2016-02-29(Mon)

葬儀のドレスコードとマナーに関する印象操作


1年ちょっと前の2014年12月5日、故ボードゥアン1世 (ベルギー王)の妻
ファビオラ妃がブリュッセルで崩御なさいました。
その1週間後の12月12日に葬儀が執り行われ、皇后陛下がご参列。

海外で評価が高かったと聞く、この皇后陛下のご参列に
しつこく難癖をつける方々がいて、辟易しておりまして。

今回は3つの批判を検証しますが、一番批判されているお辞儀については
別記事で検証しようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20160227003.jpg
批判①:たとえ、それが「葬儀」であっても、出かけるのは嬉しいことよね。
     (ブログ「Mrs Oakley Fisher の食料庫」)

   羽田空港で挨拶する際にほほ笑んだ皇后陛下を批判してますが
   友が亡くなったら、ずっと喪に服して笑顔を見せちゃいけないってのは
   どこのルールなんでしょうか・・・

   また、欧米の葬儀では笑顔を見ることも珍しくないかと思います。
   実際、近親者を含め、欧州の王族も笑顔を見せてましたよね。

20160227001.jpg
上の画像は教会の中で笑顔のオランダのベアトリクス前女王とスペインのソフィア王妃
下は別れを告げる際に笑顔を見せるファビオラ妃の甥でルクセンブルク大公アンリとその妻、
横は葬儀を終え、教会の階段を下りるデンマーク女王マルグレーテ2世。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20160227004.jpg
批判②:腕掴まれている!
    こんな人会場には美智子さましかいません。

     (ブログ「列外派星くず日記」)

   VIP中のVIPで高齢(当時80歳)の皇后陛下だから、
  特別に気遣ってるのでしょう。

   年齢の近いアストリッド王女は弟に手をとってもらってますし・・・

   皇后陛下の優雅で威厳あるこのお姿を見て、恥ずかしいと書かれてるのですが、
   私には理解不能ですわ。

20160227006.jpg
教会の階段で弟のノルウェー王ハーラル5世の腕を借りるアストリッド王女(当時82歳)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
批判③:ひさしなしの皿帽子は非礼です。(ブログ「BBの覚醒記録」)

   ベルギー王族の女性の装いを名前と顔の分かる分だけチェックしましたところ、
   ひさし(つば)のある帽子をかぶってるのは8人中たったの2人だけでした。
   BB氏の基準だと、残りの6人はマナーをわきまえないってことでしょうかね(棒

   追記:そもそも「ひさし」ってのは、野球帽などキャップ型の帽子に使う言葉では?とのご指摘もw
   参考サイトリンク:タムラ帽子店「帽子の各部位の名称」


   マティルド王妃     黒い輪っかのような帽子(頭頂部が開いている)
   アストリッド王女    黒いカチューシャ(リボンとレース付き)
   ルィーザ・マリア王女  無帽(後ろに黒い髪留め)
   エリザベート王太子   黒のふちなし棒(ピルボックスハット)
   マリア・ローラ王女   黒のヘッドドレス(後ろにレースの縁取り)
   ルイーズ王女      グレーのソフト帽
   パオラ妃        黒のレース(マンティラ)
   クレール王女      黒のつば広帽


20160226009.jpg
1枚目ベルギーのフィリップ王とマティルド王妃
2枚目ベルギーのアストリッド王女と夫のオーストリア=エステ大公ロレンツ
3枚目アストリッド王女の次女 ルィーザ・マリア王女、フィリップ王の長女エリザベート王女(王太子)、
アストリッド王女の長女マリア・ローラ王女と次男ジョアシャン王子。


20160227002.jpg
1枚目ルイーズ王女と父親のロラン王子   2枚目パオラ妃 
3枚目の2列目ロラン王子の隣が妻クレール王女。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【欧州で高評価を得た皇后陛下のご参列】

   ブログ「スイスで聞く「日本」」によると、スイスのTVニュースで皇后陛下の姿がアップになり、
   多くの招待客の中で皇后陛下のお名前に言及されたそうです。

   また、「川島ルミ子 オフィシャルブログ 」によると、フランスの報道で
   皇后陛下のご参列が高く評価されてたとか。

   そして、在ベルギー日本国大使館のラブレター・フロム・ブラッセルズを
   読めば、ベルギーでも高評価を得たことがわかります。

   このブログ記事の画像出典元の一つ、イギリスのデイリーメールも皇后陛下の名前を
   王族の招待客の真っ先に持ってきてます。
   また、写真の説明でも高齢の皇后陛下がはるばる東京から来たと書いており、
   地位と名前ぐらいの紹介がほとんどである他の王族より、好意的な報道だと思います。

They were joined by royals from around the world, among them Japan's Empress Michiko, Denmark's Queen Margrethe II, Morocco's Prince Moulay Rachid El Alaoui and Sweden's Carl XVI Gustaf and Queen Silvia.
20160227007.jpg
Long journey: Japan's elderly Empress Michiko travelled all the way from Tokyo to be at the funeral

(Daily Mail 2014年12月12日の記事より一部転載。リンクは下の画像出典元リンクにあります。)


   別の画像出典元のスペイン語サイト(Society/Culture Website)
   EL POSTをググる英訳で読むと、皇后陛下と天皇陛下が故ボードゥアン1世国王夫妻と
   親しいお付き合いを維持してた、と書いているようでした。

   このように高評価を受けたと思われるベルギーご訪問。
   日本の印象を高める外交成果を台無しにするような皇后陛下バッシング
   には呆れてしまいますわ。

------------------------------------------------------------------------------
【ファビオラ妃の葬儀画像出典元リンク】

   笑顔で挨拶する皇后陛下 → Youtubeニュース動画のキャプ

   笑顔のオランダのベアトリクス前女王、スペインのソフィア王妃 → EL POSTより

   葬儀に参列された皇后陛下の写真2枚 → 産経新聞より

   ベルギー王族(フィリップ王とアストリッド王女のご家族)の写真3枚 → Getty Imagesより

   ベルギー王族(ルイーズ王女、パオラ妃、クレール王女)の写真3枚と
   ノルウェー王ハーラル5世と階段を上るアストリッド王女の写真、
   笑顔のルクセンブルク大公アンリ夫妻とデンマーク女王マルグレーテ2世の写真 → Daily Mail


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ばんしお(*^^*)

ピギョと同時に、検証記事のup ありがとうございます。コメントはなかなか残せないけど、記事はいつも読ませていただいております。ぴよ様とは、また違う視点なので、本当にためになります。

は羽田空港での笑顔ね。私は、お疲れ様ですの笑顔だと思ったんですけどね。それとも、仏頂面して旅立って欲しかったニカ?はたまた、私はあまり知らないけど、蕎麦国の泣き女みたいに泣きながらいけばいいニカ?なんて、その批判に検証前に思ってしまいました。他国の王室画像を見ても、滅多に会えない人たちに会え、近況報告かしらぐらいにしか思いませんでしたよ。むしろ、結婚式より、こうした葬儀のほうが親族が揃いやすいし。

腕を掴まれてるって、私には掴まれてるというより添えられているようにしか見えませんがどうですかね。

帽子批判。はぁ、ひさしというあたりがなんとも。せめて、ベールと言ってほしい。

それにしても、赤色のものを身につけたとか、宝石ゴテゴテとかなら批判されても仕方がないと思いますが、帽子のデザインにまで。何を言いたいのかさっぱりですね。


No title

皇室批判ブログ便秘中も見させていただきましたニダ。そすて皇后陛下をこんな風に書かれてる事知らなかったでスミダ。このブログ知りませんでした。お知らせいただきありがとうスミダ。
びっくり。やはりこういうこと書くのは小作か在でしょうか。ちと目を疑いますデヨ。悲しいニダ。もうお年です。日本人なら当然天皇皇后両陛下をいたわる気持ちがあると思うのですが。
こんなめちゃくちゃなブログでも賛同すり人がきっといるんでしょうね。怖いデヨ。ウリは皇后陛下のお召し物はいつも礼儀正しく良いなと思ってたから驚きデヨ。ウリもしっかりしなくてわ。

引っ掛からないと思うけど紹介してもらうと心強いニダ。ありがとうデヨ。

基本はベール

ばんしお

喪に服す時の基本はベールでなかった?
帽子は簡易なんでつばの大きなのがおかしい筈です。

また、年上の女性にはエスコートとして手を差し出すのはマナーです。

喪主側でもないのに葬儀の際に過剰に悲しみを出すのもマナー違反、感謝の気持ちを笑顔で返すのは礼儀です。


あと皇室叩きブログで気になったのは雅子様が伊勢神宮に御参りしなかったと言うのです。

No title

ばんしおニダ
いつも検証kms~なんです
このBBなるご仁、いってることがイチャモンレベルでばっかじゃね?ですニダ
こういう嘘やらこじつけ、いいがかりを臆面もなく垂れ流せるメンタルは、やつらに相通じるもんがありますなww
様がなさるような詳しい検証をされると、合理的論理的な反論はまず返ってこないだしょうね。断言しますww

キムチ国では慰安婦がますますヒートアップして、毎日大騒ぎの様相です
6mの像まで現れたとかww
さらには捏造慰安婦の映画まで作ってご満悦みたいニダ

初潮前の少女達を拉致った挙句焼き殺した鬼畜日帝だそうです
この「少女達」ってのがけっこうNEW!wwなわけで

自称慰安婦BBAの歳が若すぎるんですわ
1945年に売春婦をしてたにしては83歳とか若すぎね?ってことで、少女まで拉致って慰安婦にしてたニダ!にお話を改変したニダね

このBBAどもは、年齢的に間違いなく朝鮮戦争の時の慰安婦でしょう、またはその後の職業売春婦
イルボンは関係ないでーす
でも奴ら意図的に朝鮮戦争時の記憶を併合時の記憶とすり替えてるんですよね
だから日本軍に蹂躙されたとかいうわけで
当時はあんたらも日本人!しかも朝鮮半島ではほとんど戦闘なしですわ
朝鮮半島を焼け野原にしたのは北の同胞です!イルボンじゃないよーん

ほんとこんなでたらめと明らかなことでも、言ったもん勝ち!
映画にしたもん勝ち!新聞記事にしたもん勝ち!国連に先に問題提議したもん勝ち!

なんか似てません?そのメンタリティww
お里が知れますニダねえ

****

陛下がインフル罹患されたそうです
ご高齢だから心配です
はやく回復なされますように

気持ちわるいですね。

うーん、これはネタなんでしょうか?!彼ら、彼女らなりのウケ狙い?!
主サマが、まとめて下さったおかげでこのブロガーたちの間違いや異常性が明確に分かりますね(^◇^;)

1.いってまいります。ご苦労さま。ありがとう。いくら葬儀に向かうといっても、人に真心で接すると、柔らかな微笑みが自然と出るもの。対面されている男性が何かお声かけしたことに対する返しをなさっているかもしれないし、これのどこがいけないのか全く分かりません。

2. ご高齢の妃殿下に配慮していただくのは当然でしょう。しかもこの時は雨が降っているのですよね?そんな中、濡れることも厭わないような毅然としたお姿に、皇后陛下が濡れたりなさらないように「(傘に)お入りください」「足場が悪いのでお足元にお気をつけ下さい」とフォローしているようにしか見えません。敬意があるからこそ、あのような心のこもった配慮ができる。プロだから当然ですよね。このブロガーは妃殿下に敬意なんてないから、手を差し伸べる気にならず、おかしく見えるのでしょうが、それは自分の気持ちの投影ですよね。

3.1番笑いました。誰かと思えばやはり、期待を裏切らないBBさんでした…。
この方、分かってて確信犯で書いてるんですよね?調べるまでもなく誰にでも分かりそうな間違いを定期的に投下してくれるので…まさか炎上商法なのでは?!と思ってしまうほど。それくらい、杜撰すぎる。正しいマナーを分かった上で平気で偽のマナーをブチあげてるんですよね?それとも本当に、不自然なくらい「知らない」方なのか、興味深いです。葬儀にはなるべくつばの無い、または小さな帽子にするというのは常識じゃないでしょうか?自分の感性だけでマナー云々言わないでちょっと調べるくらいすれば良いのに…。というか、20万人が30万人に変わったりする某国の主張のように、嘘の匙加減を間違えると何の信憑性も無くなりますね。
それに、帽子のつばをひさし(庇)とサラリと仰るあたり、言葉自体間違いじゃありませんが、かなり御年配の方とお見受けします❤️

No title

Manshikkaさん、
今回も思い切り笑わせてもらいました。
私の笑いじわに対する、損害と賠償を請求・・・・、なんちゃってww

一国の皇后陛下に対し、腕をつかむなんて失礼をしたら、外交問題でしょうに。
これはエスコートされていると考えるのが自然なのに、いつも考え方が不自然なBBさんですねえ。

ほんとに、一度病院に行かれて精密検査を受けられた方がよかろうと思いますよ、

ベルギー王室は、血統こそ古いものの、王室としては比較的新しい歴史しか持っていないんですよね、
そういう王室からしたら、日本の皇后陛下がわざわざお出ましなさるなんて、うれしいことだと思います。

こうして海外での評価を正しく伝えてくれるManshikkaさんには、本当に感謝です。
だから、しわに対しての損害と賠償は、ナシってことにしますですww

まあちさん、
おそらく、>知らない 方に100万ペソかけますw
着物に関する知識は皆無だし、女性の洋服に関する知識も皆無ですもんね、
わかっていてわざと・・・、というほど、頭のいい人ではないと思いますわ。

>外交成果を台無しにする皇后バッシング
そういえば、お笑い伏見君も、Manshikkaさんのブログ見て、フィリピン大使館に突撃したそうですねw
あれは明らかに嘘、ってバレバレだけどwwwww

No title

Mansikka様こんにちは。
 
微笑み程度で叩く人達って何なのでしょうね?
大声で馬鹿笑いをしたわけでもないのに…。
日本の葬儀場でも笑顔はよく見かけますよ。あれは悲しい事を忘れたい、自己防衛本能の一種だと思います。
 
腕を掴まれてるという件も、とっさの場合に備えての行為にしか見えません。
実際、他人の腕を掴んでみればいいんです。腕を掴もうとするとき、脇の間から手を入れる筈ですから。
 
帽子の件も、少しも調べもせずに書いていて恥ずかしくないのかしら?
自分の無知さや浅慮を嗤われるだけなのにね。
 
それよりも陛下のインフルエンザが心配です。
お早い快癒を祈ります。

Re: ミケの友達様

ミケの友達様、こんしお!

> ピギョと同時に、検証記事のup ありがとうございます。コメントはなかなか残せないけど、記事はいつも読ませていただいております。ぴよ様とは、また違う視点なので、本当にためになります。
いつも読んで下さってkmsニダ。ぴよ様は緻密で理論的で、ああいう方に検証されると、皇室叩きブロガーさん達はかなり凹むんじゃ?と思うニダw

> は羽田空港での笑顔ね。私は、お疲れ様ですの笑顔だと思ったんですけどね。それとも、仏頂面して旅立って欲しかったニカ?はたまた、私はあまり知らないけど、蕎麦国の泣き女みたいに泣きながらいけばいいニカ?なんて、その批判に検証前に思ってしまいました。
ああ~~!ウリも同じことを思ってたニダwww 泣き女、雇ってほしかったニカ?等とw
でもねぇ、きっと厳しい顔なら「性格きつい!」、悲しそうな顔なら「皇族が感情的になるな!」と叩くんじゃ?と思いますミダ。

他国の王室画像を見ても、滅多に会えない人たちに会え、近況報告かしらぐらいにしか思いませんでしたよ。むしろ、結婚式より、こうした葬儀のほうが親族が揃いやすいし。
葬儀中もデンマーク女王が皇后陛下に笑顔で話しかけてる画像もあったニダw ウリはそれを見て「交流を深められたのだなぁ」と嬉しく思いましたけど、バッシングブロガーがあの画像を見つけたら叩くでしょうね。

> 腕を掴まれてるって、私には掴まれてるというより添えられているようにしか見えませんがどうですかね。
あ、腕をつかんで見えるチャルもあるニダ。そのブロガーさんの画像出典元がわからなくて、ここに転載するのを少し躊躇したニダ。

> 帽子批判。はぁ、ひさしというあたりがなんとも。せめて、ベールと言ってほしい。
昔からつばのない帽子で参列するのは見かけますし、ベールの方がまだ理解できますミダね。

> それにしても、赤色のものを身につけたとか、宝石ゴテゴテとかなら批判されても仕方がないと思いますが、帽子のデザインにまで。何を言いたいのかさっぱりですね。
モロッコの男性王族は白くて長い民族衣装に赤いフェズ(帽子)でそ?皇后陛下を変な帽子とロングドレスで目立ってるとかって書いてるブロガーさん達がいらっさるけど、そういう男性が背後に座ってるのに目につかないのかしらね?タイの王女は無帽だし、ベルギー王妃の帽子は太いリボンが頭に巻き付くようなデザインで、上が開いてますしね。皇后陛下の服装を叩く理由が理解できないんです。

Re: 水中花様へ

> 皇室批判ブログ便秘中も見させていただきましたニダ。そすて皇后陛下をこんな風に書かれてる事知らなかったでスミダ。このブログ知りませんでした。お知らせいただきありがとうスミダ。
それがもう、たくさんあるんデヨ・・・人気ブルログのBB氏が他の皇室叩きブルログに大きな影響を与えてるニダ。あちこちのブルログでBB氏のブルログから転載して、叩いてますからねぇ。

> びっくり。やはりこういうこと書くのは小作か在でしょうか。ちと目を疑いますデヨ。悲しいニダ。もうお年です。日本人なら当然天皇皇后両陛下をいたわる気持ちがあると思うのですが。
親交のあったファビオラ妃の葬儀へのご参列に異議を唱えたり、服装にイチャモンレベルの難癖つけるって、一般の国民には理解不能ニダよね。

> こんなめちゃくちゃなブログでも賛同すり人がきっといるんでしょうね。怖いデヨ。ウリは皇后陛下のお召し物はいつも礼儀正しく良いなと思ってたから驚きデヨ。ウリもしっかりしなくてわ。
賛同するのはもっぱら反日国のバックグランドを持つ人かと思うデヨ。あとは老齢の極左とか。

> 引っ掛からないと思うけど紹介してもらうと心強いニダ。ありがとうデヨ。
ここの読者で引っかかる方はほとんどいないと思ってますミダ。読者は読者でも小作は例外ですけどw
ピギョ以外の記事も読んで下さってkmsなんです!ウリも心強いデヨ~!

Re: さゆり様へ

さゆり様、こんしお!

> 喪に服す時の基本はベールでなかった?
> 帽子は簡易なんでつばの大きなのがおかしい筈です。

カトリックは黒のベールが一般的とされてますミダね。
でも、欧米は案外細かいことにうるさくないと思うんですミダ。なので、つばの大きめな帽子にもケチはつけないと思いますが、あまりに大きなものや派手なものはやっぱ印象が悪いかと思いますデヨ。

> また、年上の女性にはエスコートとして手を差し出すのはマナーです。
お一人でご参列なさいましたから、手を差し出すのもまったくおかしくなさよね。

> 喪主側でもないのに葬儀の際に過剰に悲しみを出すのもマナー違反、感謝の気持ちを笑顔で返すのは礼儀です。
ここの葬儀で、ウリが別れの挨拶中に喪主が泣いちゃって「ごめんなさい」とお互いに謝ったことがあるニダ。で、ハンカチで涙をぬぐって笑顔で別れの挨拶をしますた。普通は葬儀であまりにも取り乱すのは良くないという感覚があると感じますけどねぇ。

> あと皇室叩きブログで気になったのは雅子様が伊勢神宮に御参りしなかったと言うのです。
・・・マジニカ?未だにそんなことを言う輩もいるニカ・・・妄想の世界に浸ってるニカねぇ。彼らの根拠が知りたいところデヨ。

Re: ボラヲ様へ

ボラヲ様、こんしお~!

> いつも検証kms~なんです
> このBBなるご仁、いってることがイチャモンレベルでばっかじゃね?ですニダ

東宮家叩きをしてた時はイチャモンレベルでも人気ブログだったから、感覚がマヒしたのかもしれませんぐ。両陛下叩きも同じ調子でやっちゃ不味いと思わなかったニカなぁ。まぁ、皇太子時代から叩いてきたのと同じ輩かもしれないニダね。年配の方かも・・・w

> こういう嘘やらこじつけ、いいがかりを臆面もなく垂れ流せるメンタルは、やつらに相通じるもんがありますなww
> 様がなさるような詳しい検証をされると、合理的論理的な反論はまず返ってこないだしょうね。断言しますww

東宮家好きの星クズ日記の主様は、コメ欄で間違いを指摘され、修正したこともあるから、他のバッシングブロガーさんと比べ、聞く耳を持ってらっしゃるかもしれませんぐ。BB氏は反論できるけどしないとコメ欄で書いてたはずw

> キムチ国では慰安婦がますますヒートアップして、毎日大騒ぎの様相です
> 6mの像まで現れたとかww
> さらには捏造慰安婦の映画まで作ってご満悦みたいニダ

売春婦の国というイミジを作り上げるのに必死な蕎麦国って・・・w
近年、アメリカで蕎麦国人売春婦がよく捕まってるニダよね?「日帝に無理やり連れてこられたニダ!釈放するニダ!」アピールかしら・・・

> 初潮前の少女達を拉致った挙句焼き殺した鬼畜日帝だそうです
> この「少女達」ってのがけっこうNEW!wwなわけで

前にも少女すら連行したと話してたような・・・設定がコロコロ変わり過ぎて、覚えられないw

> 自称慰安婦BBAの歳が若すぎるんですわ
> 1945年に売春婦をしてたにしては83歳とか若すぎね?ってことで、少女まで拉致って慰安婦にしてたニダ!にお話を改変したニダね

年齢詐称の方が早くね?と思っちゃうのであってw 90歳ニダ!と言えば、「あら、お若く見えますね」と言われるかもしれないのにw あ、もしかして既に年齢詐称してるニカ?これ以上の詐称は無理って判断ニカね?w

> このBBAどもは、年齢的に間違いなく朝鮮戦争の時の慰安婦でしょう、またはその後の職業売春婦
> イルボンは関係ないでーす
> でも奴ら意図的に朝鮮戦争時の記憶を併合時の記憶とすり替えてるんですよね

嘘をついてる認識はあるんじゃ?と思いたいw でも、「嘘も百回言えば・・・」で自分で自分を洗脳しちゃった人もいるでしょうね・・・。

> だから日本軍に蹂躙されたとかいうわけで
> 当時はあんたらも日本人!しかも朝鮮半島ではほとんど戦闘なしですわ
> 朝鮮半島を焼け野原にしたのは北の同胞です!イルボンじゃないよーん

戦争で日本に勝って独立したと思ってるパボも多いと言われてますしねぇ。やっぱシンシアリーさんみたいなのは稀ニカなぁ。

> ほんとこんなでたらめと明らかなことでも、言ったもん勝ち!
> 映画にしたもん勝ち!新聞記事にしたもん勝ち!国連に先に問題提議したもん勝ち!

昔、国連人権委員会の動画を見たんですが、基地外レベルの難癖つける中朝と比べ、蕎麦国は大人し目にイルボンを叩いてたニダ。
まるで蝙蝠w 中朝とイルボン、どっちの顔色も窺ってる感じですた。蕎麦国は言ったもん勝ち!な面と、蝙蝠的な面があるニダねぇ。

> なんか似てません?そのメンタリティww
> お里が知れますニダねえ

マナーにも疎いし、どういう育ちニカね?と思っちゃうニダな。

> 陛下がインフル罹患されたそうです
> ご高齢だから心配です
> はやく回復なされますように

あらら・・・ニュースをググって来なきゃ。あまりたちの悪いインフルじゃなきゃいいんですけど・・・

Re: まぁち様へ

> うーん、これはネタなんでしょうか?!彼ら、彼女らなりのウケ狙い?!
> 主サマが、まとめて下さったおかげでこのブロガーたちの間違いや異常性が明確に分かりますね(^◇^;)

ネタとして大笑いしたいところニダが、コメ欄でも真面目に叩いてるから、やっぱ皇族を貶めたいんでしょうね・・・

> 1.いってまいります。ご苦労さま。ありがとう。いくら葬儀に向かうといっても、人に真心で接すると、柔らかな微笑みが自然と出るもの。対面されている男性が何かお声かけしたことに対する返しをなさっているかもしれないし、これのどこがいけないのか全く分かりません。
なんだか、真央ちゃん叩きを思い出すでそ?2008年のワールドで優勝したら、フォトショで足を短く加工された大型パネル作られて、更にそのパネル前で、ミスしたらヨン棒に勝てないフンダララと責められますた。「ネタ?」としか思えない、唖然とするレベルの叩き方ニダよね。見送りの人に皇后陛下が笑顔でお礼を言って、何が悪いんでしょう・・・全く呆れちゃうデヨ。

> 2. ご高齢の妃殿下に配慮していただくのは当然でしょう。しかもこの時は雨が降っているのですよね?そんな中、濡れることも厭わないような毅然としたお姿に、皇后陛下が濡れたりなさらないように「(傘に)お入りください」「足場が悪いのでお足元にお気をつけ下さい」とフォローしているようにしか見えません。敬意があるからこそ、あのような心のこもった配慮ができる。プロだから当然ですよね。
地面が石畳で滑りやすい上に、ヒールのあるパンプスを履いてる招待客が多かったですし、ホストが気遣うのも当然ニダね。

このブロガーは妃殿下に敬意なんてないから、手を差し伸べる気にならず、おかしく見えるのでしょうが、それは自分の気持ちの投影ですよね。
このブロガーさんは東宮家が好きなので、周囲に心配かけるご高齢の皇族ではなく、若い皇太子ご夫妻を現地に!と考えてる印象ですたわ。まぁ、皇太子殿下もファビオラ妃とご交流がありましたし、皇后陛下の代わりにご参列されても、ウリに不満はないんです。

でも、皇后陛下のご参列にも全く不満がなく、それどころか誇らしく思ってるのですミダ。恥ずかしいという気持ちは全くないです。ご高齢の招待客の腕を取る、サポートしようとする様子を見て変だと思うのなら、それはやっぱ見る側の敬意の無さゆえでしょうね。

> 3.1番笑いました。誰かと思えばやはり、期待を裏切らないBBさんでした…。
> この方、分かってて確信犯で書いてるんですよね?調べるまでもなく誰にでも分かりそうな間違いを定期的に投下してくれるので…まさか炎上商法なのでは?!と思ってしまうほど。それくらい、杜撰すぎる。

ウリも時々、炎上商売ニダよね?と思っちゃうんです。誰にでもわかりそうなことでも、コメであまり指摘されないのがおかしいでそ?アクセス数もコメントも多いブログだというのに。反論コメを消しちゃうのかしらね?w

正しいマナーを分かった上で平気で偽のマナーをブチあげてるんですよね?それとも本当に、不自然なくらい「知らない」方なのか、興味深いです。
BB氏の中の人かと推測してる方のブログを読むと、本当にマナーを知らず、さらに調べる気もないんじゃ?という気がしますミダw

葬儀にはなるべくつばの無い、または小さな帽子にするというのは常識じゃないでしょうか?自分の感性だけでマナー云々言わないでちょっと調べるくらいすれば良いのに…。
西洋では、その辺のマナーが細かくない印象ですミダ。実際に英語でググって、あちこちのサイトを見てそう思いました。ウリも昔、フィンランドの葬儀に参加する際に「手持ちの黒いジャケットは光沢があるから、黒のワンピを着ようかな」と言ったら、周囲に全く理解されなかったデヨw 日本だと光沢のないものを着るのが普通でそ?ここでは「日本じゃそんなルールがあるの?」とビックリされますた。

というか、20万人が30万人に変わったりする某国の主張のように、嘘の匙加減を間違えると何の信憑性も無くなりますね。
某国も何を考えてるニカなぁw そうやって信憑性を失って、国の信頼性も揺らいでいくというのにねぇ。

> それに、帽子のつばをひさし(庇)とサラリと仰るあたり、言葉自体間違いじゃありませんが、かなり御年配の方とお見受けします❤️
ムフw ウリの世代でもひさしとはあまり言わないので、ご年配の方だとウリも推測中なんですw 

Re: めろでぃ様へ

めろでぃ様、こんしお~!

> 微笑み程度で叩く人達って何なのでしょうね?
> 大声で馬鹿笑いをしたわけでもないのに…。

ここに引用したブログの本文はこの程度ですけど、コメ欄では読者があからさまに馬鹿にしてますたわ。
もう、何が何でも叩きたいって感じでしょうね。葬儀場でもなく、日本の空港だというのに・・・(-_-;)

> 日本の葬儀場でも笑顔はよく見かけますよ。あれは悲しい事を忘れたい、自己防衛本能の一種だと思います。
ウリの従兄弟が若くして亡くなった時、彼の年の離れた妹が葬儀中にずっとニコニコ笑いながら遊んでいたニダが、みんな可哀想だからとそのままにしてたデヨ。結局、この子は途中でぐったりして、しまいには堪えたような嗚咽してたニダ。やっぱ自己防衛本能でしょうね。

> 腕を掴まれてるという件も、とっさの場合に備えての行為にしか見えません。
> 実際、他人の腕を掴んでみればいいんです。腕を掴もうとするとき、脇の間から手を入れる筈ですから。

このブロガーさんは記事で別のチャルを使っていて、それだともっと腕をつかんでるように見えます。チャルの出典元がわからないと、気分的に使いづらくて、パッと目についた産経のチャルを使いますた。でも、どっちにしろ、高齢の皇后陛下に何かあっては困ると考えたからの気遣いって考えるニダね。女性にさせたのも配慮かも?と。

> 帽子の件も、少しも調べもせずに書いていて恥ずかしくないのかしら?
> 自分の無知さや浅慮を嗤われるだけなのにね。

スウェーデンの結婚式の時、皇太子殿下が俯いてるチャル見て、デジカメをいじってたに違いないとBB氏は叩いてたニダが・・・そのチャルにはカメラを頭上高く構える招待客が2人ぐらい写ってたはずw そのチャルでいいの?と言いたくなりますたわw

> それよりも陛下のインフルエンザが心配です。
> お早い快癒を祈ります。

熱も出てるようですし、大事を取ってゆっくり休んでほしいものですね。幸い秋に予防接種を受けていて、あまり重い症状ではないらしさ。今週のご公務のほとんどを取りやめる見通しだそうです。ゆっくり休まれて、早くご体調が良くなられますように。

Re: ららら♪さんへ

ららら♪さん、こんしお!

> 今回も思い切り笑わせてもらいました。
> 私の笑いじわに対する、損害と賠償を請求・・・・、なんちゃってww

ぎゃ~どうじようw 謝罪と賠償請求はウリの特技なのにぃw ウリもしわが増えてないか、今、確認するニダ!(って、誰に謝罪請求すればいいニカね?その?www)

> 一国の皇后陛下に対し、腕をつかむなんて失礼をしたら、外交問題でしょうに。
> これはエスコートされていると考えるのが自然なのに、いつも考え方が不自然なBBさんですねえ。

こっちは列外派星くず日記の方ニダ(ボソボソ・・・
でも、BB氏もあれこれイチャモンつけてたニダよね。何人かのブルログで腕掴まれてる!という批判を見た覚えがあるニダが、見失っちゃって、こちらの記事を貼っちゃったんです。

> ほんとに、一度病院に行かれて精密検査を受けられた方がよかろうと思いますよ、
ウリもそう思うのであって。

> ベルギー王室は、血統こそ古いものの、王室としては比較的新しい歴史しか持っていないんですよね、
> そういう王室からしたら、日本の皇后陛下がわざわざお出ましなさるなんて、うれしいことだと思います。

そうそう、ウリも同じ印象を持ってますデヨ。ファビオラ妃は性格がお茶目だったようですし、そういうキャラの方と優雅な両陛下の間に親交があったというのは、どちらにとってもイミジアップになるとウリは思いますミダ。

> こうして海外での評価を正しく伝えてくれるManshikkaさんには、本当に感謝です。
「海外ではーーー」と嘘を吐かれるのが一番嫌なんです。一般の人、特に語学に苦手意識がある方は真偽の確認のしようがないわけですし。そういう点でこの手の嘘は悪質だと思うニダ。

> だから、しわに対しての損害と賠償は、ナシってことにしますですww
きゃぴ☆また検証記事の続編を上げるつもりニダが・・・ボソボソ 

> おそらく、>知らない 方に100万ペソかけますw
> 着物に関する知識は皆無だし、女性の洋服に関する知識も皆無ですもんね、
> わかっていてわざと・・・、というほど、頭のいい人ではないと思いますわ。

横レスニダが、女性の服を着たことがないんじゃ?と思うぐらいですミダねw
ウリもBB氏は知らないんだと思いますミダ。

> そういえば、お笑い伏見君も、Manshikkaさんのブログ見て、フィリピン大使館に突撃したそうですねw
> あれは明らかに嘘、ってバレバレだけどwwwww

にゃはw ウリもフィリピン大使館にメールしようと思ってググったら、なじぇかその日は在日フィリピン大使館のサイトに繋がらなくてやめちゃったニダ。翌日、大使館サイトを確認したらメアドは書いてなかった覚えが。伏見氏は電話したんでしたっけ?(脳内で)wwww

ををを〜!w

主サマ、再登板をお許しください❤️
そして、ららら♪サマ、私の拙コメに触れていただきありがとうございました(灬´ω`灬)

主サマ。ですです、海外の葬儀の画像では、つばのある帽子の方も、主サマ仰るように、割といらっしゃいますね。(私は海外の葬儀の様子は、画像や映画でしか見たことがなかったのですけど、かといって全員がつばの広い帽子をかぶってるなんてのも見たことがないwベールならともかくね…)
しかしながら日本ではもっとマナーが厳格化されているので、普通の社会生活を送っている女性(しかもある程度の年代の)ならば葬儀に参列したことくらい、1度や2度ではないでしょう。もし身内にアドバイスをくれる人がいないのであればマナーや作法に厳しい日本のことですから、誰しも何度かは教室に通ってみたり、そこまでせずともマナー本をめくってみたり、インターネットに慣れた方ならネットで一度は確認した経験があるのではと思いますが、この方は女性の装いの項目には興味がなかったんでしょうね。十二単まで扱う着付けのプロであるお母様の娘にしては、大雑把wなんですねww

そして。私はやっぱり、いつまでも「ひさし」という言葉の響きが、頭の中で血栓のように引っかかっていてww
年輩だからといって、、うーん、周りの先輩方が言ってるのはやっぱり、帽子の「つば」ですね。ひさしなんて、日よけみたいだし、でも日よけ効果の高い、いわゆる女性用のつば広の、最近の通称・女優帽とか、麦藁帽子(ストローハット)ですら、やっぱり「つば」ですよね。
じゃ、どんなのが「ひさし」っぽいかなと考えた時まず浮かぶのが、バイザーの付いた、キャップ型の帽子。野球帽!学生帽!…バイザー型でないなら、中折れ帽のような…のを「ひさし(より自然なのは「つば」な気がしますけどね)を掴んで(持ち上げて)挨拶」している年輩男性が脳裏に浮かびww
先入観なしにw心を真っさらにしても、自然かなーと思うのは、ことごとく男性用なんですよねww

バンカラwな高下駄に学生服に学生制帽、高校球児の野球帽wこれなら「ひさし」がしっくりきます。
でも年輩の女性がキャップなんてあまりかぶらないですよね?婦人用の帽子はやっぱり「つば」ですよねー。
でも、これも私の個人的な感覚なのかも…と思い、「帽子 庇」でググったりヤホーしてみました。。

すると、可愛いイラストの帽子屋さんを見つけましたw
帽子の部位に関するページ
ttp://www.tamura-boushi.com/about_hat/parts.html

温かみのあるイラストにほっこりしながらw、これだ〜と納得いたしました。
中程に、ブリム・つばとあるのは、頭の周囲につばがある帽子。
下方に、バイザー・ひさし・つばとある帽子の所。「キャップ型」「前方」という記述がありますね。
帽子屋さんにとっても、ひさしというのはキャップ型の帽子のつばの事なんですね。(もちろん100パーセントとは言い切れないと思います、言葉のチョイスにはその人のヒトトナリが表れる、自由なものなので❤️)
キャップ型の帽子に馴染みの深いBBの中の人(´・ϖ・`)❤️野球帽も学生帽も、おじいちゃんのカジュアルファッションに欠かせないキャップも、お似合いなんでしょうね。
*。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o

No title

あ~~~、失礼しました、
こっちはクズ日記さんでしたね!

おかしいな~と思うのは、雅子妃殿下を叩いている側も、紀子妃殿下を叩いている側も、
皇后陛下サゲでは一致しているってことなんです。

それだけ偉大な方・・・なんですね。

Re: まぁち様へ

> 主サマ、再登板をお許しください❤️
どぞどぞ、ご遠慮なく♪

> 主サマ。ですです、海外の葬儀の画像では、つばのある帽子の方も、主サマ仰るように、割といらっしゃいますね。(私は海外の葬儀の様子は、画像や映画でしか見たことがなかったのですけど、かといって全員がつばの広い帽子をかぶってるなんてのも見たことがないwベールならともかくね…)
流行がある印象を受けますし、同じ欧州でもイギリスは帽子文化が盛んで、フィンランドはそうでもないニダ。ここは葬儀でも結婚式でも帽子をかぶらなくてもいいニダし。かぶっても地味なものが多いデヨ。一方で、イギリスは結婚式ごとに毎回違う帽子を買う人も少なくないはず。少なくともウリの知人たちはそうニダ。

> しかしながら日本ではもっとマナーが厳格化されているので、普通の社会生活を送っている女性(しかもある程度の年代の)ならば葬儀に参列したことくらい、1度や2度ではないでしょう。もし身内にアドバイスをくれる人がいないのであればマナーや作法に厳しい日本のことですから、誰しも何度かは教室に通ってみたり、そこまでせずともマナー本をめくってみたり、インターネットに慣れた方ならネットで一度は確認した経験があるのではと思いますが、この方は女性の装いの項目には興味がなかったんでしょうね。
そうとしか思えないのであってw ウリは海外在住だから、あまり日本の冠婚葬祭の現状を知らないけれど、若い頃、初めて一人で葬儀に列席するときに、マナーの本を本屋で立ち読みしたり、購入したファッション雑誌のマナー特集をスクラップしたりしますたわ。その程度の知識でも、「え?」となるのが、皇室叩きブログの記事なんです。特にBB氏は記事内容が女性とは思えないw

十二単まで扱う着付けのプロであるお母様の娘にしては、大雑把wなんですねww
あ、それってBB氏でしたっけ?wwww 多分、remmikkiのコメ欄住民の発言だったかと思うニダががが!w
ああいうブログには自演風コメや小作風コメも少なからずあるんで、もし、そのコメをBB氏が書いてたとしても驚かないニダw

> でも日よけ効果の高い、いわゆる女性用のつば広の、最近の通称・女優帽とか、麦藁帽子(ストローハット)ですら、やっぱり「つば」ですよね。
ウリもねぇ、オモニが使ってたっけ?と考えたりしたニダが、記憶になくて。浮かんでくるのはサンバイザーの類なんですミダ。

> じゃ、どんなのが「ひさし」っぽいかなと考えた時まず浮かぶのが、バイザーの付いた、キャップ型の帽子。野球帽!学生帽!…バイザー型でないなら、中折れ帽のような…のを「ひさし(より自然なのは「つば」な気がしますけどね)を掴んで(持ち上げて)挨拶」している年輩男性が脳裏に浮かびww
> 先入観なしにw心を真っさらにしても、自然かなーと思うのは、ことごとく男性用なんですよねww

ウリも学生帽や野球帽が浮かびましたわ。サンバイザー以外は男性用が多いニダねぇ。

> バンカラwな高下駄に学生服に学生制帽、高校球児の野球帽wこれなら「ひさし」がしっくりきます。
> でも年輩の女性がキャップなんてあまりかぶらないですよね?婦人用の帽子はやっぱり「つば」ですよねー。
> でも、これも私の個人的な感覚なのかも…と思い、「帽子 庇」でググったりヤホーしてみました。。

ウリのオモニはつばの広い帽子を日よけに使いますが、野球帽はないなぁ。

> 中程に、ブリム・つばとあるのは、頭の周囲につばがある帽子。
> 下方に、バイザー・ひさし・つばとある帽子の所。「キャップ型」「前方」という記述がありますね。

多分、一般的な呼称がそれなんでしょうね。ウリも記事中で「ひさし」をそのまま「ひさし」と書くか、「つば」に書き直すか迷って、何度も修正したもの。普通のフォーマルな女性ものの帽子に「ひさし」は違和感があるニダよね。一応、小和田恒氏と引っかけて「ひさし」を使いたかったようですがががw

> 帽子屋さんにとっても、ひさしというのはキャップ型の帽子のつばの事なんですね。(もちろん100パーセントとは言い切れないと思います、言葉のチョイスにはその人のヒトトナリが表れる、自由なものなので❤️)
つばをブリムというのは知ってたニダが、外来語として定着してるのは知らなかったデヨ。面白かったニダ。

> キャップ型の帽子に馴染みの深いBBの中の人(´・ϖ・`)❤️野球帽も学生帽も、おじいちゃんのカジュアルファッションに欠かせないキャップも、お似合いなんでしょうね。
> *。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o

なんじゃその顔文字はwwww お爺ちゃんが野球帽をかぶってるところを想像しちゃったじゃまいか~~!しかも着物着てwwww コーヒー吹いたんで、謝罪とばい(ry・・・

Re:ららら♪さんへ

> あ~~~、失礼しました、
> こっちはクズ日記さんでしたね!

クズ日記さんは時々、いい記事を書かれるんで、あまり批判はしたくないニダが、やっぱ皇后陛下叩きは見逃せなかったニダ。

> おかしいな~と思うのは、雅子妃殿下を叩いている側も、紀子妃殿下を叩いている側も、
> 皇后陛下サゲでは一致しているってことなんです。

そうそう、それなんですミダ。なじぇ、どちらも皇后陛下を叩くのか?を考えると面白いニダね。
成婚後に紀子様フィーバー(古っw)や雅子様フィーバーがあって、熱心な追っかけファンがいましたね。で、彼らの年齢層が当時の中高年でした。全共闘世代だったり、戦争前後に子供時代を過ごし、贅沢は敵!皇室制度はアンフェア!みたいな考えが強かった世代じゃないニカね。

それがバブルを謳歌し、ブランド品や贅沢品への興味が高まった。で、バブルがはじけた直後のご成婚で両妃殿下へのファッションに注目が集まり、彼女たちも妃殿下のファンになった。でも、贅沢は敵!と考えてた時代に美智子妃殿下を妬ましく思った感情は引きづってる・・・そんな感じニカね?と想像。

> それだけ偉大な方・・・なんですね。
美人でお洒落、物腰も上品で優雅、海外での人気と評判も高かった。(もちろん今でも高く評価されてますね)
お嬢様育ちとはいえ、初の民間からのお輿入れというのが、凄まじい嫉妬を生み出したんでしょうか・・・国内外の評価も人気も高く、それがバッシングをエスカレートさせる要因になったんでしょうねぇ。

No title

ばんしお~!
っきゃ~~www クズ日記が定着してしまっているwww
先日はコーヒーによる傷害事件を起こしてしまってミアネよw
ウリ脳内では例外派っていう名前の星のクズ日記♪ってことになってたんデヨw 解説いらんて?ww
おっと寝る時間zzzおやしお!

Re: 杏ジャム様へ

杏ジャム様、ばんしお!

> っきゃ~~www クズ日記が定着してしまっているwww
> 先日はコーヒーによる傷害事件を起こしてしまってミアネよw

謝罪とばい(ry・・・いかん、ミアネと聞くと更なる謝罪と賠償を請求したくなるのであって!wwww

> ウリ脳内では例外派っていう名前の星のクズ日記♪ってことになってたんデヨw 解説いらんて?ww
> おっと寝る時間zzzおやしお!

列外派ニダw わざと例外派って書いたニカ?その?w
まさか、本当は例外派と名付けたかった・・・ということはないはずニダよね・・・?

No title

ば、ばんしお!
っひゃぁ~~~!例外派と思ってたニダ!!
だって、こんな主張展開するイルボン人、例外中の例外だものwwww
という先入観でですね、シドロモドロ・・・www ウリ、読み間違いしすぎでしょーもw 反省反省\(__ )
しかしまぁ、皇室叩きブログ達はそろって酷い有様ですな。皇室を何と思ってるんだか。
ウリ高校時代の現代社会(って教科今でもあるニカね?w)の先生が真っ赤っかの天皇制反対派だったんですけど、公立高校でああいう思想の先生がいるっておかしいでそ。授業内容もサヨクが好きな話題に内容が偏ってて、それはそれは為にならない一年ですたわ。こういう授業受けちゃった不幸な18歳が選挙に参加出来るようになるのも複雑な気持ちだったりもして。
そういやウリ、ちょっと反抗して、夏休みの宿題を白紙で出したら「なじぇに白紙ニカ?」ってお返事返ってきた遠い思い出ガww 洗脳されずすくすく育ったウリみたいな大人もいるから大丈夫ニカね?w
こういう教師が定年で引退後にクズブログやってたりするのかな。

Re: 杏ジャム様へ

杏ジャム様、再しお~~!

> っひゃぁ~~~!例外派と思ってたニダ!!
> だって、こんな主張展開するイルボン人、例外中の例外だものwwww
> という先入観でですね、シドロモドロ・・・www ウリ、読み間違いしすぎでしょーもw 反省反省\(__ )

じぇったいジョークだと思ってたニダwwww 読み間違いだったニカw

> しかしまぁ、皇室叩きブログ達はそろって酷い有様ですな。皇室を何と思ってるんだか。
そうなんデヨ。でも、その中じゃ東宮派の皇室叩きブルログに比較的まともなのが多いんですわ。皇后陛下や秋篠宮家叩きをしなければ、好感を持って見れたのにと思っちゃうんです。

> ウリ高校時代の現代社会(って教科今でもあるニカね?w)の先生が真っ赤っかの天皇制反対派だったんですけど、公立高校でああいう思想の先生がいるっておかしいでそ。授業内容もサヨクが好きな話題に内容が偏ってて、それはそれは為にならない一年ですたわ。こういう授業受けちゃった不幸な18歳が選挙に参加出来るようになるのも複雑な気持ちだったりもして。
ウリの高校の先生も、日の丸君が代反対!で卒業式でも君が代を歌わない赤い人たちだったニダ。でも、ウリ達は皆、君が代を歌ったし、「何が嫌なんだろうね?」と話してたデヨ。

> そういやウリ、ちょっと反抗して、夏休みの宿題を白紙で出したら「なじぇに白紙ニカ?」ってお返事返ってきた遠い思い出ガww 洗脳されずすくすく育ったウリみたいな大人もいるから大丈夫ニカね?w
意外と洗脳されないものニダよねw ウリの同級生でも「君が代反対!」なんて人は一人もいなかったもの。

> こういう教師が定年で引退後にクズブログやってたりするのかな。
そういうのもいるかもニダね。長年教師をやってると周囲に上から目線で物事を語るタイプが増えるでそ?一般企業なら、東大出でも顧客や上司に怒られたり、嫌味言われたり、頭を下げる機会が少なからずあるものだけど、教師はもっぱら教える側、怒る側だから、そうなりがちなのかなと思うニダ。
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR