were wearing thousands of self-awarded decorations.

The Crown Prince, representing the Emperor and Empress, and Japan, brought along some gee-whiz Japanese technology, a point-and-shoot camera with which he presumably took photos he is at this moment boring other members of the imperial family with back in Tokyo.


    この風刺コミックブログの管理人ROBERTO氏はチャールズ王太子や
    妻のコーンウォール公爵夫人カミラ、エリザベス女王などを風刺するときは
    説明文無しで、かなり辛辣な風刺を書いたりしています。
    (例:2010年12月13日8:53更新の記事 Being Camilla

    そのROBERTO氏が上記のような説明文をあえてつけたところに、
    異文化で誤解されないための配慮と遠慮が見られる風刺画だという印象を
    私は受けています。


この皇太子殿下批判記事を書いたブログ管理人さんはBB氏の記事を引用してますが
BB氏はその該当記事中で「皇太子から微妙に視線をそらしている王族の方たち」
と書き、バルコニーの画像を貼っているんですね。

BB氏がそのバルコニー画像を見つけた時、下のような画像は見かけなかったんでしょうか・・・
皇太子殿下と目を合わせてますよね?
20160218001.jpg
(画像元リンク→Zimbio④Zimbio⑤

こういう恣意的なブログ記事の書き方は印象操作だと思いますわ。

---------------------------------------------------------------------------
【おまけ:スウェーデンで写真撮影する王族の画像】

皇太子殿下が列席したヴィクトリア王女の結婚式写真をググったら、
色んな画像が引っ掛かったのでご紹介します♪


2009年7月14日ヴィクトリア王女(王太子)の32歳の誕生日にて。
ダニエル王子とカメラの写真を見てるらしきシルヴィア王妃(Zimbioより)
20160217V32S_201602180043327f4.jpg


2015年6月13日スウェーデンのカール・フィリップ王子の結婚式にて写真撮影中の
エドワード王子の妻ウェセックス伯爵夫人ソフィー(HELLO Magazineより)
20160217ES.jpg


同じくカール・フィリップ王子の結婚式にて写真撮影する招待客(Pix11より)
20160217C613.jpg
花の側で写真撮影してる男性はシルヴィア王妃の甥、Patrick Sommerlath氏、
その隣の少女がブライドメイドのティアラ・ラーソン(花嫁のゴッドドーター)、
そしてPatrick Sommerlath氏の妻Malineと娘アナイス(ブライドメイド)、
少年が息子のレオポルド。


2010年6月19日のヴィクトリア王女の結婚式にて
妻のメアリー王太子妃とオランダのマキシマ王妃の
ツーショットを撮影するデンマークのフレデリク王太子。
Royal Jewels of the World Message Boardより)
20160217dfmnm.jpg


同じくヴィクトリア王女の結婚式にて
カメラを構えるスペインのエレナ王女(ピンクのドレス)他
数名の招待客。(Zimbio④より)
20160217svdwc.jpg

---------------------------------------------------------------------------
【その他の参考リンク】

招待客の名前と顔が一致しない方は下記の英語メディアで
チェックできますよ。

ヴィクトリア王女の結婚式招待客の集合写真リンク
上の写真の招待客名前一覧(英語)リンク
(アメリカCBSミネソタニュース)

カール・フィリップ王子の結婚式招待客の集合写真と名前一覧リンク
(イギリスのDailymail)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:非公開コメへのお返事

ばんしお~~~!
いや~~マジ、気持ちが悪い話ニダよねぇ。

このブロガーさんは日本聖書協会(プロテスタント系)出版の聖書をブログで宣伝してますね。
で、神道を貶し、安倍総理が安倍清明の子孫だと主張した上で、安倍さんも貶してるニダな。
これはウリが前に見たブルログですミダ。

そういや、皇室叩きブログを運営するremmikki氏もプロテスタントと関係がありますミダ。著書の経歴でホーマー・ジャクソン博士の秘書をしてたと書かれてるらしさ。博士はユニテリアン教会の牧師だった方デヨ。

後者の方は知らなくて、なんかあまり見たくないニダなぁ・・・見るのにパワーが必要そうな予感ニダ。
様がお疲れになるのも無理はなさ~。美しいものでも見て、ゆっくり心を癒してくださいまし♪

No title

Mansikka様おはようございます!

ぴよぴよ党さまのブログを見てきました。
その中にあった
井〇氏の事…
ちょっとびっくりしました…
この方は、ソチ五輪後に真央ちゃんについてとっても素敵な記事を書いておられたので、
政治に関する記事の時にたまに読みに行っていました。
皇室関係の所はとばしていて、読んでいませんでした…

でも、真央ちゃんの記事も今思えば、一部分だけですが、真央ファンのブログの内容をそのまま信じて(というか韓国との関係や、採点についての内容について、丸々受け売りで、ご自身では全く確認作業もしてないんじゃないかな?と言う感じで)記事にしているところがあるなーという感じではありました。

そして、
昨年末の日韓合意についての意見が、まるで外務官僚が言っているような内容の物でしたので、(私…このニュースを聞いた時、目の前が真っ暗になる位ショックでしたので、)ついコメントを入れたのですが…

お返事が、子供に対して諭すような書き方で…丁寧で一見優しい文なのですが…
「素人の出る幕じゃないよ、黙ってなさい」的なニュアンスを感じました。(あくまでも私の印象です!)

それと、私の伝えたかった事と論点が違うお返事でしたので、
もう一度、コメントを入れてしまいました…

「日韓合意に関しては腹が立つが、東アジアの安全保障や米との関係などの政治的な要因から、もうしょうがないのはわかっているので、せめて、海外での“性奴隷”や“20万人の少女をいたぶっていた”などの酷い間違った報道には、政府としてちゃんと反論、訂正してくれるようにお願いしたい、と思っているだけです」
と言う内容のコメントをしたのですが、

「政治的決着として成功だったと言えるし、納得できなくても関係ない、誤解は政府じゃなく民間で説いていくべき、二度とこの件について双方話を出さないと約束したから二度と政府からは話すことはできない」という、井〇氏のお考えでした。

民間の反日プロパガンダに対する活動は、彼に言われるまでもなくずーーーっと以前から沢山の方が頑張っている事をご存じないのか?
嘘の報道を否定することに関してまで、縛りを受ける日韓合意なのか?
そして、今回の合意により、今までの民間の努力が一瞬にしてオジャンになってしまったからこそ、
“政府見解”としての反論でなければならないのに…と、
井〇氏の奥歯にものの挟まったような説明に、モヤモヤしてしまいました。

何もこの一点をもって安倍政権そのものを否定するつもりじゃなかったんですが、(むしろ、今、安倍さんしか無理だと思っていますし)
擁護に終始しているような…一見日本の事を考えているようで、そうではないような…
もしや、官僚の誰かとのつながりがあって、官僚的意見になっているのか?と思うようになり、
その後は見るのを止めました。

あくまで日韓合意に対する意見の相違だけであって、
うさん臭さ…とまでは感じなかったのですが…
どうも今回の皇室に関する記事については…????で、嫌なカンジがします…。

…記事から脱線して長々かいてしまいました…すみません!!!!


No title

Mansikka様こんばんは。
 
写真撮影の件、思わず「は?」…でした。
欧州の王族の方々がスマホで撮っているのも、ニュースで見たことあります。
皇室や欧州の王室に疎い私でも知ってることなのに、どうして堂々と嘘が言えるのか不思議です。
黄文雄さんの本で見たのですが、韓国人や中国人は事実などどうでもいいのだそうです。
この人達もそんな感じなのかしら?
普通は信用をなくすのが怖いから嘘をつかないのに、この人達は信用をなくすのか怖くないみたいですね。
 
ぴよ様の記事も見ました。
またまたボリューム満載で消化不良を起こしそうです。
私の小さな脳みそに入りきるかしら?w
一番笑ったのはアフガニスタン王国の最高勲章です。
どうして写真を載せておきながら気付かないのか?www
明日の朝はお腹が筋肉痛になってるかもしれませんw

Re:めろでぃ様へ

めろでぃ様、ばんしお!

> 写真撮影の件、思わず「は?」…でした。
> 欧州の王族の方々がスマホで撮っているのも、ニュースで見たことあります。
> 皇室や欧州の王室に疎い私でも知ってることなのに、どうして堂々と嘘が言えるのか不思議です。

ええっ!マジ!?イルボンでもニュースで見せてたニカ!
ウリはここで、ピンランドやスウェーデン、英国のタブロイド紙をお店で見かけるし、スマホでパシャパシャ撮ってる王族チャルはたくさん見たニダ。でも、イルボンもそうだとは思わなかった・・・確信犯的デマニダな。

> 黄文雄さんの本で見たのですが、韓国人や中国人は事実などどうでもいいのだそうです。
> この人達もそんな感じなのかしら?
> 普通は信用をなくすのが怖いから嘘をつかないのに、この人達は信用をなくすのか怖くないみたいですね。

ホント、不思議デヨ。どしてそこまで、わかりやすい嘘をつくのか・・・

> ぴよ様の記事も見ました。
> またまたボリューム満載で消化不良を起こしそうです。
> 私の小さな脳みそに入りきるかしら?w

それは、めろでぃ様の脳みその問題じゃなく、転載されたバッシングブロガー達の妄想記事のせいデヨw
読んでると眠くなるでそ?w

> 一番笑ったのはアフガニスタン王国の最高勲章です。
> どうして写真を載せておきながら気付かないのか?www
> 明日の朝はお腹が筋肉痛になってるかもしれませんw

あ、まーた思い出しちゃったじゃまいか!wwwww
お、お、お腹が痛いwwwwww 謝罪とばい・・・(ry

いや~、本当にねぇ。ヤフオクに出た品が本物と見た目が違うということがわからんのが何とも言えませんぐwそこで、これはランクの違うものなのだと、なじぇ気が付かないのか・・・・w

Re:yomi様へ

yomi様、ばんしお~!

> ぴよぴよ党さまのブログを見てきました。
> その中にあった
> 井〇氏の事…
> ちょっとびっくりしました…

政治ブログや皇室叩きブログの記事内容がシンクロするのはよくあることだと思うニダが、ああいう他ではあまり見かけないデマがいち早くシンクロすると、胡散臭く思うニダよね。ソースを書かないから、余計に疑われちゃうデヨ。

> この方は、ソチ五輪後に真央ちゃんについてとっても素敵な記事を書いておられたので、
> 政治に関する記事の時にたまに読みに行っていました。
> 皇室関係の所はとばしていて、読んでいませんでした…

その記事について噂には聞いてたけど、読んだか読んでないか覚えてすらいないw

> でも、真央ちゃんの記事も今思えば、一部分だけですが、真央ファンのブログの内容をそのまま信じて(というか韓国との関係や、採点についての内容について、丸々受け売りで、ご自身では全く確認作業もしてないんじゃないかな?と言う感じで)記事にしているところがあるなーという感じではありました。
そういうブルログとか多いニダよね。自分である程度調べて、自分の言葉で書かないと、巻きます人気を利用したいだけだと思われかねないニダな。その辺、特に有名人は発言に注意しなきゃニダ。

> そして、
> 昨年末の日韓合意についての意見が、まるで外務官僚が言っているような内容の物でしたので、(私…このニュースを聞いた時、目の前が真っ暗になる位ショックでしたので、)ついコメントを入れたのですが…

あれは一瞬、「え?」と思うニュースだったニダが、あれこれ情報収集すると、安倍政権はちゃんとウリたちの望む解決法に持って行こうとしてると感じますミダ。

> お返事が、子供に対して諭すような書き方で…丁寧で一見優しい文なのですが…
> 「素人の出る幕じゃないよ、黙ってなさい」的なニュアンスを感じました。(あくまでも私の印象です!)

この方は一応保守ニカね?なんか、スタンスがイマイチよくわからないニダ。安倍さんを褒めているものの、やっぱ人気取りに利用してる印象を受けてしまって・・・丁寧な言葉に潜む刺々しさは皇室叩きブルログでもよく見られるニダね。KUONさんとか。

> それと、私の伝えたかった事と論点が違うお返事でしたので、
> もう一度、コメントを入れてしまいました…

同じことを繰り返し言っちゃ退屈だろうしと、話の脱線はウリもよくしてるニダ。でも、相手の論点をすり替えるのは別の話。誤解でない限り、論点のすり替えには注意してお返事するようにしてるデヨ。だから、「誤解してますよ」と指摘してもらえると、ありがたいニダ。

> 「政治的決着として成功だったと言えるし、納得できなくても関係ない、誤解は政府じゃなく民間で説いていくべき、二度とこの件について双方話を出さないと約束したから二度と政府からは話すことはできない」という、井〇氏のお考えでした。
・・・・モーン。まるで特亜小作の主張ニダね。

> 民間の反日プロパガンダに対する活動は、彼に言われるまでもなくずーーーっと以前から沢山の方が頑張っている事をご存じないのか?
ウリも草の根活動のつもりで周囲の人間に話してるデヨ。ただ、ここじゃ積極的にこういうことをやると基地外に思われかねないから、向こうから話題を出された時のみ、話すようにしてるニダが。

> 嘘の報道を否定することに関してまで、縛りを受ける日韓合意なのか?
> そして、今回の合意により、今までの民間の努力が一瞬にしてオジャンになってしまったからこそ、
> “政府見解”としての反論でなければならないのに…と、
> 井〇氏の奥歯にものの挟まったような説明に、モヤモヤしてしまいました。

前下田市議会議員の高橋とみよ氏(自民党)を応援してるニダよね。高橋氏も井〇氏の大ファンですとブログで言ってるし、そういう政治家の知り合い絡みで、言いにくいことでもあるんでしょうか・・・

> 何もこの一点をもって安倍政権そのものを否定するつもりじゃなかったんですが、(むしろ、今、安倍さんしか無理だと思っていますし)
ウリも同意見ニダ。

> 擁護に終始しているような…一見日本の事を考えているようで、そうではないような…
> もしや、官僚の誰かとのつながりがあって、官僚的意見になっているのか?と思うようになり、
> その後は見るのを止めました。

あ、さっき書いちゃったけど、官僚よりは政治家との付き合いが多いかと考えてるニダ。靖国でスピーチしたりもしてたニダし。

> あくまで日韓合意に対する意見の相違だけであって、
> うさん臭さ…とまでは感じなかったのですが…
> どうも今回の皇室に関する記事については…????で、嫌なカンジがします…。

BBと比べると、著名人だけあって書く内容に注意を払ってるという印象を受けるニダ。でも、御地赤の件で「こういうガセネタを書けるんだー」と印象悪化した方々もいるでしょうね。

> …記事から脱線して長々かいてしまいました…すみません!!!!
いえいえ、時々少し脱線すると、多方面から物事を見れて考察も深まりますデヨ♪

No title

Manshikkaさん、精力的な検証作業、ありがとうございます~☆

この写真、有名ですね。
私もBBやremmikkiのブログで見て、ころっと信じていました。
己の浅はかさを恥じておりますわ。

大本は、日本の皇太子殿下を褒めてくださっている記事だったんですね、
まさかこんな使われ方をしているなんて、あちらも思わなかったでしょうね。
彼らにとって、真実なんてどうでもいい、嘘も百回言えば真実になるって、まるっきりあちらテイストの
方々なんですね~。

伏見くんが、Manshikkaさんのことを、「ニダ」言葉を使う朝鮮女、と書いていましたが、
じゃあ、「ニダ」言葉を使っているトド子さんはどうなんでしょうね、
BBさんの大親友じゃないですか~?

書き散らせば散らすほど、自分たちのウソがばれていく自爆行為も、どこかの国の人たちと一緒ですね♪

あ、私は凶暴、凶悪な女で、あちこちの保守ブログを破壊しまくっているとか書かれていましたが、
どの保守ブログに、どういうことをしたんでしょう~、
ソースをつけて説明していただきたいですわ、奥さまっ☆

嘘③の訳ですが

嘘③のコミックの訳ですが、おっしゃるようにitがカメラを指しているなら
なぜオランダ女王が「彼は英語はわからないわよね」と確かめる必要があるのですか。
やはりsmallが皇太子様を指していることを本人に悟られるとマズいからではないかと思うのですが。
そうでなければ単に小型高性能のカメラを褒めているだけでコミック性も風刺もありませんよね。

嘘③の訳について 追記

オランダ女王は
「日本人はすごく賢いのよ、彼が英語が分るとは考えないの?」と言ってます。
それを受けて皇太子さまが「よく分かってます」と受けてます。
カメラを褒めているなら「英語が分ると考えないの」という必要はないですよね。

嘘③の訳について 追記2

オランダ女王の吹き出しが「間違いだらけの英語」と書かれてますが
文法、語彙ともに誤りはないと思います。
どこが間違いなのでしょうか。

ぷりん様へ

Mansikka様こんにちは。
 
ぷりん様、横からすみません。
オランダ女王の言う「彼」とは、カメラの事ではないでしょうか?
日本製ならばカメラの操作も日本語だろう…自分達には扱えないと残念がっていて、皇太子殿下が「彼(カメラ)は英語をしゃべれますよ(英語表記もありますよ)」…と。
そうでなければ画像説明文の意味がなくなると思います。

Re: ぷりん様へ

> 嘘③のコミックの訳ですが、おっしゃるようにitがカメラを指しているなら
> なぜオランダ女王が「彼は英語はわからないわよね」と確かめる必要があるのですか。

普通、itは人間を指しませんが・・・

「itと呼ばれた子」という本をご存知ですか?
デイヴ・ペルザー氏が子供の頃、母親からit(それ)と呼ばれ、酷い虐待を受けた実話が書かれた本です。
ノンネイティブによる英語の間違いであっても他者をit(それ)と呼ぶと、その場で「自分の娘にitって言うの?」と注意されたり、陰でネイティブに冷笑されたり、そういうシーンを実生活で見てきましたが・・・

もしかして、ぷりん様のご意見は、オランダのアレクサンダー王が英語のネイティブじゃないから間違えたということですか?

> やはりsmallが皇太子様を指していることを本人に悟られるとマズいからではないかと思うのですが。
> そうでなければ単に小型高性能のカメラを褒めているだけでコミック性も風刺もありませんよね。

風刺の意図を知りたければ、私の意見を聞くより、ROBERTO氏の説明文を全文転載してますので、そちらを読んだ方がよいかと思います。ダイレクトに作者の意図が伝わるでしょうから。
私の見解は後でゆっくりまとめて書きます。長文になりそうなんで。

> オランダ女王は
> 「日本人はすごく賢いのよ、彼が英語が分るとは考えないの?」と言ってます。
> それを受けて皇太子さまが「よく分かってます」と受けてます。
> カメラを褒めているなら「英語が分ると考えないの」という必要はないですよね。

最初にベルギーのフィリップ王「あれ(カメラ)を見てご覧なさい。」と話してますね。
皇太子殿下が側にいるのだから、「とてもコンパクトなカメラをお持ちですね」等と、本人に話しかければいいのに、本人不在なように話をするのは内容がどうであれ失礼だと思います。私の経験上、こういう場面では一般人でも同伴者から注意を受けるか、周囲から白い目で見られますよ。

オランダ女王の吹き出しが「間違いだらけの英語」と書かれてますが
文法、語彙ともに誤りはないと思います。
どこが間違いなのでしょうか。

ごめんなさいね。これは私の見間違い(句読点やミススペル)です。
記事を修正しました。ご指摘ありがとうございましたm(__)m

Re: めろでぃ様へ

> ぷりん様、横からすみません。
> オランダ女王の言う「彼」とは、カメラの事ではないでしょうか?
> 日本製ならばカメラの操作も日本語だろう…自分達には扱えないと残念がっていて、皇太子殿下が「彼(カメラ)は英語をしゃべれますよ(英語表記もありますよ)」…と。
> そうでなければ画像説明文の意味がなくなると思います。

その発想はなかったニダwwww
因みにピンランド人によくある言い間違いに、「it」と言うべきところを「she」と言っちゃうってのがありますミダ。
なじぇかというとピンランド語の「それ」は「se」で「she」に似てるから。面白いニダよねぇ。

めろでぃ様、ぷりん様も貴重なご意見ありがとうございました!

No title

>その発想はなかったニダwwww

きゃー!思いっきりハズレ〜!
赤っ恥www
やっぱ無知な者が余計な事をするもんじゃないですね(^^;)
Mansikka様、失礼いたしましたっ

風刺画に対する私の解釈

変なところに句読点があるとか、ミススペルがあると見間違えたものの、私の訳文の意味は最初に書いたものと変わりません。
なので、風刺画の解釈も変わりませんが、もう少し丁寧に解釈を書いてみようと思います。

①タイトルに込めた欧州の小国の王族に対する装飾品への皮肉
まず、作者はタイトルで「大げさなスウェーデン王室式」と書き、説明文で欧州の王族の装飾の多さを皮肉っていますね。
説明文中の「extremely minor European royals(きわめて身分の低い王族)」とは国土の小さいベネルクスの王族(ベルギーとオランダ)を指してるかと思います。

そして、「thousands of self-awarded decorationsはオランダのアレクサンダー王が胸元にたくさんの勲章を付けてるので、「勲章は誰に授与されたの?自分たち(仲間内)でしょ?(藁」という皮肉だと、私は考えています。

タイトル冒頭に「Crown Prince Naruhito in」とありますので、作者は当然、欧州の王族と皇太子殿下との対比を風刺してるはずですね。この画像で皇太子殿下は勲章をポケットの下の位置につけてるため、白いポケットチーフぐらいしか見えません。(またつけてる勲章の数も少ないです。)なので、皇太子殿下と比較して、欧州の王族は勲章や飾りが多いと作者が思っても不思議じゃありません。

②欧州の小国の王族の洗練されてない振る舞いを会話で風刺
実際に彼らがどうふるまうのか、私にはわかりませんし、この結婚式で彼らが田舎者丸出しのマナーを見せたという話も特に聞きません。多分、作者が写真を見て想像したイメージに過ぎないと思いますが、振る舞いに対する皮肉が見られます。

まず、ベルギー王とオランダ王が皇太子殿下の側で、皇太子殿下がまるで側にいないかのように振舞っている。悪口だと完璧にマナー違反ですし、2人の王のように持ち物に対する褒め言葉でも、王族に相応しい洗練された行為とは言い難いかと思います。

そして、この風刺画の中で最悪なのが、オランダのベアトリクス前女王。「恐ろしいほど賢い日本人。」は嫌味か皮肉に聞こえますし。訳語を「ものすごく賢い」と変えても、やはり嫌味に聞こえます。
(ここはカメラの話をしてるので、賢いと言ってるのはカメラのこと、日本のテクノロジーの話だと思います。)

しかも「あなたは彼が英語を話すとは思わないわよね?」と、王たちに聞く失礼極まりない言動。最初の嫌味な発言といい、レイシスト又は酷い偏見の持主に見えます。

ここで非礼な発言に気付きながらも、不快感を表明しない皇太子殿下は、この風刺画の中で一番洗練された言動に見えます。
作者がアジアに長期滞在し、日本を拠点に活動する方だから、日本の皇族をこっぴどく風刺することへの遠慮があるかと、私は思いました。

③皇太子殿下に対する風刺
風刺画の説明文冒頭で「Japan's Crown Prince Naruhito showed the hinomaru Sunday in Stockholm, where he rubbed elbows with hundreds of extremely minor European royals who were wearing thousands of self-awarded decorations. 」とありますね。

風刺画を見て、この文章を読むと、「過剰に飾り立てた(皇太子殿下から見て)きわめて身分の低い欧州の王族達と(パーティで不快にも)肘をこすり合った皇太子殿下が日の丸を見せた。」と受け取れます。

↓続く説明文を読むと、「日の丸を見せた」は「日本のテクノロジー(カメラ)を見せびらかした」の意味だと解釈できるかと。
「The Crown Prince, representing the Emperor and Empress, and Japan, brought along some gee-whiz Japanese technology, a point-and-shoot camera」

上の説明文中の「gee-whiz Japanese technology」のgee-whiz(驚嘆するような)が、私には皮肉に聞こえます。カメラが驚くほど小さいわけではないですし、世界中で日本メーカーのカメラが広く使われてますし。
gee-whizには「人を煽るような」と言う意味もありますね。この意味合いも含めてると感じます。

また説明文中の「a point-and-shoot camera」という表現は、point-and-shootが銃を連想させ、物騒です。最初の文章に出た「日の丸」とセットで見ると好戦的に見えます。

作者は日本に対する遠慮と配慮から、皇太子殿下への風刺は弱いものとなってますが、身分の高いロイヤルファミリーでお高く留まって、すました風情の皇太子殿下像がここでは描かれてると思います。それでいて、身分の高いものによく見られる秘かに好戦的な面もあると。そういう風刺画だと、私は解釈しています。

Re: めろでぃ様へ

> きゃー!思いっきりハズレ〜!
> 赤っ恥www
> やっぱ無知な者が余計な事をするもんじゃないですね(^^;)
> Mansikka様、失礼いたしましたっ

いえいえ、ウリがぷりん様のお返事で書いたように、ベルギー王とオランダ王はノンネイティブですからね。そういう英語の間違いもあると解釈する方もいらっさるでしょう。ウリには発想が新鮮だっただけニダw

そうそう、めろでぃ様のコメを読んで、ウリの義父が「タイ旅行中、免税店でソニーのデジカメを買ったら、日本語の説明がついてた」と台湾向けの中国語(繁体字)を見せられたことを思い出しましたわwww「それは台湾向け中国語ニダ」と教えると、なじぇ日本製のカメラなのに日本語の説明はなく、中国語が2種類もあるニカ!と激おこでしたわwww

さっき書いたんですが、今回の風刺画はベネルクスの王族を田舎者扱いしてる面と、皮肉が弱いものの、「お高く留まった皇太子」という風刺が入ってると思いますわ。

Re: ららら♪様へ

> Manshikkaさん、精力的な検証作業、ありがとうございます~☆
きゃぴ☆どういたしまして♪ ららら♪様もいつも色々教えて下さってkmsニダ♪

> この写真、有名ですね。
ウリ、実はこのチャルが出た時から、「何ぞこれ?スウェーデンの記事の画像じゃないでそ!」と思ってたニダ。
だってタイトルの「big fat」で大袈裟なスウェーデン王室式結婚式を風刺するにしては、スウェーデン人目線で風刺の会話が書かれてないんだもの。

> 私もBBやremmikkiのブログで見て、ころっと信じていました。
> 己の浅はかさを恥じておりますわ。

あんなに自信満々に書かれると、普段、スウェーデンの報道を見ない普通の日本人は騙されちゃうと思うデヨ。

> 大本は、日本の皇太子殿下を褒めてくださっている記事だったんですね、
若干、おすまししたことへの風刺があるニダが、それは説明文を読まないとわからないデヨ。
風刺画だけを見ると、皇太子殿下が一番まともな人に描写されてますミダ。一番クールな人にも見えますね。

> まさかこんな使われ方をしているなんて、あちらも思わなかったでしょうね。
作者が見るとビックリするんじゃないニカね。作者のサイトには日本人の友人に翻訳させたのか、日本語バージョンと英語バージョン2種ある風刺画もありますたよ。日本語が話せる方なら、皇室叩きブログに使われてるのを直接読めるだろうし、あまりのいい加減さに腹が立つんじゃないニカね。

> 彼らにとって、真実なんてどうでもいい、嘘も百回言えば真実になるって、まるっきりあちらテイストの
> 方々なんですね~。

まさに、それニダよねぇ・・・

> 伏見くんが、Manshikkaさんのことを、「ニダ」言葉を使う朝鮮女、と書いていましたが、
> じゃあ、「ニダ」言葉を使っているトド子さんはどうなんでしょうね、
> BBさんの大親友じゃないですか~?

トド子さんはBB氏のコメ欄でも、BB氏をよくサポートしてるのにねw

> 書き散らせば散らすほど、自分たちのウソがばれていく自爆行為も、どこかの国の人たちと一緒ですね♪
普通の日本人は「嘘をついちゃだめよ」「嘘もいつかはバレるものよ」等と、親から言われて育つと思うニダが・・・
彼らには「いつかはバレる」という概念はないんでしょうね。

> あ、私は凶暴、凶悪な女で、あちこちの保守ブログを破壊しまくっているとか書かれていましたが、
> どの保守ブログに、どういうことをしたんでしょう~、
> ソースをつけて説明していただきたいですわ、奥さまっ☆

remmikki氏やKUON氏は左翼ニダよね?
remmikki氏はミンス政権誕生時にブログ記事で政権交代を歓迎してたもの。KUON氏は温厚そうでいて、かなり過激な発言するし、反天連のメンバーでも不思議じゃないぐらいデヨ。
一体どこの保守ブログの話をしてるニカね?w 

今一つわかりません

メロディ様、mansikka様、ご返信ありがとうございます。
おふたりならこの風刺画のそれぞれの吹き出しをどう訳されますか。

なにを風刺しているのかよくわからないんですよ。
カメラを皮肉るのも変ですしねぇ。

Re:ぷりん様へ

> メロディ様、mansikka様、ご返信ありがとうございます。
> おふたりならこの風刺画のそれぞれの吹き出しをどう訳されますか。

ぷりん様、ブログ記事の中に吹き出しの訳文を書いてありますよ。

> なにを風刺しているのかよくわからないんですよ。
> カメラを皮肉るのも変ですしねぇ。

まぁ、風刺が弱くて通じにくいのと誤解を与えたくないのとで、作者も説明文を付けたのでしょうね。

詳しい解釈は「風刺画に対する私の解釈」と題してコメ欄に書きましたが・・・
簡単に書くと、大国の王族と比べると身分が高くない小国の王族が見栄を張って勲章をたくさんつけてる一方、彼らに囲まれた皇太子はお高く留まって、彼らを相手にせず、日本のテクノロジーを見せびらかしてるという皮肉だと思います。

異文化の皇族を皮肉るのに遠慮してるがゆえに、毒気が少なく、風刺が弱くなってしまったんだと思います。

実はこのブログ記事をうpする前(先週の火曜日)に英国人の友人2人に会ったんですが、その時にこの風刺画を見せて「どう思うか?」と感想を聞いたんですよ。(翻訳は聞くまでもないと思ったんで、それは聞いてません)

友人2人とも「あまり意味がない風刺だよ。」「面白くない。Mansikkaには面白いの?」という冷めた反応でした。

ぷりんの解釈

いろいろ書かれていますがこの作品は風刺画でありコミックです。複雑な解釈を要する文学作品ではありません。

大衆向けの風刺にあれこれ複雑な解釈は無用です。
即座に意図するところが伝わるからこそ風刺「画」なのです。

論点はit is smallは何を指すか、さらにhe speaks Englishのheとは誰か、につきます。

おっしゃるように it は普通人は指しませんのでカメラであろうと思われます。
「あれ小さいな」と訳すべきです。

ではなぜその後「彼が英語を話さない(=理解しない)と思うの」とオランダ女王が発言するか、なのです。

(ちなみにオランダ女王の吹き出しに句読点もスペルの誤りもありません。
もし句読点、スペルミスがあると誤認されたとしても、句読点、スペルミス程度で「間違いだらの英語」と赤字で強調されたのはいかがなものかと思います。
正直申しげてこの風刺画の会話自体はセンター試験のリスニング問題レベルです。高校生でも解くレベルです。
間違いだらけと思う方はいないと思います)

カメラが小さいことを彼に聞かれてはまずいのか。
小型高性能カメラは称賛されはしても中傷されるものではないはずです。
ではなにがまずいのか。

何かを small と表現することを he には聞かせたくないからではないのか。
そこがこの風刺画の風刺だと思います。

では he とは誰か。
この風刺画に出てくる男性は3人、現オランダ国王、現ベルギー国王、そして皇太子殿下。
前二者はsmallと語り合っている二人で、女王に注意喚起されているのですから he には当たらないでしょう。

(この he がカメラを指すと書かれてましたが it が人を指さないのと同様に he が物であるカメラを指すという解釈はかなり無理があります。ましてカメラが英語を話すとは意味が分りません。)

以上がぷりん的解釈です。

読み手側にいく通りかの解釈が存在することもありましょうからぷりんの解釈を押し付ける気はないです。

同様に嘘とか間違いだらけとか決めつけるのもどうかなぁと思います。

Re: ぷりん様へ

> いろいろ書かれていますがこの作品は風刺画でありコミックです。複雑な解釈を要する文学作品ではありません。
風刺画に通常、説明文はつけません。それをつけたのは作者ですw
ぷりん様が説明文を理解できないようなので、私が解釈を書いただけですよ(はぁと

複雑な解釈が必要ないと言いつつ、かなり捩じった解釈を長文で書いてくることに、ぷりん様は疑問を感じないんでしょうかね?

> 大衆向けの風刺にあれこれ複雑な解釈は無用です。
だから、作者は他の風刺画に説明文をつけてないわけでw

> 即座に意図するところが伝わるからこそ風刺「画」なのです。
即座に伝わらないと思ったから、作者は説明文をつけたのでしょう。

> 論点はit is smallは何を指すか、さらにhe speaks Englishのheとは誰か、につきます。
そこを論点にしてるのは、今のところぷりん様だけですよ?

> おっしゃるように it は普通人は指しませんのでカメラであろうと思われます。
普通って・・・「it」がもし人に使われた場合、「人を指すなんてありえない!」と怒るような言葉ですが?「it」が人に使われたら異常なんですよ?

> 「あれ小さいな」と訳すべきです。
そういう訳文がいいと思うなら、ご自分のブログを作って発表してみてはいかが?

> ではなぜその後「彼が英語を話さない(=理解しない)と思うの」とオランダ女王が発言するか、なのです。
ご自分の翻訳したいなら、ご自分のブログを作ってやってほしいところですわ。マジで。

> (ちなみにオランダ女王の吹き出しに句読点もスペルの誤りもありません。
句読点はありますよ?句読点とスペルの誤りがないと書くべきでは?

> もし句読点、スペルミスがあると誤認されたとしても、句読点、スペルミス程度で「間違いだらの英語」と赤字で強調されたのはいかがなものかと思います。
英語の句読点の打ち方は日本語以上に大事ですよ?
過ちを謝罪し修正して済むなら警察は要らないって話なら、BB氏に言ったらどうです?
BB氏はまだ謝罪も修正もしてないと思いますががが!www
それと、ぷりん様もご自分の過ちをまだ謝罪してもいないんですけど________

> 正直申しげてこの風刺画の会話自体はセンター試験のリスニング問題レベルです。高校生でも解くレベルです。
> 間違いだらけと思う方はいないと思います)

でも、ぷりん様は「it」が皇太子を指すと間違えちゃったわけニダねwwwww 「it」に関しては中1レベルでそ?ww
そもそも見間違いの話で、英文解釈まで違ったわけじゃないのに、ここまで上から目線で語る神経にビックリですわよ。

> カメラが小さいことを彼に聞かれてはまずいのか。
> 小型高性能カメラは称賛されはしても中傷されるものではないはずです。
> ではなにがまずいのか。

前の返事をちゃんと読まずに、疑問文を書かれましても・・・この辺の解釈は既に書きましたよ。

> 何かを small と表現することを he には聞かせたくないからではないのか。
> そこがこの風刺画の風刺だと思います。

smallには小柄とか、背が低いという意味もありますが、私の経験上、背の低い細身の人に使う場合が多いですわ。洋服のSサイズを着るような人を指すことが多いですね。皇太子殿下のように背が低いだけの場合は「short」を使うことが多い印象です。

で、無理やりに「small」が皇太子を指す言葉だと解釈したいぷりん様の目的は何でしょうかね?そもそも主語が「it」なんですけど?

> では he とは誰か。
> この風刺画に出てくる男性は3人、現オランダ国王、現ベルギー国王、そして皇太子殿下。
> 前二者はsmallと語り合っている二人で、女王に注意喚起されているのですから he には当たらないでしょう。

heが皇太子殿下のことだって、訳文を読んでもわからないんですかね・・・・・

> (この he がカメラを指すと書かれてましたが it が人を指さないのと同様に he が物であるカメラを指すという解釈はかなり無理があります。ましてカメラが英語を話すとは意味が分りません。)
そんな訳を書いてませんし、言いがかりにも程がありますわwwww 

> 読み手側にいく通りかの解釈が存在することもありましょうからぷりんの解釈を押し付ける気はないです。
ぷりん様は最後まで自分の過ちを謝罪しないんですね。
heがカメラを指すとは一言も書いてないのに言いがかりをつけた上、スウェーデンの記事等と嘘を書いたBB氏らに疑問を感じない感性にもドン引きです。これ以上、お付き合いするのは時間の無駄なんで、書き込みは控えていただきたいですわ。
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR