2017-08-29(Tue)

フィンランドの二重国籍議員


細かい規定はあるにしろ、
フィンランドでは基本的に二重国籍が認められており、
参政権も普通にあります。

(注釈:フィンランドが二重国籍を認めたのは2003年6月1日から。)

2015年4月には二重国籍の国会議員が、私の知る限り4人誕生しました。
20170829001.jpg

(画像出典元:フィンランド語版ウィキAnne BernerAntero Vartia
Ozan YanarJuhana Vartiainen
項目より)

この4人の中で最も知名度が高いのはフィンランド中央党のアンネ・ベルネル。

今回はこのベルネルのバックグラウンドや議員になった経緯、
フィンランドでどう議論を呼んでるのか?を書きたいと思います。


1.アンネ・ベルネルの出自

アンネの祖父、オット・ベルネルはスイスからフィンランドに移住。
1935年にテキスタイルの会社を設立しました。
アンネ・ベルネルは生まれた時から、スイス国籍しか持っておらず、
家族間の言語はスイス訛りのドイツ語だそうです。

そしてアンネ・ベルネルは1989年に父の跡を継ぎ、テキスタイル会社社長に。
2012年には会長に就任。


2.アンネ・ベルネルと国民連合党の蜜月

資産家の令嬢で会社経営者のベルネルは
国民連合党に対し、何度か選挙資金を援助し、
同党に所属するストゥブ議員(元首相、下の画像)にも2度援助したそうです。

20170829002.jpg
(画像出典元:フィンランド語版ウィキAlexander Stubb項目より)

そして、2014年7月と9月上旬、当時の首相ストゥブと立候補について電話で話し合い。
同年9月19日には国民連合党の候補になる契約を交わしました。
「2015年の選挙において国民連合党のみから立候補する」という内容でした。

(但し、この時点でベルネルはフィンランド国籍がなかったため、
国会議員立候補の資格なし。契約は秘密だったそう。)



3.アンネ・ベルネルの契約違反

ベルネルは2015年1月18日にフィンランド中央党党首ユハ・シピラと会い、
立候補について話し合いました。
そして、翌19日にフィンランド国籍を取得
同日夜にはシピラにフィンランド中央党から立候補する意思を伝達。
早くも翌20日にフィンランド中央党から立候補する旨を発表。

当初契約を結んでた国民連合党所有のニュースサイト、
ヴェルッコウーティセットが同日午後、
「ベルネルは国民連合党から立候補することを既に約束していた」
と報道、スキャンダルに。

この状況からすると、ベルネルは
事前に国民連合党と合意に至ってなかったんじゃないでしょうか。

しかし、ベルネルはインタビューでこの件について具体的に答えず、
上手くはぐらかしていました。


3.初当選、大臣へ

立候補の党籍変更経緯で物議をかもしたベルネルは
国籍取得&立候補表明から3か月後の4月22日に国会議員になりました。
そして議員になって1カ月後には運輸・通信大臣に。

20170828001.jpg
(画像出典元:YLE国営放送

いくらフィンランド生まれ育ちとは言え、
フィンランド国籍を取った僅か3か月後に国会議員、
4か月後に大臣という地位を得て物議をかもしました。

大臣になった1か月半後、フィンランド国営放送YLEサイトの記事で、
ベルネルが国民連合党と大臣の椅子を交渉してたという話が出ます。

ベルネルはそれを否定したものの、
フィンランド中央党への急な鞍替えと大臣抜擢後のYLEの報道に
好感度駄々下がり。
契約を破ってまで、大臣の椅子を用意した政党に鞍替えした人として、
利己的な人のイメージがつく羽目に。

ブログやニュース記事のコメ欄には「YLEゲート」と呼ぶ人がいたり、
下記のような批判も多々見受けられました。

「議員になるために国籍を取った人」

「フィンランド政府のお金を盗むために大臣になった。
そのお金はスイス銀行にでも預けるんでしょ。」

「この冷血漢は小児病棟募金のお金を
いくら自分の懐に入れることが出来るんだ?」

(注釈:ベルネルは議員になる前の2012年から小児病棟建設募金団体の会長)

「最も嫌われてる大臣」と書いてるマイナーメディアも・・・


4.二重国籍者に対する職業の制限

ベルネルが支援してきた国民連合党は中道右派。
彼女が現在所属してるフィンランド中央党は中道と言われてます。
これを鑑みると、彼女の政治的立ち位置は右寄りの中道でしょうかね。
現在の与党は上記2つの政党+真のフィンランド人(右派政党)の3つ。

今年2月3日の報道によると、この右派色の強い現内閣が
公職に就く二重国籍者の権利を制限する法案の
準備に取り掛かったそうです。

内閣に二重国籍の大臣がいるのに制限するの?
という疑問も野党議員から出ていますが、
これは元々ロシアの脅威から出てきたもので
二重国籍者が軍隊や国境警備の職務に就くのを制限しようという話なのです。

今、現在はロシアとフィンランドの二重国籍者を対象に準備を進めてるそう。
果たして一部(ロシア国籍)だけを対象に出来るのか・・・
全国籍を対象にしたりして・・・(;^_^A


5.二重国籍議員事情に対する所感

ベルネルの国籍取得は利己的に見えますし、党鞍替えはモラルに反してました。
彼女の政策に対する反発から、
ベルネルが株を保有する会社の商品を不買するという人も出ました。

ロシアの脅威に対する警戒心が強まる中、
彼女のような大臣が誕生したことで、二重国籍者に対する嫌悪感も増大した気がします。

例えば、トルコとの二重国籍議員Ozan Yanar関連の報道記事、
「『衝撃的に』ヘイトメッセージを受け取った、高得票のOzan Yanar
『これは僕が移住した時のフィンランドではない』」

についた最初のコメントは「じゃあ、彼はトルコに帰るんだね。良かった。」でした。

(注釈:Ozan Yanarはトルコ生まれで、14歳の時にフィンランドに移住。
現在は緑の同盟に所属する国会議員。)


記事を読めば、彼がフィンランドを褒めつつも変化があると
言ってるだけだとわかるのですけども・・・

もちろん、彼をサポートするフィンランド人のコメもありますが、
この手の記事に排外的なコメが増えたなぁと痛感します。

このように、二重国籍が合法とされるフィンランドでも反発や批判があるのに、
基本的に合法とされてない日本で蓮舫議員に対する非難が噴出するのは当前でしょう。

更に発言が二転三転し、国籍離脱証明書の偽造疑惑まで浮上したのだから、
本来なら、議員辞職すべきだと思いますわ。


【参考サイト】

アンネ・ベルネルの会社の歴史(会社のHPより)
http://www.vallilainterior.fi/yhtio/historia

アンネ・ベルネル立候補の経緯(フィンランド国営放送のHPと経済新聞カウッパレヒティより)
https://yle.fi/uutiset/3-8142490
https://www.kauppalehti.fi/uutiset/bernerin-ehdokkuus-ratkesi-paivassa/evWjyn6v
https://www.kauppalehti.fi/uutiset/anne-berner-suututti-kokoomuksen/7zamihfh


国民連合党の寄付金公表に関する報道記事
https://www.uusisuomi.fi/kotimaa/107583-kokoomus-kertoi-rahoittajansa-katso-30-nimea

二重国籍者に対する制限に関する報道記事
https://www.uusisuomi.fi/kotimaa/213761-kansanedustaja-markus-mustajarvi-anne-bernerkin-kaksoiskansalainen-kieltaako-hallitus


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんにちは!
ご無沙汰してます。


蓮舫議員はのらりくらりと2枚舌を使い続けた結果が辞任に繋がったのだと思います。
彼女が小野田議員の様にきっぱり2重国籍を認めて、すぐに対処すればよかったと、そうすればその事自体はここまで目くじら立てることではないと思います。

問題の本質は、彼女が2枚舌を使い続けてきた事。
そして説明が二転三転したことも彼女自身がこの2重国籍問題を重くとらえていなかったという事実です。
こんな議員が今までの発言を顧みず、これからも2枚舌を使い続けながら与党を攻撃することに、議員としての誠実を全く感じません。
議員としての責任を果たさずに、人種差別を隠れ蓑にしてきた経緯をみれば代表辞任は当然です。
次は議員としても責任を果たしていただきたいもの。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 山吹様へ

> こんにちは!
> ご無沙汰してます。

山吹様、お久しお~~!

> 蓮舫議員はのらりくらりと2枚舌を使い続けた結果が辞任に繋がったのだと思います。
それに加えて、メディアが蓮舫上げするのも逆効果ですたね。

> 彼女が小野田議員の様にきっぱり2重国籍を認めて、すぐに対処すればよかったと、そうすればその事自体はここまで目くじら立てることではないと思います。
小野田さんは過去に変な言動がない上に、対処が早かった。あれで評判を落とすどころか、逆に株をあげましたね。

でも、蓮舫は過去に散々変な発言してきたから、収拾がつかなくなったんじゃないニカねぇ。
それでも、謝るべきは謝り、国籍離脱の手続きを急ぐべきでしたが。

> 問題の本質は、彼女が2枚舌を使い続けてきた事。
デーデー、ああもコロコロ発言が変わると信用を失うのも当然ニダ。

> そして説明が二転三転したことも彼女自身がこの2重国籍問題を重くとらえていなかったという事実です。
> こんな議員が今までの発言を顧みず、これからも2枚舌を使い続けながら与党を攻撃することに、議員としての誠実を全く感じません。

嘘や非合法な行いがばれても平気では議員失格ニダな。自分のことを棚に上げて、安倍さんを糾弾する姿は滑稽ですた。

> 議員としての責任を果たさずに、人種差別を隠れ蓑にしてきた経緯をみれば代表辞任は当然です。
> 次は議員としても責任を果たしていただきたいもの。

何が真実なのか?と問う人に、人種差別だ、日本は人種差別が酷い・・・こんなモラルのない対応したんだから、代表辞任だけでなく、議員辞職して欲しいところニダね。

Re: 非公開コメへのお返事

そもそも世界的に二重国籍を設けた意義とは何なのか
1960~1970年代ごろ、国際結婚が増え、各国の法の差異から無国籍児が問題化しましたね。
例えば出生地主義と血統主義のハイブリッド的な国籍法が出来たりしますた。

この国籍法の複雑化や差異に対応した上で、無国籍児を防ぐ等の福祉も鑑みてとなると、二重国籍を認める方が簡単な方策だったんじゃないニカね。先進国が長らく戦地にならなかったというのもあると思います。(つまり平和ボケw)

二重国籍を求める人達は、欧州では認められている云々は声高にアピールしますが、二重国籍のこういった問題は提示しません
そうなのよねぇ。
他国ではどう見られてるか?というのは報道しないし、細かい制約などにも言及しないから、彼らの主張は胡散臭く見えるニダな。

こちらの報道についたコメには「普通の人は一つの国籍が当たり前」「いかなる二重国籍も認めるべきじゃない」というのもありましたし、サイトによってはかなりきついコメがたくさんついてるところもあったデヨ。

彼女の過去の言動は議員として国益に反するのではと思われるものもありました。
例えばウィキのにあるこういう言動ニダね。
「2014年4月21日、社民党党首の吉田忠智らと、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。」

非合法の存在で政治活動を何年にもわたって行ってきたのは罪深いと思います。
罰則がないから違法じゃないとか、努力義務だから違法じゃないなんて言い訳してたけども・・・
散々嘘をついて努力義務を果たしたとは言えませんぐ。
ホント、罪深いと思うニダ。

やはり基本は一人一国籍だと思います。
そうそう、ウリもそう思うニダ。国籍が2つの場合、その当事国同士が戦争になった時にどうするニカ?
どっちの国についても裏切り者になるしかないわけです。

二重国籍容認の動きは、戦争のリスクが減ったことにも一因があるらしさ。
それなら、侵略の脅威をちらつかせ続ける中国との二重国籍はアウトだし、竹島占領中の韓国やミサイル撃ってくる北朝鮮もアウト。まぁ、今あげた特亜3ヶ国はじぇんぶ2重国籍禁止の国ですがががw

敵国としか言いようのない中国に留学したり、中国に利する政策や発言の多い蓮舫が二重国籍というのはアウトでしょうも。

日本の制度の成人し選択する事、この選択はとても難しいことですがやはり理に適っていると思います。
ウリも同感。国際結婚の親が子の国籍を選ぶのは責任が重いニダ。
子供が大きくなって、自ら選べるというのは良い制度です。

最近も偽造パスポートで入国した母親と子供が日本に住む権利を求めています。
偽造と不法入国の在任なんだから強制送還でOKでしょう。
この滞在を認めたら、国境や法律の意味がなくなってしまうデヨ。

この件の弁護士は外国人の生活保護にも関わりがあるようですが。
滞在を認めたら、生活保護を申請する気でしょうかね・・・うんじゃりするニダなぁ。

ウリ的羊羹といえばここ
竹皮に包まれた栗羊羹が美味しそう♪
竹皮の香りって良いニダよねぇ。

No title

Mansikka様こんにちは。

ベルネル氏の国籍取得から三ヶ月で国会議員、四ヶ月で大臣のいう流れにビックリです。恐ろしい…。
いつ、どの国と戦争が起こるかわかりません。
日英同盟を組んでドイツと戦った日本は、第二次世界大戦ではドイツと同盟を結び、イギリスと戦いました。
もう、自国以外は敵!ぐらいのつもりで、職業の制限も全国籍を対象にした方が良いと思います。その方が「差別ガー」もなさそうですし。
そして「日本は遅れてるぅ〜」と多重国籍を推進する人たちは、やっぱり工作員?という印象を持ちました。

Re: めろでぃ様へ

めろでぃ様、こんしお!

> ベルネル氏の国籍取得から三ヶ月で国会議員、四ヶ月で大臣のいう流れにビックリです。恐ろしい…。
フィンランドの国籍取得前に立候補の契約を結び、更には大臣の椅子を交渉してたなんてビックリニダよね。

立候補発表当初のインタじゃ、自分は行動が早いとホルホルして、スキャンダルになったら、全てが急な展開だったんで何が起こってるかを把握するのは難しいと言い訳してたニダ。そこも印象が悪かったデヨ。

> いつ、どの国と戦争が起こるかわかりません。
> 日英同盟を組んでドイツと戦った日本は、第二次世界大戦ではドイツと同盟を結び、イギリスと戦いました。

スイスの通貨はスイスフランで、ピンランドはユーロ。
違う通貨圏ですから、例え戦争は起こらずとも経済摩擦は起こり得ますね。

そういう点でも、ベルネルが国家予算に関われるような重要な職業に就くのはピンランド人にとって抵抗があるかもしれませんぐ。同じユーロ圏なら抵抗はもっと少ないかも。

> もう、自国以外は敵!ぐらいのつもりで、職業の制限も全国籍を対象にした方が良いと思います。その方が「差別ガー」もなさそうですし。
ウリも同意見なんだけど、ウリの周囲の外国人は二重国籍者だらけなんで、言いにくいんですミダ。
ネットではそういう意見も多々見られますデヨ。
大臣どころか国会議員になるのも制限すべきだとか・・・

まぁ、ウリもそう思いますが、問題はピンランド人だからスパイじゃないとは言えないこと。
イルボンでも同じことが言えるニダな。
どうやればスパイが政府中枢に入るのを防げるか?頭が痛い問題ニダね。

とりあえず、手始めに二重国籍者は議員立候補禁止でいいかと思います。
いざとなれば海外に簡単に逃げられる人間を議員にしちゃあかんでそ。

> そして「日本は遅れてるぅ〜」と多重国籍を推進する人たちは、やっぱり工作員?という印象を持ちました。
デーデー、何が遅れとるんじゃ!と言いたいですミダ。
ちょっとググれば、どこの法律も二重国籍に対し、細かい制約があるとわかるのに、その比較すら全くせずに「海外>>>>日本」と批判する。知性と論理力に著しく欠ける人間なのか、そうでなきゃ小作じゃね?と疑われても仕方ないニダよね。

おはしお( ^∀^)

お久しぶりです。フィンランドでは、二重国籍が認められているのですね。それでも、21世紀になってからですね。こちらの記事のコメントにもあるようにどちらかといえば、国際結婚が増えたとか、その子供たちの問題解決のためということであって、日本の左巻きが考えそうな二つの国のおいしいとこどりのためではありませんね。もちろん、フィンランドで認められたときは、アメリカの同時多発テロがあったあととはいうものの今ほど、テロが頻発してはいなかったような気がします。

二重国籍が認められているフィンランドでも、ちょっとどうなの?という問題があるのに、ましては日本ではね。まあ、レンホーさんの場合、実は、多国籍では?と言われてますしね。発言も、どこの国会議員ですか?と言いたくなるものばかりでしたからね。信用されないのは当たり前ですね。

話は変わりまして、巻きますのショーも終わったウリとしてはピギョシーズン終了ですが、他の競技には少し興味があります。イギリスの首相まで来日しているときに、オリンピック開催できるのかしらね。キムチメンツより、選手の安全を考えてほしいけど、いかがでしょうかね。

No title

おはしお~!

二重国籍問題・・・ 
真摯にその国のために働いてくれる人ばかりなら問題にはならないのでしょうが。
日本の場合、日本で生まれ育っても在日何世になっても反日思想だったり、祖国蕎麦のためにという政治家が多いようで、より問題は根深い。
政治家の出生は何代か遡って分かるようにして欲しいし、日本から通名もなくして欲しい。だいたい、祖国が大好きなら何故に名前を隠すのか?大嫌いな日本の名前を名乗ることは屈辱ではないのか?不思議な国民性・・・。

話は変わりまた真央ちゃんがらみでも~んとする出来事が・・・。
①the ice再放送がBSで行われました。
そして同刻、地上波でアラカーさんプロデュースFOIも放送。PIW日光のthe ine名古屋との日程被りと合わせ、も~ん・・・。
FOIはアラカーさんが最初にピエロに扮装。OPを目指すショーマを激励するためにとトゥーランドットメドレーで何人かが滑る(良い場面はアラカ―さん・・・)。何かthe iceでの既視感なんですよね。

②真央the ice衣装記事に絡み、安野さんの下着ブランド宣伝。
https://dot.asahi.com/wa/2017082700011.html
愛は翼に乗って、真央ちゃんのプロポーションの良さは際立っているのですが、お胸の成長話題でゴシップ記事は出てくるし、下着ブランドの宣伝はしてるしで、そのための衣装だったのかでも~ん。

③スケ連関係者、だいまおカンパニー実現させん発言(真偽は不明)。ただの空想段階なのにね。

④リプちゃん拒食症もあり引退、ソト子怪我で競技復帰まだならず、GGもメンタル問題で今から休養宣言。こういった状況を見て10年以上、あの外部環境で選手を続けられた真央ちゃんを益々尊敬せずにはいられない。真央ちゃんのメンタルが弱いと言ってた輩はだれだっけ?
年齢制限意味あるのか。どんどん選手生命短命化が加速・・・。

⑤ヒラマサ後、4回転ジャンプ基礎点下げる、GOE幅広げるかも?え~と、スポーツじゃないんだっけ?平凡な人が勝てるシステム加速?

真央ちゃんがスケートに絡むとこれからも妨害があるのかなと思うと離れてしまった方がと思うけど、スケートが真央ちゃんを離さない、かな?

Mansikkaさま、知人さんの手術は無事に終わりましたか?気疲れしてませんか?お体いたわって下さいね~。
といいつつも~ん記事でミアネ・・・。

Re: ミケの友達様へ

ミケの友達様、ばんしお!

> お久しぶりです。フィンランドでは、二重国籍が認められているのですね。それでも、21世紀になってからですね。こちらの記事のコメントにもあるようにどちらかといえば、国際結婚が増えたとか、その子供たちの問題解決のためということであって、日本の左巻きが考えそうな二つの国のおいしいとこどりのためではありませんね。
そうそう、二重国籍者の海外生活が長いとピンランド国籍を失う可能性もありますし、パヨクが主張するようなぬるい制度じゃなさ。

もちろん、フィンランドで認められたときは、アメリカの同時多発テロがあったあととはいうものの今ほど、テロが頻発してはいなかったような気がします。
当時はユーロ導入まもない頃で好景気に沸いてたのと、ユーロ拡大を祝うムードもありましたからね。
欧州が先頭に立って多文化主義を実践してるという誇りもあったと思いますミダ。

911は衝撃的でしたが、前述のムードがあったから二重国籍を認める法律が実現したんでしょうね。

> 二重国籍が認められているフィンランドでも、ちょっとどうなの?という問題があるのに、ましては日本ではね。
コメ欄では日本で言われてるのと同じことが言われてましたデヨ。
例えば「国籍所持してる2ヶ国間で戦争が起きたら、二重国籍者はどっちの国に忠誠を誓うんだ?」とか。

「北欧ではーーー」とか「海外ではーー」と都合のいい部分だけ切り取って主張して欲しくないニダね。

まあ、レンホーさんの場合、実は、多国籍では?と言われてますしね。
蓮舫はちゃんとした書類を見せてないニダよね。
台湾の国籍離脱証明書は、あれこれおかしな点があったニダし。偽造疑惑が出るほどの代物だったでそ?
蓮舫が自民党の議員なら、公文書偽造疑惑で議員辞職じゃすまないレベルの大騒ぎになるんじゃ?

発言も、どこの国会議員ですか?と言いたくなるものばかりでしたからね。信用されないのは当たり前ですね。
共産党の池内さおり議員も酷いニダよね。
北朝鮮が水爆実験しただのと騒がれてる時に「アベ政治を許さない」デモ・・・
蓮舫といい、共産党といい、イルボンの国益を削ぐことに熱心で呆れるんです。

> 話は変わりまして、巻きますのショーも終わったウリとしてはピギョシーズン終了ですが、他の競技には少し興味があります。
あはw 巻きますのショーでシーズン終了ニカwww
まぁ、ウリも似たようなものニダ。ピギョは巻きますを見たらもう十分満足。競技ピギョは見ない方が心穏やかに過ごせるもの。

イギリスの首相まで来日しているときに、オリンピック開催できるのかしらね。キムチメンツより、選手の安全を考えてほしいけど、いかがでしょうかね。
特亜やパヨクにはイギリスの首相が来日した意味が分からないんじゃなさ?kkkk
もうヒラマサには何の興味も持てないウリ。
イルボンソンスドルが五輪に出るなら、皆さん無事に帰国できますようにと願うのみニダ。
メダル数チェックしよう!とか、中継見よう!なんて気になれないw

Re: miya様へ

miya様、ばんしお!

> 二重国籍問題・・・ 
> 真摯にその国のために働いてくれる人ばかりなら問題にはならないのでしょうが。

そうじゃない人の声がデカく目立つのにうんじゃり。
「日〇〇ね!」と叫ぶ輩が、イルボンは差別主義者だぁ!と罵るんだから、付き合ってられないニダ。

> 日本の場合、日本で生まれ育っても在日何世になっても反日思想だったり、祖国蕎麦のためにという政治家が多いようで、より問題は根深い。
元々不法入国で、かつ反日活動する危険人物は強制送還して欲しいものニダね。

> 政治家の出生は何代か遡って分かるようにして欲しいし、日本から通名もなくして欲しい。だいたい、祖国が大好きなら何故に名前を隠すのか?大嫌いな日本の名前を名乗ることは屈辱ではないのか?不思議な国民性・・・。
以前、無理矢理イルボンの名前を押し付けられた!と被害妄想で文句垂れてたニダよね。
誰も強制なんかしてないんだから、自分で通名名乗るのをやめりゃいいだけの話ニダな。

> 話は変わりまた真央ちゃんがらみでも~んとする出来事が・・・。
> ①the ice再放送がBSで行われました。
> そして同刻、地上波でアラカーさんプロデュースFOIも放送。PIW日光のthe ine名古屋との日程被りと合わせ、も~ん・・・。
> FOIはアラカーさんが最初にピエロに扮装。OPを目指すショーマを激励するためにとトゥーランドットメドレーで何人かが滑る(良い場面はアラカ―さん・・・)。何かthe iceでの既視感なんですよね。

それ、2chで読みますたわw
副会長様はよくそういうことをする印象があるニダね。

> ②真央the ice衣装記事に絡み、安野さんの下着ブランド宣伝。
ソチのステマ記事に続き、まーた朝日の記事ニカ・・・・
どんなバックがいるから朝日にゴリ押ししてもらえるニカね。

> 愛は翼に乗って、真央ちゃんのプロポーションの良さは際立っているのですが、お胸の成長話題でゴシップ記事は出てくるし、下着ブランドの宣伝はしてるしで、そのための衣装だったのかでも~ん。
アスリートなのに、やたらと胸の話を出されてウリも不快だったニダ。
下着のおかげでバストアップと宣伝したいニカね?

> ③スケ連関係者、だいまおカンパニー実現させん発言(真偽は不明)。ただの空想段階なのにね。
スケ連関係者って匿名は、週刊誌お得意ニダな。
どうせ製氷業者とか、スケ連関係者と友達とか、せいぜいその程度の人間じゃなさ(藁)

> ④リプちゃん拒食症もあり引退、ソト子怪我で競技復帰まだならず、GGもメンタル問題で今から休養宣言。こういった状況を見て10年以上、あの外部環境で選手を続けられた真央ちゃんを益々尊敬せずにはいられない。真央ちゃんのメンタルが弱いと言ってた輩はだれだっけ?
メディアは軒並み、メンタルが問題と主張してたような・・・
そのメディアが、ネットがイジメるぅーと泣き言吐いてましたねw
メディアのあまりの打たれ弱さにワロタんですw

> 年齢制限意味あるのか。どんどん選手生命短命化が加速・・・。
巻きますが15歳の頃は、低年齢化が問題フンダララ・・・とやってたくせにねぇ。

> ⑤ヒラマサ後、4回転ジャンプ基礎点下げる、GOE幅広げるかも?え~と、スポーツじゃないんだっけ?平凡な人が勝てるシステム加速?
GOEの係数を変えるかも?と思うので、例えば+-5でも実際につく点差は今と大差ないんじゃ?と想像してるニダ。
ただ、今まで同様、「この選手には出来るだけ+5を出す」とか、「この人が成功したらGOEは+4まで」と言う風に固定化しやすいと思うの。そうすると、例え係数で点差を小さくしようと、点数の幅が広い分、順位操作がしやすくなると思うニダ。

ISUってそういう順位操作することばかり熱心ニダな。
金さえ儲けりゃ、スポチュ振興なんてどうでもいいんでしょうね。

> 真央ちゃんがスケートに絡むとこれからも妨害があるのかなと思うと離れてしまった方がと思うけど、スケートが真央ちゃんを離さない、かな?
ウリも含めたペンが「巻きますはピギョから離れた方が良い」と願うのは悲しいニダよねぇ。
ローリーのところでコチ業したほうがイルスケから離れられて良いかも?しれませんぐ。どうなるニカねぇ・・・

> Mansikkaさま、知人さんの手術は無事に終わりましたか?気疲れしてませんか?お体いたわって下さいね~。
> といいつつも~ん記事でミアネ・・・。

手術が予定より長引いて、結果が悪かったんじゃ?と心配しますたが、想像してたほど悪い結果じゃなくてホッとしますた。
今は回復を待つのみで、手術前よりも大分気が楽になりますた。
お気遣い、kmsなんです!
プロフィール

Mansikka

Author:Mansikka
リンクフリーです。
転載する場合、こちらのリンクを貼りますようお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
遊びに来て下さった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR