2016-09-05(Mon)

オバマに対する中国の非礼


日曜の朝の食卓で、うちの旦那が開口一番
「中国のオバマへの失礼な待遇知ってる?」と質問。

それで、手元のフィンランドの新聞ヘルシンギンサノマットを開くと、そんな記事はない。
多分、旦那は朝食中にiPadで英紙ガーディアンを読んだんじゃ?と思います。

東亜関連ニュースを私より早く、旦那が知っていた!というのに驚いたんで
今回はこの件を記事にしました。

サムスンの爆発のニュースをまとめてる途中ですが、
記事も反応も少ないので、こちらの記事を先にうpしますね。

サムスンの件は他の面白かった記事や反応とまとめて記事にしようと思います。
---------------------------------------------------------------------------
【オバマに対する中国の非礼:日米英の報道から】


フランス通信社(AFP)日本語版の記事が、他の日本の報道機関より、
早く詳細を伝えたんじゃ?という印象があります。(記事の要点は下記に転載)

中国職員「ここはわれわれの国だ」
オバマ米大統領到着時に怒鳴る

2016年09月04日 14:07 発信地:杭州/中国 AFPの記事より一部転載

オバマ大統領の外遊時、同行する記者団は通常ならばエアフォース・ワンの翼の下で、タラップを降りてくる大統領を見守るのだが、今回は中国側が設置した青いロープの後ろに追いやられた。だが、中国側にとってはそれでも十分とはいえなかったようで、中国側の警備員の1人がホワイトハウスの職員に向かって、米国の報道陣を退去させるよう要求した。

これに対しホワイトハウスの女性職員が、(エアフォース・ワン)は米国の飛行機で米国の大統領が乗っている、と言うと、黒っぽいスーツを着ていた中国側の職員が英語で「ここはわれわれの国だ!」「ここはわれわれの空港だ」と怒鳴った。


  ※AFPの2時間40分後の16時47分に、産経がAFPより詳しく報道。(リンク
  ががが!朝日は翌9月5日10時05分にようやく報道(リンク)ですわ・・・
  朝日の記事は内容も中国擁護ですし・・・(-_-;)


さて、上の記事の口論動画がロイターにありました。

↓ホワイトハウスの女性職員と口論する中国の職員の動画リンク
Row on tarmac an awkward G20 start for U.S., China

↓下がその口論のシーンのキャプです。
20160904001.jpg
ホワイトハウスの女性職員に対し、
唾を飛ばすような勢いで攻撃的にしゃべってますねぇ・・・
これはかなり下品ですわ。
大国同士の外交の場とは思えません。

↓英紙ガーディアンによると、オバマ大統領にはタラップを用意しなかったとか。
20160904002.jpg
(上は英紙ガーディアンのサイトの動画からのキャプ)

↓CNNニュースの記事(リンク)には他の首脳との比較写真も。
20160904003.jpg

先月、英国の原発への中国の出資に見直しを表明した英国のメイ首相や
日本の安倍総理にもレッドカーペット付きタラップを用意したというのに・・・

英紙ガーディアンの記事(リンク)によると、
元在中メキシコ大使が自らの外交経験に基づき、
「オバマ大統領への冷遇は計算されたものだ」
と話してますね。

ガーディアンのコメ欄を見ると、中国人らしき中国擁護コメが湧いていて、
それをニラオチ中の英国人もいるようでしたw
因みに私の友人女性(英国人)も、英紙記事につくアジア人(日本人ではないらしい)のコメを
よくニラオチすると言ってましたわw

その友人は「メディアなんて信じないし、ネットの『英国人だけどー』も信じない」
と話してましたよ。中韓のネット工作はバレてるんじゃなさ?kkkk
---------------------------------------------------------------------------
【オバマに対する中国の非礼:フィンランドの反応】


ヘルシンギンサノマット(愛称:ヘサリ)や英紙ガーディアンは
朝日、ニューヨークタイムズ、朝鮮日報寄りの左派新聞だと考えてますが
前者2紙は普通の左派で、パヨクの後者より独立性があり、遥かにマシだと思っています。

その左派新聞へサリのネット記事(リンク)には、
ロイターの口論動画とほぼ同じような動画がついてました。
但し、フィンランド語の説明文や字幕が出て、
口論の声は小さく、聞き取りにくい映像となってます。
20160905001.jpg
上のキャプの様に中国人職員の言葉の字幕と、
状況説明文が出て、米国職員の言葉は字幕には出ませんでした。

記事についたコメントをランダムに選び、いくつかご紹介します。


   中国の職員が「ここは私たちの国だ・・・」という前に、
   米国の記者が「ここは私たちの国で、これは合衆国大統領の飛行機だ。」
   と言ったことに、ヘサリは言及してもいいんじゃないかな。
   (記事中の)中国人職員の言葉からは文脈が切り取られてるよ。

   ↑あ?息を吐くように嘘をつくニカ?wwww
   依然見かけた工作員風中国擁護の人とHNが似てるけど、
   同じ人でしょうかwwww 一番乗りでこのコメとはw


   なんで会議はアフリカで開催されたの?
   ↑冗談のつもりでしょうが、アフリカに失礼ですw


   ↓下は内容がニュートラルなせいか、2番目に高い支持を受けたコメです。
   へサリの記事には抜けてる匿名の中国人職員の説明がガーディアンにあるよ。
   (このコメ主はガーディアンの英語をフィンランド語に訳し、下に書いてました。)

   「中国は到着した全ての各国首脳にタラップを用意しましたが、
   タラップの運転手が英語を話せず、米国のセキュリティの指示を理解できないと
   合衆国側から苦情がありました。
   中国は運転手の隣に通訳を座らせると提案しましたが、
   合衆国側が提案を蹴り、タラップは不要としたのです。」
   匿名の中国人職員はそう語った。

   ↑へサリはガーディアンだけでなく、AFPやニューヨークタイムズ、
   サウス・チャイナ・モーニング・ポスト、ワシントンポストの5紙から引用してますし、
   ガーディアンだけ全文を載せるのは無理でしょう。

     ※追記
     もう一度へサリの記事を読み直したら、サウス・チャイナ・モーニング・ポスト
     からの引用として、匿名の中国人職員の言い分をちゃんと紹介してました。
     コメにマイナスをつけた人は「記事中にあるだろ?」と気づいたんでしょうね。



   ↓下はここで訳さなかった、中国の米国債保有に関する長文コメへの返信。
   >この話題の核心は借金を抱えるUSAと
   >それ以上に早く借金を重ねる露中連合との対立である。

   一体いつ、この3つの全体主義国家が対立したんだ?
   そんな対立はなかったよ。
   2つのキリスト教専制国家と1つの一党独裁国家は互恵的な契約に基づき
   お互いに投資しあっている。



   ↓一番支持が高いコメが下記で、上のコメントへの返事です。
   この話の中でキリスト教がどう関係するんだ?
   それに合衆国は専制国家ではない。
   オバマ政権の間中、共和党の国会議員は(民主党の)仕事を妨害したでしょ。
   一方、ロシアと中国は一党独裁だよ。
   例えロシアが正式には民主主義だとしてもね。



反応を見てると、ニュートラルで現実的なコメが支持を集めやすいようですね。
特に変わった反応はないという感じです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Mansikkaさま、今晩は~(^^)/

新参者なのにコメントが頻繁で申し訳ないと思いつつ…興味深い記事ばかりで我慢できませんでした(;^_^A💦💦

おばまっち(普段オバマ大統領のことをおばまっち、安倍首相のことをあべっち、プーチン大統領のことをぷーちゃまと呼んでいます♪・.*。ヒラリー・クリントン氏やメイ首相はおっかなくて愛称で呼べないんです💦💦)の冷遇されたニュースをお昼休みに読んでいて、帰りの電車の中でMansikkaさまのブログを開いたら同じ内容の記事が更新されていて、なんてタイムリー♪と嬉しくなってしまいました(笑)

世界の覇権を握る米国の影響力が弱まったことを世界に知らしめるのが中国の狙いという意見に賛成しています。おばまっちの任期もあとわずかだからこそできたことかも知れませんが。力で抑えつけてきた米国の支配力が本当に弱まった時の中国の暴走を心配しています。日本が平和でいられるのもなんだかんだいって、米国の軍事力のおかげですからね。また好戦派のクリントン氏が大統領になったら日本が米国の戦争に引き摺られるのでは?とかなり悲観的に心配しています。だから私はトランプ氏を推しています(笑)究極の二択ですが…(°Д°)

クリントン氏は「来た、見た、死んだ」の高笑いが強烈すぎてそれから逆らってはいけない存在になりました(´Д`|||)そんなクリントン氏と仲の良いヴィクトリア・ヌランド氏はウクライナ・クーデターの件でポロっと口を滑らせていましたね。

本当はクリミアを抑えてロシアの黒海艦隊を封じ込めたかったのに、ロシアが一歩速く、鮮やかな手際でクリミアを併合してしまった為さぞ悔しかったであろうと思います。クリミアはロシアにとって死守すべき領土であったけど、ドンバスはそうではなかった……。オデッサの大虐殺といい、国家の謀略が無実の人々をこうも簡単に惨殺してしまうのかと……巨大な権力の前には、その事実を知っても何もどうすることもできずなんと無力なことかと…胸が抉れる思いです…。

はっΣ(゜Д゜)
また長々と語ってしまいました💦💦

Mansikkaさまは色んな国籍の方とお付き合いがあって、だからこそ偏見がなく、公平な視点で物事が見れるのだなぁと尊敬しています。

私の考えや嗜好は少数派のようで、大抵「?」で終わってしまうんですね。だからいつもMansikkaさまからお返事がきちんと返ってくるのが感動的で新鮮なんです。尚且つ新しい情報を教えてくださったりロシア人の陽気さを教えてくださったり…。

本当にいつもありがとうございます❤
もう「ご返事不要」なんて書きません(笑)
ご返事を楽しみにお待ちしております(*´∀`)♪


(ぷーちゃまのピアノのレベルはズッコケレベルです…コソッ)


おはしお

一部ではオバマ大統領の出迎えのライス大統領補佐官を中国の空港職員がマスコミと勘違いして制止(動くなと怒鳴りつけたらしい)した事から始まったらしいです。
だから報道が動いたか動いてないかと言い合っていたみたいです。

ライス大統領補佐官はクリントンさんが大統領になったらまた要職に就くでしょうし、トランプさんが大統領になればもう一人のライス(従姉妹)が表舞台に戻って来るかも知れないのでオバマ大頭領に嫌がらせがアメリカのとても面倒な所(黒人と女性層)をつついてしまったのでは?

はじめまして

ブログ拝見させていただくだけだったんですが、初めてコメントします。私はBBさんとかでれでれさん経由でこちらに来ました。色々な意見があるんですね。先ほど読売テレビではフィリピン大統領がオバマさんに暴言吐いて、会談がキャンセルになったと報道してました・・・。フィンランドには以前行ったことがあってとても素敵な自然&シャイで可愛らしい人柄に魅了されました~。ガイドの方は世界ですりに遭いやすいのは、日本人とフィンランド人だって言ってたのには笑ってしまいましたが(笑) それではしょうもないコメント見てくださってキートスでした。

Re: ぶらんか様へ

> 新参者なのにコメントが頻繁で申し訳ないと思いつつ…興味深い記事ばかりで我慢できませんでした(;^_^A💦💦
じぇんじぇん大丈夫ニダ。新参者とか、そんなのは気にしなくていいんデヨw 

> おばまっち(普段オバマ大統領のことをおばまっち、安倍首相のことをあべっち、プーチン大統領のことをぷーちゃまと呼んでいます♪・.*。ヒラリー・クリントン氏やメイ首相はおっかなくて愛称で呼べないんです💦💦)の冷遇されたニュースをお昼休みに読んでいて、帰りの電車の中でMansikkaさまのブログを開いたら同じ内容の記事が更新されていて、なんてタイムリー♪と嬉しくなってしまいました(笑)
普段、中国に甘いウリ旦那が「凄くない?」と言うぐらいですから、インパクトのあるニュースだと思いますわ。自然と注目を集めちゃうニダね。インパクトのわりに朝日新聞の反応は遅かったけれども・・・(-_-;)

クリントンとメイ首相が怖いってのは理解しやすいデヨw 2人とも声が低めでそ?特にメイ首相は平均的イギリス人女性よりだいぶ低いと思います。ドスをきかせてるような感じで、迫力があるニダ。

> 世界の覇権を握る米国の影響力が弱まったことを世界に知らしめるのが中国の狙いという意見に賛成しています。おばまっちの任期もあとわずかだからこそできたことかも知れませんが。力で抑えつけてきた米国の支配力が本当に弱まった時の中国の暴走を心配しています。
中国の国内政治は上手くいってないと思うから、内部の人間による習近平を貶める罠、若しくは軍部の暴走(中国の力を見せつける)の可能性もあると思うニダ。G20各国首脳との記念写真でプロトコル的にオバマは順当な場所に立ってますし、一方で安倍さんは本来のプロトコル上の立ち位置より悪い場所に立たされたデヨ。こっちの方が習や中国政府の意志を反映してそうな気がするんです。

日本が平和でいられるのもなんだかんだいって、米国の軍事力のおかげですからね。また好戦派のクリントン氏が大統領になったら日本が米国の戦争に引き摺られるのでは?とかなり悲観的に心配しています。だから私はトランプ氏を推しています(笑)究極の二択ですが…(°Д°)
もう、ホント嫌や~~w 何なのこの大統領候補は・・・どっちがなっても嫌なんです。ただトランプは見た目も話も洗練されてないから、米国民は嫌々ながらもクリントンを選びそうな気がするニダ。

> クリントン氏は「来た、見た、死んだ」の高笑いが強烈すぎてそれから逆らってはいけない存在になりました(´Д`|||)そんなクリントン氏と仲の良いヴィクトリア・ヌランド氏はウクライナ・クーデターの件でポロっと口を滑らせていましたね。
ウリはその高笑いの件を知りませんが、ビル・クリントン大統領時代のモニカ・ルインスキーのスキャンダルで、ヒラリーの対応が演技臭くて、それ以降、苦手になったんです。空港で銃撃戦にあったという武勇談でっち上げってのもありましたね。好きになれないデヨ。

> 本当はクリミアを抑えてロシアの黒海艦隊を封じ込めたかったのに、ロシアが一歩速く、鮮やかな手際でクリミアを併合してしまった為さぞ悔しかったであろうと思います。クリミアはロシアにとって死守すべき領土であったけど、ドンバスはそうではなかった……。オデッサの大虐殺といい、国家の謀略が無実の人々をこうも簡単に惨殺してしまうのかと……巨大な権力の前には、その事実を知っても何もどうすることもできずなんと無力なことかと…胸が抉れる思いです…。
ここの報道はロシアの脅威を伝えるものが結構あったけど、それでもロシア側の味方をする人たちが少なからずいましたね。「あそこは元々ロシア系の住民が多い場所なんだ」と何人かに言われました。その一方でウクライナ人のロシアへの反発も耳にしましたし、ちゃんと調べないと無知なウリには判断が難しい。オデッサの事件は放火で40人前後が亡くなったんでしたっけ。ロシアの報道では人数がちょっと多めでしたが。

> はっΣ(゜Д゜)
> また長々と語ってしまいました💦💦

じぇんじぇん大丈夫ニダw 色々と違う話題が出るので面白いデヨ。

> Mansikkaさまは色んな国籍の方とお付き合いがあって、だからこそ偏見がなく、公平な視点で物事が見れるのだなぁと尊敬しています。
色んな国籍の人とお付き合いしなくとも、偏見の少ない人間はいると思うニダ。ソースを丁寧に調べる習慣をつければ、おのずと偏見が減るので、日本にいて日本人ばかりと付き合っていても物事を俯瞰で見れる人はいると思います。だから、ウリは今後も気を引き締めて、ソースチェックしないと!と考えてますデヨ。

> 私の考えや嗜好は少数派のようで、大抵「?」で終わってしまうんですね。だからいつもMansikkaさまからお返事がきちんと返ってくるのが感動的で新鮮なんです。尚且つ新しい情報を教えてくださったりロシア人の陽気さを教えてくださったり…。
ロシア好きが「?」とされるニカね?ネットにプーチン好きは多いのにぃw 
あ、そういや、昨年末に沖縄で捕まった反米活動家はソ連好きでしたねwww その件で、ロシア好き共産主義者の存在が注目されましたし、日本は世界大戦後、一貫して親米ですから、それで、政治面でのロシア贔屓はウケが悪いんじゃ?と思いますミダ。

> 本当にいつもありがとうございます❤
> もう「ご返事不要」なんて書きません(笑)
> ご返事を楽しみにお待ちしております(*´∀`)♪

たまに返事が間に合わず、書けないままになることもありますががが!(^-^;
方針として、出来るだけ書くようにしてますミダ。

> (ぷーちゃまのピアノのレベルはズッコケレベルです…コソッ)
へへへw まぁ、国際的な大舞台で披露するような腕前ではないニダねw 親しい海外首脳を招いて官邸で披露するならいいんじゃ?というレベルかな。(ただし何曲も披露するのはアウトw)

Re: さゆり様へ

さゆり様、ばんしお!

> 一部ではオバマ大統領の出迎えのライス大統領補佐官を中国の空港職員がマスコミと勘違いして制止(動くなと怒鳴りつけたらしい)した事から始まったらしいです。
> だから報道が動いたか動いてないかと言い合っていたみたいです。

そうそう、この部分はへサリの記事でも言及してましたわ。へサリの記事によると、ライス大統領補佐官とベン・ローズ大統領副補佐官の2人を制止したそうです・・・(-_-;)

> ライス大統領補佐官はクリントンさんが大統領になったらまた要職に就くでしょうし、トランプさんが大統領になればもう一人のライス(従姉妹)が表舞台に戻って来るかも知れないのでオバマ大頭領に嫌がらせがアメリカのとても面倒な所(黒人と女性層)をつついてしまったのでは?
そういや、ベン・ローズ大統領副補佐官のお兄様デビッド・ローズは米国の大手テレビ局CBSの子会社CBSニュースの社長らしさ~!
https://variety.com/2014/tv/news/david-rhodes-to-take-over-cbs-news-as-jeff-fager-steps-down-1201361291/

↓スーザン・ライスさんの方もご主人が元ABCテレビのプロデューサーだったはず。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7758989.stm
(BBCニュースのリンクで記事の最後にプロデューサーと結婚したとあります。が、2010年にABCを辞めたようです)

こういう背景があるから、最初は小さく報道されたのに後からニュースが大きくなったんじゃ?と思いますデヨ。

それから、先ほどのBBCの記事によると、ゴンドリーザ・ライスさんとスーザン・ライスさんは親戚関係はないみたいデヨ。
ウリも彼女たちが親戚だとどこかで読んだ覚えがあるんで、掲示板の噂かもしれませんぐ。

↓BBCの報道の該当部分をコピペしますミダ。
Despite having a doctorate, and being an African American, she is no relation of the current Secretary of State, Condoleezza Rice.

博士号を持つアフリカ系アメリカ人ってこと意外に何の関係もないと、わざわざ書いてますんで、英語圏でもそういう噂があったのかもw

このライスさんに対する冷遇についても書きたいと思ってたのに、記事から抜けてたんですミダ。
さゆり様のコメで思い出しますた。ありがとうごじゃいます!

Re: ほっぺこ様へ

> ブログ拝見させていただくだけだったんですが、初めてコメントします。
ほっぺこ様、初めまして♪

私はBBさんとかでれでれさん経由でこちらに来ました。
え、マジでw BB氏やD草氏経由で来る方がいるとは思わなかったニダwww
特にBB氏はウリの名前を出したことすらないと思うニダし。まぁ、ウリの名前を出さずに、論破できるけどしないとか、弱小ブログがぁぁぁっと叫んでたことは知ってるデヨwww もう、あの手の皇室中傷ブログは全く見てませんが。

色々な意見があるんですね。先ほど読売テレビではフィリピン大統領がオバマさんに暴言吐いて、会談がキャンセルになったと報道してました・・・。
今チェックしたらここでも暴言が記事になってますわ・・・暴言吐いて後から謝ったとか。

フィンランドには以前行ったことがあってとても素敵な自然&シャイで可愛らしい人柄に魅了されました~。ガイドの方は世界ですりに遭いやすいのは、日本人とフィンランド人だって言ってたのには笑ってしまいましたが(笑) 
ピンランド人は善良で、スリに会いやすいのも理解できるデヨw
最近、ウリが言及した自転車泥棒の多さもロシア人マフィアが組織的にやるようになって増えた感じですからね。元々は街中で鍵無しで、自転車止めても盗まれないような平和な場所だったんですミダ。

それではしょうもないコメント見てくださってキートスでした。
いえいえ、ピンランドに好意的なコメで嬉しかったデヨ♪ コメントkmsでした~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

>まぁ、ウリの名前を出さずに、論破できるけどしないとか、弱小ブログがぁぁぁっと叫んでたことは知ってるデヨwww もう、あの手の皇室中傷ブログは全く見てませんが。
Mansikkaさん、こんにちは。お返事ありがとうございました。お二方のブログは皇室中傷じゃないときもあって、私が少しオカルト的なものが好きなのと、あと母が某○○学会の信者なので、色々調べていくうちに皇室までたどりついちゃった感じなんですよ~。だからBBさんの記事が、Mansikkaさんのことを指してるのかよくわからなくて気を悪くされたらすいませんでした。真央ちゃんと織田君も好きなのでスケートの記事や歴史関係やフィンランドの報道の記事など楽しみにしています!ありがとうございました~。

Re: ほっぺこ様へ

ほっぺこ様、再しお~~!

> Mansikkaさん、こんにちは。お返事ありがとうございました。お二方のブログは皇室中傷じゃないときもあって、
政治記事の多いBB氏の方はむか~しエロ記事?も書いてましたね。画像にビックリして中身は読まんかったけどw 石破氏の講演会に行ったとか、コメ欄に自衛隊員みたいな常連さんがいたりとか、色々知ってますミダ。
D草氏がホメオパシーについて書いてるのも知ってますデヨ。

私が少しオカルト的なものが好きなのと、
ウリ、ネットや世の中に出回るオカルト話は嘘が大半だと思っているニダ。特に嘘を根拠に皇室を罵倒できる中傷ブログのオカルト話は1ミリも信じられないんです。ただ、大半は嘘(又は大袈裟)だと思っても、オカルト話を読むのが面白いってのは理解できますデヨ。話が非日常的だから、読むと気分転換になるニダね。

あと母が某○○学会の信者なので、色々調べていくうちに皇室までたどりついちゃった感じなんですよ~。
皇室中傷ブログの皇太子同妃両殿下の信者疑惑も根拠が曖昧なものばかりニダな。なぜそれを根拠に信者と言えるのか?と思うことも多いし、事実誤認もあるニダよね。

だからBBさんの記事が、Mansikkaさんのことを指してるのかよくわからなくて気を悪くされたらすいませんでした。
いえいえ、気を悪くするということはまったくないニダよ~!BB氏はウリ以外の人やご自身の善良な読者までも罵倒してたんで、記事が見苦しくて飛ばし読みした方も少なからずいらっしゃると思うニダ。ブログ名も書かず、ごちゃ混ぜにあれこれと罵倒しては、誰のことか察しろと読者に期待する方が無理デヨ。

真央ちゃんと織田君も好きなのでスケートの記事や歴史関係やフィンランドの報道の記事など楽しみにしています!ありがとうございました~。
織田君も好きニカ。ウリはイルボンナムシングだとコヅ(SS)、大ちゃん(リズム感)、まっちー(表現力)が好きかな。織田君はコミカルなプロがよくハマるのと、空気を読んで話せるところが好きニダ。

前回のコメのお返事で、ちょっとほっぺこ様に気を遣わせたようでミアネよ。

き、来ますた…

Mansikka様わんばんこでございます。
ウリは少し前に帰宅致しました。
本日みどり様へ行って参りました。杏ジャム様が断念なされた事は承知しておりますが、この後のチケットが(割高ですが)売りに出ているので一応お伝えを。
演奏終了後にCDの販売をしているのですが、どれを購入してももれなくみどり様と握手&サインでございました。
モーツァルトとシェヘラは置いておきまして、みどり様のチャイコフスキーは素晴らしかったです。
素敵でございました。あのままのみどり様でございました。


Re: れれれ様へ

> Mansikka様わんばんこでございます。
> ウリは少し前に帰宅致しました。

れれれ様、ばんしお~~!

> 本日みどり様へ行って参りました。杏ジャム様が断念なされた事は承知しておりますが、この後のチケットが(割高ですが)売りに出ているので一応お伝えを。
あ、追加公演ニカね?それとも当日券が発売されてるニカ?どちらにしろ、チャンスが出来たのは嬉しいニダねぇ。みどり様、ヘルシンキにも来ないかしら・・・

> 演奏終了後にCDの販売をしているのですが、どれを購入してももれなくみどり様と握手&サインでございました。
さすが、みどり様じゃ!ペンサービスが素晴らしいデヨ!

> モーツァルトとシェヘラは置いておきまして、みどり様のチャイコフスキーは素晴らしかったです。
> 素敵でございました。あのままのみどり様でございました。

みどり様のチャイコふスキーバイオリンコンチェルトはつべ動画ですら泣いちゃうレベルw
それを聴けたなんて、羨ましいんですミダ!
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR