2016-03-16(Wed)

皇后陛下を「おミズっぽい」と叩く人達のソース・・・w


※ブログ管理人はまだ旅行中です。この記事は予約投稿です。

------------------------------------------------------------------------------
【ソースは左翼の著書w】

BB氏をはじめ、皇室叩きブロガーさん達は元共同通信社の宮内庁担当記者
板垣氏の著作を皇后陛下叩きの根拠に使ってます。
その一例が下のブログ記事です。

ある場所で、当時は皇太子だった今上の、日本語でない言語による会話能力が話題になったと。
詳しい元を示せなくて歯がゆく申し訳ないですが、そのまま以下に。

また侍従はムッとし、明仁皇太子の笑顔も消えた。気まずくなって僕はタバコをくわえた。
その時、美智子妃がそばのマッチをすりながら「本当にそうですネ、そこが語学の怖いところというか、面白いというか」と言った。

※緑の字は元宮内庁記者、板垣恭介氏の著書のコピペで、2chからのコピペだと思われます。


(皇室叩きブログ「今日も元気でいましょうね^^」2016年3月6日の記事「いったい。」より一部転載)

日本語でない言語って何でしょうね?
天皇陛下は特亜の言語に流暢だと読者に誤解して欲しいんでしょうか?

詳しい元を示せなくて歯がゆくと書かれてますが、
ブログにある著書のコピペ一行でググったら、すぐネタ元が出ましたよ。

782 :可愛い奥様:2008/03/25(火) 20:01:01 ID:5Yx7zEL70
一九六四(昭和三九)年五月のメキシコ訪問の「返礼晩餐会」(リターン・バンケット)で明仁皇太子がスペイン語でスピーチをした。
同行記者団の通訳の日系二世アナ・マリアが「板垣さん、皇太子殿下のスペイン語はメキシコ大統領のスペイン語よりお上手だという評判でした」と敦えてくれた。

帰国後の記者会見でご夫妻にそのことを披露したら、ゴマすりの侍従が「そりゃあ板垣さん、メキシコ訪問が決まってからの殿下のお勉強ぶりはたいへんなもので……」と言った。
そのお追従が気に入らなかったので、僕は言った。
「まあ語学なんていうのは、習い始めは怖さ知らずというか、平気で喋れちゃうのですが、深く極めるとなかなかそううまくはいかないもので……」

~後略(先ほど引用したブログのコピペ部分に続いてますので略)~

「明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか 元宮内庁記者から愛を込めて」板垣恭介
(2ch「皇室御一行様☆アンチ編☆part1171」レス782より一部転載。)
20160310001.jpg
(上の画像はInternet Photo Magazine Japanより)

な~~んだ、陛下はスペイン語が流暢だったんですねぇ。

で、この著書の若き美智子妃殿下が板垣氏のタバコの火をつけた部分を
取り上げ、「おミズっぽい」と叩く方々がいらっしゃるわけです。

皇室叩きをする方々の多くは保守を標榜し、皇室制度廃止を狙ってないと主張してますが、
この板垣氏のアンチ安部総理の姿勢や、天皇制廃止を願うのは気にならないんでしょうかね?
そういう方の著作をバッシングの根拠とすることに躊躇はないのかしら(棒
------------------------------------------------------------------------------
【王族の煙草の吸い方】

参考までに、王族の煙草の火のつけ方や吸い方を見てみました。 

英国のエリザベス女王の妹、故マーガレット王女。
連れの方に煙草の火をつけてもらってますね。
20160302016.jpg

デンマークのマルグレーテ女王はご主人に火をつけてもらってますね。
20160302018.jpg

あ、マルグレーテ女王は司祭さんにもつけてもらっているw
2016030201.jpg

アメリカの作曲家で指揮者のレナード・バーンスタインに
煙草の火をつけてもらうデンマークのベネディクテ王女。(注①)
20160310002.jpg

皇后陛下を叩く人たちは上の画像の男性も「ホストみたい!」と
当然、叩くんでしょうね_______________
それとも男が火をつけてあげるべきという発想でしょうか________

では、王族の煙草の吸い方も見てみましょうか。

ノルウェーの王太子妃メッテ=マリットはワイングラスを灰皿にしてるのかしらw(注②)
学生時代のデンマークのマルグレーテ女王はくわえ煙草でお湯を注ぎ、
若き英国のマーガレット王女はくわえ煙草で写真撮影♪
20160302019.jpg
メッテ=マリット妃はもしかして結婚前の写真かしら・・・
シングルマザーということもあって、結婚前は叩かれましたし、
結婚前の可能性は高そう・・・

マルグレーテ女王はクールと評されることが多い印象ですが、
細かいことに拘らない雰囲気w マーガレット王女は美人ですね。

こういう写真を見てると、ちゃんとした証拠無しでも小さなことまで叩かれる
日本の皇室の窮屈さは想像を絶してますわ・・・
------------------------------------------------------------------------------
【注釈】

注①:画像についた説明文の訳(ドイツ語→ググる英訳→自分で和訳)

Cooler Typ: Der Dirigent und Komponist Leonard Bernstein war immer auch eine Stilikone. Hier gibt er Prinzessin Benedikte zu Dänemark Feuer
クールな男:指揮者で作曲家のレナード・バーンスタインは常にスタイルアイコンであった。
ここではデンマークのベネディクテ王女(の煙草)に火をつけています。


注②:ノルウェーの王太子妃は雑誌の切り抜き画像の様ですが、
画像元がリンク切れになってます。
↓画像に書かれてる説明文の訳(ノルウェー語→ググる英訳→自分で和訳)

Improvisert askebeger
Matte-Marit stumpet like godt røyken i et tomt vin-glass.
即席灰皿
メッテ=マリットは空のワイングラスでも同じように煙草をもみ消す。


------------------------------------------------------------------------------
【参考リンク】

↓これを読むと板垣氏のアンチ安部の姿勢が伺えます。
板垣 恭介/元共同通信記者 / 憲法問題を考えるヒント──
なぜ僕は『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』(大月書店刊)を書いたのか
07/01/01


「明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか 元宮内庁記者から愛を込めて」
という板垣恭介氏の著書の画像は下のブログ記事にあります↓
ブログ「皇室の写真」の2015年12月11日の記事「クラブロイヤルの美智子ママ」
------------------------------------------------------------------------------
【画像出典元リンク一覧】

1966年7月1日ウィンブルドンの男子シングル決勝戦をロイヤルボックスで観戦中、
煙草の火をつけてもらう英国のマーガレット王女 Getty Images
夫に煙草の火をつけてもらうマルグレーテ女王 ru-royalty
司教に煙草の火をつけてもらうマルグレーテ女王 Politiken.dk
指揮者に煙草の火をつけてもらうベネディクテ王女 ドイツ紙Die Weltより
くわえ煙草でキッチンに立つ、若きマルグレーテ女王 Deutsche Welle
くわえ煙草で写真撮影するマーガレット王女 Getty Images


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

Mansikkaさん、ばんしお!! 現在はポーランド旅行を満喫されているニカね?(*´▽`*)
旅行中だというのに、こうやって記事が定期的にUPされる仕組みはいいニダねー。

「日本語でない言語」に絶句したニダ(;・∀・) 普通に外国語、またはスペイン語と書くのが悔しかったニカね?(笑)
しかもソース元を意図的に明らかにしないって、明らかにしたらまずいことがわかっていたニカ?
しかし皇室叩きブロガーはなぜかサヨクが大好きニダよね(笑)
このブロガーが同じ記事に引用している別の記事も、ネタ元が「実話ナックルズ」というところがなんとも言えませんw

皇后陛下が煙草に火を点けた、この1点だけでこんなふうに叩かれるのなら、
明治天皇のお妃、昭憲皇太后が今の時代のお妃だったらもうボッコボコに叩かれるニダよ。
だって昭憲皇太后は煙草に火を点けるどころか、愛煙家だったんだもの。

皇太子妃、皇后陛下という立場は、一般の人が思いもよらないほどのストレスを感じるんだろうと思いまスミダ。
昭憲皇太后はそのストレスを煙草で、そして貞明皇后と香淳皇后は宗教に心の拠り所を求めたのかもしれないと
ウリの持っている本には書かれていたニダ。
そういえばあの気丈な貞明皇后も一時期、心を病んだことがあるらしさー。

皇室叩きブロガーたちは、捏造してまで皇室を叩き、さらに皇后陛下らを追い込んでいるニダね。
そのくせ、病気のことまで叩くニダ。
日本の国体そのものである皇室を捏造して叩くことは、日本という国に対するヘイトスピーチそのものだとウリは思いまスミダ。

No title

毎回ですよね、左翼のシースで皇室を叩くの。

「左翼に称えられる両陛下はおかしい」とか寝言もいいところ。
左翼でさえ、素晴らしいと思う両陛下は、本当に素晴らしい存在って、なぜ言えないのか。

確信犯だからでしょうね~。

No title

ウリが知ってる欧米の上流階級のタバコのマナーって、『いつでも分けてたり、勧められるようにたくさん持っておくニダよ』、『手で支えずにタバコをくえる姿を他人の見せるのはとってもお下品ニダよ』と『他人に火を頼んだり、ライター貸してと頼むのは紳士はやってはいけない行為ニダ』『レディがいる前で断りもなくタバコを吸うのは失礼極まりないニダ』です。

ダウントンアビーとかで女性陣がディナー終わったら男性陣残して、席を立つのは、タバコ吸える環境を作る意味もあるニダよ。


いきなりタバコくわえはじめる記者の方がいろいろかなりのマナー違反冒してるニダし、相手がこれ以上お下品行為を重ねさせないためにマッチの火灯して何が悪いニダか?むしろ、社交上のエチケット上、つけてあげなきゃいけない立場に追い込んでるのは記者の方です。批判する相手完全に間違ってイマスミダ。

美智子さまの行為は客に対しての思いやりニダでしょ??

王侯貴族にとって、本当の意味でにマナーとは、知らずにマナー違反しでかす来客者に恥を欠かせないように気を配って行動することであり、最上のおもてなしニダよ。美智子皇后のこれはビクトリア女王がフィンガーボールの水を飲み干した件と一緒ニダよ。。
自分のマナー違反棚に置いてよくあげつらえるニダよね。。この記者は品性の欠片も無いニダし、ガチで本物の貴族から見たら記者の方が鼻で笑われるニダよ。



ちなみに、こういう場面に出くわしてしまっても、マッチ差し出すのがベストとかいうのは中国人のタバコマナーニダよ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

え〜…っと、結局は妃殿下に窮地を救ってもらった話ですよね?
それを煙草に火をつけた事のみを取り上げて叩くわけですか。異常ですね。
しかも「日本語でない言語」…ってw
そんな風に書かれたら普通は、存在も知らないようなマイナーな言語って思いますよね。
そんなマイナーな言語まで勉強されているなんて素晴らしい!って思われたかったんでしょうか。

Re: ぴよ様へ

> Mansikkaさん、ばんしお!! 現在はポーランド旅行を満喫されているニカね?(*´▽`*)
ぴよ様、ただしお~!
ぴよ様のコメ投稿時にウリはグダニスクの博物館に行ってますたわ。その博物館であれこれ考えさせられて、ウリがその博物館に行ったのは必然だ!と感じましたデヨ。

> 旅行中だというのに、こうやって記事が定期的にUPされる仕組みはいいニダねー。
せっかく書いたのにうpしなかった記事がいくつかあったんで、それを予約投稿にしますたわ。
手間がかからず、いいシステムだなぁとウリも思いますた~♪

> 「日本語でない言語」に絶句したニダ(;・∀・) 普通に外国語、またはスペイン語と書くのが悔しかったニカね?(笑)
ウリもビックリしたニダw ど忘れしても「外国語」とか「欧州の言語」だと書きそうなものなのに・・・w 何か意図があったニカね?w

> しかもソース元を意図的に明らかにしないって、明らかにしたらまずいことがわかっていたニカ?
それが・・・・「詳しい元を示せなくて歯がゆく」と書きつつ、書名や著者名をブルログに書いてるニダw
何を考えてるニカね?マジでw 「私ですらソース元を失念したんだから、調べても無駄よ?」と読者をけん制したかったニカね?w (もしかすると「ソース元示せない」という設定を忘れたニカね?ボソボソ・・・)

> しかし皇室叩きブロガーはなぜかサヨクが大好きニダよね(笑)
いっそのこと左翼だってカミングアウトしちゃえばいいのに・・・・w

> このブロガーが同じ記事に引用している別の記事も、ネタ元が「実話ナックルズ」というところがなんとも言えませんw
実話ナックルズを知らなくてググったら・・・凄い下品な雑誌に見えるんですミダ。
この雑誌の記事をソースにしてもいいニカ?その?wwww

> 皇后陛下が煙草に火を点けた、この1点だけでこんなふうに叩かれるのなら、
> 明治天皇のお妃、昭憲皇太后が今の時代のお妃だったらもうボッコボコに叩かれるニダよ。
> だって昭憲皇太后は煙草に火を点けるどころか、愛煙家だったんだもの。

あ、愛煙家だったニカ~!現代なら、デンマークのマルグレーテ女王に親近感を持ってもらえるかも?w
ウリはマルグレーテ女王、カッコいいと思うんですけどね。

> 皇太子妃、皇后陛下という立場は、一般の人が思いもよらないほどのストレスを感じるんだろうと思いまスミダ。
ウリもそう思いますデヨ。四六時中、国民の目やメディアの目が向けられ、私生活があってなきようなものですものねぇ・・・。

> 昭憲皇太后はそのストレスを煙草で、そして貞明皇后と香淳皇后は宗教に心の拠り所を求めたのかもしれないと
> ウリの持っている本には書かれていたニダ。
> そういえばあの気丈な貞明皇后も一時期、心を病んだことがあるらしさー。

あらら・・・お可哀想に。まぁ、尋常な世界じゃないニダよね。

> 皇室叩きブロガーたちは、捏造してまで皇室を叩き、さらに皇后陛下らを追い込んでいるニダね。
> そのくせ、病気のことまで叩くニダ。

皇后陛下の失声症や雅子さまの体調も叩いてきたニダし、皇太子殿下の尿漏れ叩きに至っては、ズボンの影だけで叩いてるという不毛さ。皇族方に同情してしまいますデヨ。

> 日本の国体そのものである皇室を捏造して叩くことは、日本という国に対するヘイトスピーチそのものだとウリは思いまスミダ。
ウリも同感です。嘘や捏造、恣意的な印象操作やコラで皇族を叩き、日本のシンボルを貶める。これはイルボンに対するヘイトスピーチであり、テロ行為でもあるとウリは考えてますミダ。

Re: ららら♪様へ

> 毎回ですよね、左翼のシースで皇室を叩くの。
ウリ、あまり詳しく知らないニダが、元々捏造デマを振りまいたのは左翼じゃ?と思ってるニダ。
それに食らいついた似非保守が、最終的にどこを目指してるのかがよくわからないニダね。まぁ、この似非保守が中共と手を組んで皇室廃止を企んでいても驚かないニダが。

> 「左翼に称えられる両陛下はおかしい」とか寝言もいいところ。
左翼に称えられてましたっけ?www 似非保守の感覚がわからんニダw
この板垣氏は美智子妃殿下の味方のふりしてるニダが、味方じゃなさよね。ホステスに例えられたと怒り心頭のように書いてるニダが、じゃあなじぇ「本当にそうですネ」と「ね」だけを「ネ」とカタカナ書きするニカな(棒
ホステス風に見せようとする板垣氏の文章は不潔で嫌らしいニダ。

> 左翼でさえ、素晴らしいと思う両陛下は、本当に素晴らしい存在って、なぜ言えないのか。
確信犯だからでしょうね~。

この板垣氏は両陛下を褒めることで、過激な意見が公安に目をつけられたりするのを防ごうとしてるんじゃ?という印象があるニダ。心から褒めてる感じがしないし、自己愛の強さを感じます。それはBB氏らとも共通する点の様な気が・・・肥大化した自己愛で、彼らは物事を客観的に見れなくなっていると感じます。似た者同士の似た発言という気がしますミダw

Re: 非公開コメ(K様)へのお返事

婉容(溥儀の皇后)はググったら、タバコを吸う姿のチャルがありますたわ。
この方はアヘン中毒で亡くなったみたいニダねぇ。

和宮と煙草でググると、文久2年(西暦1862年)7月26日に「和宮のタバコ代が1ヶ月3斤(10両2分)に削減」という記載を見つけました。煙草代が話題になるなら、相当の愛煙家だったんでしょうね。10両というのも高額に聞こえますし。
女性の煙草代を公で話せるぐらいですし、K様のおっしゃるように、日本は女性の喫煙に寛容だったんだなぁと思いましたわ。

煙草の火がドレスに燃え移って亡くなったマティルデ・フォン・エスターライヒのこともググって読んだら、エリザベート皇后の夫フランツ・ヨーゼフ1世の従姉妹ヒルデガルトの娘に当たるみたいニダ。西洋では正確に従姉妹じゃなくとも従姉妹と言ったりするから、関係がわかりにくいニダ。でも、家系を調べるのは面白いデヨ。

この記者さん(板垣氏)の陛下に対する対応はちょっと幼稚に感じますね。
自分の手柄(陛下が絶賛された話を伝えた)を侍従に横取りされたかのようで、面白くない気分だったんでしょうけど、こんな些細なことで不機嫌になる記者さんも子供っぽいニダ。
ここで「公務の合間を縫って勉強するのは大変でしょうね」等と話を前向きに繋げていけば、会話も弾んだでしょうに。

煙草の火をつけてあげてリラックスムードを作った皇后陛下はお優しいし、気遣いの人だなぁとウリは思うニダ。逆にこういうのを見てホステスと馬鹿にする人の気が知れないんです。

秩父宮妃のあんぱん嫌いの話には反応しちゃったニダw 西洋人は豆と聞いた途端に「豆の味がする」と言って嫌がったりすることも。もしかして秩父宮妃もそんな感覚だったニカな。

しかし、勢津子妃も父親の身分が平民だったため、叔父と養子縁組してから、嫁いだとウィキにあるニダよ。そういう人が「平民だから」という理由で、明仁親王と正田美智子との結婚に反対したと読むと違和感を覚えますミダね。実際にはどうだったのか、知りませんが、よその家庭の不仲話にあまり興味が持てないニダよね。

姻戚と上手くいかない話なんて、巷にありふれてるし、そんなものが大事ニカね?とウリも思います。仲良くしようと努力しても上手くいかないこともあるニダし・・・

弁護士会の書評も読んでみましたが、やっぱ弁護士会って変なのだらけニダねぇ。他の書評を読むと、まともなのもありましたが、この本の書評はまるでバッシングブロガーみたいな文章で気持ちが悪いニダ。

バッシングブロガーのKUON氏は「ご自分で法律や判例を読んでないんじゃ?」という印象なんですけど、先月だったか、法的な話をブログに出してたデヨ。あれは「誰か専門家に入れ知恵されたんじゃ?」と思ったニダ。
今回、K様のコメントを読んで、益々その疑念が強まりましたわ。

興味深いご意見とエピソードのご紹介、ありがとうごじゃいますた!

Re: めろでぃ様へ

> え〜…っと、結局は妃殿下に窮地を救ってもらった話ですよね?
> それを煙草に火をつけた事のみを取り上げて叩くわけですか。異常ですね。

そうそう、おかしな話ニダよね。板垣氏は皇后陛下にまつわる美談として書いたはずなのに。
しかし、表面的には美談を取り繕っていても、板垣氏の文章からは自己愛の強さが溢れているニダね。皇后陛下を褒めるよりも自分の正義感の強さを誇張したい、男らしさを誇張したい感じがにじみ出ていて、どうも苦手なんです。

> しかも「日本語でない言語」…ってw
ぴよ様がおっしゃるように、何語か失念したなら普通に「外国語」と書けばいいのにw 

> そんな風に書かれたら普通は、存在も知らないようなマイナーな言語って思いますよね。
実はこの言葉が引っ掛かって、「何語?」とググったんですw
どんなマイナー言語が出てくるかと思いきや、おもいっきりメジャーなスペイン語ですた。

> そんなマイナーな言語まで勉強されているなんて素晴らしい!って思われたかったんでしょうか。
陛下を褒めたくないし、ブログ読者の陛下への褒め言葉も聞きたくない、そういう考えなのかもしれなさ・・・
ウリがジャーナリストなら、スペイン語を学ぶきっかけや、習得のコツを陛下に聞いてみたいと思うニダ。些細なことでふてくされる記者さんはあまりジャーナリスト向きじゃなさそう。そして、その記者さんの著書を都合よく引用するブロガーさんも同じ穴のムジナに見えますミダね。
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR